お腹 ガス 鳴る。 大反響!「おなかの音」 みなさんのアイデアが集まった!

お腹が張る、お腹が鳴る、おならが出やすい、おならが漏れる・・・この症状と原因は?

お腹 ガス 鳴る

お腹が鳴るということで悩まれているのですね。 早速ですが、お腹が鳴る原因と対策について、回答していきたいと思います。 一般にお腹が鳴る時は、まず空腹が考えられます。 胃は筋肉でできた袋です。 胃袋は伸びたり縮んだりして、食べ物を動かし、消化液によく混ざるように運動します。 そして、食べ物をどろどろにしてから、腸に吸収されて栄養分になります。 そこで、空腹になり血中の糖濃度が低下すると、脳がこれを感知し、「お腹がすいた」と感じます。 すると脳はいつ糖分が入ってきてもいいように、胃袋の中のものを十二指腸に送り出すよう指令を出します。 その結果、胃が伸びたり縮んだりを活発にし、中の空気が圧縮されて、その空気が狭い胃袋の出口から腸に移動する時にグーグーと音が鳴る、これがお腹の音の正体です。 胃袋の中には前に食べたものや、つばと一緒に飲み込んだ少量の空気が多少残っています。 お腹の虫の正体は空気でした。 また、満腹なのに鳴ってしまった、という経験はありませんか? これは胃の中で消化されたものが小腸や大腸を通るときに微量のガスが発生し、腸の壁を動かすために音が鳴るのです。 このガスはおならの原因ともなります。 その他、ストレスなどの原因からなる「過敏性腸症候群」なども考えられます。 では空腹時にお腹が鳴るのを止めたい場合にはどうすれば良いでしょうか?とりあえず間食?これはいけません。 なぜなら胃の働きが活発になり、胃液の分泌が多くなって逆に胃に負担をかけてしまうからです。 胃腸の働きを正常にすることは、ひいては急にお腹が鳴るのを防ぐことにもなるので、三食決まった時間に食事をとる事が身体には良いようです。 また、朝食を摂ることが一番です。 一番食事の間隔があく時間は、夜から朝にかけてです。 よって身体が食べ物を吸収しようとするので非常にお腹がすきます。 朝はパンよりもご飯をおすすめします。 パンは消化が早いのでまたすぐにお腹がすいてしまうのです。 少量で腹持ちの良いご飯を食べてください。 お腹が鳴りそうになったとき、息を吸いお腹を膨らませ、内側から空気の圧力で胃の収縮運動を抑えれば良いのです。 要は腹式呼吸の要領で胃の中に空気を貯めれば抑えることができる、というわけです。 次に、上記で、触れました、過敏性腸症候群について、回答していきたいと思います。 過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、便通異常と腹部症状が続く病気です。 主な症状は腹痛、腹部不快感(お腹の張り、お腹が鳴る、ガス過多、お腹がゴロゴロする おならが出やすい など)、下痢、便秘などの便通異常です。 腹痛や腹部不快感のみの場合もあります。 この様な症状はありませんか。 原因としては、腸の運動機能や分泌機能が亢進していることにより、下痢や便秘などがおこると考えられます。 また、腸のひろがる刺激に対して過敏となっているために、通常では痛みとして感じないような刺激を痛みとして感じてしまうのではないかと考えられています。 ストレスに対して自律神経のバランスを乱しやすい素因のあるところに、肉体的な疲労や不安・緊張などの精神的なストレスが加わることで、症状が起こってきます。 対策としては、症状によって、次の方法を試してみて下さい。 症状によって、市販の整腸剤を服用されてみて下さい。 整腸剤には、腸内環境を整える効果がありますので、症状が改善してくると思います。 下痢や便秘がひどい場合は、市販の下痢止めや便秘薬を症状に応じて、服用されてみて下さい。 また、冷たいもの、辛いもの、カフェイン(コーヒーなどに含まれる)、アルコール、脂っこいもの などの胃腸の刺激となるものを控えて下さい。 また、お腹の張り、ガスが溜まりやすいなどの症状には、小林製薬のガスピタンという市販薬を服用されてみると良いと思います。 ガスたまりや膨満感に効果があります。 症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されることをお勧めします。 参考になりましたら、幸いです。

