つぐ こ さま 結婚。 高円宮承子(つぐこ)さまの結婚相手とは?職業と年収・年齢は?どんな家柄?

絢子さま「パーフェクト婚」の裏で囁かれる「深刻危機」

つぐ こ さま 結婚

7月2日、高円宮家の三女・絢子(あやこ)さま(27)が、日本郵船に勤務する守谷慧(もりや・けい)さん(32)と共に婚約会見に臨まれた。 延期となった秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの結婚の方はかなり雲行きが怪しくなっている模様だが、絢子さまのお相手は我々が気を揉む必要がないお方なのだろうか? イギリス王室をはじめ世界の王室の研究者で、皇室にも詳しい関東学院大学教授の君塚直隆さんに話を聞いた。 「お相手の守谷さんは、父が元経産官僚、母(2015年死去)はNPO法人〈国境なき子どもたち〉の元専務理事、本人も慶応義塾大学を卒業して日本郵船に勤務と、非の打ち所のない経歴です。 しかし、君塚さんは「絢子さまの結婚自体は喜ばしいことですが、一方で、皇室の将来については深刻な危機が迫っていると感じます」と懸念を口にする。 なぜか。 「それは皇室典範第12条に、いわゆる〈臣籍降下〉が定められており、絢子さまが結婚すれば皇族の身分を離れられることになるからです。 そうなれば、いま皇室が抱えている膨大な量の公務を誰が担うのでしょうか。 公務を通じて国民に寄り添う姿を見せているからこそ、皇室が〈国民の象徴〉たりうるわけです。 これ以上の皇族の減少は、象徴天皇制自体の危機を招くと私は懸念しています」 「そこで私は『』という本の中で、皇室典範を改正して、〈臣籍降下〉を廃止すべきだと提案しました。 たとえばイギリスの王室では、エリザベス2世女王の長女であるアン王女は2度の結婚歴がありますが、結婚後も彼女ひとりに限って王族にとどまり公務を続けています」.

次の

承子さま、妹・絢子さまに続きご結婚へ! “奔放プリンセス”の気になるお相手 (2018年7月18日)

つぐ こ さま 結婚

承子さまの結婚相手は誰? 出典: こちらが、高円宮家の長女、承子さま。 過去には、留学先の大学で遊びすぎて、 母親である久子さまの指示により 中退させられたりと、 皇室では珍しく自由奔放で、 スキャンダルがあった女性です。 ですが、2018年7月現在32歳。 しっとり落ち着き、素敵な女性になられたようです。 そんな承子さまにも、三女の妹、絢子さまについで 結婚報道が出ています。 気になるのが、そのお相手は誰なのかということですが、 現在のところはまだ名前も顔画像も出ていません。 得られている情報は、 メガバンク系シンクタンク勤務 の男性で、 2年前にも一度週刊誌にスクープされている男性です。 破局されたのかと思いきや、 続いていたのですね。 となると、順番的には、今回の絢子さまより先に、 承子さまがご結婚するほうが優先されそうですが、 何か事情があったのでしょうかね。 承子さまが絢子さまより先に結婚できなかった理由は? 出典: 2018年10月29日に明治神宮でご結婚が 決まっている 高円宮家の三女、絢子様と守谷慧さん。 素敵な会見で、お似合いのカップルですよね。 絢子さま、これまで拝見した中で一番綺麗! お幸せそうなのが伝わってきますね。 このお二人よりも、交際期間が長いと言われる、 承子さまと、メガバンク系シンクタンクにお勤めの男性。 少なくともその交際期間は2年くらいかと思われます。 普通なら長女である承子さまのご結婚が先なのでは? とも思うのですが、 2年前に、一度結婚直前まではいっていたようです。 宮邸にも連れて行き、久子様にもお会いになっているようですが、 その時の男性の態度があまりよろしくなかったようで、 結婚には反対されているとか。 これ、どうなんでしょうね。 初めてご挨拶に伺う、彼女の実家。 ただの実家ではなく皇室の方です。 そこにご挨拶にいくのに、態度がよくなかったと 言われる男性っていったい・・・・? 普通はもうカチコチに緊張していると 思うのですが。。。 男性の態度以外にも何か問題があったのでしょうか。 小室圭さんのこともありますし、 気になるところですよね。

次の

明仁

つぐ こ さま 結婚

女優の浅野ゆう子(59)が21日放送の日本テレビ「有吉大反省会2時間スペシャル」(土曜後9・00)に出演。 番組MCの有吉弘行(45)から過去につけられたニックネームに言及し、有吉を慌てさせる場面があった。 アイドル歌手としてデビューし、抜群のスタイルを武器にモデルとしても活躍した浅野。 過去に、身長1メートル65、股下99センチと雑誌などで紹介されていたことを振り返り、「(股下)1メートルだと明らかにウソなので1センチ引いて、99センチというのがキャッチフレーズのような感じで。 股下99センチというのを売り文句として事務所とレコード会社が考えたんです」と明かした。 その後、浅野は「あの、有吉さんにお礼を申し上げなければいけないことがありまして」とニヤリ。 デビュー当時「ジャンプするカモシカ」というキャッチフレーズで活動していたことに触れつつ、「特に女優の仕事がメインとなって、誰もニックネームとか愛称で呼んでくれたりとか、そういうことがなかったのですが、何年前でしょう、有吉さんに素敵なニックネームをつけていただいて、そのお礼を。 覚えていらっしゃいますか?」と問いかけた。 「え、なんて、え、絶対悪いことを言ってないはず」とうろたえる有吉に対して、浅野は「行き遅れって言ったんです!」。 女性の結婚が遅いとする言葉。 2017年に一般男性との結婚を発表した浅野は、「それを肝に銘じて頑張りました。 おかげさまで」と続けた。 有吉は浅野の発言に「時代ですね~」と語り、頭を下げていた。

次の