スタバ コーヒー ポット。 スタバのポットサービスが超便利!注文方法や料金・返却方法を徹底調査!

コーヒーポットのおすすめ7選!IH対応からステンレスまで【決定版】|コーヒー豆研究所

スタバ コーヒー ポット

コーヒーのポットデリバリーとは? ポットデリバリーの基本情報 ポットデリバリーは ポットサービスとも呼ばれていて、 お店で淹れたてのコーヒーをポットに入れてもらい、そのままオフィスや自宅にテイクアウトできるサービスです。 このサービスは 電話または店頭で予め注文しておき、予約した日時に直接店舗に行って持ち帰る方法とお店が指定した場所までデリバリーしてもらう方法があります。 そのカフェによって提供の仕方が異なるので確認しておきましょう。 ポットデリバリーのメリット オフィスの会議や懇親会、自宅での集まりや小、中規模のイベントなどの場面で飲み物を人数分用意するのは大変です。 それがコーヒーであればさらに抽出などに時間がかかりますし、洗い物や片付けも増えてひと苦労です。 ですが、こちらのポットデリバリーのサービスを利用すれば ポットに入っているコーヒーを注ぐだけなので、とても手軽にみんなで美味しいコーヒーを楽しむことができるのです。 さらに、 砂糖やミルク、マドラー、カップなどすべて用意してもらえるので準備や後片付けの手間もかかりません。 また多くの所が普通に 店頭で注文するよりも一杯の値段が安いのでとてもお得なのです。 ホットかアイスか選択可能• 好きなコーヒー豆を選択可能 事前に連絡• ペーパーカップ、ミルク、シュガー付き• スタバ全店舗で利用可能 注文の仕方 注文の仕方は、 電話で事前に予約をしておくか、店舗に直接行って注文する方法があります。 しかし、混雑時には対応出来ない場合もあるようなので事前に予約や確認をしておくのが確実です。 基本的には 店舗に直接行ってポットを受け取り、後日また店舗へ行ってポットを返却するシステムになっています。 値段がお得 スタバは店舗でコーヒーを注文するとショートサイズで1杯290円+税です。 ですので、このポットサービスを利用すると 1杯の値段が通常よりも安く飲むことができるのです。 しかも どの豆を選んでも料金は変わらないのでとてもお得です。 こちらも同じく持ち帰り用ですが、 返却不要のポットに入っているため飲み終わった後に再び店舗へ行く必要がありません。 淹れたてのコーヒーを約12杯分楽しむことが出来ます。 カップ、ポーションミルク、ストローまたはマドラー、砂糖またはガムシロップ付き• デリバリーは一部店舗のみ 注文の仕方 タリーズもスタバと同様に 電話での事前予約か店舗での注文になります。 こちらも混雑時には対応出来ない場合があるので事前に確認しておきましょう。 デリバリーが可能 タリーズのポットサービスはスタバに比べると割高ですが、 一部店舗のみデリバリーに対応しているので直接店舗に行けない場合は利用すると便利です。 ドトール 参考: ドトールもポットサービスを行っていますが、こちらは オフィスコーヒーサービスというもので主にオフィスでの利用で、 コーヒーマシンをレンタル出来るシステムになっています。 コーヒーメーカーのレンタルは無料• リキットアイスコーヒー、ドリップカフェ、インスタントコーヒーの注文も可能• シュガーポットとカップホルダーが備品で付く 注文の仕方 まずは お近くのドトールコーヒーショップでコーヒーメーカーのレンタル契約を行います。 コーヒーメーカーが届いたら、 お好きなコーヒー豆を契約した店舗にFAXか電話で注文し、翌日以降 2〜3日程 には 工場から直送された 新鮮な豆がオフィスに届けられます。 1杯の値段がとても安い こちらはコーヒーメーカーを無料でレンタルして好きなコーヒー豆を買うというシステムなので、一回の注文の価格は少し高めですが、その分 たくさんの量のコーヒーをとても安い値段で飲むことが出来ます。 1ケース 30パック 約150杯で マイルドブレンドは一杯あたり約¥37、 ゴールデンモカブレンドは¥41、 ロイヤルクリスタルブレンドは¥41ととても割安です。 でも会議の時にコーヒーを飲みたい時には手間のかからないスタバのサービスが向いてるかもね それぞれの用途や目的に合わせて使い分けるのが良さそうだね 因みに個人カフェや地域限定のカフェチェーン店などでもホットデリバリーを行っている所がありますので、お近くのカフェのホームページなどをチェックしてみましょう。 美味しいコーヒーを会社の仲間や友人たちとシェアすればより良いコミュニケーションがはかれそうですね。

次の

スタバのタンブラーは持ち込み割引だけがメリットじゃない!意外だけと超オトクなメリットを徹底紹介!

