イラン アメリカ 戦争。 「米イラン戦争」開戦で語られる最悪のシナリオ

イラン・イラク戦争

イラン アメリカ 戦争

>もしアメリカとイランの間で戦争状態になったら、日本は参戦させられますか? その可能性はあります。 アメリカは先日無人機を撃墜されましたので、先に手を出したのはイランだと主張するでしょうし。 ただ、単なる空爆だけなら日本は形ばかりの参戦でしょう。 問題はアメリカが地上軍を送り込んでイランの政権を転覆させた場合。 その場合には、大規模戦闘終結後の治安維持活動に、できるだけ多くの陸上自衛隊員を参加させろと言われるでしょう。 イラクでもアフガニスタンでも、アメリカはこの任務で3千名以上の戦死者を出しているので、できるだけ他国に肩代わりさせたいと考えており、例えば日本が千名の隊員を継続して送れば、数十名の戦死者が出てもおかしくない、そういう任務です。 >日本はイランとは友好関係にあるし、なんら敵対する理由はない >けど、もしアメリカがイランを攻撃したら? それが集団的自衛権を行使するということです。 国際法の定義において、集団的自衛権とは必ず自国以外からの支援要請を受けて行使されるものとなっている。 つまり、敵対する理由は特になくても攻撃に加担することがあるのが、集団的自衛権の行使であり、逆に自国の都合で集団的自衛権を勝手に行使することは許されていません。 ちなみに、日本の戦争法では集団的自衛権を行使できるのは日本の存立危機事態のみとなっていますが、そこに客観的な基準があるわけではないので、政府はどうにでもできます。 例えば、イラク戦争において、アメリカは普天間基地をほとんど空にしてしまいました。 普天間は辺野古に移設しなければならない、そうしないと中国に占領される、なんて喚いている安倍政権支持者にしてみれば、当然これは存立危機事態となるはず。 早く普天間に帰って来てもらうためには、早くイランでの軍事行動を終結させる必要があるので、日本も協力するのだ、と主張することも可能。 というか、そういう主張をしない人がいたら論理矛盾ということになります。 >できるのに断るという形になると、アメリカの不興を買う、現に大統領は日本がアメリカを守らない事に不満を述べている >参戦を要請されたら、それでも安倍総理は断れるでしょうか? >それとも恨みの無いイランと戦争になるのでしょうか? もし断ったりしたら、それこそ、日本の国防に対して大打撃となります。 アメリカが参戦しろと言っても日本が断るなら、日本が参戦を頼んだってアメリカも断わる。 これまでは憲法の制約があるからと断っていましたが、それができると言ってしまった以上、今後は断ったとしたらそれは日本政府の判断ということ。 アメリカの参戦要請を、憲法のせいでできないというのならアメリカ国民も納得しますが、自らの判断で断った日本をアメリカ国民が助けようとするはずがありません。 存立危機事態がどうのなんて、アメリカ国民にしてみれば知ったことではないのですから。

次の

もしアメリカとイランの間で戦争状態になったら、日本は参戦させ...

イラン アメリカ 戦争

イラン国営メディアによると、1月6日にイランの首都、テヘランで執り行われたソレイマニ司令官の葬儀には、「数百万人」が訪れた(写真:ロイター/Nazanin Tabatabaee/WANA) アメリカがイランのナンバー2、精鋭部隊の革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を空爆により暗殺したことで、イランの最高指導者ハメネイ師は報復を宣言した。 イランが報復を実行に移す場合、アメリカとの全面的な戦争を避けるため、限定的な報復を選択する可能性が高いとみられている。 だが、そこには大規模な戦争に発展しかねない危険もはらむ。 アメリカの政治専門紙ザ・ヒルは4日、こう主張する論考を掲載した。 暗殺は、アメリカ中央軍司令官を殺害したことに相当すると指摘。 イランが報復するのは確実で、問題はいつ、どこでか、だとした。 アメリカとイランの関係悪化は今に始まったことではない。 昨年6月、アメリカの政治リスク調査会社ユーラシア・グループのミノビCEOは、世界のリスクとして、アメリカとイランの対立を米中貿易紛争に次ぐ第2の懸念と指摘。 「2020年に軍事的な紛争に発展する可能性は最大40%と見積もっている」と語っていた。 ドナルド・トランプ大統領はイランとの戦争を望まず、1979年の革命で成立したイスラム聖職者が指導する体制の転覆は狙っていないとしており、全面的な戦争に突入するという見方は少ない。 が、国交のないアメリカとイランが意思疎通の欠如や失敗、情報の誤認や誤解、不測の事態から、予期せぬ形で戦争に発展するシナリオも、アメリカなどでは現実味を持って語られ始めている。

