授乳中 風邪。 授乳中の風邪の治し方!安全な薬と効果的な食事とは?

【妊婦さん、授乳中の方必読】風邪薬・PL配合顆粒の服用はココに注意

授乳中 風邪

(の記事でもご紹介してます。 ) 万が一「風邪をひいてしまった!」という時でも、母乳育児中は、なるべく薬を飲みたくないですよね? 母乳育児中のママが風邪をひいたとき、薬に頼らない風邪の治し方を調べてみました。 スポンサーリンク 母乳で赤ちゃんに風邪が移る? 母乳育児中のママが風邪をひいているときに、赤ちゃんに母乳をあげると、母乳を介して赤ちゃんに風邪が移ってしまうのでしょうか? 答えは「NO」です。 母乳の中に、風邪のウイルスは出てきませんので、赤ちゃんに感染することはありません。 逆に、風邪に対する抗体が、ママの体内で作られているので、積極的に母乳をあげることで、赤ちゃんが強くなるそうです。 母乳のせいで、赤ちゃんに風邪が移ることはありませんが、ママの咳やくしゃみ、唾液などからは移ります。 赤ちゃんの鼻や口に触れないよう、マスクを着用するなど、気を付けましょう。 風邪のときの授乳は、しんどいと思いますが、安心して母乳をあげて下さいね。 母乳育児中でも薬は飲める? 母乳育児中に風邪をひくのは、本当に辛いですよね。 赤ちゃんのお世話や授乳は、ママの体調が悪いからと言って、休ませてくれません。 「薬を飲んで一刻も早く元気になりたい!」と願うママは、多いと思います。 母乳育児中でも飲める薬はありますので、病院へ行けば、授乳中でも飲める薬を、処方してくれます。 しかし、たとえわずかだとしても、薬は母乳の中へ移行します。 場合によっては、薬の服用中は母乳をお休みしたり、服用後の母乳を搾乳し、処分しなければならなくなることもあります。 たとえ短い期間であっても、母乳をお休みした場合、母乳の分泌が減ってしまう可能性や、乳腺炎のトラブルを引き起こす可能性もあります。 ママが風邪をひくたびに、母乳を中断するのは、スムーズな母乳育児を行うためには、あまりお勧めできません。 できる限り、薬は飲まない方がいいと思います。 薬に頼らない風邪の治し方は? 私は風邪をひいても、薬を飲みたくなかったので、自然に治るのを待ちました。 通常の風邪でしたら、3~4日すれば、少しずつ快方に向かうと思います。 風邪薬は、風邪の症状を抑えるものであって、風邪そのものを治すものではありません。 以前、私が体調不良になったとき「明日こそよくなるだろう」と思いながら、一週間ほど自宅で過ごしていたことがあります。 しかし、あまりにも長引くので病院へ行ってみたら「インフルエンザだった」なんてこともありました。 もちろんその時は、タミフルなどの、薬の効力が発揮する期間は過ぎてしまい、自然に治るのを待つしかありませんでした。 たとえ「インフルエンザ」でも自然治癒しますので、風邪をひいたからと焦らなくても大丈夫です。 スポンサーリンク 風邪を早く治すためにポイントは? 授乳中に風邪をひいてしまったときの「早く回復するためのポイント」をご紹介します。 ・とにかく休む 風邪をひいたら、まずは休養ですよね。 家事や赤ちゃんのお世話を手伝ってくれる人がいれば、ぜひお願いして下さい。 私の場合、周りに協力者がいなかったので「風邪をひきそうだ」と感じたときは、まだ症状が軽いうちに買い物へ行き、冷蔵庫を満タンにしておくなど、風邪で寝込んだときのために、備えていました。 すぐに食べられる食品や、口当たりのいいものなどを買っておき、熱が出ても慌てないよう、準備をしておくと安心です。 ・体を温める 体温を上げると、白血球の働きが高まり、風邪のウイルスをやっつけてくれます。 風邪をひいて発熱するのは、ウイルスを無くすためです。 熱が出ていないときは、お風呂で温まるのも効果的です。 ネックウォーマーで首を温めたり、マスクをすると、顔が温まります。 ・食欲がないときは食べなくていい(水分はしっかり摂る) 食べ物を消化するには、エネルギーを使います。 消化のためのエネルギーを節約し、ウイルスと闘うためのエネルギーを確保することが大切です。 しっかり水分を摂っていれば、無理に食べる必要はありません。 「栄養があるもの=消化に負担がかかる」という場合もあるので、できるだけあっさりとした、消化のいいものを食べるようにして下さい。 ・睡眠をとる 母乳育児中、十分な睡眠をとることは、一番難しいのではないでしょうか。 (も参考にしてみて下さい。 ) しっかり眠らなくても、横になっているだけでも体は休まりますので、風邪をひいたら授乳以外はずっと横になっていましょう。 風邪薬の真実!? 風邪の原因は、ほとんどがウイルスですが「ウイルスに効く風邪薬はない」というのが現実だそうです。 つまり「風邪を治す薬はない」のですね。 風邪を治すことができるのは、自分が持っている免疫力だけなのです。 もちろん、インフルエンザウイルスなど、一部のウイルスには効果がある薬も存在するので、服用した方がいい場合もありますが、一般的な風邪であれば、自然に治ってしまうので、薬を飲む必要はないそうです。 逆に、薬の副作用で体がだるくなったり、ぼーっとしたり、眠くなったりと、余計に症状が悪化したように感じることもあるので、特に母乳育児中は、薬を控えたほうがいいと思います。 風邪を予防するためのポイントは? 赤ちゃんのお世話をしながら、風邪を治すのは本当に大変です。 風邪を予防するためのポイントは、こちらです。 ・加湿する ウイルスは湿気に弱いので、部屋の空気を入れ替えたり、加湿を心がけて下さい。 喉の乾燥には、マスクがお勧めです。 ガーゼマスクに、ティーツリーオイルを少し垂らして着用すると、爽快感があって心地いいです。 ・体を温める 体温を上げれば、免疫力が上がります。 赤ちゃんがいると、お風呂もゆっくり入れないので、そんなときは足湯がお勧めです。 食品では、しょうがを使った飲み物や料理は、体を内側から温めてくれるので、風邪予防に効果的です。 私が風邪気味の時は、お湯にしょうがと蜂蜜を入れて、飲んでいました。 ・腸内環境を良くする 腸には、60%以上の「免疫細胞」があるそうです! 腸内の免疫細胞を活性化させることで、免疫力がアップするのです。 そのために、便秘や下痢を解消して、腸内環境を整えることが大切です。 産後の忙しい時期は、食事だけで腸内環境を良好に保つのは難しいので、を利用するのがお勧めです。 ・手洗い、うがい 基本ですが、効果があります。 ・ビタミンC 日頃から、果物や野菜からビタミンCを補給しておきましょう。 サプリメントでの補給もいいと思います。 まとめ 母乳育児中は、免疫力が低下していたり、寝不足などで、私もよく風邪をひきました。 「どうしても薬を飲んで治したい!」「でも、市販の薬に抵抗がある」という方は、病院で処方された薬を飲んで下さいね。 私は、娘がお世話になっている小児科で、娘と一緒に診てもらっています。 スポンサーリンク - ,• よく読まれている記事• 最近の投稿• カテゴリー• 112• 126• 100• アーカイブ アーカイブ• 母乳育児 ブログランキング.

