ファスティング 青汁 おすすめ。 ファスティングの回復食おすすめメニュー

ファスティングで痩せない理由とおすすめできない真実

ファスティング 青汁 おすすめ

ファスティングの回復食とは? ファスティングの回復食はファスティング終了から元の食生活に戻すための食事です。 断食期間中は基本水分のみで過ごすため、胃腸が休まっています。 その状態で急に今までと同じような食事をしてしまうと 胃腸に負担がかかってしまい、腹痛や胃もたれ、胃のむかつき、人によっては嘔吐など様々な不調が起きやすくなります。 この状況を防ぐために、ファスティング後の回復期間は体に負担が少なく、栄養を補給しながら段階を重ねて通常の食事まで体を慣らしていくリハビリ期間となっています。 回復食の期間はどれくらい? ファスティング後に回復食を食べる期間は断食期間が短くても 3~5日くらいが望ましいと言われています。 ゆっくりと食事の内容を変えていくことで胃腸にも負担が少なく、丁寧に食事を摂ることで回復食期間も自然と減量になるので、ダイエットを目的としている人はしっかりと回復食の期間を設けましょう。 回復食は何を食べれば良い? 回復食の基本は 胃腸に負担が少ない消化が良いものを選びます。 そのため、断食後でもいきなりご飯や具が沢山入った味噌汁、主菜や副菜といった食事は控えて、少し後になってから食べるのがおすすめです。 野菜を食べる場合は薄味で仕上げた野菜スープが優しくて食べやすいです。 野菜は出汁も出ますし栄養分もスープに出ているので栄養を摂ることができ、しかも消化に良いです。 昔は断食では重湯(おかゆの上澄み)から体を戻すのが基本でしたが、近年では断食期間中に酵素ドリンクやスムージーなどでビタミン・ミネラル・糖質を摂っているので、消化に良い食事を意識しながらゆっくりと回復期間を設けて食べるのが基本です。 糖質が多いおかゆは初日は控える• ビタミン・ミネラル・たんぱく質を意識したものから始める• 固形物は2日目以降が胃腸への負担が少ない• 添加物を避ける• 精製糖類は食欲を促す可能性があるので、甘い物おやつなどは控える• 回復食期間は小麦や乳たんぱくの摂りすぎに注意• 固形物は極力減らして胃腸への負担を減らしながら栄養補給を意識したメニューが望ましいです。 また回復食期間は乳酸菌と食物繊維も不足していますので、青汁やスムージー、発酵食品などで少しづつ摂取していくのがおすすめ。 乳酸菌といえばヨーグルトというイメージですが動物性タンパク質は控えて植物性たんぱく質で補うのが体にも優しいので漬物や味噌汁などで摂るのがおすすめです。 おかゆも七分粥から全粥に近いくらいで食べて、5日目の夜には通常の白米も食べました。 噛む回数を意識することで満腹中枢を刺激し、満足感が高まります。 よく噛むことは消化液の分泌も促すことになり、胃腸への負担も少なくなり、消化が活発に進むのでファスティング後はよく噛むことを忘れずに!食物繊維が多いさつまいもの裏ごしなども糖質補給に良いと思います。 回復食でのNGな食事 胃腸への負担や不要に食欲を促す食事は控えましょう。 脂っこいもの・揚げ物・糖質が多いお菓子、ケーキなどのスイーツ・カフェイン・パン・ラーメン・マヨネーズやドレッシングなどは回復食期間は控えるのがおすすめ。 白米は2日目以降でおかゆから始めて、量も控えめに。 ファスティング後は グルテンフリーで過ごすと体調も安定しやすくなるので少しの間小麦を使った食事は控えるのが良いと感じます。 特に血糖値が上がりやすい炭水化物の摂り方は注意が必要で、急に血糖値が上昇するとフラフラしたりするケースもあります。 また、肉や魚も体が慣れてからでないと、消化によって胃酸が多く出てしまうため胃痛を感じるケースもあるので、肉・魚は体が慣れてからが安心です。 ファスティング後は味覚がリセットされたような感覚になって、何を食べても美味しく感じられます。 その分、食べすぎてしまうことも多いので注意しましょう。 コンビニ食はファスティングの回復食に使える? 料理が苦手、食事を用意するのが面倒という場合はコンビニで買える回復復に適した食事を活用するのも一つの手です。 おかゆ(梅がゆなどの具が少ないもの)• コンビニの1品惣菜(ひじき・漬物・煮物)• カップ味噌汁(わかめや豆腐がおすすめ。 塩分が多いので少しお湯で薄める)• 春雨スープ(具が少ないあっさり系)• ところてん・もずく• 蕎麦(回復食の4日目以降で揚げ玉など油分が多い具材は避ける)• ナッツ(無塩)• 冷凍フルーツ(食べる時に解凍してすりおろすと尚良い)• スムージー・青汁 コンビニでも様々な食事や飲料が手に入りますが、注意したいのが添加物や糖質・カロリーです。 