次の

オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

お腹 ガス 鳴る

お腹がポコポコ鳴る原因 痛いとき お腹で音がなるほかに、痛みもともなう場合は、• 過敏性腸症候群• 食べすぎ・飲みすぎ• 食中毒 といったさまざまな原因が考えられます。 便秘の場合は下腹部に張りがあるのが特徴です。 水分や食物繊維を積極的に摂取することで改善させていくといいでしょう。 食べ過ぎや飲み過ぎも腹痛の原因となります。 特にポコポコといった音が鳴っているのは胃などの消化器官が一生懸命飲食物を消化しているときに発生している音である可能性が高いです。 参考: また、お腹が冷えることで痛みが生じることもあります。 エアコンなど外部からの冷えのほかにも冷たい飲み物を飲んだりすることでも腹部は冷えてしまうので注意しましょう。 さらに食中毒の場合は激しい痛みや発熱・下痢を伴います。 過敏性腸症候群については下記で詳しくお伝えしていきますね。 動く感じがするとき お腹がポコポコした感じで動く感覚があるときは、筋肉の痙攣が原因である可能性が高いです。 お腹には胃や腸、膵臓、下腹部には膀胱などさまざまな臓器が存在します。 これらの臓器は 平滑筋という筋肉に包まれています。 この平滑筋が痙攣することでポコポコお腹が動いたように感じるのです。 それではどのような状況のときにこれらの筋肉は痙攣しやすくなるのでしょうか。 私たちの体は外部から多くのストレスを受けたり、疲労がたまってしまうと筋肉が緊張状態になってしまいます。 こうなると、運動神経の伝達がうまくいきにくくなり痙攣しやすくなってしまうのです。 つ まり、日々の疲労やストレスが原因でお腹がポコポコ動くような感じがするのです。 下痢があるとき 下痢を伴う場合は、 下痢型過敏性腸症候群という病気が考えられます。 下痢型過敏性腸症候群では突然、便意を感じ下痢をしてしまうことが多いです。 電車に乗ると下痢をしやすくなる、という方も多いです。 これは、以前、電車に乗ったときに下痢になった経験が影響しています。 この嫌な経験を脳がストレスに感じ、再び電車に乗ったときに下痢を引き起こしてしまうのです。 このように、過敏性腸症候群は多くの場合、ストレスが原因となります。 おならがあるとき おならがよく出てしまう場合は、 ガス型過敏性腸症候群の可能性が考えられます。 これは簡単にいうと、お腹(腸内)でガスが発生し、溜まってしまっている状態です。 ガスがお腹にたまってしまう原因としては、• 腸における消化作用が働きすぎて多くのガスが発生してしまう• 緊張やストレスが影響し、必要以上の空気を吸いそれがお腹にたまってしまう• 腸内の細菌叢が変化し、多くのガスを発生させてしまう といったことがあげられます。 多くの場合は、運動や食事、休養など基本的な生活習慣の改善で治ることが多いです。 まず、運動により自律神経系が刺激されるので、ガスがお腹にたまってしまうのを改善することができます。 また、食事でも食物繊維を多く摂取したり、ヨーグルト・納豆・キムチなどの発酵食品をとることで腸内の悪玉菌の活動を抑えてくれます。 悪玉菌の活動が抑制されると相対的に善玉菌の作用が強くなり、腸内細菌叢の改善に向かうのです。 さらに、疲労やストレスは過敏性腸症候群の根本的な原因となります。 しっかりと睡眠をとり、ストレスをため込まない生活習慣を心がけるだけでもお腹の調子を改善させていくことは十分可能です。 お腹にガスがたまりやすくなる原因 お腹がポコポコなる原因を紹介しましたが、その中でもお腹にガスがたまってしまっているという理由で音が鳴ることが多かったですね。 そこでここではお腹にガスがたまりやすくなってしまう原因についてさらに深くお伝えしていきたいと思います。 肉類の食べ過ぎ お肉ばかり食べるような食生活をしていないでしょうか。 豚肉や牛肉は特に動物性タンパク質が多く含まれ、脂質の過剰摂取につながります。 その 結果、腸内環境も悪くなりガスが発生しやすくなってしまうのです。 特に揚げ物は脂分が多いので注意しなければなりません。 お肉が食生活の中心になってしまっている方は、肉類の摂取を控え、野菜や発酵食品を多く摂取することで腸内環境を整えることが期待できます。 デスクワークが多い 仕事で起きている時間の多くをデスクワークに割いている方は多いのではないでしょうか。 意外にもこの長時間のデスクワークがお腹にガスがたまりやすくなる原因となります。 デ スクワークにより長時間同じ姿勢を保っていると腹部にガスがたまりやすくなってしまうのです。 特に女性の場合はストッキングやタイツで下腹部が締め付けられてしまうので腸が圧迫され、さらにガスがたまりやすい状態になってしまうのです。 いつもデスクワークで同じ姿勢ばかりしていると感じる方は、意識的に姿勢を変えるようにしたり、こまめに休憩をはさむようにするといいでしょう。 まとめ:食生活を改善とストレス解消を意識しよう! お腹がポコポコ鳴っているのは• 腸内環境が悪くなっている• 疲労やストレスの蓄積により平滑筋が痙攣している という2つの原因が主になります。 日ごろの食事に気をつけたり、疲労やストレスを解消できるようなライフスタイルにしていくことで改善されることが多いです。 また、こちらの記事も関連性が高い記事になっていますので併せてご覧いただくことをおすすめします。 参考:.