次の

アメリカとイラン「誰も望まない戦争」の恐ろしい予兆(松富かおり)

イラン アメリカ 戦争

背景 [ ] この戦争は内のとの歴史的対立や、との歴史的な対立の構図を現代に復活させたといえる。 また、に対する周辺国と欧米の干渉戦争と捉えることもできる。 両国の輸出にとって要所であるの使用権をめぐる紛争は、戦争以前にも長年の間、衝突の原因だった。 シャトル・アラブ川はに注ぎ込む・の下流域で、両国の国境にあたる。 同河川沿いの都市はイラク第二ので、石油積み出し場として重要な港でもあった。 イランではにによるがあり、でを行っていたによるや古代を称えるの世俗性を批判していたの指導下、周辺ののとは異なる政治体制「」を敷き、宗派だけでなくてや君主制でも相容れないアラブ諸国の警戒感を強めたが、イラン国内の混乱が増し、保守派ののために軍事系統にも乱れがあると見られ、敵対する周辺国にとっては好機であった。 一方、イラクでは1979年当時大統領に就任したは、の英雄から一転との和平で前年にの首脳会議でを追われたの大統領に代わってアラブの盟主となって古代文明の栄光を蘇らせる野望を抱き 、の再興を掲げるを反対派ので掌握してを確立した。 で高価になった原油の輸出で得た潤沢な資金を投じた積極的な軍備拡張でイラクは中東最大・世界第四位の軍事大国となり 、自らがパーレビー王朝と結んでいたをの前で破り捨て 、イランの重要な油田地帯でかつてメソポタミアからの侵略を何度も受けていたを「アラビースターン」と呼んでアラブ領土の失地回復という大義名分でイラク領への編入を目論んだ。 経過 [ ] イラン空軍はパフレヴィー朝時代に購入した当時最新鋭クラスの戦闘機を保有していたが、整備不足からほとんど戦闘に参加できず、結局イラン軍はF-14を管制機として運用した。 (写真のイラン機は2011年の撮影) イラクの奇襲 [ ] 未明、イラク軍が全面攻撃、イランの10の空軍基地を爆撃、イラン軍が迎撃するという形で戦争は始まった。 ただし、9月に入った時点で国境地帯での散発的な戦闘や空中戦が起こっていた。 この攻撃は、1975年にの仲介で、イランとイラクの国境を画定するために結ばれたアルジェ協定の一方的破棄であった。 この急襲で基地施設の破壊は成功したが、肝心な戦闘機の破壊は失敗。 翌日、イラクは両国の644kmに渡る国境線を越え三方向から地上軍を侵攻。 南部戦線ではフーゼスターン州に橋頭堡を確保し流域のやを包囲する目的だった。 中部戦線ではのの麓を制圧した。 これはイランの反撃に備えるためで、北部戦線ではの制圧を目指した。 これはイランの反攻での石油施設が破壊されるのを防ぐ狙いであった。 準備の面で勝るイラク軍は、革命で混乱したイラン軍の指揮系統などの弱点をついた。 イランは正規軍ととが共同作戦をできなかった。 それでも、破壊を免れたイラン空軍機は制空権を支配しイラクの石油施設やなどを爆撃、イラン海軍はを攻撃した。 それでもイラク軍はホラムシャハルを占領、を目指す勢いで、11月にはイラン西部国境地帯の一部を占領(詳細は)。 イランの軍備は長らく親米政権であったため、ほとんどが米国製であった。 これらを扱う技術者もアメリカ人であったが、革命の際に全員が国外退去となり、兵器の整備や部品調達が難しくなっていた。 イランのイスラム革命に介入しようと、や、、などはイラクを積極支援した。 当時に次ぐ世界第2の石油輸出国 だったイラクは戦争をの利害に直接結びつけ、石油危機に怯える石油消費国を戦争に巻き込む戦術をとっていた。 また、革命後のイラン国内では反米運動が盛りあがり、イランのイスラム革命精神の拡大を恐れたことも関係する。 はや世俗的な王政・独裁制が多い為、イランのイスラム革命の輸出を恐れイラクを支援し、はペルシア湾対岸にイランを臨むことから、積極的にイラクを支援、資金援助のほか、軍港を提供するなどした。 国内にイスラム教徒を抱えていたソ連はイスラム革命後にイランの隣国にしているが、これはアフガニスタンの親ソ政権の転覆を恐れた為とされている。 イラクを全面支援してイランの鼻先を通るクウェートのタンカーにはソ連の護衛が付いており、イランは手出しができなかった。 東西諸国共に対イラン制裁処置を発動、物資、兵器の補給などが滞り、また革命の混乱も重なってなどで応じるしかなかったため、イラン側は大量の犠牲者を出す。 兵力は1000人規模で戦死者が共同墓地に埋葬されている。 しかし、全般的には劣勢で、時にはイラン兵の死体が石垣のように積み重なることもあった。 完全に孤立したイランはイラクへの降伏を検討しなければならなくなっていた。 