ファスティングでキレイになった腸内環境をできるだけキープするためには、できるだけ原材料に添加物の使用が少ないシンプルなものを選ぶのが良いでしょう。 スムージーも糖分が沢山使われているものは控えて、青汁などを選ぶと余計な糖分を摂らずに済みます。 回復食におすすめな宅配食nosh ファスティング後の回復食を作るのが面倒、料理が苦手という人には、宅配食サービスnoshの食事がおすすめです。 低糖質な食事で回復食の糖質管理がしやすい• 回復期間の段階に合わせた食事が準備できる• 好みのメニューを組み合わせられる• 1回のみの注文で休止・解約ができる• 回復期間後の食生活でダイエットサポートをしてくれる 回復期間の段階に適した食事が手軽に用意できる! noshがファスティングの回復食として活用しやすい理由に回復期間の段階に合わせた食事が用意しやすいメニューが揃っていることです。 noshには• メイン料理• ご飯・パン• リゾット• スープ• デザート(スムージー・ドーナツ・ロールケーキ) という基本ラインナップが用意されていますが、この中でリゾットとスープ、デザートメニューのスムージーが回復食におすすめです。 noshの低糖質スムージーなら回復食初日にぴったり noshのスムージーは全部で5種類の味が用意されていて、 糖質は全て300mlあたり20g以下と低糖質。 しかも原材料に 添加物が一切使用されていない完全無添加なのでファスティング後の体に優しいです。 定番のグリーンスムージーだけでなく、ポリフェノールたっぷりなベリースムージーやトロピカルなパインスムージー、オレンジベースのスムージーなど、飽きずに続けられて300mlと飲みごたえもあるので、ファスティング後の空腹も抑えられます。 しかも全種類にスーパーフードを使用しているので、栄養面も充実。 ファスティングの回復食で摂りたい食物繊維や食物酵素がしっかり補えます! noshのスムージーは通販のスムージーの中でも手作り感があってとっても美味しいです! 回復食初日から二日目以降におすすめなnoshのスープ noshには低糖質で栄養補助をテーマにしたスープメニューも用意されています。 スープのラインナップは現在6種類。 どれも野菜がたっぷり使われていて、大豆や白身魚など植物性・動物性タンパク質も同時に摂ることができます。 しかも 糖質は最も少ないスープで8. 6g、最も多いスープでも17. 0gと低糖質に抑えられています。 糖質13. 6g、カロリーは82kcalとヘルシーなスープの中には柔らかく煮込まれたトマトが丸ごと入っている他、たっぷりの緑黄色野菜が使われています。 トマトは丸ごと入っていますが、スプーンで簡単にほぐせる柔らかさなので、消化に負担を掛けません。 回復食三日目からは魚介など動物性タンパク質も摂るタイミングになってきます。 そんな時にもnoshのスープなら野菜・肉・魚などが手軽に摂れます。 おすすめは「白身魚のキャロットコンソメスープ」です。 消化に負担をかけない白身魚にたっぷりの緑黄色野菜が使われたコンソメスープは飲みやすく満足感が高い一杯。 回復食期間の後半にもnoshのスープがあればさらにダイエットも進められるでしょう! 回復食3日目以降から食べてほしいリゾットメニュー 回復食3日目以降からは固形物の量も少しづつ増えていきますが、そんな時におすすめなのがnoshのリゾットです。 noshのリゾットはチーズやきのこ、鶏肉が使われたメニューが7種類。 炭水化物に動物性・植物性タンパク質がバランス良く食べられて、しかも糖質が控えめなのでファスティングの回復期間にピッタリ。 定番の「鶏とキノコのリゾット」は細かくほぐされた鶏肉にきのこもたっぷりでたんぱく質とビタミン・ミネラル、食物繊維がしっかり補給できます。 この内容で糖質は19. 4g、カロリー208kcalとヘルシーなのも魅力です。 ファスティング中や回復期間中に不足しやすいビタミンEが摂れる「黒ゴマチーズリゾット 」もおすすめ。 チーズや鶏肉、枝豆も入っていて手軽にエネルギー補給ができます。 洋風な味わい以外に和風のリゾットもあるので味に飽きること無く食べられます。 「ゆず香る鶏だし和風リゾット」は香りが良く、和風ベースの出汁で仕上げられているので、サッパリとした味わいです。 noshをファスティングの回復食に活用しましょう! 宅配食サービスの通販は沢山ありますが、全メニューが低糖質で豊富なバリエーションがあるのはnoshだけ!冷凍でのお届けなので賞味期限も長いので、ストックとしても便利です。 