北海道 銀行 振込 手数料。 各種手数料|北海道ろうきんとは|北海道ろうきんホームページ

振込手数料のご案内

北海道 銀行 振込 手数料

振込以外の送金方法 振込手数料を無料にする方法を説明する前に、まずは銀行口座間で資金を移動する方法をまとめてみます。 銀行振込• 現金入出金• 定額自動送金• 定額自動入金• 送金アプリ 銀行振込は、送金先銀行・口座番号を指定し、現金を送る方法です。 もっとも一般的なやり方ですね。 同一銀行の口座間で資金を移動する方法が 振替です。 大手銀行の場合は同一名義の口座間の移動を振替と呼んでいますが、ゆうちょ銀行の場合は口座名義に関係なく、ゆうちょ銀行間での資金移動をすべて振替と呼んでいます。 送金先銀行のキャッシュカードを持っていれば、送金元銀行から引き出した現金をATMで 現金入出金することで、資金が移動できることになります。 当然、送金先は自分自身や家族の口座に限られますが、銀行振込に比べて、手数料が安くなりやすいです。 定額自動送金は銀行振込を定期的に行うというサービスです。 定額自動入金は、送金先銀行で手続きをすることで、他の銀行の自分の口座からお金を入金できるというものです。 ネット銀行が始めたサービスで、手数料が格安です。 送金アプリは、スマホアプリで入出金する方法です。 自分名義の口座間で送金するには、送金アプリ「pring」がおススメです。 それでは、各銀行ごとに無料で送金する方法を詳しく説明していきます。 三菱UFJ銀行のコンビニATM利用料を無料にするには、会員ランクがシルバーステージ以上の場合です。 預金残高30万円を確保しておくと、シルバーステージになるので、定期預金などで30万円預け入れしておきましょう。 さらにその後、「三菱UFJ銀行のインターネットバンキング」で三菱UFJ銀行の相手方口座への振込を行います。 振込手数料はかかりません。 pringで「auじぶん銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使い、auじぶん銀行経由で振り込む方法です。 「auじぶん銀行」の口座を持っている人なら使える方法です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「auじぶん銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringからauじぶん銀行へ送金します。 auじぶん銀行のインターネットバンキングで、三菱UFJ銀行へ振り込みます。 auじぶん銀行から三菱UFJ銀行への振込手数料は、金額や支店に関係なく、無料です。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三菱UFJ銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から三井住友銀行への送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先の三井住友銀行のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じコンビニATMで 「三井住友銀行のキャッシュカード」を使い、 現金を入金します。 三井住友銀行のコンビニATM利用手数料は有料ですが、 条件付きで無料(月3回まで)になります。 預金残高を30万円以上にするなど、SMBCポイントパックの手数料無料条件を満たしておきましょう。 pringで三井住友銀行に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義の三井住友銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「三井住友銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、三井住友銀行へ送金します。 三井住友銀行のインターネットバンキングで、相手方の三井住友銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 ゆうちょ銀行から「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」への送金 pringで「りそな銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義のりそな銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「りそな銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、りそな銀行へ送金します。 りそな銀行のインターネットバンキングで、相手方のりそな銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 ゆうちょ銀行から「みずほ銀行」への送金 pringでSBJ銀行に送金してから振り込む この方法を使うには、の自分名義の口座が必要です。 口座がない人は、口座開設しておきましょう。 