形勢の逆転 [ ] イラクの予想よりもイラン民衆の抵抗は強く20万を越える義勇兵が前線に加わった。 イラク軍部とであるバアス党の意見の違いなどから戦線は5月には膠着。 完全に孤立したように見えたイランであったが、中国は1980年から1988年までイラン最大の武器供給国であり 、これはイスラム革命前のイランに訪れた最後の外国首脳であるがパーレビー王朝を支持したと見做されたことで冷却化した関係を修復するためとされ 、その裏では中国はイラクの反発を避けるためにその2倍以上の武器をイラクにも供与していた。 当時の米国の(CIA)は「中国はイラン最大の武器供給国だが、皮肉なことに中国最大の武器取引相手はイラクである」と報告している。 また、米国もイラクに対する武器輸出や経済援助などを行う裏で革命の際のテヘランのアメリカ大使館占拠事件において、人質の解放をめぐる取引の一環かつを戦う軍への資金援助のため、ある時期にイランに対しても武器輸出を行った()。 さらにパーレビー王朝と友好関係にあったイスラエルはイラクとも敵対していたために「敵の敵は味方」の方針でイランに武器を援助しており 、米国製部品をイスラエルが調達する代わりにイスラエルはを通じてイランから石油を得ていた。 加えて、主導の他のアラブ諸国と異なり国家元首の一族をはじめ少数派のが政権を握ると、独自のを掲げる、で的ながイランに味方した。 奇しくもイスラエルとアラブ諸国の中でも反イスラエルの急先鋒だったシリアとリビア、イスラエルの後ろ盾であるアメリカと対立関係を続けていた北朝鮮がそれぞれの思惑でイランを支援する形での間接的な共闘関係が発生した。 はイランを支援したことを理由に1980年10月にフセイン政権のイラクから断交されており 、このときから親密なが構築された。 シリアについてもイラン・イラク戦争以来事実上の同盟関係を継続しており、後の2011年から続くでイランは終始アサド政権を支持・支援し、アサド政権が守勢に回っていた時期には地上軍の派兵も行っている。 1981年、イスラエル空軍機がヨルダン、サウジアラビア領空を侵犯しイラク領に侵入、の技術で建造中の(未稼働)を空爆、破壊()。 このため、イラクはイスラエル方面の防空を強化しなければならなくなった。 4月、経由のパイプラインが止められ、イラクは石油の輸出ができなくなった頃から戦況は動き始める。 にイランはホラムシャハル港を奪回、3万のイラク兵を捕虜とした。 6月には旧領土ほぼ全域を奪還、逆にイラク国内への攻勢に出る。 イランの勝利もありうると考えたイラク側が休戦を持ちかけるきっかけとなったが、戦況を巻き返したイラン(とりわけ最高指導者のホメイニ)はフセイン体制の打倒に固執した為、戦争は終結しなかった。 11月にはイラク軍がイランの石油基地を破壊した。 沈静化 [ ] この年、シリアの占領下のにが侵攻、が再燃。 このため欧米の目は急速にレバノンへ向き、火消しに躍起になった。 アメリカはフランスと共に軍をレバノンへ派遣した。 なお、このレバノン内戦の裏ではイスラエルとイラン間で密接に連絡していた。 また、1982年、が、アメリカは10月、ソ連もアフガニスタンで手間取った為、世界の目はこの戦争から離れた。 しかし、1983年にレバノンのアメリカ・フランス軍のキャンプが攻撃を受けた為、報復にシリア軍を艦砲射撃して2月に撤退した()。 再燃 [ ] アメリカ軍撤退の直後、イラン・イラク間の戦闘が再燃した。 3月にの調査によりイラクが、などの兵器を使用が判明すると、戦争に対する世界的な非難が高まった。 11月にイラクはアメリカと正式に国交を回復し、援助は公式なものとなった。 翌3月、イランとイラクは相互に都市をで攻撃。 イラクはソ連のを改良した「」をイランの都市へ撃ち込んだが、これによってイランはミサイル開発にこだわるようになる。 5月にはイラク空軍機、空襲。 6月にはイラク軍のミサイルがイランの旅客列車に命中した。 アメリカの介入 [ ] で出動したアメリカ海軍の。 両国が殺戮の応酬を繰り返す中の3月、イランを支援し続けるリビア(リビアは当時 ()もしていた)とアメリカ軍機がで交戦、アメリカは4月にした。 しかし12月、アメリカでが暴露されてしまった。 は窮地に立たされると、取引を持ちかけたのはイランだとして激しく非難した。 クウェートへの攻撃を防ぐ為、クウェートのにはを掲げさせ、アメリカ軍艦の護衛をつけた()。 対してイランは1月に「」を実行。 イラク領へ向け南部戦線に大攻勢をかけ、ようやくイラク軍に損害を与えることができた。 