お好みでメニューも組み合わせられて、 1回だけの利用でお休み・解約してもOKという自分のペースで利用しやすく、ファスティングの回復食など短期間、食事内容に気を使う必要がある時にも役立ちます!• 回復食次第でファスティング後の体調やダイエットにも良い影響がある• 回復食の期間は3日~5日ほど取るのがおすすめ• 食べすぎに注意して腹八分目を心がける• 3日目までは固形物は控えめで消化に良い料理で野菜・海藻・発酵食品・味噌汁などを摂る• 魚介・肉類は出汁スープから始めて3日目以降に肉や魚料理を摂る• ご飯はおかゆから段階を踏む。 よく噛むこと!• おかゆはファスティングがダイエット目的なら回復食初日は控えるのがおすすめ• 料理が苦手な方はヘルシーな宅配食を活用すると安心 ファスティングの成功は回復食に有りです!ファスティング中だけでなく、回復食にこだわってファスティング後の体調管理はもちろん、ダイエットをさらに加速させていきましょう! これからファスティングをしようと考えている人におすすめなファスティング中の栄養補給にピッタリなスムージーをチェック!.

次の

ファスティングの回復食・準備食|コンビニで買えるおすすめ商品14選

ファスティング 青汁 おすすめ

ご覧のように青汁と酵素以外は失敗に終わりました。 この時点で青汁と酵素ドリンクが効果が出やすいと言う結果になったため、主に酵素と青汁を比較しながらそれぞれの特徴について解説し、ファスティングにおすすめなのはどちらなのかを具体的にご説明します。 スムージーと野菜ジュースがこの2つに劣る理由については後で解説します。 酵素ドリンクの特徴 体内にはたくさんの種類の酵素があり、その酵素によって代謝や消化・肌の生成などあらゆる体の働きに必要不可欠な存在とされています。 この酵素が増えれば、ダイエットに大切な代謝・消化の能力を高めてくれるのでダイエットにとっても必要不可欠な存在なのです。 酵素ドリンクはもともと 酵素を増やすための補酵素飲料と呼ばれていたこともあり、体内酵素を増やすための飲み物なのです。 青汁で酵素が入っているものもありますが、青汁の場合はあくまでも酵素が失活せずに入っているだけで酵素ドリンクのように体内酵素を増やす目的で販売されていないため効果は変わってきます。 酵素ドリンク<メリット>• 野菜の栄養分が他の商品よりも多いので足りていない栄養を補給できる。 ダイエットが成功しやすくなる体内酵素を増やす栄養がたっぷり入っている。 体内酵素が増えると代謝・消化能力が上がり痩せやすくなる。 痩せるだけでなく健康な体にもなるので肌なども綺麗になる。 妊娠中の栄養補給にもなり、産後ダイエットにも最適。 野菜の栄養素がたくさん入っているので腹持ちがいい。 発酵させているので胃腸に優しい。 ファスティング中に空腹に困ったり貧血気味にならない。 酵素ドリンクの最大のメリットはダイエットをするのに必要不可欠な体内酵素を増やすサポートをしてくれると言うことです。 酵素ドリンク<デメリット>• 味・臭いが独特で、苦手で飲めないという人もいる。 無添加は高価なものが多く、安価なものは酵素の種類が少ない。 瓶に入っているため、ボトルでの持ち運びとなるため不便。 酵素ドリンクの最大のデメリットは値段です。 安い商品は成分が少なかったり、酵素についてあまり調べられずに作られていることがあります。 あとは添加物が入っているものが多いため、調べずに買って失敗している方も見かけます。 酵素ドリンクは繊細な商品のため、高価なものだからこその内容は詰まっていますし、安価だからこそそれなりのリスクもあるということです。 酵素ドリンクは無添加がいい 先ほどもお話しましたが、酵素ドリンクは甘味料などの添加物が入っていることが多々あります。 当たり前ですが体をデトックスする時に添加物商品を飲んでは意味がありません。 無添加のものを選ぶようにしてください。 また私が失敗した体験談から、楽天やドラッグストアで買えるどこの会社かわからない商品は正直まったくおすすめしません。 無添加での中でも成分明記をしっかりしていたり、ブランディングがきっちりとされている商品を選ぶことをおすすめします。 実際に酵素を選ぶ時に有名どころの5商品を徹底比較した記事がありますので詳しくは「」をご覧ください。 また、無添加と添加物入り酵素ドリンクの早見表を作りましたので、気になる商品がある方はもちろんまだ何を買うか悩んでいる方は参考にしてください。 酵素八十八選とMANA酵素は値段が高価ですので一番お試し購入しやすいのは優光泉かもしれません。 