事前に、送金アプリpringに自分名義の「ゆうちょ銀行の口座」と「SBJ銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringの送金機能を使い、SBJ銀行の自分名義の口座へ送金します。 「SBJ銀行」のインターネットバンキングで、自分名義の口座から相手先の口座へ振り込みます。 通常、みずほ銀行のE-net ATM利用には手数料が必要です。 ただし、みずほマイレージクラブに入会し、みずほ銀行の口座残高30万円をキープしておくと、コンビニATM利用手数料・時間外手数料が月4回まで無料になります。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三井住友銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行からJAバンクへの送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先のJAバンクのキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じATMで JAバンクのキャッシュカードを使い、現金を入金します。 現金預入も、平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、手数料はかかりません。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 毎月一定額をゆうちょ銀行から三井住友銀行へ振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行への送金 E-net ATMで出金と入金を行う 「振込先のキャッシュカード」が手に入る場合の方法です。 ファミリーマートやスーパーに設置されている イーネットATMで、 「ゆうちょ銀行のキャッシュカード」を使い、現金を引き出します。 平日8:45~18:00および土曜日9:00~14:00であれば、現金払い戻しに手数料はかかりません。 その後、同じATMで 「住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行のキャッシュカード」を使い、現金を入金します。 住信SBIネット銀行・ソニー銀行は、現金預入で手数料はかかりません。 auじぶん銀行のATM利用手数料は有料ですが、条件付きで無料になります。 「預金残高を10万円以上」にしておくと、月1回までゆうちょ銀行のATM利用手数料がかかりません。 定額自動入金サービスを利用する 毎月一定額を住信SBIネット銀行・ソニー銀行・auじぶん銀行に振り込む場合なら、 定額自動入金サービスが便利です。 これは入金先の住信SBIネット銀行やソニー銀行が提供しているサービスになるのですが、 他の銀行の自分の口座から毎月一定額を入金できるという内容です。 たとえば、ゆうちょ銀行に振り込まれる給与のうち、毎月3万円を住信SBIネット銀行で積み立てたいというような用途に使えます。 手数料はかかりません。 さらに定額入金と言いつつも、 入金する金額は毎月変更できるので、使い勝手が良いです。 注意点としては、引き落とし日が毎月5日もしくは27日となり、入金日がその4営業日後になること。 また、 入金は1万円以上という制限もあります。 振込に取って代わるサービスで、画期的ですね。 特に、住信SBIネット銀行は使い勝手が良いネット銀行の一つです。 ゆうちょ銀行から楽天銀行への送金 楽天銀行の入金サービスを使う ゆうちょ銀行と楽天銀行の口座名義が同一の場合に使える方法です。 楽天銀行には、ゆうちょ銀行の口座から手数料無料で入金できるサービスがあります。 これを利用すれば、ネットでの手続きだけで無料で入金ができます。 pringで「楽天銀行」に送金してから振り込む 送金アプリpringを使う方法で、自分名義のりそな銀行の口座が必要です。 あらかじめ、pringに「ゆうちょ銀行の口座」と「楽天銀行の口座」を登録しておきます。 振込は以下の手順で行います。 ゆうちょ銀行からpringにチャージします。 pringアプリを使って、楽天銀行へ送金します。 楽天銀行のインターネットバンキングで、相手方の楽天銀行の口座へ振り込みます。 pringの使い方は以下の記事を参考にしてください。 住信SBIネット銀行の定額自動入金と定額自動振込を利用する 本人名義ではない楽天銀行口座への振り込みや、毎月一定額を定期的に振り込む必要がある場合、住信SBIネット銀行を使うと無料で資金移動できます。 ゆうちょ銀行から複数の銀行口座へ送金を行う場合 ゆうちょ銀行の口座から複数の口座へお金を分散して移動する必要がある場合、 住信SBIネット銀行をハブ銀行として利用する方法がお勧めです。 まず、「ゆうちょ銀行から住信SBIネット銀行・ソニー銀行への送金」で紹介した方法で、住信SBIネット銀行へ入金します。 その後、住信SBIネット銀行からネットで振込を行います。 住信SBIネット銀行からの振込は、 月末残高が30万円以上あれば、月3回まで無料です。 ちなみに、振込先が多い我が家ではこの方法を使って、振込手数料を0円にしています。

