葬儀 お布施 金額。 お布施の金額相場とは?袋の書き方、渡し方、入れ方・包み方【徹底網羅】

葬儀・葬式でお坊さんへ渡すお布施金額の相場はいくら?

葬儀 お布施 金額

枕経を唱える 枕経とは、本来臨終に際して枕元でお坊さんが唱えるものでしたが、現在では死後すぐに行われる供養の儀式の一つとしてお経をあげています。 枕経は、宗派によっては省略する場合がありますが、真言宗では原則として行うことが多いようです。 灌頂(かんじょう)を行う 灌頂とは、故人の頭に水をそそぎかける儀式で、故人が仏様の位に上ることができるという意味を持つ、密教特有の儀式の一つです。 土砂加持(どしゃかじ)を行う 納棺の際には、洗い清めた土砂を火で焚き(護摩)、光明真言(真言宗における大事な短いお経の一つ)を108回唱えてご遺体にかけます。 これにより、仏様の力で浄土に生まれ変わることができるといわれています。 お焼香の回数は原則3回 お香は、1回1回、額まで押しいただいてから火種に投入します。 「大日如来様、弘法大師様、ご先祖様」に帰依するためといわれています。 真言宗の葬儀のお布施の金額相場 お布施とは、葬儀の際に、 お坊さんが読経や戒名を授けてくれたことに対する謝礼です。 この場合、「読経料」や「戒名料」は、一般的にはそれぞれを単独でお坊さんにお渡しするのではなく、併せて「お布施」という形でお渡しするのが慣例となっています。 真言宗の場合、戒名料と読経料を合わせたお布施の相場は、一般的に50万円~70万円程度、高い場合は100万円以上と、非常に幅が広くなっています。 お布施の金額は地域や、お寺の格式、お寺との普段の付き合いの程度、葬儀規模などによっても様々に変わりますので、お布施でいくらぐらい包めばよいのか、親類や檀家に聞いてみるか、あるいは直接お寺のお坊さんに相談してみるのがよいでしょう。 戒名料 真言宗における「戒名」というのは、ひと言でいうと故人の「来世での名前」です。 真言宗の葬儀において、お坊さん(導師)から故人が成仏できるように、俗名に替えて授けられるのが「戒名」です。 故人は、戒名を授かることで仏様の弟子となり、来世でご先祖さまの一員となって、子孫を代々にわたって守っていく存在となるのです。 このうち、最後の「位号」にはランクがあり、これによって戒名料も変わってきます。 「お布施」の説明でも述べたように、戒名料も、いくら包むのかはあくまでご遺族の気持ち次第であり、特に決まった料金というのは存在しないことになっています。 また、同じ宗派であっても、地域やお寺の格式などによって、金額に様々な幅があります。 従って、「戒名料」という単独の名目でお坊さんにお渡しすることはまずありませんが、真言宗の場合、 一般的に以下のような相場になっていますので、一つの目安として参考にしてください。 真言宗では、基本的に、戒名は遺族の希望にもとづいて、お坊さんが授けてくれますが、故人の先祖代々の戒名や親族の戒名などとの釣り合いを考慮してくれるでしょう。 ご遺族側から特に希望がなければ、戒名料30万円~50万円程度のランクのものから提示されることが多いようです。 戒名を授けてもらう時は、決して見栄を張る必要はありませんので、お坊さんとよく相談して決めるようにしましょう。 読経料 読経料とは、お経を読んでもらったことへの謝礼です。 戒名料と併せて「お布施」としてお坊さんにお渡しする場合が一般的です。 お通夜、告別式、火葬前と、通常は1回の葬儀で3回お経を読んでもらいますが、お布施をはずむとお経を読む時間が長くなるといわれています。 ただし、お経の料金ではなく、戒名料同様あくまでご遺族側からの「感謝の気持ち」を表すものとして考えられているので、特に定まった金額があるわけではありません。 「読経料」という名目で単独にお坊さんにお渡しすることはまずありませんが、参考までに、おおよその相場を示しておきます。 相場は、宗派やお寺の格式、地域などによって様々に異なりますが、真言宗の場合、 20万円~25万円というのが平均的な相場といわれています。 真言宗の葬儀のお布施の書き方 お布施の書き方については、宗派や地域により多少の違いはありますが、ここでは、真言宗も含めてごく一般的なお布施の書き方について説明します。 お布施を奉書紙に包んだ場合や、白封筒を使用する場合は、表面に表書きを書いて、裏面には何も書きません。 