梅酒 の 作り方 時期。 梅酒の作り方、仕込む時期はいつ?初心者でも簡単にできる方法解説!

日本酒ベースの梅酒の作り方とは?漬ける時期と飲みごろ

梅酒 の 作り方 時期

本朝食艦とは? 江戸中期の本草書。 一二巻一二冊。 人見必大著。 元祿一〇年( 一六九七)刊。 明の李時珍著「本草綱目」にならった、漢文体の食物本草書。 形態・種類・産地・薬効などの他、特に食材料としての検討に力が入れられている。 引用: 一般家庭では江戸時代後期から保存食や家庭薬として梅の植樹が始まりました。 梅は生では食べれませんので、保存食として加工する際に出来たのが 「梅干し」や「梅酒」になります。 梅酒は江戸時代後期からは梅の保存用に家庭用飲酒として広まりました。 なぜ梅をアルコールに漬けて保存したかというと、細菌の影響を1番受けにくいからです。 梅干しのように塩漬けも保存方法として有効的なのですが、まれにカビが生えることがあり 「梅干しにカビが生えると縁起が悪い」とされています。 なので梅の保存には梅酒が1番適しているので人気でした。 梅酒製造禁止 実は江戸時代後期から保存用に梅干しや梅酒が作られていたのですが、法律で禁止になってしまいます。 家庭用飲酒として広まった梅酒ですが、一時的に 酒税法の改正により1959年から家庭での果実酒製造が禁止になりました。 元々家庭用飲酒として親しまれていた梅酒が飲めなくなってしまった事により、今では大企業まで成長した 「チョーヤ」が1959年に梅酒製造、販売を始めます。 梅酒販売が始まったと同時に果実酒ブームも起こり、その3年後には法律が改正され家庭での梅酒作りがまた始まりました。 余談ですが「チョーヤ梅酒」で有名な「チョーヤ」ですが、元々は1914年から研究、開発を進め1924年に 生葡萄酒の醸造、販売を始める。 そしてブランデーや果実酒を1949年から販売開始、 1959年から梅酒の販売が始まったそうです。 確かに「チョーヤ=梅酒」ってすぐ思い浮かべるね 今は「チョーヤ梅酒株式会社」という名前で梅酒をメインに販売されていますが、昔と変わらず果実酒も販売されています。 作る時期 梅酒を作る時に大事なのは漬ける時期です。 私は梅酒作りに最適な時期を知らなかったので調べてみました。 5月頃から梅がスーパーや八百屋でも販売されるようになり、梅雨明けまでには梅の販売は終了します。 そのため、5月から作れば 最低3ヶ月で梅酒が味わえるようになるので、夏によく楽しまれます。 もし3ヶ月後に飲みたい場合は味見程度がベストとされています。 アルコール自体に 消費期限がない為、中には 10年物や20年物の梅酒も存在します。 なので熟成すればする程美味しい梅酒が出来上がります。 瓶の底から10cm位の高さまで熱湯を入れ、瓶を回しながら消毒します。 もし、大きい鍋があれば煮沸消毒でも可能。 やけど注意! 綺麗なふきん等できちんと水気を拭き取り、瓶の口を下に向けて完全に乾かします。 完全に乾かさないとカビが生えてしまいます• ボウルに青梅 紅青梅 を入れ流水でよく洗います。 アク抜きをしないと梅酒に渋みが出ます• アク抜きが終わったら綺麗なタオルで完全に水気を拭き取ります。 水気を完全に取らないとカビが生える• 竹串を使ってヘタを全て取ります。 青梅を1番下に半分入れ、次に氷砂糖を半分入れる手順を繰り返します。 梅を竹串で取る方法はこちらの動画をご覧下さい。 A 焼酎等に梅等を漬けて梅酒等を作る行為は、酒類と他の物品を混和し、その混和後のものが酒類であるため、新たに酒類を製造したものとみなされますが、消費者が自分で飲むために酒類(アルコール分20度以上のもので、かつ、酒税が課税済みのものに限ります。 )に次の物品以外のものを混和する場合には、例外的に製造行為としないこととしています。 また、この規定は、消費者が自ら飲むための酒類についての規定であることから、この酒類を販売してはならないこととされています。 1 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりゃん、きび、ひえ若しくはでん粉又はこれらのこうじ 2 ぶどう(やまぶどうを含みます。 ) 3 アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす 根拠法令等: 酒税法第7条、第43条第11項、同法施行令第50条、同法施行規則第13条第3項 引用: このように自家醸造は可能ですが「販売は禁止」「アルコール度数が20度以上」「酒税が課税済み」のアルコール。 「ぶどう」「米や麦類」「香辛料」などを混ぜるのは禁止とされています。 酒類製造免許 先程ご紹介した「ぶどう」「米や麦類」「香辛料」などは、 なぜ自家醸造では使用禁止なのか、販売禁止の理由と合わせてご説明します。 酒類製造免許関係Q&A Q1 酒類を製造するにはどのような手続が必要ですか。 A 酒類を製造しようとする場合には、酒税法に基づき、製造しようとする酒類の品目別に、製造場ごとに、その製造場の所在地の所轄税務署長から製造免許を受ける必要があります。 製造免許を受けるためには、税務署に製造免許の申請書を提出しなければなりません。 税務署では、提出された申請書に基づき申請者の法律の遵守状況や経営の基礎の状況、製造技術能力、製造設備の状況などのほか、製造免許を受けた後1年間の製造見込数量が一定の数量に達しているかどうか(最低製造数量基準)を審査し、これらの要件を満たしていれば製造免許が付与されることになります。 また、酒税法においては、上記要件のほかに、酒税の保全上酒類の需給の均衡を維持する必要があるため酒類の製造免許を与えることが適当でないと認められる場合には、酒類の製造免許を与えないことができることとされており、一部の品目の酒類には需給調整上の措置がなされています。 引用: このように製造免許の取得申請をし、審査で合格しなければ使用してはいけないと、法律で定められています。 なので 自家製ワインや梅の代わりにぶどうに変えることは法律違反になりますのでご注意下さい。 そうなるともう使えないのよ 直射日光と高温 アルコールは直射日光に絶対に当てて保存してはいけません。 アルコールに消費期限はなく、腐る事はないですが 変色したり、風味が落ちる、異臭を放つ場合があります。 梅酒は「梅」「アルコール」を使用しているため、直射日光は絶対に避けて下さい。 他の果実酒も同じです 直射日光ともう1つ忘れてはいけないのが、 蛍光灯の光や高温の場所です。 アルコールはとにかく光と温度で風味が変わるので、 なるべく蛍光灯の光も当てず室温が一定に保たれる場所で保存して下さい。 入れておくと苦くなるんだよ 梅を入れたまま何年も熟成させるのは間違った方法では無いのですが、先程ご説明したように「 梅は収穫した後も少しずつ成長」します。 梅は成長するのと同時にアルコールに長期間漬けているため、ふやけて崩れやすいのです。 瓶とプラスチック 梅酒を作る際に使われる容器は「プラスチック」と「瓶」があります。 プラスチック容器で作る梅酒は1年程で飲みきる場合には、向いていますが 熟成させる場合には不向きなのです。 瓶の場合は密閉がきちんとできるので、熟成させるために 2年以上保存しても風味は落ちません。 私の友人の母が自家製梅酒を作るのですが、瓶は重たいと話していたそうです。 なので早めに飲みきる場合はプラスチックでも大丈夫です。 きちんと水気を取る 梅酒作りの際に絶対チェックして欲しいのが、 瓶や梅に水気はないかです。 梅酒の作り方でもご説明したのですが、水気があるとカビが生えてしまいます。 注意点として「必ず瓶は乾燥させる」「梅は洗ったら綺麗なタオルで拭き、水気がないか確認する」を徹底して下さい。 稀に目視でもカビが確認できない場合があります。 必ず開封後は味見をして 「酸味が強くないか」確認しましょう。 酸味が強い場合はアルコールに消費期限がないとはいえ、 絶対に飲まずに破棄して下さい。 まとめ 梅酒の作り方は家庭によって様々ですが、 漬ける時期はだいたい同じなのが分かりました。 氷砂糖の量もお好みで調整して、自分好みの自家製梅酒を楽しみたいですね。 お子様も楽しめるような梅ジュースや梅に関する情報もありますので、関連記事もよかったらお読み下さい。 では今回の梅酒に関する情報をまとめたいと思います。