スタバ コーヒー ポット

1日を元気良くスタートさせたい人や、買物中の休憩にコーヒーは欠かせないという人は、多いに違いない。 なかには、スターバックスでお洒落にキメたいけど、やっぱり高くつくよなあ……なんて思っている人もいると思うが、そんな人に朗報だ。 複数の海外メディアが、 スタバで上手に節約する方法を紹介しているので、いくつか紹介してみたいと思う。 「その手があったか!」と、目からウロコな方法も飛び出すので、真似しない手はないぞ!! 1.家でスタバのコーヒーを沸かす 毎朝スタバでコーヒーを買っていたら、さすがにかなりの金額になってしまう。 そこで、市販されているスタバのコーヒー豆を家で沸かせば、グ~ンと安くつく。 そして、スタバのロゴが入ったタンブラーにコーヒーを入れれば、エコなうえ、店舗でコーヒーを購入するのとなんら変わりはない。 2.ベンティを友達とシェア 例えば、スタバで一番サイズが大きいベンティのカプチーノは450円する。 その半分のサイズに当たるトールは370円なので、ベンティを友達とシェアすれば、225円で済んでしまうという訳だ。 リフィルとはお代わりのことで、スタバの店舗でドリップコーヒーを飲む人は、1杯目のレシートを見せれば、2杯目までコーヒーを100円でリフィルすることができるのだ。 スタバで仕事をしたり、読書をしたり長居する人は、ぜひトライしたい節約方法ではないだろうか。 4.タンブラーを持参して割引! 海外のスタバでは、自分のタンブラーを持参してコーヒーを入れてもらえば、ディスカウントされるサービスがある。 そして、それは日本も同じで、なんと20円引きに! たかが20円、されど20円である。 毎日スタバでコーヒーを買うという人は、マイ・タンブラーを持参してみてはどうだろうか。 5.海外でもショートサイズを注文! 日本ではトールサイズの下にショートサイズがあるが、海外のスタバでは、メニューにショートサイズが存在しない。 だが、ショートサイズのカップは店舗に置いてあるので、ショートを注文すればトールよりも安くコーヒーが飲めてしまうのだ。 スタバのカプチーノはショートが330円で、トールが370円なのでお得だし、ミルクの分量も自分で調節できるメリットがある。 7.ポットサービスを利用 休憩中に、オフィスの同僚のコーヒーを何人分かスタバに買いに行くのなら、ポットサービスを利用する手もある。 事前に電話で注文しておけば、コーヒー5~20杯分が入ったポットを用意しておいてくれるのだ。 価格は10杯分が2000円で、20杯分が4000円となっている。 オフィスだけでなく、女子会やホームパーティーにも利用できる、お得なサービスではないだろうか。 たかが20~30円の違いでも「塵も積もれば……」で、毎日のこととなると差が出るものだ。 その浮いたお金で、さらに美味しいコーヒーが飲めると思えば、実践してみる価値はあるかもしれない。 参照元:、、(英語) 執筆: Photo:Rocketnews24.