ただし、お布施用の封筒を使用する場合は、たいてい中袋が付いていて、その中袋の裏面には住所や金額を記入する欄があるのが一般的です。 そうした場合には、住所や金額を書き入れましょう。 その際、金額を書く場合は、独特のマナーがあります。 まず、金額の冒頭に「金」という文字を入れ、最後には単位として「圓也」という文字を記入します。 金額は旧字体の漢数字を使用します。 一は「壱」、二は「弐」、三は「参」、十は「拾」、万は「萬」という具合で、たとえば十万円の場合は「金壱拾萬圓也」、二十万円は「金弍拾萬圓也」、五十万円は「金伍拾萬圓也」というように書きます。 金額記入欄が横書きの場合でも、できるだけ漢数字で書くのが望ましいでしょう。 筆記具は、原則として毛筆を使用します。 毛筆が容易に手に入らなかったり、毛筆で書き慣れない場合は筆ペンでも構いませんが、ボールペンやサインペンは避けましょう。 表書き お布施を包んだ奉書紙や白封筒の表面に書き入れるのが「表書き」です。 表書きとしては、まず上段中央に 「御布施」または「お布施」と書きます。 市販の封筒にあらかじめ表書きが印字されている場合は、そのまま使用して構いません。 名前の書き方 表書きの下段中央に、 喪主の氏名(フルネーム)または「〇〇家」と書きます。 薄墨で書く? お布施の表書きを毛筆または筆ペンで書くときは、 濃墨(通常の真っ黒な墨)を使用します。 濃墨に対して、薄墨というものがありますが、こちらは「悲しみで硯(すずり)の上の墨に涙がこぼれて薄まった」とか「急な訃報で、墨をする間もなかった」という意味が込められており、香典などの弔事用に使われます。 お布施は、お坊さんに対するお礼の気持ちでお渡しするものなので、薄墨を使う必要はないのです。 市販されているお布施用の封筒を見ても、濃墨で印字されています。 市販の筆ペンには濃墨と薄墨の2種類があるので、購入するときに間違えないように気を付けましょう。 お布施の包み方 お布施の包み方には、基本的に 「奉書紙(ほうしょがみ)」という白色で上質の和紙に包む方法と、「白封筒」または「のし袋(不祝儀袋」に入れる方法の2種類あります。 「奉書紙」に包む方法が最も丁寧で、正式なマナーとされていますが、「できれば奉書紙を使用するのが望ましい」という程度に考えてよいでしょう。 奉書紙は、大きな文具店や仏具店、インターネットで入手できますが、すぐに用意できないときはコンビニでも買える白封筒でも構いません。 奉書紙を使う場合は、まずお札を包む半紙か白い中袋を用意します。 半紙でお札を包んだ「中包み」か白い中袋にお札を入れたものを、奉書紙で包みます。 奉書紙はツルツルしている面が表、ザラザラした面が裏なので、間違えないように注意します。 奉書紙で包むときは、上側を折り返した部分に下側をかぶせるように折っていき、仕上がりです。 袋はのし袋?封筒? お布施は、奉書紙で包むのが正式なマナーといわれているものの、現代では、 白い無地の封筒やのし袋(いわゆる不祝儀袋)に入れる形の方が一般的に多く行われているようです。 そこで、封筒やのし袋を使用する際の注意点を説明します。 封筒は、白い無地のもので、郵便番号欄のないもの、中が二重になっていないものを選びます。 二重になっていると、「不幸ごとが重なる」といわれ忌み嫌われので、避けましょう。 白封筒やのし袋の中には、あらかじめ「御布施」と印字されているものもあります。 表書きをする手間が省けて便利です。 白封筒ものし袋も市販のもので構いませんが、お布施はとかく高額のお札を入れることが多いので、あまり安っぽく見えるものはふさわしくありません。 お布施の金額に合わせて、それにふさわしいしっかりとした立派なものを選ぶようにしましょう。 水引きの選び方 一般的に、お布施を奉書紙で包んだものや白封筒に入れたものには水引きを付ける必要がなく、のし袋に入れた場合は水引をつけるのがマナーとされているようです。 真言宗の場合は、水引きをつける場合が多いようです。 水引をつける場合は、水引きの色や結び方に注意して選ぶ必要があります。 一般的に、水引きには慶事用と弔事用の2種類があります。 慶事用の水引きは、色が紅白か金銀で、結び方は結婚式などのように一度きりのお祝い事のときには「あわじ結び」が、出産や入学などのように何度でも繰り返してもよいとされるお祝い事のときには「蝶結び」が使用されるのが一般的です。 