次の

振込手数料のご案内

北海道 銀行 振込 手数料

ほくぎんポイント倶楽部は別途入会のお手続きが必要となります。 条件が整い当行所定の期間経過後にサービスが適用されます。 ほくぎんポイント倶楽部の説明は• 提携先キャッシュカード 平日 7:00~8:45 220円 8:45~18:00 110円 18:00~21:00 220円 土曜日 7:00~21:00 220円 日曜・祝日 7:00~21:00 220円 ゆうちょ銀行キャッシュカード 平日 7:00~8:45 220円 8:45~18:00 110円 18:00~21:00 220円 土曜日 7:00~9:00 220円 9:00~14:00 110円 14:00~21:00 220円 日曜・祝日 7:00~21:00 220円 入金取引 当行キャッシュカード 平日 7:00~21:00 無料 土曜日 日曜・祝日 北海道銀行・大垣共立銀行キャッシュカード 平日 7:00~21:00 無料 土曜日 日曜・祝日 ゆうちょ銀行キャッシュカード 平日 7:00~8:45 220円 8:45~18:00 110円 18:00~21:00 220円 土曜日 7:00~9:00 220円 9:00~14:00 110円 14:00~21:00 220円 日曜・祝日 7:00~21:00 220円 【定例メンテナンス】 次のハッピーマンデーに該当する祝日は、定例メンテナンスにより、全てのATMが午前8時までご利用できません。 成人の日・海の日・敬老の日・スポーツの日• (店舗外ATMでは硬貨をご利用いただけません)• お取引できない時間帯もありますので、くわしくはお取引金融機関にお問い合わせください。 くわしくはご利用されたカードの発行金融機関までお問い合わせください。 くわしくは、カード発行会社にお問い合わせください(ご利用いただけるカードはATM本体等に掲示のステッカー等をご覧ください)。 ほくぎんポイント倶楽部の説明は• 汚損した現金や記念硬貨への交換については、無料とさせていただきます。 以下に記載する都道府県または市町村が所在地となる店舗につきましては、各支店にお問い合わせください。 大阪府、京都市、東京都、長野市、名古屋市、新潟市、北海道、横浜市 (五十音順).

次の

振込手数料|手数料一覧|北洋銀行

北海道 銀行 振込 手数料

また、依頼人は本人名義の振込みに限り、1日あたりの振込額は50万円以内となります。 注 自動機のご利用時間帯・営業日は、店舗・自動機コーナーによって異なる場合があります。 注 年末休業日の手数料については、MICS加盟提携金融機関カードの場合は曜日に関わらず220円、ゆうちょ銀行カードの場合は該当曜日の手数料となります。 注 上記とは異なる手数料となる場合やお取引ができない場合があります。 詳しくは、カード発行金融機関へお問合わせください。 またハッピーマンデー前日の21:00~翌朝6:00はシステムメンテナンスのためご利用いただけません。 カードローンはご利用いただけません。 道内は、「JR札幌駅東改札口外・西改札口外」2か所・「JR函館駅」 利用時間:始発から終電まで に設置しています。 MICS提携金融機関ATM お引き出しには提携金融機関所定のご利用手数料がかかりますが、の対象となります。 残高照会は無料です。 また、お振込みには別途提携金融機関所定の振込手数料がかかりますが、都市銀行・地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合・系統農協・信漁連のATM 一部ご利用いただけない金融機関があります。 でお取扱ができます。 相互入金サービス参加の金融機関ATM 入金は、手数料無料でご利用いただけます。 汚損した現金の交換• 同一金種の新券への両替• 例 2019年1月20日~2019年2月6日は2ヶ月分として計算します。 消費税込 取扱種類 手数料 融資取扱手数料 カードローン取扱手数料 無料 信販保証を除く有担保 2000年7月2日以前の全ての融資実行口座 一部繰上償還 全額繰上償還 無料 2000年7月3日以降の全ての融資実行口座 一部繰上償還 無料 全額繰上償還 33,000円 他行・他社借換 55,000円 信販保証の有担保 全ての融資口座 一部繰上償還 全額繰上償還 無料 注1 返済方法等 有担保 変更手数料 無料 再特約手数料 2001年7月2日以降の融資実行口座 再特約自動更新を含む 5,500円 不動産担保融資取扱手数料 注2 49,500円 住宅つなぎローン取扱手数料 11,000円 分割融資取扱手数料 11,000円 融資残高証明書発行手数料 住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書を除く 当金庫所定書式での発行 1通につき 550円 当金庫所定書式以外での発行 1通につき 1,100円• 注1 信販提携不動産ローンを全額繰上償還された場合、信販所定の手数料が必要となる場合があります。 詳しくは、別途窓口にお問い合わせ下さい。 20%」で算出される手数料額 消費税および地方消費税含む となります。 注3)2010年6月18日より、融資関連手数料についても、利息制限法に定める上限金利の制限を受けることとなりました。 詳しくはをご覧ください。

次の