美容クリニック 看護師 年収。 美容クリニック勤務の看護師なら年収1000万いくって本当?

看護師が年収800〜1000万稼ぐには病院では無理?稼げる職場とは?

美容クリニック 看護師 年収

Contents• 病院によって看護師の給料は違いがあります 地域や病院の規模などでも、給料の差が出てきます。 一般病院、総合病院、大学病院、クリニックなどに分けてみます。 一般病院の場合 一般病院で働く看護師の平均年収は約430万円から490万円になります。 平均の給料にすると約30万円近くあり、ボーナスなど基本給以外でも40万円以上あるところが多いです。 一般病院は住んでる地域など、土地柄の違いでも大きく変わるようです。 大学病院の場合 大学病院の看護師の平均年収は約460万円から540万円です。 平均的な給料は約35万円です。 賞与は2ヶ月から3ヶ月支給されるところが多くなります。 一般病院にくらべると5万円ほど高い支給額です。 大学病院は給料が高いだけじゃなく、福利厚生面でも待遇が良い場合が多いです。 看護師の寮や働くママさん看護師も多いので、託児所も完備されていて、親も子も安心して働けます。 クリニックの場合 次にクリニックで働く看護師の給料はどうでしょうか。 病棟勤務よりも個人クリニックのほうが働きやすいイメージもあるようです。 小さな子どもがいる看護師さんには日勤のみのクリニックのほうが、総合病院よりもずっと働きやすい場合があります。 また専科クリニックでは、高度な医療技術をそばでみられるメリットもあります。 夜勤は出来ないが、看護師で長く働きたい人には向いているのかもしれません。 日勤や外来勤務のみになるので、夜勤がないぶん少し年収は低くなるようです。 クリニック看護師は給料が多いのか? クリニックで働く看護師の給料はいくらか気になりますが、どのくらい平均で貰っているのでしょうか。 クリニックの平均年収はだいたい 380万円と言われています。 病棟看護師の常勤で働いている場合の年収はだいたいが約480万円はもらっているので、差がやはり大きいです。 地域や病院の規模でも年収は変わりますが、クリニックの年収は他の看護師よりも低いほうであるといえます。 クリニックは夜勤がないところが多いため、少し低くなります。 また、クリニックの看護師の場合、経営者次第で収入にも差が出てしまうようです。 基本給と残業手当、賞与などが一般的ですが、なかには残業が出ないところもあります。 低いなかでも、人気のあるのは美容クリニックです。 夜勤なしの常勤で平均年収が約430万円と高めになっています。 これは自由診療の場合、医療保険適用外とみなされるため、診療価格などを美容クリニックが自由に決めることができるので高く給料も貰えるようです。 経営がうまくいっているクリニックであれば、平均よりもずっと高い給料をもらっている看護師もいます。 給料面も含めて、福利厚生なども充実した病院で働くことをおすすめします。 看護師にオススメしたい転職エージェント 転職を検討している、これから転職をするかもしれないという人に知ってほしいのが転職エージェントです。 人材不足と言われている看護師業界、良いナースがいれば何人でも採用したい病院が増えています。 自分の目標や目的に合った 転職活動を支えてくれるのが転職エージェントです。 もっと専門的な医療を学びたい、今よりもっと福利厚生や給料がいい病院で働きたい、働くだけじゃなくプライベートももっと充実したいから、勤務体系を選べる病院がいいなど各個人にあった希望にあう条件で見つけることができます。 働き方も多様化され、選ぶほう雇う側で病院選びも変わります。 そんな病院への再就職をプロのエージェントスタッフがあなたにあった転職方法で転職をフォローします。 転職に成功した看護師もたくさんいますので、安心して利用ができるのが嬉しいですね。 初めて転職を経験する人、これから転職したい人もぜひ登録をおすすめします。 転職したあとも気軽にサポートを受けられるので、安心して利用できます。