弔事用の水引きは、 色が黒白か双銀で、結び方は「あわじ結び」が一般的です。 水引きの結び方の違いは、ひと目見ただけではわかりづらいかも知れませんので、色で慶事用か弔事用かを判別するとよいでしょう。 お布施には、弔事用の黒白か双銀色で「あわじ結び」の水引きを使用します。 お金の入れ方 お布施の場合、お金の入れ方は、香典の場合と逆になります。 すなわち、1万円札の 表面(福澤諭吉の肖像画がある方)を上にして、奉書紙や封筒の表面に来るように入れます。 このとき、「封筒からお札を取り出して、すぐ肖像画が見えるように入れる」と覚えておけば、間違わずにすむでしょう。 香典袋へのお札の入れ方について詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。 新札でもいいの? 昔からの慣例として、慶事の祝儀などには新札、弔事の香典などには旧札を用いるとされています。 これは、予測できない不幸に対してあらかじめ準備をしていたという失礼を避けるための配慮からきている日本独特の習慣です。 しかし、お布施は、故人のためにお経をあげてもらったことなどへのお礼としてお渡しするものなので、弔事というわけではありません。 従って、 お布施には新札を使用するのが一般的です。 ただ、葬儀自体は予測できないものですから、必ずしも全て新札を用意できるとは限らないでしょう。 そのため、お布施に使用するのは、新札でも旧札でもどちらでもよいといわれています。 ただ、旧札でもできるだけきれいなお札を使用するのが望ましいですし、新札を使用するのに多少抵抗を感じるのであれば、新札に少し折り目を付けて使用しても構いません。 葬儀でお布施を渡すタイミング お坊さんにお布施を渡すタイミングとしては、特に決まりごとはありませんが、 葬儀が始まる前か終わった後のいずれかになります。 お坊さんを葬儀場にお迎えしたときに、控室に案内して、挨拶した際にお布施をお渡ししてもよいでしょう。 ただ、葬儀前は会葬者への対応などで何かと慌ただしく、挨拶のみでお布施をお渡しするのをうっかり忘れてしまうこともないとはいえません。 また、葬儀前にお布施をお渡しすると、葬儀が終わるまでお坊さんが保管しなければならなくなります。 大金を保管するのはかなりの神経を使いますから、そこまでお坊さんに気を使わせるのは非礼に当たるのではないかという考えもあります。 一方、葬儀が終わった後なら、お坊さんも喪主側も時間的にも精神的にもひと息つける余裕ができるので、十分感謝の意を込めてお布施をお渡しできるでしょう。 基本的にはどちらでもよいのですが、一般的には、葬儀がすべて無事に終わった後にお渡しする方が多いようです。 もし、お渡しするのをうっかり忘れはしないか心配な場合は、葬儀初日のお通夜の後にお渡しするように心がければよいでしょう。 そして、万一、葬儀後にお渡しするのを忘れてしまったら、翌日にお寺まで出向いてお渡しします。 日頃からお付き合いの深い菩提寺なら、あらかじめお坊さんにお断りして、お布施は葬儀後翌日に改めてお寺に出向いてお渡しすることもできます。 お布施以外に渡す心付け お車代 「お車代」は、 お坊さんが葬儀場まで足を運んでもらったことへのお礼としての交通費です。 実際にかかった交通費にいくらか上乗せして、切りのよい金額にします。 お坊さんが電車やバスを利用することはまずないので、通常はタクシー代ということになります。 お坊さんのお寺と葬儀場との距離にもよりますが、だいたい5千円~1万円が一般的な相場といわれています。 葬儀をお寺で行う場合や、お坊さんの移動に関わる車を自分たちで手配したり、あるいは自分たちで送迎する場合は、お車代をお渡しする必要はありません。 お坊さん手配サービスなどを利用する場合はともかく、菩提寺のお坊さんに依頼する場合は、お車代を払うまでもなく、やはり自分たちで送迎するか、ハイヤーを手配して差し上げるのが礼儀とされています。 真言宗の葬儀のお布施まとめ• 真言宗の葬儀では、枕経に加えて灌頂、土砂加持といった密教独特の儀式が行われる。 真言宗の葬儀のお布施の金額相場は、内訳となる戒名料のランクによって大きく異なり、総額50万円~70万円程度、高い場合は100万円以上と、非常に幅が広い。 