次の

無駄にならない梅酒!おすすめはスパイス?収穫時期や作り方、分量は?

梅酒 の 作り方 時期

手作りする人が増えてきている 梅酒。 青梅の収穫時期になると、 梅酒用の青梅や氷砂糖、ビンを スーパーマーケットや八百屋で よく目にします。 市販の物や居酒屋で飲む梅酒も おいしいですが、 今年は 自家製梅酒に挑戦してみませんか? そこで 初めてでも簡単にできる、 おいしい 梅酒の作り方、 その 飲み頃を教えちゃいます! Sponsored Link まずは材料と用具選び ・ 梅酒用のビン ・ 青梅1キロ(傷のないもの) ・ 氷砂糖500グラム ・ ホワイトリカー1. 8リットル (アルコール度数35度未満のお酒は避けた方が良い) 梅酒用のビンは、 ガラスかプラスチック製のもので、 保存性が高く、 フタがキチンと閉まって 密閉できるものを選びます。 梅酒を飲むときは、 おたまですくってグラスに注ぐことが多いので、 ビンの口は 広いタイプがオススメです。 ビンの大きさは、 青梅1キロに対し、 4リットルのものが丁度いいです。 氷砂糖500グラムは、一般的な量です。 甘いのが好きな方は 氷砂糖を多くし、 逆に 甘いのが苦手な方は 少なくしてください。 ただし、 氷砂糖を少なくすると、 漬かりにくくなり、飲み頃になるまでに 時間がかかります。 氷砂糖200グラムにしたときには、 漬かって、ホワイトリカー臭さが抜けるまで 1年くらいかかりました… ただし、その分 甘くない梅の香りたっぷりの 梅酒ができましたよ。 梅の実が出回るのは、 だいたい 5月下旬から6月ぐらいです。 梅酒作りには、皮が固くて実がしまっている青梅が 適しているので、6月中には作り始めましょう。 材料、用具が揃ったら梅酒作り開始 材料、用具が揃ったら、 さっそく梅酒作りを開始しましょう! 1. ビンの煮沸消毒 まずは ビンの消毒をします。 ビンに熱湯を少し注いで傾け、回します。 その後水気を拭き取り、しっかり 乾燥させます。 青梅をキレイに洗い、アク抜きをする 青梅は 流水で キレイに洗います。 洗剤などは使わずに、水で丁寧に洗ってください。 洗ったら、たっぷりの水(2リットル以上)に 2~4時間漬けて、 アク抜きします。 これを疎かにすると、 梅酒に渋みが出ます。 水気を拭き取り、ヘタを取る アク抜きが終わったら、 キレイな タオルで 水気を充分に 拭き取ります。 水気が残っていると カビの原因に なってしまいますよ。 水気をキレイに拭き取ったら、 竹串で ヘタを一つ一つ丁寧に 取り除きます。 ヘタを取ることで、エグ味がなくなり、 さわやかな味わいになります。 青梅と氷砂糖をビンに入れる 青梅と氷砂糖は、 二回に分けてビンに入れるので、半分に分けます。 半分の青梅をビンの底に敷き詰め、 敷き詰めた青梅の上に半分の氷砂糖をのせます。 残りの青梅を丁寧にビンに敷き詰め、 残りの氷砂糖を先ほどと同じようにのせていきます。 ホワイトリカーを注ぐ ビンに ホワイトリカーを注ぎます。 8リットルすべて入れてください。 フタをして、冷暗所に保存 梅酒を漬けこんだら、 きっちりフタをして、 なるべく温度差の少ない 涼しい場所で 保存してください。 ときどきビンをゆすって、 砂糖を全体に行き渡らせるようにして 味をなじませましょう。 Sponsored Link 自家製梅酒の飲み頃はいつ? 漬け込み後、 梅のエキスが出る3ヶ月頃から 飲めるようになります。 約1年後からが おいしくいただける飲み頃です! 1年半経てば、実から成分が出て お酒に溶け込んでいるそうなので、 長期保存される方は 梅の実を取り出しましょう。 入れたままにすると、 実が崩れてきますのでご注意くださいね。 3年もの、5年ものと、 寝かせば寝かせるほど まろやかに仕上がっていきます。 少しずつ 味の変化を楽しみながら飲んでいくのも、 自家製の醍醐味ですね! ぜひチャレンジしてください! 今回は、梅酒のおいしい作り方、飲み頃について お話しました! 梅酒は多くの人から 愛されるお酒の一つ。 今年は『 自家製梅酒で家呑み』を 楽しんでみてはいかがでしょうか? 梅酒好きな方はぜひ、自家製梅酒作りに チャレンジしてくださいね! 【梅酒のおいしい飲み方はこちら】 - ,.