次の

【紫香陶房/マイカフェポット】信楽焼コーヒーポット マイ・カフェポット 大(500ml) 紫香陶房 コーヒー器具、コーヒー用品ならFa Coffee

スタバ コーヒー ポット

容量・サイズで選ぶ• 注ぎ口で選ぶ• 素材で選ぶ 1つ1つ見ていきましょう。 容量・サイズで選ぶ 1度に淹れるのが1〜2杯である場合は700ml前後、3〜4杯なら1L程度のコーヒーポットがおすすめです。 必要以上に大きなサイズのポットを選んでしまうと、重みでドリップの細かなコントロールがきかなくなるので注意が必要です。 そのため、コーヒーポットがはじめてだという方は1〜2杯向けのコーヒーポットがおすすめ。 注ぎ口で選ぶ コーヒーポットは注ぎ口の違いがかなり顕著です。 それはその注ぎ方によって大きく味が変化するから。 初心者の方は注ぎ口が細く、太さが同じコーヒーポットがおすすめです。 理由としてはお湯の量が一定でお湯を注ぎやすく、安定したドリップが行いやすいから。 慣れている人は鶴口タイプがおすすめ 傾け方次第でお湯を1滴1滴注ぐ点滴投下もできるタイプです。 幅広い注ぎ方でドリップが可能。 軽いコーヒーから濃く苦味の強いコーヒーまで淹れられるため、慣れている人は是非購入したいタイプでしょう。 素材で選ぶ 素材は大きく分けて3つあります。 ガラス• ステンレス• 銅 ガラス ガラスの膜で金属を覆った素材をホーローとも呼びます。 デザイン性に優れているため、インテリアとしてもおすすめです。 保温性が高く、お湯が冷めにくいのもメリットでしょう。 一方デメリットは急激な温度変化や衝撃に弱いことです。 ステンレス ラインナップが豊富で、大手コーヒーメーカーの多くはステンレス製を中心に販売しています。 耐久性が高く、落としたりしても割れにくいのがメリット。 一方、保温性が低いのがデメリットとして挙げられます。 銅 熱伝導率が高く、すぐにお湯を沸かせるのがメリットです。 デメリットとしては、使っている間に表面の色が黒っぽく変化してしまうことでしょう。 コーヒーポットのおすすめ7選 では早速おすすめのコーヒーポットを7つご紹介していきます。 まとめると以下の通り。 ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ• カリタ ステンレス製細口ポット• モダンデコ 電気ケトル• ケーエスロング コーヒーポット• 月兎印 スリムポット 700ml• Niviy コーヒードリップポット• 下村企画 珈琲考具 ツードリップポット 1つ1つ解説します。 コスパも注ぎやすさも最高のコーヒーポット「ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ」 最初にご紹介するおすすめのコーヒーポットは「ハリオ V60ドリップケトル・ヴォーノ」。 amazonなどでも圧倒的な人気を誇るのが、こちらのコーヒーポットです。 取っ手が波形のため、手にフィットしやすいのが魅力。 使用中の安定性も保ちやすいため、コーヒーを自分好みに仕上げられるのも嬉しいポイントです。 湯量・スピードもコントロールしやすい 程良くカーブした注ぎ口になっているため、お湯を1滴ずつ置くように注ぐことができます。 そのため、湯量・スピードのコントロールもしやすいのがおすすめの一つです。 また蓋のつまみがフラット形状のため、逆さに置いても転がりません。 コンパクトだからキャンプなどのアウトドアでおすすめ「ケーエスロング コーヒーポット」 続いてご紹介するおすすめのコーヒーポットは「ケーエスロング コーヒーポット」。 キャンプなどのアウトドアで使いたいという方はこちらのコーヒーポットがおすすめです。 長く愛用できるうえ、お手入れが簡単なのが特徴です。 人間工学に基づいた設計 人間工学に基づいた設計によって、より持ちやすく丁寧なドリップが実現します。 コンパクトで携帯性もあるので自宅はもちろん、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍するのは間違いなし。 カラーはゴールド・シルバー・ブラック展開です。 好みの色を購入してみてください。 ガラス製で保温性抜群のコーヒーポット!プレゼントにもおすすめ「月兎印 スリムポット 700ml」 続いてご紹介するおすすめのコーヒーポットは「月兎印 スリムポット 700ml」。 職人により1つずつ丁寧に作られていて、手仕事の美しさを感じられるコーヒーポットです。 全5色のラインナップで、種類の豊富さも目が話せません。 またガラス製だから保温性抜群です。 プレゼントにもおすすめ。 注ぎ口は鶴口タイプ 注ぎ口は鶴口タイプとなっていて、湯量やスピードをコントロールしやすいのが特徴です。 またガラス質でコーティングされているので、ニオイや汚れが付きにくいのもポイント。

次の