集団 免疫 コロナ。 新型コロナウイルス感染症と集団免疫について

新型コロナウイルスは「集団免疫」獲得で終息するのか?

集団 免疫 コロナ

一向に終息のめどが立たない新型コロナウイルス。 感染者増加を食い止めるために、重要だとされるのは「集団免疫」だという。 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんが解説する。 「ウイルスに感染すると、体内の免疫システムが働いて『抗体』ができます。 するとその後、再び同じウイルスには感染しにくくなる。 こうした抗体を持つ人が人口の一定程度を占めるようになると、ウイルスが人から人へ移動できなくなり、やがて流行が終息します。 これを『集団免疫』と呼びます」 米ハーバード大学公衆衛生大学院の研究チームは、外出規制などで流行と医療崩壊を防ぎながら、徐々に感染者を増やして集団免疫を獲得するまでの期間を予測した。 その結果、新型コロナの流行を抑えるために集団免疫を獲得するには、2022年まで「断続的な外出規制」を続ける必要があることがわかったという。 『断続的な外出規制』とは、2〜3か月の自粛と解除を繰り返す、といった方法だ。 1つは「結果的集団免疫」と呼ばれる方法だ。 これは多くの人が自然に感染することで、結果的に集団免疫が成立するというもの。 前述したハーバード大の試算も外出規制を強めたり解除したりしながら、自然に感染者が増えて集団免疫を獲得することを前提にしている。 新型コロナの発生源になった中国の武漢では、爆発的感染拡大によって集団免疫を得た可能性がある。 上海新型肺炎治療専門家チーム長は「武漢の多くの人が免疫を持っているということは、武漢は中国で最も安全な都市ということになる」との見方を示している。 だが、結果的集団免疫の獲得には高いハードルがある。 集団免疫を得るまでに多くの人の感染が必要不可欠で、死亡者の増加や医療崩壊が懸念されるのだ。 その困難な道に挑んだのがイギリス政府だった。 ボリス・ジョンソン首相は3月、多くの人が集まるイベントの禁止や外出規制をせず、段階的な制限によって多くの人に感染させ、集団免疫を獲得する施策を打ち出した。 しかし、国内外から「国民の命でロシアンルーレットをやるのか」との批判が強まると、一転して、ロックダウンやソーシャルディスタンスなどの活動制限に踏み切った。 日本の安倍晋三首相も4月3日に国会で、コロナ対策の方針として「集団免疫の獲得を直接の目的とはしていない」と答えている。 集団免疫を獲得する第2の方法は、「ワクチン」によるものだ。 多くの人がワクチンを接種することで免疫をつけることができれば、自ずと集団免疫が成立する。 現在、アメリカと中国を中心に60のワクチン候補の研究が進むとされる。 ただし開発に時間がかかるのも事実だ。 史上最速で承認されたといわれる「おたふくかぜ」のワクチンは、ウイルスサンプルの収集から認可まで4年を要した。 2002年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や2012年から登場した中東呼吸器症候群(MERS)もワクチンは開発されていない。 1976年に発生したエボラウイルスでさえいまだに、効果的なワクチンや治療法は確立していない。 たとえワクチンが開発されても、終息は難しいという意見がある。 昭和大学の二木芳人客員教授(感染症学)はこう話す。 「ワクチンが世界中の人にまんべんなく供給されるのは、開発されてから3年以上はかかります。 その間にも感染者は増え続けるでしょう。 さらにこの感染力の強いウイルスは感染の過程で変異する恐れがある。 ワクチンを作っているうちに効かなくなることがあり得ます」 教訓となるのは、ちょうど100年前に流行が終息したスペインかぜだ。 1918〜1920年にかけて地球を襲ったスペインかぜでは、当時の世界人口の約3分の1にあたる5億人が感染し、2000万人から4500万人が命を落とした。 内務省(当時)の報告書などによると、日本をスペインかぜの第1波が襲ったのは1918年8月で、翌年7月までに2116万人が感染して25万人が死亡した。 その3か月後に2回目の流行が発生し、241万人が感染して12万8000人が死亡。 さらに1920年の8月に第3波が到来して、22万人が感染して3600人が死亡した。 「なぜか第2波は死亡率が高かった。 最初の流行で感染せずに免疫がつかなかった人が命を落としたのか、ウイルスが強力に変異した可能性もあります。 その一方で多くの国民が感染して集団免疫が獲得されると、次第に死亡率が低下しました。 それとともに病原性も低下し、スペインかぜは季節性インフルエンザに移行したとされます。