青汁の特徴 青汁といえば健康のための飲み物というイメージが強い方も多いと思います。 実際にその通りで、青汁に含まれるケール・大葉・クマザサはとても栄養価が高く普通に食事する栄養量よりも多いため、健康目的で飲む方が多いのです。 最近では、そんな健康に良い青汁でプチ断食をするのが流行り、飲めば痩せると言ういろいろな青汁健康商品が出回っています。 しかし、添加物が入っていたり栄養素が低かったり青汁特有のケールが入っていない商品もあります。 青汁<メリット>• 味に飽きやすい。 糖分が少ないので、低血糖になってしまうことがある。 満腹感は少ない。 苦味があるので、苦手な人は飲めない。 貧血っぽくなることがある。 青汁の最大のデメリットは糖分がないので低血糖になってしまうため、休みの日に実践せざるを得なくなってくることです。 実際に酵素とドリンクと違って、 青汁でのプチ断食では貧血っぽい状態になりました。 酵素ドリンクと青汁を比較した結果 酵素ドリンクと青汁の特徴をふまえた上で、実際にこの2つについて徹底的に比較をしてみました。 色々な商品を参考にして様々な角度から見ています。 青汁 酵素ドリンク 成分 ・ビタミン ・ミネラル ・食物繊維 が多い。 ・いろんな種類の野菜栄養分 ・食物繊維が多い。 ・発酵させたエキス ・酵母菌が入っている。 カロリー 10kcal前後 30〜100kcal前後 低糖の恐れ ある。 価格 2000〜4000円 5000円〜8000円 酵素を作る力 弱い。 味 ・にがい ・すっきりなど ・独特な匂い ・梅 ・プレーン ・黒糖など 効果 ・美肌 ・ダイエット ・デトックス ・便秘解消 ・美肌 ・ダイエット ・デトックス ・便秘解消 ・満腹感がある さらに! ・体内酵素を増やす ・体内の若返り ・健康が促進など ブランド ・新しいブランドの登場が早い ・人気商品の入れ替わりが激しい 人気商品の安定感が強い。 青汁は価格も良心的で栄養もあるのでおすすめではあるのですが、酵素ドリンクについては体内酵素を増やしてくれる上に空腹時に強いことと人気商品の安定感があるため、昔から信頼度が高いことがわかります。 実際に私も酵素ドリンクの方が効果も早く継続ができました。 青汁は流行してから人気商品が入れ替わり立ち替わりしているので、効果が出ていない人がそんなにいないのではないかと言うのが私の見解です。 それに比べて酵素ドリンクは安定的です。 全体を通して 酵素ドリンクの方がおすすめだと言うことがわかります。 野菜ジュース・スムージーについて 最初に除外してしまっていた野菜ジュースとスムージーについてもここで解説しておきます。 結論から言いますと単純に 野菜ジュースとスムージーだけではファスティング中の栄養の補給は厳しいといえます。 酵素ドリンクはファスティングのためだけでなく、日々の栄養補強や体内酵素を増やすために研究を重ねられている飲み物ですが、スムージーや野菜ジュースは日々の栄養補強に分類されます。 また、スムージーや野菜ジュースは甘味料・香料を使っているところが多くカロリーも高いものが多いです。 さらには、発酵のおかげで長持ちする酵素ドリンクと違い傷みやすくもあります。 扱いやすさ・栄養などのバランスを考えると野菜ジュースとスムージーはファスティングには向いていないと言うことになります。 結論:ファスティングにおすすめなのは? 健康なイメージもあり、安価でたくさんの商品があるのでついついランキングや芸能人の評判で買ってしまいがちな青汁ですが、ファスティングとなると酵素ドリンクには勝てないと言うことがわかりました。 スムージー・野菜ジュースについても同じことが言えます。 酵素ファスティングのやり方 こちらでは酵素ファスティングをしたことがない人の為にやり方を解説しています。 事前準備や回復食、断食中のスケジュールに酵素ドリンクを飲むタイミングなど、ファスティングを始める前に読んでおきましょう。 酵素ドリンクの選び方 酵素ドリンクにはかなりの種類があります。 どのドリンクが良くて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、有名どころの5つの商品を比較しながら酵素ドリンクの選び方を紹介しています。 4日で2kg痩せた上にウエストにくびれが出来て大満足な結果を出しているのをご覧いただけます。 画像付きの時系列でわかりやすく紹介しています。 回復食の工夫や8時間ダイエットの継続、白湯、無添加に関する知識、有酸素運動や米麹を取り入れるなど実際に試した豆知識を紹介します。

次の

ファスティングのときの飲み物には青汁がおすすめ!?