真言宗の葬儀のお布施には、濃墨の毛筆または筆ペンで表書きのみ記入し、裏面には何も書かなくても構わない。 ただし、中袋がついていてその裏面に住所や金額の記入欄がある場合は記入する。 お布施の包み方は、新札を奉書紙に包むか白封筒に入れて、弔事用の水引をかけるのを基本とする。 葬儀でお布施を渡すタイミングとしては、葬儀の前後が考えられるが、実際には葬儀が無事終了した後にお渡しする方が多く、その方がお坊さんも喪主も余裕が生まれるので望ましいといわれている。 お布施以外に渡す心付けには、食事代としての「御膳料」と交通費としての「お車代」がある。 真言宗の葬儀にはいろいろな特徴がありますが、しきたりやマナーには特別難しいものはありません。 もし、わからないことがあれば、菩提寺のお坊さんか親族に聞いてみましょう。 お布施の金額についても、悩むようなことがあれば、率直にお坊さんに聞いてみるのが一番です。 通常は「お気持ちで」というところであっても、日頃からお付き合いを深めておけば、お坊さんの方も気軽に相談に乗ってくれることが多いものです。 「終活ねっと」では、「葬儀へのお坊さんの手配方法や費用、お坊さんへのお礼や挨拶」に関する記事以外にも、以下のように葬儀の基本の記事を多数掲載しておりますので、参考にしていただければと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

【知りたい!】葬儀・葬式のお布施の相場。お寺(僧侶・お坊さん)にいくら渡すの?

葬儀 お布施 金額

初七日の法要は故人の方の命日から数えて7日目に行われる法要のことを指します。 本来であれば、文字通り7日目に行われますが、最近では葬儀や法要の簡略化の影響を受けて火葬の後に行うというご家庭も少なくありません。 いずれにしても初七日の法要は葬儀の後に持たれる最初の法要であるとともに、四十九日までの期間で7日ごとに行われる法要で最初のものとされています。 そのため、他の7日ごとの法要は省略することはあっても初七日法要は僧侶の方を呼んで行うという方も多いでしょう。 ここで気になるのは、僧侶の方にお経をあげてもらった謝礼であるお布施の相場です。 葬儀や四十九日法要に比べると小規模になりがちであるため、どのくらいの金額を包むべきか考える方も多いでしょう。 そこで今回「終活ねっと」では、以下のポイントに沿って 初七日でのお布施の相場について見ていきます。 お布施とはどのような金銭なのか? 葬儀や法要の際に僧侶の方に手渡すお布施について手短にご説明します。 初七日のお布施の相場はどのくらいなのか? 初七日の際のお布施の相場を宗派別と、葬儀と合わせて行う場合とを挙げて見ていきます。 お布施の相場を僧侶の方に尋ねてもよいのか? 厳密に決まっていないお布施の相場について、僧侶の方に尋ねてもよいのかどうかについてご説明します。 お布施の表書きや渡し方はどうすればいいのか? お布施を包む際に使う封筒の表書きやお布施の渡し方のマナーについてご紹介します。 お布施以外に場合によって渡す必要のある金銭とは? 場合によってお布施以外に必要となる金銭について簡単にご紹介します。 葬儀と並行して初七日の準備をする方や予備知識として初七日のお布施の相場に知っておきたいという方向けにまとめました。 ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。 お坊さんを 安く手配したいという方は、をぜひご利用ください。 それでは、初七日の際に包むお布施の一般的な相場はいくらなのでしょうか? ここでは初七日のお布施の相場について、仏教の各宗派や葬儀の日に初七日法要を一緒に行う場合を挙げて見ていきましょう。 なお、仏教全体での初七日法要のお布施の相場は 3万円から5万円が平均的なところです。 浄土真宗 浄土真宗の場合、初七日のお布施の相場は 3万円から5万円とされています。 この点では仏教全体での相場と同じような額といってもよいでしょう。 しかし、浄土真宗の場合はお布施についての考え方が非常に特徴的であるという点に注意が必要です。 浄土真宗ではお布施のことを、お経をあげたことへの謝礼としてではなく、 故人やそのご遺族を救ってくれている阿弥陀如来への感謝の気持ちを示すものと考えられています。 