笠原将弘。 テレビ朝日の本のお知らせ

笠原将弘

笠原将弘

修業時代に覚えた定番的なものから、店を開店してから工夫を重ね、作り上げたものまで。 作りためたレシピを一挙に公開していただいた。 また後半では、仕込みものや常備菜など、作っておくと便利な「料理屋の作りおき」も合わせてご紹介している。 味づくりはもちろん、食材を無駄にせず、価値のある使い方をするためにも役立つ内容になっている。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) この本では『賛否両論』で使用している「だし」や「たれ」、「合わせ調味料」、作っておくと便利な「料理屋の作りおき」を、多数ご紹介しています。 【目次】(「BOOK」データベースより) だし・たれ・合わせ調味料(だし/調味だし/たれ・ソース・漬け床・漬け地/合わせ味噌/合わせ酢・ドレッシング ほか)/便利な作りおき(焼きなす煮浸し/さつまいもレモン煮/かぼちゃ含め煮/管ごぼう/かぶ千枚漬け風 ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 笠原将弘(カサハラマサヒロ) 1972年東京生まれ。 高校を卒業後、『正月屋吉兆』(新宿)で9年間修業。 その後、実家の焼き鳥の名声店『とり将』(武蔵小山)を継ぎ、4年半営業する。 父親の代からの30周年を機にいったん『とり将』を閉店。 2004年9月に現在の店舗『賛否両論』を開店する。 リーズナブルな価格で、味に定評のある和食を深夜まで提供。 2013年9月に『賛否両論』名古屋店を開店。 2014年6月広尾に『賛否両論メンズ館』を開店する。 現在、店で料理の腕をふるう傍ら、テレビ、雑誌にも引っ張りだこで多忙な毎日を過ごしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ |OTONA SALONE[オトナサローネ]

笠原将弘

酸味と辛みを加えて、揚げ物にピッタリの爽やかおろしに。 春巻きの具を作る。 ハムは千切りにする。 豆苗は根元を除いて半分に切る。 ボウルに入れて、マヨネーズで和える。 春巻きの皮を角を手前に向けるように置いて、等分にした具材を真ん中より少し下に乗せる。 手前、左右の順に折って巻き、水溶き小麦粉で端を留める。 170度に熱した油に春巻きを入れ、4~5分揚げる。 色づいてカリッとしたら油を切って取り出す。 器に盛り、特製おろしと辛子を添えたら完成です。 500wは1. 2倍、700wは0. 8倍の時間で対応して下さい。 笠原シェフのレシピ本とプロフィール.

次の

【ノンストップ】「レモンレタスそうめん」の作り方!~笠原将弘さんのおかず道場(6月23日)

笠原将弘

1.「レモンレタスそうめん」のレシピ 【材料】2人分• ・オリーブオイル 大さじ1. ・砂糖 小さじ1• ・片栗粉 適量• ・そうめん 3束• (タレ)• ・だし汁 160ml• レタスを千切りにする。 オリーブオイルとスライスしたレモン、砂糖を加えて和える• 一口大にした鶏肉に、片栗粉をまぶす。 沸騰したお湯に入れて、加熱する。 さっと湯がいたら、ざるにあげる *鶏肉に片栗粉をまぶして加熱するとプリプリの食感に!• タレの材料を混ぜる• 器に、ゆでたそうめんを盛りつけ、2の鶏肉をのせる。 その上に1のレタスをのせ、タレをかける できあがり!.

次の