ファスティング 青汁 おすすめ

このページで分かる内容• 回復食とは 回復食とは、 ファスティングが終わった後に食べる 消化の良い食事のこと。 実は、断食後に復食期間をしっかりとると、 断食に成功できるんですよ。 なぜなら、 リバウンド防止できて、痩せ体質になれるから。 反対に、もしも復食期間をとらなかったら、胃腸がビックリして体調不良になったり、すぐにリバウンドしたりする可能性があるんです。 復食期間のメリット 体調不良を予防できる ファスティングが終えた後は、回復食は絶対に必要。 なぜなら、 消化に負担がかかるものを食べると、 体調不良になる可能性が高いから。 断食中にずっと消化を休んでいた胃腸は、いきなり普通の食べ物を受け入れられないんです。 だから、消化に良い回復食を食べる復食期間を作ると、 内臓を傷めずにもとに戻せますよ。 体内の酵素のメカニズム 体内で生成される酵素の量を 10としたら… 断食前 断食中 断食後 消化酵素 6 《最優先》 1. 5 《お休み中》 1. 5 《いきなり元に戻れない!》 代謝酵素 4 《消化のあまり》 8. 5 《ダイエットや美容に使える!》 8. 5 リバウンド防止できる ファスティング後の体は、飢餓(栄養が足りない)状態。 体に栄養を沢山ためこむために、吸収率がUPしています。 だから、 断食後に太りやすい食べ物を食べると、脂肪のもとも体に取り込み、 あっという間にリバウンドしやすいというわけ。 断食後の吸収しやすいときは、 お腹に優しい回復食を食べると、 リバウンド防止になりますよ。 参考 痩せ体質を目指せる ファスティング後は、 痩せ体質を作るのに、うってつけ。 なぜなら、 栄養の吸収率がUPしているから。 ヘルシーで、 お肉メラメラパワーが上がる食事を取り入れれば、 痩せ体質を目指せるんです。 太りにくい体を手に入れるためにも、回復食をしっかりとらないと損ですよ。 復食期間のメリットまとめ 復食期間のメリット メリット 理由 体調不良を予防できる 休んでいた胃腸をびっくりさせずにもとに戻せるから リバウンド防止できる 脂肪がつきやすい時期に、ぜい肉のもとを体にいれないから 痩せ体質を目指せる 栄養の吸収率がUPしているため、痩せやすい体を作れるから 復食期間の日数 ベストな復食期間の日数は、【 ファスティングをした日数】。 3日間断食をしたら、断食後3日間は回復食をとればOK。 胃腸がゆっくり整うから、普通の食事に戻しても負担がありません。 健康のためにも、 最低でも翌日は復食期間をとったほうがベター。 リバウンド防止や、痩せ体質作りをしたい人は、 ファスティングをした日数よりも長めだと もっと効果がUPします。 復食期間の過ごし方 復食期間は、"回復食を食べる"以外にも注意点があります。 ズバリ、復食期間は休んでいた胃腸をゆっくり戻す期間なので、" 胃腸に負担が掛かること" はNG。 注意点 復食期間の注意点 注意すること 理由 回復食を 食べ過ぎない 高カロリーになると、消化に負担が掛かる よく噛んで、腹6分目~8分目を食べるのがベスト 夜遅くに食べない 消化されにくく、翌日に残りやすい タバコを控える 有害物質を外に出す際に、消化酵素が大量に使われる アルコールを控える アルコールを分解する際に、消化酵素が大量に使われる 熱いお風呂、 長風呂、 激しい運動は断食2,3日後控える 断食後の敏感な内臓に負担をかけるため 【一覧】ファスティング翌日に食べていいもの ファスティングで翌日に食べていいものは、【 液体状の食べ物】。 なぜなら、消化に負担を掛けないから。 液体状の食べ物は、以下の通り。 手作りの野菜ジュース• 具なし味噌汁• 具なしスープ• お粥の上澄 断食翌日のお昼までは、 固形の食べ物を避けます。 そして、 夕食以降から、 消化に良い固形の食べ物を食べて OK。 消化に良い固形の食べ物で、おすすめの食材は、「 まごにはやさしいわ」の、" に:肉"と" さ:魚"以外。 肉と魚は、消化に負担の掛かる"動物性たんぱく質"のため、断食終了後2日目までは控えたほうがベター。 3日目からは、皮なしの鶏肉や、ささみ、魚介類など脂分が少ないヘルシーなものなら、食べてOKです。 