このため、お布施を渡す対象も実際にお経をあげた僧侶の方や、その僧侶の方が所属する寺院に対してではなく、あくまでも仏様であるという点は非常に重要です。 だからこそ、浄土真宗でお布施を渡す際には、本当に仏様に渡すようにしましょう。 ただし、地域や寺院によってはあらかじめ相場が決まっている場合もありますので、金額について聞いているのであればその金額を包むと良いでしょう。 浄土宗 浄土真宗と同じような浄土信仰に基づいた浄土宗でも、初七日のお布施の相場は 3万円から5万円です。 このため、浄土宗でも仏教全体の一般的な相場と同じようなお布施になりますが、浄土真宗に比べるとお布施に対する考え方は特徴的ではありません。 浄土宗についても地域や寺院によってあらかじめお布施の金額が決まっている場合もありますので、事前に聞いておいても良いでしょう。 曹洞宗 禅宗の一派である曹洞宗でも、初七日のお布施は 3万円程度と、こちらも他の仏教宗派と同じくらいの相場となっております。 曹洞宗についても地域や寺院によってあらかじめお布施の金額が決まっている場合もありますので、事前に聞いておいても良いでしょう。 日蓮宗 法華経を信じる日蓮宗でも、初七日のお布施の相場は 5万円程度と、仏教全体での相場の枠に当てはまるものの 比較的高めの傾向にあります。 ただ、日蓮宗についても地域や寺院によってお布施の額が左右するため、事前に聞くことができるのなら確認しておくと良いでしょう。 真言宗 弘法大師空海が日本に伝えた真言宗の場合でも、 3万円から5万円と仏教全体の相場と同じくらいです。 もちろん、真言宗においても地域や寺院によって金額が変化してきますので、事前に近所の方などに確認しておくと良いでしょう。 葬儀と初七日を同時に行う場合 最初にも触れたように、近年では葬儀や法要の省略化の傾向もあって、初七日を葬儀と一緒の日(正確には火葬の後)に行うというご家庭も増えてきています。 このような場合、大抵は 葬儀に対するお布施と一緒に包んで僧侶の方にお渡しすることとなります。 基本的に葬儀と初七日の法要を一緒の日に行うのは、同じ菩提寺の僧侶の方であるためです。 なお、その際に用意する 封筒は1枚で問題ありません。 お布施の相場を聞いてもいいの?• お布施とは、法事の際にお経をあげていただいたことに対して僧侶の方に渡す謝礼のことである。 ただし、世間一般でいう労働対価とは意味が異なるので注意が必要である。 初七日のお布施の相場は仏教各宗派全体で3万円から5万円というのが相場だが、宗派によって若干の違いが見られる。 加えて、各宗派の中でも地域や寺院によっても金額が異なるうえ、あらかじめ決まっている場合もあるので事前に相談しておくと準備がしやすい。 なお、葬儀と初七日を同時に行う場合は、葬儀の分のお布施とまとめて渡すのが一般的である。 お布施の金額の相場についてわからなかったり不安だったりする場合は、僧侶の方に聞いても特に問題はない。 とりわけ、初めてお布施を渡すような場合であれば、なおさら親切に教えてもらえる。 お布施を包んだ封筒の表書きには、「お布施」や「御布施」と記すのが一般的である。 さらに渡す際にはご挨拶の一言を添えつつ、切手盆や袱紗に載せた状態で渡すのがマナーとされている。 お布施のほかに渡すものとして、遠方から来た僧侶の方の交通費としてのお車代や、法要後の会食がわりに渡す御膳料があり、それぞれ5千円から1万円が相場である。 また、故人に戒名を付けてもらった際に渡す戒名料もあり、こちらは20万円から50万円が一般的な相場である。 なお、戒名料については宗派や場合によっては表書きに注意した方が良い。 初七日は本来であれば故人の命日から数えて7日目に行うものとされており、葬儀と別に行う場合は3万円から5万円の金額を包むということで問題はありません。 ただし、葬儀と同時に行う場合はくれぐれも葬儀の分と一緒に包むよう心がけましょう。 また、初七日の場合も含めてお布施の相場は宗派や地域、寺院によって異なります。 だからこそ、事前に菩提寺の僧侶の方やご近所の方などに聞いておくと、いざという時に準備しやすいでしょう。 「終活ねっと」では他にも初七日に関する記事をたくさん掲載していますので、ぜひ参考にしてください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

