イソジン ウォッシュ。 イソジン泡ウォッシュ、生産終了って、本当?

歯医者さんでやってる!コロナ対策のうがい薬|トライデント!!

イソジン ウォッシュ

市販薬のイソジンうがい薬を傷口や手指の消毒に使うことはできません。 イソジン(ポビドンヨード)は用途・使用目的に分けて濃度が異なり、それ以外の用途では消毒効果が上手く発揮されません。 医療現場では手指や皮膚の消毒には7. 5%のポビドンヨードを使用し、傷口の消毒には10%のポビドンヨードを使用します。 対してイソジンうがい液の濃度はうすめない状態で7%となっています。 イソジンうがい薬とイソジンきず薬ではポビドンヨードの濃度の違いがあり、イソジンうがい薬では傷口や手指に対する消毒の効果を十分に発揮できません。 市販のイソジン ポビドンヨードの濃度 用途(効能・効果) イソジンうがい薬 7%(使用時に15〜30倍に希釈) 口腔内およびのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去 イソジンウォッシュ 7. 5% 手指・皮膚の殺菌・消毒 イソジンきず薬 10% ・きり傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、やけどなどの患部の殺菌・消毒 ・とびひ、おできなどの感染皮膚面の殺菌・消毒 イソジンうがい薬に含まれる添加物 イソジンうがい薬には傷口の消毒薬には通常入っていない添加物が入っています。 口に含んだ時の清涼感や整った味のために、エタノールやl-メントール、サッカリンナトリウムが使用されています。 口の中であれば問題のない成分ですが、傷口には刺激となり悪化の原因となるおそれがあります。 また、サッカリンナトリウムは人工甘味料であり、傷口には本来使うものではないので悪影響が考えられます。 なお、傷口に使える「イソジンきず薬」はポビドンヨードの濃度も濃く、エタノールやl-メントール、サッカリンなどの余計な添加物は入っていません。 イソジンうがい薬は手洗い消毒に適した濃度ではありません。 また、そもそも手洗い用に作られていないため、使用感にも大きな問題があります。 イソジンうがい薬は石けんのように泡立ちません。 また、手に色がつき水で洗ってもなかなか落ちません。 イソジンうがい薬でついた色はよく洗えば落ちますが、本来の効能以外の使用用途で使うことにメリットはありません。 なお、イソジンウォッシュのような手洗い専用の消毒薬はイソジンうがい薬より濃い濃度のポビドンヨードを含んでいますが、水で洗うことでポビドンヨード独特の色が残らないように作られています。 おわりに イソジンうがい薬は傷口にも手洗い消毒にも不向きで使用できません。 イソジンは名前や色が似ていても用途・使用目的によって中身には違いがあるため、きちんと使い分けることが大切です。

次の

ポビドンヨード

イソジン ウォッシュ

成分・分量 1mL中 ポビドンヨード・・・75mg(有効ヨウ素として7.5mg) 【添加物】 pH調整剤、その他2成分を含有しています。 用法及び用量 本剤の適量をとり、少量の水を加えて摩擦し、よく泡立てて水洗いしてください。 【用法・用量に関連する注意】 (1)定められた用法・用量を厳守してください。 (2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用ください。 (3)本剤は外用のみに使用し、内服やうがいには使用しないでください。 (4)目に入らないようにご注意ください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 (5)石けんなどとの併用は本剤の殺菌・消毒作用を弱めることがありますので石けん分を洗い落としてからご使用ください。 剤型・形状 液剤 使用上の注意点 1.次の人は使用しないでください。 ・本剤または本剤の成分によりアレルギー症状をおこしたことがある人 2.次の部位には使用しないでください。 (1)損傷のある皮膚 (2)目の周囲、粘膜など 使用上の相談点 1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状をおこしたことがある人 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。 【関係部位:症状】 ・皮膚:発疹・発赤、かゆみ まれに下記の重篤な症状がおこることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 【症状の名称:症状】 ・ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。 保管および取扱上の注意点 (1)直射日光の当らない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変化します。 ) (4)衣服などに付着した場合は、すぐに水でよく洗い落としてください。 (5)銀を含有する製品を変色させるので、貴金属類は外してからご使用ください。 (6)使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。

次の

www.soulswipe.com: シオノギヘルスケア イソジン薬用泡ハンドウォッシュF 250ml(医薬部外品): ビューティー

イソジン ウォッシュ

効能・効果 のどの炎症によるのどのあれ・のどの痛み・のどのはれ・のどの不快感・声がれ 用法・用量 1日数回適量をのどの粘膜面に噴射塗布してください。 <用法・用量に関連する注意>• 定められた用法・用量を厳守してください。 ノズルをのどの患部にむけて、アーッと声を出しながら2~3回直射してください。 (息を吸いながら使用すると、液が気管支や肺に入ることがあります。 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 本剤はのどの患部への噴射塗布のみに使用し、キズややけどへの使用や、内服はしないでください。 目に入らないようにご注意ください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 製品特徴 手指の汚れをふき取り、身のまわりのバイ菌をしっかり除菌。 様々なバイ菌を99. 99%除菌• しっかり拭ける厚手シート• アルコールタイプ(透明液です)• モモ葉エキス配合• 除菌性能テスト済• ウイルス不活化テスト済• すべてのウイルスを不活化するわけではありません。 使用方法 やさしくお肌や清掃面を拭いてください。 シートは両面使えます。 <取扱い上の注意>• シートの乾燥を防ぐため、使用後はふたシールをきちんと閉め衛生的に保管してください。 開封後は、なるべく早めにお使いください。 アルコール過敏症の方および乳幼児は使用しないでください。 効能・効果 手指・皮膚の殺菌・消毒 用法・用量 本剤の適量をとり、少量の水を加えて摩擦し、よく泡立てて水洗いしてください。 <用法・用量に関連する注意>• 定められた用法・用量を厳守してください。 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 本剤は外用のみに使用し、内服やうがいには使用しないでください。 目に入らないようにご注意ください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 石けんなどとの併用は本剤の殺菌・消毒作用を弱めることがありますので石けん分を洗い落としてからご使用ください。 効能・効果 手指・皮膚の洗浄・消毒 用法・用量 本剤の適量を手指にとり、塗布または塗擦する。 <用法・用量に関連する注意>• ご使用後は、よく洗い流してください。 定められた用法・用量を厳守してください。 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 本剤は外用のみに使用し、内服やうがいには使用しないでください。 目に入らないようにご注意ください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 石けんなどとの併用は本剤の殺菌・消毒作用を弱めることがありますので石けん分を洗い落としてからご使用ください。 効能・効果 きり傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、やけどなどの患部の殺菌・消毒 とびひ、おできなどの感染皮膚面の殺菌・消毒 用法・用量 1日数回、患部に塗布してください。 <用法・用量に関連する注意>• 定められた用法・用量を厳守してください。 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 本剤は外用のみに使用し、内服、うがいや粘膜の殺菌・消毒には使用しないでください。 目に入らないようにご注意ください。 万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 石けんなどとの併用は本剤の殺菌・消毒作用を弱めることがありますので石けん分を洗い落としてからご使用ください。

次の