次の

美容クリニックの求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】

美容クリニック 看護師 年収

2018年3月17日 2019年3月16日 国税庁が発表した「民間給与実態統計調査結果」によると、年収800万円以上の給与を得ている人は、 全体の8. 年収1000万円以上ともなると、全体の4. 看護師の平均年収は480万円なので、1000万円というと平均年収の約2倍にもなります。 一般的に夜勤ありの常勤でも管理職にならない限り600万円台で頭打ちになりやすい看護師ですが、この頭打ちラインを超えて800万円以上の年収を得ている看護師も少なからずいます。 そこでこの記事では、年収を上げたい看護師や将来を見据えたキャリア設計をしたい看護師に向けて「年収800万円以上稼げる仕事」と「年収600万円以上稼げる仕事」をそれぞれ分けて紹介します。 年収800万円以上稼ぐ3つの選択肢• 病院勤務の看護部長• 美容外科・皮膚科クリニックの主任• 臨床開発モニターのマネージャー 「病院勤務の看護部長」「美容外科・皮膚科クリニックの主任」「臨床開発モニターのマネージャー」に共通するのは 管理職である事です。 職場によって管理職の役職名は異なるため、それぞれ異なる名称になっています。 管理職になるには、 現場で業務経験を重ねて実績を作る事、そして、 任せてもらえる信頼力、 前任者が退職する事でポストが空く運などが必要になります。 現実的になれるかどうかは別にして、選択肢を確認するためにもそれぞれ見ていきましょう。 病院勤務の看護部長 病院規模を考慮しない場合、看護部長の平均年収は812万円になります。 平均年収と病床数(病院規模)は比例するため、看護部長だとしても病床数200床前後の規模ですと年収800万円を下回りますが、病床数500床以上であれば年収900万円以上になります。 また、大学附属病院やグループ病院の本院であれば、年収1000万円を超えてきます。 ただし、看護部長として任命されるのは早くて48歳頃からで、看護師長もしくは看護副部長を経験したのちに抜擢されますので、20年程度の勤続年数が必要になってきます。 年収600万円以上稼ぐ4つの選択肢• 病院勤務の看護師長• 美容外科クリニックで働く• 臨床開発モニターとして働く• 訪問看護ステーションの管理職 選択肢自体がひろがったわけではないですが、誰でも年収600万円以上を目指せる選択肢になります。 それぞれ見ていきましょう。 病院勤務の看護師長 病院規模を考慮しない場合、看護師長の平均年収は669万円です。 給与水準が高く各種手当が充実している国立病院機構の場合は、副看護師長で年収610万円、看護師長で年収740万円がモデル年収になります。 就業する看護師全体の約3%が看護師長です。 つまり、看護師100人に対して3人の看護師長がいます。 病床数 看護師長数 100床 3人 300床 9人 500床 15人 700床 21人 900床 27人 一つの病院に一人の看護部長になりは可能性はありま須賀、それでも15年以上の勤務実績が必要になります。 美容外科・皮膚科クリニックの副主任 臨床経験4年以上の看護師が美容外科クリニックで4〜5年で副主任に抜擢されはじめ、 副主任でギリ年収600万円を超えていくラインです。 なお、大手クリニックは看護師も充足傾向にあるので、年収は抑えめです。 しかし、中堅どころのクリニックであれば入職2年目で年収700万円を提示しているクリニックもあります。 輪郭形成(アゴ・エラ・ホホ削り)や脂肪吸引などの高額治療が得意な医師がいる院は、売り上げが良いのでインセンティブとは別に報奨金額が支給されます。 臨床開発モニターとして働く CRAの平均年収は650万円なので給与水準が高く、 経験5年で年収650万円、経験15年で850万円になります。 病院勤務の看護師の給与の問題点は昇級率が低いことです。 経験の浅い時期から高い年収をもらえますが、主任以上にならない限りは年収600万円を超すことができません。 その点を比べると、臨床開発モニターであれば非管理職でも年収600万円以上を稼ぐことができます。 訪問看護ステーションの管理職 訪問看護ステーションは、看護師の人員基準があるため、「看護師が確保できない=サービスを提供できない」ことに繋がります。 そのため、訪問看護が未経験だとしても臨床経験があれば、入職1年目から年収500万円以上を稼ぐことができます。 さらに、マイナビ看護師を筆頭とする転職エージェントには訪問看護ステーションの管理職求人が多くあります。 管理職であれば 年収600〜650万円の提示になるので、日勤+完全週休2日制で高い年収を得ることができます。 ただし、管理職求人を募集する訪問看護ステーションは小規模事業所なので、経営面の安定性に欠けます。 訪問看護ステーションの倒産件数はかなり多いので、小規模事業所よりは複数の介護関連事業を行う大手企業の方がおすすめです。 オンコールの有無と回数も事前に知っておきたいですね。 いくら年収が高くてもオンコールって身体的にも精神的にも疲れますもん。 なお、病院規模や運営元別の平均年収は以下の記事で詳しく紹介しています。 すぐ年収アップができる実際の求人を紹介 前述した選択肢はすぐに年収アップできるものではありませんが、年収500万ラインであれば転職することですぐに超えることができます。 病院・美容外科・皮膚科クリニック・訪問看護ステーションの高給与求人を見てみましょう。 病院勤務の高給与求人 年収510万円、月休み9日以上(東京都済生会向島病院) 参照: 済生会のグループ急性期病院です。 内科系に強く、特に糖尿病看護に力を入れています。 病床数110床と小規模ながら給与と福利厚生がトップレベルに充実しています。 訪問看護って給与もピンキリですが、企業規模が大きいだけあって給与は充実してますね。 まとめ:年収600万円以上ラインは目指せる範囲! スキルを学び経験を積み、資格を取得して年収をアップさせるもの大切ですが、それだけでは限界があり大きな変化は見込めません。 看護師は必要性の高い職務なので、職場を変えるだけで年収50万、100万円アップすることができます。 高い給与を狙うのであれば、転職を視野に入れるべきでしょう。 高年収求人を扱う転職エージェントとは? この記事で紹介した高額給与求人はマイナビ看護師から参照しています。 マイナビ看護師から参照した理由は「離職率の高い地雷病院とクリニックは扱わない」と言ったポリシーを公言しているためです。 いくら高給与求人でもクレイジーな看護師長がいる病院やギスギスした職場では働きたくないはずです。 私たちが求める職場は「高給与で働きやすい」な職場です。 その点でマイナビ看護師は他の転職エージェントよりも求人の質は期待できるのです。