次の

ボコボコ鳴るガス腹の原因は?すぐできるガスを出す方法をご紹介!

お腹 ガス 鳴る

胃のぜん動運動 胃や腸などの消化器官では、食べたものを次の器官へ送り出すために筋肉の伸縮運動を行います。 これを ぜん動運動といいます。 胃に入ってきたものはぜん動運動により小腸へと送られています。 食べたものが小腸へ送られ、お腹が空くと、胃は次の消化に備えてぜん動運動を開始します。 この時、胃は空っぽの状態なので唾液などと一緒に入ってきた空気が動かされてぐるぐると音が出ます。 これが空腹時の音の原因です。 空腹時に鳴るのは病気ではありませんが、肝心な時に鳴ると緊張感がないと思われたり、恥ずかしい思いをしたりします。 どうしてもお腹の音を鳴らしたくない時はゆっくり消化される食事をとっておくと良いですよ。 朝は時間がないからと、軽くパンなどを一気に食べて終了という方はいませんか? パンは消化が早く、それ自体に空気を多く含んでいますので、空気と一緒に飲み込んでしまいお腹の音が鳴りやすくなります。 ごはんをよく噛んで落ち着いて食事をとると良いですね。 また、一時的にお腹の中を膨らませることで音が出ないようにするという方法もあります。 これはお腹に意識を集中してしまうので他のことに集中できなくなる場合があります。 これは、あくまでも緊急手段です。 呑気症(どんきしょう) 空腹時に胃のぜん動運動で音が鳴るのは仕方がないことですね。 空気を全く飲み込まないというのは難しいものです。 しかし、必要以上に空気を飲み込んでしまう 呑気症という症状があります。 これは 不安やストレスなどが原因で多量の空気を飲み込んでしまう症状です。 空気を飲み込むとその分お腹が鳴りやすいのです。 呑気症は、職場でのプレッシャーなどから不安や緊張が生じ、強いストレスを感じた時に無意識に起こってしまいます。 思い当たる方は少しでもストレスを軽減できるようにリラックスできる時間を作るようにしてみましょう。 下痢や吐き気を伴う場合 お腹がぐるぐるなる場合で、下痢や吐き気を伴うときは、胃腸系の病気の可能性も考えられます。 代表的な2つの原因について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 胃腸の機能低下 不安や緊張により強いストレスを感じると、自律神経のバランスが崩れ胃酸を過剰に分泌させてしまうことがあります。 胃酸を分泌させる際にはぐるぐると音が鳴りますが、空腹であればこの音はより大きく聞こえてしまうのです。 この場合、お腹の音も気になりますが、胃腸の機能低下により 下痢・嘔吐などの症状が現れることも多いので改善したいところです。 胃腸の機能を回復させるため、規則正しい食生活を心がけましょう。 過敏性腸症候群 お腹がぐるぐる鳴ると同時に、 胃の痛み・下痢・便秘などを伴う症状がある場合、 過敏性腸症候群の疑いがあります。 消化状態によって大腸では多少のガスが発生します。 便秘の方はこのガスが多く発生し、このガスが圧縮されることでぐるぐると音がします。 過敏性腸症候群は大腸カメラでの検査をしても異常が見られないため、ストレスなどによる心因性の原因で起こると言われています。 自身の環境の中で感じているストレスを少しでも軽減できるよう心がけましょう。 まとめ 空腹時にお腹がぐるぐる鳴るのは病気ではありませんが恥ずかしいですよね。 食事の仕方を工夫すると解決するかもしれませんので試してみましょう。 空腹が原因でない場合は心因性による場合がほとんどですので、お腹が鳴っても気にしないようにして、少しでも自身が感じているストレスを軽減できるようにしていきましょう。 どうしても気になる場合は心療内科などで相談してみると良いですね。 誰かに話すだけでも気持ちが楽になり、気にならなくなるかもしれません。

次の