次の

授乳中に風邪薬は飲んでもOK!正しい風邪薬の選び方・服用の仕方

授乳中 風邪

PL配合顆粒は、1962年から販売されている歴史の長いお薬になります。 それだけ多くの方に使われている中で、妊婦の方に対して禁忌(服用してはいけない)とされていませんので、安全性は比較的高いお薬といえます。 PL配合顆粒は、妊娠中でも医師の判断で治療上、必要と判断した場合に処方されます。 医師の判断で処方された場合は、服用しても問題ないと考えて下さい。 風邪の症状が悪化してしまうことを考えると、我慢せずに医師の指示どおりにお薬を飲むことで早く風邪を改善することも大切です。 必要以上に心配することはありませんが、PL配合顆粒に限らず、妊娠中はお薬の服用には注意が必要です。 必ず、自己判断で服用せず、産婦人科の医師の指示の元にお薬を服用するようにしましょう。 授乳中、PL配合顆粒を服用する場合は、臨時(短期)で服用する場合には問題ありません。 ただ、長期間にわたっての服用は避けるようにしましょう。 PL配合顆粒に含まれている成分のひとつ、カフェインが母乳中に移行するためです。 可能でしたら、授乳直前や直後のタイミングで服用することをお勧めします。 血液中の薬の濃度が高くなる時間帯の授乳を控えることにより、赤ちゃんへの影響を最小限に抑えることが可能です。 赤ちゃんへの影響がどうしても心配で、お薬を飲めないという場合は、PL配合顆粒服用中は、母乳を控えるようにしましょう。 お薬を飲まずに我慢すると、症状が悪化し、長引いてしまうと、より大変な状態になり、より多くのお薬が必要となったり、赤ちゃんにうつしてしまう可能性もでてきます。 そのため、症状がひどくならないように、医師が処方したお薬は、できれば服用するようにしましょう。 [本剤中のカフェインは母乳中に容易に移行する。