回復食におススメな食材 名称 代表的な食材 ま:豆 大豆、枝豆、豆腐、納豆などの豆類 ご:ごま ゴマ、ナッツ、クルミなどのナッツ類 に:肉 ファスティング翌日と2日目はNG は:発酵食品 梅干、納豆、漬物、味噌など や:野菜 野菜、果物、こんにゃくなど さ:魚 ファスティング翌日と2日目はNG し:しいたけ しいたけ、マッシュルームなどのキノコ類 い:いも さつまいも、じゃがいも、さつまいもなどのいも類 わ:わかめ ワカメ、モズクなどの海藻類 4日目以降は普通の食事に戻してOKですが、食べ方に気を付けるとリバウンド防止効果UP! ダイエット中に良い食べ方 やること メリット 食べる順番に気を付ける 太りにくくなる よく噛む お腹いっぱいになりやすくなる 食べたものの消化がされやすくなったり、エネルギーに消費されやすくなったりする 2週間に一度、好きなものを食べる 心が満たされ、食事制限を続けやすくなる 断食のその後に食べてはいけないもの 断食の翌日に食べてはいけないものは、 消化に負担が掛かるもの。 固形の食べ物は消化に時間が掛かります。 特に、 動物性たんぱく質 卵、肉、魚、乳製品 は 避けたほうがベター。 脂っぽいもの、高カロリーな食事もNGですよ。 また、消化に負担の掛かるアルコール、タバコ、白砂糖、小麦、食品添加物等も控えましょう。 断食翌日に食べてはNGなものまとめ 断食翌日に食べてはNGなもの 食べてはいけないもの 理由 固形の食べ物 夕ご飯まで 消化するのに時間が掛かるため、胃に負担が掛かる 動物性タンパク質 肉、魚、卵、乳製品 消化するのに時間が掛かるため、胃に大きな負担が掛かる 脂っこいもの・高カロリーな食事 消化するのに時間が掛かるため、胃に大きな負担が掛かる 食品添加物 消化に大量の栄養 ミネラル が使われてしまう 白砂糖 大量の砂糖が使われている洋菓子などは、消化に負担が掛かる 小麦 パン、ラーメン 小腸を傷つけ消化しにくいたんぱく質、グルテンが含まれている カフェイン類 消化に負担が掛かる、胃に刺激を与える 回復食に使える食材・メニュー ファスティングのプロが直伝する、回復食をご紹介! ファスティング翌日のベストメニュー ファスティング翌日に食べるのにベストなのは、" 液体状の食べ物"。 きゅうりのすりおろしは、断食翌日のメニューにバッチリです。 断食翌日につかえるメニュー メニュー おすすめな人 作り方 きゅうりのすりおろし 断食効果をキープしてくれるものを食べたい お肉をメラメラ燃やしたい 、、、、醤油を合わせたものを、すりおろしたきゅうりにかける スッキリ大根 (クックパッドより:) お腹の中をキレイにしたい 大根を2〜3cm厚さに切って厚めに皮を剥く 鍋に昆布と大根を入れ、水を入れて中火にかける 煮立ったら弱火にし、30〜40分コトコト炊く 参考 ファスティング終了2日目以降のベストメニュー ファスティング終了2日目以降は、" 消化に良い食べ物"を食べます。 ただし、ただ消化にいい食べ物を食べるだけではもったいない! なぜなら、断食後は栄養の吸収率がUPしているので、食材のダイエットパワーをいつもより多く吸収してくれるから。 もずく・まいたけ・豆腐のお味噌汁のように、 ぜい肉を減らす効果があるメニューを食べるのがおすすめ。 また、 納豆サラダは断食によってデトックスされた腸を、さらにキレイにし、 排せつを促してくれます。 栄養をバランス摂取したいあなたは、 あおさとしらすの雑炊がベスト。 断食2日目以降の消化に良いメニュー メニュー おすすめな人 作り方 もずく・まいたけ・豆腐のお味噌汁 ぜい肉をメラメラもやしたい もずくはざるに上げて、軽く水洗いし、適当な長さに切る 鍋に出しを入れ 回復食は、昆布がベスト 、火にかけ、煮立ってから麦味噌をとき、豆腐ともずくをいれる 納豆サラダ 体の中をキレイにしたい うんちを出したい レタス・水菜・ベビーリーフなど葉物野菜を水洗いし、食べやすい大きさにちぎる 続いて、きゅうり、トマト、アボガドを一口サイズに切って、【味付け】と混ぜ合わせる 最後に、納豆、ちぎった葉物野菜、味付けした野菜を混ぜ、完成 あおさとしらすの雑炊 ダイエットに必要な栄養を取りたい 痩せ体質を作りたい あおさを水で戻し、水分を絞る だし汁に火をかけ、薄口醤油、みりん、塩で味をととのえる だし汁に雑穀ごはん、あおさを入れて煮立ったら火を止める 器に盛りつけ、しらすをのせ、完成 「復食期間のメニューを自力で考えるのはめんどくさい…」 そんなあなたのために、復食期間のメニューをご用意しました。 