次の

【簡単】5月と6月は梅酒の時期だ。費用と作り方【2020】

梅酒 の 作り方 時期

1月も終わりが見えてきて、コンビニに 節分のお面が並ぶ時期になりましたね^^ この時期になると、東京ではちらほら 梅の花が咲き始めます。 梅の花を見ると毎年思うことは、そう、 梅酒作りです v  ̄ー ̄ v ここ数年義姉の畑から、梅の実を貰ってきて作っています。 採りに行く タイミングを間違えると、近所の人に取られてしまってほとんどなくなってしまうんです^^; だから花が咲くと、 忘れないように採りにいかないとと、毎年思い出します 笑 採れなかったときは、スーパーで梅を買ってきて作るようにして、失敗を何度かやって、ようやくまともな梅酒ができるようになってきました。 ということで、備忘録も含めて 梅酒の作り方と時期について失敗例もあわせてご紹介したいと思います。 スポンサーリンク 自家製梅酒の作り方 自家製の梅酒は、比較的簡単にできるんですよね。 だから材料さえ揃えれば、誰でも美味しい自分だけの梅酒を作ることができます。 ただ、 いつでも作れるというわけではないので、まず 梅酒作りの時期について説明します。 梅酒を作る時期 梅酒はいつでも作れるわけではない理由は、 梅の実があるときしか作れないからです。 もちろんスーパーなどで買ってきて、 冷凍保存しておけば作る時期はずらせますけどね。 スーパーの店頭に並ぶのはいつかと言うと、 大体5月~6月になります。 冒頭でもご紹介しましたが、梅の花が咲き始めるのは2月頃からで、3か月くらいすると実がなってきます。 自分で収穫する場合は、地域によって気温も違うので多少時期はずれると思いますが、東京の場合GW明けに採りに行ったらちょっと早かったです。 かといって、6月中過ぎだともうおこぼれしかない状態でした。 なので、 東京の場合は5月下旬から6月上旬を目安にしてもらえれば、良い梅が取れると思います^^ 自家製梅酒の材料 梅の実を確保できたら、次に自家製梅酒の材料をご紹介します。 青梅:1キロ• 氷砂糖:500グラム(お好みで1キロまでOK)• ホワイトリカー:35度を1. 8リットル(1パック)• 果実酒用の瓶:5リットルくらいで密閉できるもの• 爪楊枝or竹串:作業する人数分 青梅 スーパーで買うにしても、私のように採るにしても、 傷がないものを選んでください。 傷があるとにごりやすくなってしまいます。 あと、スーパーで買うときは、材料をすべてまとめて買ってすぐに作ってください。 我が家は甘い方が好きなので、梅と同じ量の氷砂糖を使っています^^ 氷砂糖以外の、 黒砂糖などを使ってもいいみたいですが、特別に理由がなければはじめは反抗せず氷砂糖にしましょう。 氷砂糖は、砂糖としての純度が高く、 クセもないので使いやすいんです。 逆に黒砂糖の場合は甘さが控えめのため、ポイントがズレてきます。 普通の砂糖だとすぐに溶けてしまうので、梅の成分が出てくる速さとの バランスが悪いと言います。 ホワイトリカー 初めて作るときはお酒も ホワイトリカーをおすすめします。 写真にあるように、果実酒用に売っていますので、これの 35度を買っておけば間違いないです。 最近ではいい焼酎などを使って作るのも流行ってきているみたいですが、焼酎の癖などがあるので、 梅酒の香りが変わってしまうこともあります。 何度か作ってみて、慣れてきたら色々試してみるのは楽しいかもしれませんね^^ また、 20度以下のお酒は、果実酒でも法律で作ることは禁止されているので気を付けてください。 それに、あまり度数が低いと熟成されにくく、 梅の成分も抽出されにくいようです。 無難に35度を使う方がイイですね 笑 果実酒用の瓶 かわいいビンなどでももちろんOKですが、初めて作る場合で、他の材料とまとめて果実酒用の瓶を スーパーで買った方が全然楽です 笑 こんな専用のビンなら、スーパーやホームセンターで普通に売ってます^^ ちなみにこの大きさで 5リットルです。 爪楊枝or竹串 梅の実のヘタをとるのに使います。 1キロ分一人でやるのはかなりしんどいので、 何人かで手分けしてやりましょう^^ 金属製のものは梅と相性が悪いみたいなので、フォークなどは使わない方がイイみたいです。 竹串か爪楊枝くらいなら家にあると思うので、そっちを使ってください。 梅酒の作り方の手順 自家製梅酒の作り方ですが、 わかりやすい動画があったので、これも参考にしてみてください。 ビンをキレイにする 熱湯で回すように消毒します。 