また、イラク国内の反政府的なを支援して反乱を起こすよう仕向け、イラク軍の弱体化を狙ったが、これに対してイラク軍は反乱クルド人にを使用したため、事態を知ったイラン軍の士気は下がった。 しかし、一説ではこのときの化学兵器使用はイラン軍によるものであるとも言われており、真相は明かされていない。 、が598号決議を採択した。 即時停戦ほか、公正な機関による戦争責任の調査、交戦を継続する場合には武器の輸出停止、を行うという内容であった。 先にイラクが受諾の姿勢を見せたが、8月からに大量のが浮遊するようになる。 イラクは報復としてイランのタンカーを攻撃、9月からアメリカ軍のヘリコプターが出動したが、これに対してイランはアメリカのタンカーを攻撃した()。 または10月、としてが保有するアメリカ船籍の石油タンカーの護衛についていたが、タンカーが攻撃を受けたことから、報復としてにの持つ2つの油田を攻撃した 作戦。 また、この作戦は歴史上最大の株価暴落 を引き起こした。 2月、イランとイラクは相互都市攻撃を再開、ここにおいてアメリカ軍がペルシャ湾に出動、4月14日にイランとの間で交戦となった()。 さらに、それまでイランに寛容だったが断交を通告。 イランはに安保理決議598号の受諾を表明し、に停戦が発効した。 この戦争の間、ペルシャ湾岸諸国(・・・・・)は( GCC)を結成し、地域の安定を求めた。 GCCはアメリカが後ろ盾となり、各国にアメリカ軍兵器を輸出した(サウジアラビアは見返りとしてアメリカからなどを購入することができた)。 また、サウジアラビアは米国には秘密で中国の弾道ミサイルを導入してイランからの攻撃に備えた。 6月、イランの革命の父ことホメイニーが死去した。 翌にはイラン・イラク両国間で国交が回復した。 なお、1990年のにイラクはに侵攻しており、翌年にとなった。 影響 [ ] 撃退された MEK。 両国の犠牲者は100万人程度と推定され、経済的な被害も大きい。 一説では、この戦争を通じてイラクがに対して抱え込んだ負債を帳消しにすることが、へ発展する、イラクによるクウェート侵攻の目的のひとつであったとされる。 日本との関連 [ ] 在留邦人脱出 [ ] なかなか終わらない戦争に対し、では両国の名前をもじって「 イライラ戦争」と呼ばれた。 両国の都市爆撃の応酬が続く最中の1985年3月17日、48時間の猶予期限以降にイラン上空を飛ぶ航空機は、無差別に攻撃すると大統領が突如宣言した。 この宣言後、イランに住む日本人以外の外国人は、おのおの自国の航空会社や軍の救援機によって順次イランから脱出していった。 ところが、日本においてはそうではなかった。 当時は自衛隊が海外へ救援機を飛ばすことはできず 、にチャーター便の派遣を依頼したが、同社のパイロットと客室乗務員が組織する労働組合は、安全が保障されないことを理由に拒絶した。 その間、在イラン日本大使館では手を尽くして救援機を派遣した各国と交渉したものの、いずれの国も自国民救出に手一杯であり、希望者全てを乗せてもらうことは到底かなわず、いまだ200名を超えるイランが全く脱出方法が見つからずに、生命の危機に瀕する状況にあった。 トルコ政府の協力 [ ] だが、土壇場で個人的な親交に一縷の望みを託した野村豊在イラン日本国がイスメット・ビルセル在イラントルコ特命全権大使に救援を要請したところ、政府が応じ 、の自国民救援のための最終便を2機に増やしたため、215名の日本人がそれに分乗してイランを脱出した。 タイムリミットの1時間15分前だった。 なお、トルコ機は自国が近隣に位置することから陸路での脱出もできる自国民よりも日本人の救出を最優先し、実際この救援機に乗れなかったトルコ人約500名は陸路でイランを脱出した。 このようなトルコ政府とトルコ航空の厚情の背景には、(明治23年)日本に親善訪問した帰途、沖で遭難したに際し日本から受けた恩義に報いるという意識もあったと言われている。 、日本・トルコ修好125周年を記念し、エルトゥールル号遭難事件とテヘラン邦人救出劇を描いた映画『』が日本・トルコ合作映画として製作された。 主要な戦闘 [ ]• 1980年11月2日• 1981年1月5日• 1981年11月29日• 1982年3月22日• 1982年4月24日• 1982年4月24日• 1982年7月13日• 1983年2月6日• 1983年2月6日• 1984年2月15日• 1984年2月22日• 1985年3月11日• 1986年2月9日• 1987年5月 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2001. 