次の

クリニックで働く看護師の平均給料はいくら?平均年収と給与UPの3つのコツを経験者が解説

美容クリニック 看護師 年収

平均のナースの年収は 日本看護協会の調べによると、美容クリニック勤務の看護師の平均年収は470万円ほどです。 自分の年齢や、経歴にもよりますが、転職直後からこれだけもらえるならば、かなりいい条件でしょう。 非公開の高収入求人がある また、看護師転職サポートサイトにある「非公開求人」、これは登録者以外は見ることができませんが、美容系クリニックの非公開求人の中には「800万円~1,000万円」となっているところもあります。 はっきりいって、一般的な内科や外科勤務では、いくら夜勤に多めに入るなどしても、ここまでの高給は無理です。 ほぼ、「美容外科」「美容クリニック」の募集に限られます。 こういったところは夜勤もありませんから、一般的な理由では高給になりにくいはずです。 それが平均の2倍もの高給です。 なぜ美容系は高収入なの? 一般的な医療機関の場合、行っているのはケガや病気の治療です。 「保険診療」が中心です。 患者さんは代金の一部を支払うだけで、残りは国から出ます。 これは「どんな診察・治療をしたか」できっちりと金額(診療報酬)が国によって決められています。 1日に診察できる患者さんの数も限度がありますから、どれだけ利益が出せるかは、自然と上限が決まってしまいます。 一方、美容系の医療機関の場合は、「自由診療」です。 費用は患者さん(お客さん)自身が全額支払います。 また、この診察費・手術費などは医療機関側で自由に決めることができます。 どこでもいいわけではない 美容外科ならどこでも高給というわけではありません。 美容クリニックの中でも医療機関自体の売り上げや収入も大きな差があります。 うまくいっているクリニックなら、そこで働く看護師やスタッフの基本給も高く設定されています。 はじめは基本給を比較すること。 するとクリニックの内情が見えてきます。 歩合制、報酬制がある ただ、これだけで年収1,000万円に到達することはありません。 ここに「歩合制」がプラスされて1000万が見えてきます。 ・ボーナス 業績がいいクリニックの場合、その時々の利益に応じて、スタッフ全員にボーナスとして出るという形も考えられます。 ・歩合制 また、一方で、看護師個人個人の「営業成績」に応じて給料の額がアップダウンする歩合制を取り入れているクリニックもあります。 これはいろいろなパターンがあります。 例えば ・目標となる契約数や物販金額を超えた場合だけ、特別な報酬が出る ・「契約した一件ごといくら」で計算したり、「物販での売上金のうち、一定のパーセントを給料に上積み」する などです。 こういった美容系の医療機関では、看護師にも病院の売り上げアップのための「セールス(営業、販売)」することが期待されています。 自分の個人的なツテを使ったり、これまでに来てくれたお客さん(患者さん)との付き合いを通して、友人などを紹介してもらいます。 これらの人が、美容整形・豊胸手術・脂肪吸引・永久脱毛などで、その美容外科を使えば、自分の成績になるのです。 ・カウンセリング あるいは、カウンセリングを看護師に任せるようなところもあります。 「カウンセリング」とは、実際に契約する前の相談サービスです。 主な相手は、広告などで興味を持って、向こうから連絡をとってきたお客さんです。 ここで「この美容手術ではどういったことをするか」 「あなたの場合、これだけの効果があります」などと説明します。 