その際 やけどしないように気を付けてくださいね。 洗ったら、ビンをさかさまにしてしっかり乾かします。 水気が残っていると、カビの原因になるので 完全に乾燥させましょう。 青梅を洗う 冷水でしっかり流した後、 青梅の場合は2時間くらいはアク抜きします。 熟しかけている梅や、冷凍梅を解凍して使う場合はアク抜きの必要はありません。 水分を取って干す キッチンペーパーなどで しっかり水分を拭き取ります。 水分が残っていると カビの原因になります。 冷凍の梅を解凍して使う場合は、柔らかくなっているので、 つぶれないように注意してください。 梅のヘタを取る 竹串か爪楊枝で梅のヘタを取ります。 爪楊枝の場合折れやすいので、気を付けてください。 面倒な作業なので、何人かでやったほうが良いですね。 お子さんがいる場合は、興味を持ってくれるので、積極的にやってくれますよ 笑 梅と氷砂糖を交互に入れる 梅を1段分入れて、上から氷砂糖を隙間を埋めながら載せていきます。 氷砂糖を入れたら、また梅を1段入れてから氷砂糖を追加します。 交互に入れていきますが、漬けた後翌日には氷砂糖は沈んでいくので、 そんなに神経質にならなくても大丈夫です。 ホワイトリカーを入れる 最後にホワイトリカーを ドバっと入れて終わりです。 動画では4リットル瓶を使っていますが、氷砂糖の量が多いとギリギリになります。 ビンは5リットルあると安心ですね^^ 冷暗所で寝かす 全部つけ終わったら、保存してできるのを待つだけです v  ̄ー ̄ v ちなみに 冷蔵庫はNGです。 3か月程度から飲めますが、 半年くらい寝かせておくと、梅の風味が出てきます。 私はしっかりつけておきたい派なので、1年半はつけています v  ̄ー ̄ v ただ、長くつけすぎると、梅が崩れてきて濁ってきちゃいます^^; おすすめとしては、 1年から1年半くらい梅を入れたまま寝かせておく感じです。 スポンサーリンク よくある失敗例と注意点のまとめ 初めて自家製の梅酒を作り始めてから、何度か色々な失敗をやらかしたので 注意点をお伝えしますね。 梅にカビが生える スーパーで梅を買ってきたら、材料をまとめて用意していると思うので、すぐ作ると思います。 私の場合は採ってきた梅を使っているので、洗ってからしばらく干していました。 洗ってから、梅を拭かずにざるに移してから室内で干していたら、 見事にカビが生えてしまいましたorz 梅は洗ったらすぐにキッチンペーパーなどで拭いて、そのまま すぐに漬けてしまいましょう。 青梅は常温で放置しない 上にある写真のように、採ってきたときは青々としていた梅が、すぐに漬けないで置いておいたら 黄色く熟してきました。 熟してしまっても、ある程度問題ないと思いますが、 崩れやすかったので、あまり放置しないでこれもすぐに漬けてしまった方がイイと思います。 梅の実がなる時期を逃さない 私にとっては これが一番重要でした。 スーパーで青梅を買って作るならいいんですが、 採ってくるなら時期が重要です。 庭先の梅を使うならいいんですが、私の場合は遠方なのでタイミングがわからず何度も逃しました。 そのため、 傷物の梅まで採ってきて使うしかない事態に・・ 気温で多少ずれますので、これを逃さないように気を付けてくださいね。 出来るだけ大きな青い、傷の無いものを選びましょう^^ まとめ 自家製梅酒は、材料さえちゃんと揃えば、割と簡単に作れてしまいます。 今回は、本当に 基本的な材料と作り方をご紹介させていただいています。 慣れてきたら、お酒を日本酒やブランデーに替えてみたり、梅の種類にこだわってみたり、 色々アレンジしてみてもいいですね^^ 寝かせる期間ですが、梅を入れっぱなしにしてもいいみたいですが、私の場合は1年から1年半寝かせた後、 ペットボトルへ移して保存しています。 採ってきた梅はスーパーの梅より傷があるからか、濁りやすいので、 念のため毎回こしてから保存するようにしているんです。 もちろんその時は、わからなくならないように、 ガムテープに年月日を書いておきます。 祖母の家では私が子供の頃から毎年作っていて、送ってきてくれました。 大学に入ってお酒が飲めるようになってからは、楽しみにしていました。 10年くらい寝かせた梅酒は、本当においしかったですよ^^ 貰っていた自家製の梅酒を、 大人になると自分で作れるようになるんだから楽しいですね^^ では、今回はこの辺で。 頑張って 美味しい梅酒を作ってくださいね!.

次の