1979: The Year That Shaped the Modern Middle East. Westview Press• Claudia Wright, "Iraq: New Power in the Middle East," Foreign Affairs 58 Winter 1979-80• Orit Bashkin. The other Iraq: pluralism and culture in Hashemite Iraq. Stanford, California, USA: Stanford University Press, 2009. 174. Nader Entessar, Kurdish Politics in the Middle East Lanham, MD: Lexington Books, 2010 , Chapter 5, p. 172• 『石油と中東が世界を決める』、1987年7月、86頁。。 Alnasrawi, Abbas 1994. The Economy of Iraq: Oil, Wars, Destruction of development and Prospects, 1950—2010. Alnasrawi 1994 , p. 酒井啓子著 「イラクとアメリカ」p58• デュルファー報告 Vol. 1, 'Regime Finance and Procurement' p. 31 figure 16,• 多維新聞網. 2019年6月5日閲覧。 Wright, Robin 17 November 2004. "Iran's New Alliance With China Could Cost U. Leverage". The Washington Post. Second Line of Defense. 2018年3月26日閲覧。 CIA 1986年9月19日. 2019年7月15日閲覧。 Ronen Bergman, The Secret War with Iran, Free Press, 2008, p. 40-48• Parsi, Trita Treacherous Alliance: The secret dealings of Israel, Iran and the United States, by Trita Parsi, Yale University Press, 2007• Ammann, Daniel. The King of Oil: The Secret Lives of Marc Rich. Dattel, Lior; Domke, Ronit June 27, 2013. "Marc Rich, the Man Who Sold Iranian Oil to Israel" — via Haaretz. Dattel, Lior; Domke, Ronit June 27, 2013. "Marc Rich, the Man Who Sold Iranian Oil to Israel" — via Haaretz. Mouawad, Jad October 15, 2009. "Book on Marc Rich Details Oil Deals With Iran and Others" — via NYTimes• 小牧輝夫、「」『アジア動向年報 1981年版』 1981年 p. [57]-90, 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所• National Committee on North Korea. 2016年8月29日閲覧。 宮本悟 2007年8月1日. 環日本経済研究所. 2016年8月29日閲覧。 日本トルコ協会創立八十周年記念『アナトリアニュース』118号別冊• 2013年12月2日閲覧。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 鳥井順『イラン・イラク戦争』、第三書館、1990年• 松井茂『イラン-イラク戦争』、サンデーアート社、1990年• ケネス・M・ポラック『ザ・パージァン・パズル』上巻、小学館、2006年 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (2003年3月18日閲覧)• 龍谷大学 坂井定雄 (2003年3月18日閲覧)• (2007年6月22日時点の).

次の