ダイエット検定一級所持者監修・ファスティングの復食期間メニュー、よかったらマネしませんか? 復食期間スケジュール 断食後 翌日 2日目 3日目 朝食 具なし味噌汁 きのこ入りおかゆ 豆腐 雑炊(しらす、あおさ) もずく 味噌汁+もずく 昼食 すっきり大根 おかゆの上澄み 納豆サラダ ひじきの煮物 そば(ささみ、ワカメ) えびサラダ 夕食 雑炊(動物性たんぱく質は使わない) きゅうりのすりおろし 雑穀ごはん 温野菜 (だいこん、にんじん、ホウレン草) 雑穀ごはん 皮なしの鶏肉焼き 豆サラダ 成功の ポイント ・どうしても間食したいときは、 細かく刻んだ生フルーツor野菜、あるいは、 砕いたナッツ ・ 消化に悪い物、アルコール、カフェイン、たばこなど、 内臓に負担が掛かるものはとらない 気になるファスティング方法をポチッとすれば、サクッとジャンプできるピヨ!• 酵素ドリンクを使うときの回復食 酵素ドリンクを断食で使った場合、 復食期間を長めにとったほうがベター。 なぜなら、酵素ドリンクはファスティング効果が強いから。 お腹に優しい発酵された酵素をドリンク化しているので、しっかり断食で胃腸を休められます。 また、野菜(パプリカ、菜葉)や果物 アセロラ、ゆず・みかんなどの柑橘類 に入っている ビタミンCをとるのもおすすめ。 ビタミンCは、 体内の働きを回復してくれたり、 リバウンドを防止したりするので、酵素ファスティング後に積極的に取りましょう。 酵素ドリンク断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 3日間~1週間とる ビタミンCをとる 野菜、果物などのビタミンCが多く含まれている食材をとる コンブチャを使うときの回復食 コンブチャを使ったファスティングをしたときも、 復食期間を長くとったほうがいいです。 なぜなら、酵素ドリンクと同様に、発酵された酵素をドリンク化していて断食効果が高いから。 消化器官を休める断食効果が高い反面、 体調不良を起こしたり リバウンドしやすいというわけ。 ファスティング後に健康を損なわず、スタイルもキープしたいあなたは、必ず長めに復食期間をとるのがベター。 また、コンブチャの材料である"紅茶キノコ"は、うんちを出しやすくしてくれる作用がありますが、お腹をゆるくすることも。 食物繊維は、ファスティング後の 腸の働きをしっかり整えてくれますよ。 コンブチャ断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間とる 食物繊維をとる 野菜、果物などの食物繊維が多く含まれている食材をとる ジュースクレンズを使うときの回復食 ジュースクレンズは、 復食期間を長めにとったほうが ベター。 なぜなら、低速ミキサーによる特別に作られたジュースクレンズは、消化器官を休める効果が十分高いから。 発酵酵素には負けますが、ジュースクレンズは低速ミキサーで皮や種を除外した果物と野菜をドリンク化しているため、たっぷり消化器官をお休みさせられます。 だから、ゆっくり食事を戻す必要があるというわけ。 また、ジュースクレンズは野菜と果物のむくみを流すサポート成分・カリウムもメインで使っています。 むくみが軽くなって見た目の変化が最も大きいですが、断食後に むくむとすぐに戻る可能性が。 ファスティング後の回復食でも、 カリウムを多く含むほうれんそう、バナナ、アボカドを食べると、むくみ防止になり、 スッキリボディをキープできますよ。 ジュースクレンズ断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間取る カリウムをとる アボカド、バナナ、ほうれんそうなど、カリウムが多く含まれている食材をとる 青汁を使うときの回復食 青汁は、 復食期間は 断食を行った日数とればOK。 