次の

【妊婦さん、授乳中の方必読】風邪薬・PL配合顆粒の服用はココに注意

授乳中 風邪

【なぜ保温?】 風邪かな?と思ったときは 既に免疫力が下がっている状態です。 急いで体を温めて免疫力をアップさせ自分の自然治癒力を高めましょう! 体を温めることで菌やウイルスの繁殖を抑え、喉の腫れや痛みの症状も緩和してくれます。 ステップ2【さらに保温】 貼るカイロで風邪を撃退! 次に、 風邪のツボ【風門】 ふうもん)にカイロを貼ります! この方法は喉に負担をかけずに治すことが出来ます! こどもや妊婦さんも大丈夫な方法です。 一番安価で効果抜群。 お試しあれ!効きますよ! ステップ3【減菌】 うがい薬で喉の減菌 子供さんと妊婦さんはステップ4にお進みください。 では洗面所へ行き、うがい薬でうがいします。 私の母 若い時 看護師 は喉の痛みを感じたら、まずイソジンです。 1日しっかりうがいして、風邪撃退完了!させてます。 風邪だからといって、イソジン等のうがい薬で頻繁にうがいし過ぎると炎症している喉をかえって悪化させてしまうこともありますので必ず用法を守ってくださいね。 そこでわが家では 次のステップ4が主流になってます。 ちょっと苦手で…という方や子供や妊婦さんに朗報! 緑茶の殺菌成分で減菌でます! 緑茶には天然の殺菌作用がある! 静岡県立大学薬学部の山田浩教授と田熊規方医学博士共同研究のデーターで 「緑茶でうがいしていた人はインフルエンザを発症しにくかった!」 という事が確認されていて効果はお墨付きです。 緑茶に含まれるカテキンとテアニンが、インフルエンザの発症を減少させることを、ヒトを対象とした臨床試験で確認しました。 出典:, 「わが家のお茶うがいの方法」 【なぜ薬?】 喉の炎症を抑えてくれます。 自然治癒力で復活できなかった方! 赤ちゃん、子供から飲める漢方薬や苦いけど効果テキメンな薬をご紹介します。 風邪初期といえば葛根湯。 なんと生後3ヶ月以降から服用できます。 妊娠中、授乳中でも処方される薬ですが主治医に相談してから服用してくださいね) 葛根湯は身体を温めてくれるので、風邪の初期症状 寒気、くしゃみ に良く効きます。 成分の甘草 カンゾウ は咽頭炎、咽頭痛に効く漢方です。 クリックで拡大 うちの子供たちも、くしゃみを始めたら、すぐに葛根湯を飲んでひどくなる前に早めに治しています。 常備薬として2箱くらいあると家族全員に風邪が移っても安心です。 喉や鼻の粘膜を保護すれば、二次感染も予防できます! 喉の保湿にはマスクが一番! 外気やほこりから喉を徹底的に守りましょう。 早めにマスクで対策すれば、 つらい咳に発展させずに済みます!外出中はもちろん、室内マスクも効果的。 ステップ7【ツボ】 咽喉が痛い時に効くツボ• お皿に玉ねぎスライスを 敷きつめる• 鼻と喉の粘膜に あてるように匂いをかぐ!• 枕もとに置いて 一晩寝ながら吸い込む 玉ねぎをクンクンした後は「1ま~い、2ま~い…」と、飴のように舐めてから噛みしめてください! 喉の痛みがスーッと楽になります。 ぜひ試してみてくださいね。 うちでは一家で玉ねぎクンクン派です。 あなたもレッツクンクン。 効きますよ! ステップ9【行動】 喉が痛いときの行動 【喉が痛い時のNG行動】• タバコを吸う• 副流煙を吸う• お酒・アルコールを飲む• 寝不足・夜更かしする 喉の痛みの治療中にNG行動をすると、たちまち悪化してしまい、いつまでも喉の痛みが治らない状態に…。 喉が痛い時の大原則は 喉を使わない!つまり声の使用禁止です。 しかし実際、声を出さないのは難しいですよね。 そこで私が身に付けたのは 無声音でしゃべる! 「カサカサ発声法」です。 『喉が痛い時の話し方』 コミチ流 カサカサ発声法!• 地声で長話• どなり声• 井戸端会議のうわさ話の声 仕事などで、どうしてもしっかり話さないといけない時は、中途半端に声を出さないようにします。 『おかあさんと一緒』の歌のお兄さんお姉さんのように、頭頂部に響かせるように、正しい発声でしっかり声を出してしまった方が喉の負担にはなりません^^ まとめ 以上、少し長くなりましたが「喉の痛みを治す10の方法」でした!ツライ喉の痛みが早く良くなりますように心を込めて書きました。 お友達にもシェアしていただけますと幸いです! 記事を引用なさる場合はサイト名やURLの記載をお願いします。

次の