葬儀・法事に必要なお布施の金額相場

葬儀 お布施 金額

葬式のお布施が高すぎる!浄土宗の金額相場は? お葬式の時に信仰する宗教の僧侶に お渡しする お布施が結構高い! と感じている人は多いと思います。 その宗教の中でも 浄土宗のお布施の 相場と内訳を以下にご紹介させて いただきますね。 浄土宗の場合のお布施の内訳を調べてみた! 浄土宗のお布施の金額の相場は、 だいたい 年収の10%から20%と されています。 具体的な内訳は、 お通夜と告別式の 読経のお布施が 15万円から30万円ほど、 戒名代が 20万円から50万円ほど のようです。 youtubeでお布施について 解説している動画を見つけました。 お布施について詳しくお知りに なりたい方は、ぜひ、見ておいて くださいね。 車代も用意しなきゃいけないの? 浄土宗では お車代は読経していただく僧侶に お渡しする必要があり、 相場は大体5千円と なっています。 お布施とは別に用意する場合も あるのですが、 読経や戒名代のように お布施の中に含まれる場合もあります。 お布施を渡すタイミングや包み方は? 葬儀費用の支払いは葬儀会社に 直接支払わなくてはいけませんが、 お布施は 読経してくださる僧侶に 直接おわたししなくてはいけません。 お渡しするタイミングは お葬式を行う前に ご挨拶する時か、お葬式が終わった後に お礼をお伝えするときにおわたしするのが 一般的なようです。 渡し方は、 小さなお盆にのし袋に包んだ お布施をのせておわたしする場合や、 ふくさの上にのし袋に包んだお布施を のせて僧侶におわたしする場合があります。 のし袋の書き方は 薄墨ではなく黒い墨で 上部にお布施または御布施と記入し、 中袋裏面の左側に、住所と氏名を記入し、 中袋の裏面の右側もしくは中袋の表面の 中央に金額を記入します。 金額の上に金と書き、金額の数字は 旧字体で記入します。 例えば、 10万円であれば壱拾萬圓と 記入します。 他の宗教の場合の特色は? 上記で浄土宗の葬儀のお布施の相場や 内訳をご紹介しましたが、それ以外の 宗教である浄土真宗、キリスト教、 創価学会の場合の特色を以下に ご紹介させていただきます。 浄土真宗の場合 浄土真宗のお布施の相場は、戒律がないと されていますので、浄土宗における 戒名に当たる法名を含んだ金額である 25万円から50万円が一般的な お布施の相場であるようです。 お膳料やお車代はお布施の中に 含まれませんので、お布施とは別に 白無地の封筒に入れてお膳料、もしくは お車代とそのまま書いて読経を してくださる僧侶におわたしします。 キリスト教の場合 仏教でのお布施に当たる キリスト教式葬 での牧師や神父、 司祭への謝礼は 気持ちとしてお渡しするものなので、 金額は人それぞれなのですが、 相場は大体1日3万円から10万円、 2日分だと5万円から20万円 お支払するようです。 葬儀費用はこの謝礼のほかにも、 式場使用料、教会への献金、生花代、 オルガン奏者への謝礼、墓地に 埋葬する費用などが必要となります。 創価学会の場合 創価学会の葬儀は 友人葬と呼ばれ、 僧侶も呼ばず、 お布施も一切 必要としません。 さらに、故人に戒名もつけたり しませんので、 戒名代も 必要ないようです。 友人層は、遺族と友人が集い、 経を読み、南無妙法蓮華経の 題目を唱えて追悼供養を行うようです。 まとめ 浄土宗における お布施の金額は、 だいたい 年収の10%から20%と されており、具体的な内訳は、 お通夜と告別式の読経のお布施が 15万円から30万円ほど、 戒名代が 20万円から50万円ほどと なっているようです。 お車代は、このお布施の中に 含めて読経してくださった僧侶に おわたしする場合や、 葬儀が始まる前のあいさつ時や 終わった後のあいさつ時に別途 おわたしする場合があります。 また、 浄土真宗、 キリスト教、 創価学会など 宗教によって お布施の仕方が異なったり、 なかったりなどしますので、 葬儀をする場合は、 自分たちの 信仰する宗教でお布施は必要なのか、 必要な場合は金額の相場やわたし方は どれくらいなのか事前にリサーチして きちんと準備し、お式に臨みましょうね。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の