その相手が納得して、「契約」すれば、それが自分の仕事上の成績になります。 ・物販 また、これらのお客さんらが通い始めるようになると、自分のところで扱っている化粧品・美容機器などを勧めて購入につなげていきます。 これが「物販」です。 これも個人の成績として評価されるわけです。 ・1000万のモデルケース これら歩合制による金額が月給のうちのどれだけを占めるかは、月々で変わってきます。 「がんばり次第」という面が大きいです。 もし、「年収1,000万円」という大台にこだわりがあるのならば、次のような計算で達成できます。 向いている人向いてない人 こういったようにシステム自体が、一般の病院とはかなり違います。 これまで一般的な病院での勤務をしてきた人にすれば、「契約ってなに? 」「物販って、どういうこと? 」となるでしょう。 高給にひかれるにしても、この営業を割りきってやれるかどうかで、転職してもいい人とそうでない人がはっきりと分かれるでしょう。 実際に厳しい競争率を勝ち抜き、美容系医療機関に就職・転職しても、すぐにやめてしまう人が一定数います。 「やはり自分には合わない」「自分が考えている看護師像とは違いすぎる」というのです。 また、いくら自分の方から望んでも、採用されるには、いくつかの条件があります。 ナースとして優秀でも、それだけでは不十分なのです。 6-1. 自分自身も美容に対して関心があり、常に研究をしていること きれいにしていないと、お客さん(患者さん)にも信頼されにくいですし、販売成績もあがりにくくなります。 逆に今までの一般的な病院での勤務で、「いつも地味な格好ばかりさせられて」と不満に思っていたような人は、大満足でしょう。 勤務の際にも、化粧やいくらかのアクセサリーなどは、むしろ奨励されます。 6-2. 若くて、きれいなこと 募集要項などでは表立っては書かれていません。 ですが、正直のところ、これはあります。 特別美人である必要はありません。 身奇麗にしていて、おしゃれな雰囲気があればOKです。 太っていることに対しては厳しいです。 ほぼ採用されません。 お客さんにすれば、きれいになるために訪れた美容外科です。 そこのスタッフ 看護師 がたいしてきれいでないと、「ここって大丈夫かしら? 」という気分になってしまいます。 採用側はこの点を重視しています。 同じ理由から、中高年になってからの美容系への転職は難しいです。 どんなに年齢が高くても、40歳が限度です。 また、転職の場合、これまでの職歴がどのくらい採用に左右するかは、その採用側の考え方次第で様々です。 「オペ室の経験重視」「臨床での勤務経験3年以上」といったところもあれば、一方で、「来てから覚えてもらえばいい」というところも少なくありません。 まとめ 高収入を狙うには、美容系のクリニックで働くというのは一番の近道です。 ただその一方で、通常の看護師業務とはかなりかけ離れた業務内容にもなってきます。 どちらかといえば化粧品会社の美容部員や、エステサロンのエステシャンに近い内容です。 美容業界の仕事にもともと興味があれば、楽しみながら働ける職場ではありますが、看護色の強い仕事が好きという人にはなじみにくい職場となります。 収入の魅力だけでなく、自分のやりたいことなのかきちんと向き合って仕事の選択をすること、一番自分にしっくりくるものを選ぶことが重要です。 人気サイトPICKUP 高収入を狙うなら読んでおきたい関連記事.

次の