なぜなら青汁は、食物繊維も粉末状にしているため、酵素ドリンクやジュースクレンズと比べると、ファスティングによる消化器官のお休み度は低いから。 青汁断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を 断食を行った日数とる 青汁断食を3日間行ったとしたら、3日間回復食を食べる スムージーを使うときの回復食 スムージーは、 復食期間は 短めで大丈夫。 なぜなら、皮や種を全てミキサーでジュース化しているため、消化器官を休める効果が少ないから。 ファスティング効果がいまいちでも、腹持ちがよく、復食期間が短めでいいから、初心者の人には成功しやすい断食方法ですよ。 スムージー断食の回復食 ポイント やり方 復食期間は 短めでOK 復食期間を翌日~断食を行った日数とる 水を使うときの回復食 水で断食をしたときは、 リバウンド対策が必須。 なぜなら、水には栄養がほとんどないため、体が飢餓 栄養が足りない 状態になるから。 そこで、 ビタミンCをとると、 リバウンドをブロック。 野菜(パプリカ、菜葉)や果物 アセロラ、ゆず・みかんなどの柑橘類 にはビタミンCが豊富なので、おすすめです。 なぜなら、泡で胃腸が刺激され、うんちが出やすくなっているから。 しかし、食物繊維は消化に時間がかかるため、翌日は避けたほうがベター。 だから、断食後2日目から 食物繊維を積極的にとれば、 腸がキレイになり、 メリット大。 食物繊維は、野菜(セロリ、ごぼう)や果物(柑橘類、バナナ)から多く取れますよ。 炭酸水の回復食 ポイント やり方 食物繊維をとる 野菜、果物などの食物繊維が多く含まれている食材をとる 味噌汁を使うときの回復食 味噌汁は、 復食期間を長めにとると ベター。 なぜなら味噌汁は、発酵食品である味噌を使うため、一種の酵素ドリンクなんです。 だから、味噌汁でファスティングを行うと、しっかり消化器官を休められるというわけ。 休んだ消化器官に負担をかけないよう、ゆっくり食事を戻すと、 体調不良防止や リバウンド防止になります。 なぜなら、野菜ジュースには食物繊維がほとんど含まれていないので、消化器官をたっぷり休ませられるから。 また、ジュースクレンズと同様、野菜ジュースの野菜と果物にふくまれるカリウムは、むくみをとるサポートをしてくれます。 でも、ファスティング後に見た目の変化を感じやすい一方、またむくんでしまうとすぐに元通りになる可能性も… 断食後も、 カリウムが入った食材 アボカド、バナナ、ほうれんそう などを食べて、 むくみ対策が必要です。 野菜ジュース断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間とる カリウムをとる アボカド、バナナ、ほうれんそうなど、カリウムが多く含まれている食材をとる お茶を使うときの回復食 お茶で断食したときは、 復食期間を長めにとるとベスト。 なぜならお茶は、0カロリーで、ノンカフェインのものを選べば消化に負担が掛からないため、しっかり消化器官をお休みできるから。 だからだから、復食期間を長めにとると、 体に優しく、 リバウンドを防止できるというわけ。 お茶断食の回復食 ポイント やり方 復食期間を長めにとる 断食を行った日数~1週間 ファスティングの回復食は、液体の食べ物から、消化にいい固形の食べ物へ。 だって、せっかくツライ断食を頑張ったのに、 回復食で台無しになるなんてイヤだし……。 「一瞬だけ痩せて、すぐデブに戻る」なんて、冗談じゃない!! でも、栄養、ダイエット効果いろいろ考えることが多すぎて悩む~。 あれは負担、これはやめたいたほうがいい…… あー、もう、お前はクレヨンしんちゃんか!!!(クレヨンしんちゃん:好き嫌いが多い5歳児の漫画) って叫びたくなるくらい、人間の体って好き嫌いがあるのね。 だけど、これだけ徹底的に調べつくしたから、安心して断食後の復食期間を卒業できました。 いやぁ、スタイルがキープされているのを鏡で毎日にやにやできるから、「回復食を頑張ってよかった~」って大満足。 あなたも回復食をちょぴっと工夫して、 鏡の前に立つのが楽しみなボディをキープしてみませんか?.

次の