次の

日本で新型コロナが「感染爆発」しない理由

集団 免疫 コロナ

新しい感染症が入ってきたときどうなるのか? 誰もがその感染症に対して免疫を持っていないので、かなりの勢いで感染拡大をしていく、ということになります。 今回の 新型コロナウイルスを当てはめて考えると、新型であるので、ほとんどの人が免疫を獲得していません。 なので、ほとんどの人が 新型コロナウイルスに感染すると考えられます。 日本でも徐々にではありますが、感染は広がっている状況です。 しかし、人間は感染症にかかることによって免疫を得られます。 その感染症に対して、かからなくなるか、かかっても軽く済むか、という状態になります。 3月11日、ドイツのメルケル首相は、「ドイツ国民の60%から70%が新型コロナウイルスに感染する可能性がある」と警戒を呼びかけたとの報道がありました。 これは 集団免疫を 獲得することで、感染拡大を防ぐことができるようになり、新型コロナウイルスは 収束するだろう・・・という考え方のようです。 集団免疫ってなんでしょうね?私たちはすでにたくさんの集団免疫を持っているんですよ。 新型コロナウイルスとの共生 集団免疫を獲得すると事態は収束する? 集団免疫についての説明から、関係ある難しい言葉たちをどんどん掘り下げてみると、何やら薄っすらと見えてきます。 集団免疫とは? 集団免疫とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫を持たない人を保護する手段である。 多数の人々が免疫を持っている集団では感染の連鎖が断ち切られる可能性が高く、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなる。 あるコミュニティにおいて免疫を持っている人の割合が高ければ高いほど、免疫を持たない人が感染者と接触する可能性は低くなる。 すべての引用元:Wikipedia では、3月11日のドイツのメルケル首相は、「ドイツ国民の60%から70%が新型コロナウイルスに感染する可能性がある」と警戒を呼びかけた、の60~70%の数値の根拠はどういうことをさすのでしょうか。 数理モデル 病気に対して免疫を持つ人は病気の拡大の障壁として機能し、他人への伝染を低下させたり防いだりする。 個人の免疫は自然感染や予防接種などの人為的手段によって獲得される。 免疫を持つ人の割合が集団免疫閾値(herd immunity threshold、HIT)または集団免疫レベル(herd immunity level、HIL)と呼ばれる臨界比率に達すると、病気は集団内に維持されなくなり、病気の蔓延は終息する。 集団免疫閾値は基本再生産数から計算できる 基本再生産数( R 0:アール ノート)とは、疫病の感染力、人口の増加減少などに使われる数字である。 見方としては、 R 0<1なら減少、 R 0>1なら増加する。 計算式があるようなのですが・・・専門的過ぎてミムラの頭では理解不能。 次に計算した数値を出した記事を参考にさせていただきました。 新型コロナウイルスとの共生 集団免疫を獲得すると事態は収束する?理論上、日本に住む29~60%の人が感染すれば終息する 新型コロナウイルスに当てはめてみましょう。 新型コロナウイルスは生まれたばかりのウイルスです。 すべてが初めてづくしであり、免疫を持つ人はおらず、世界中に拡散しており、もう封じ込めることは難しいでしょう。 封じ込めができなかったため、集団免疫率に到達することで終息するとの見方です。 新型コロナウイルスのR0は 1. 4〜2. 5 と試算されていますから、日本に住んでる人の 29〜60% が感染すれば終息に至ると理論上は考えられます。 ですが、今回のような新型コロナウイルスの場合、初めての感染症であり前例がない状態です。 もちろん、ワクチンも治療薬もありませんから、感染拡大が収束するためには、多くの人が新型コロナウイルスに感染して免疫を得るか、感染拡大を防ぎながら、ワクチンや治療薬開発まで持ちこたえる必要があることがわかります。 だけど、理論上は可能だとしても、感染して免疫を得るには、多くの犠牲も伴うということにもなるのです。 新型コロナウイルスの感染拡大と重症化を抑えつつ、ワクチンや治療薬開発、もしくは確実に効果のある既成薬の使用を待つ。 そのためには何度も書いてますが、 国民ひとりひとりの責任ある行動が必要であり、一致団結して感染拡大を防ぐという強い意思が求められると考えます。

次の

日本でコロナ死亡者が少ない理由「1月中旬に集団免疫獲得」説

集団 免疫 コロナ

一向に終息のめどが立たない新型コロナウイルス。 感染者増加を食い止めるために、重要だとされるのは「集団免疫」だという。 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんが解説する。 「ウイルスに感染すると、体内の免疫システムが働いて『抗体』ができます。 するとその後、再び同じウイルスには感染しにくくなる。 こうした抗体を持つ人が人口の一定程度を占めるようになると、ウイルスが人から人へ移動できなくなり、やがて流行が終息します。 これを『集団免疫』と呼びます」 米ハーバード大学公衆衛生大学院の研究チームは、外出規制などで流行と医療崩壊を防ぎながら、徐々に感染者を増やして集団免疫を獲得するまでの期間を予測した。 その結果、新型コロナの流行を抑えるために集団免疫を獲得するには、2022年まで「断続的な外出規制」を続ける必要があることがわかったという。 『断続的な外出規制』とは、2〜3か月の自粛と解除を繰り返す、といった方法だ。 1つは「結果的集団免疫」と呼ばれる方法だ。 これは多くの人が自然に感染することで、結果的に集団免疫が成立するというもの。 前述したハーバード大の試算も外出規制を強めたり解除したりしながら、自然に感染者が増えて集団免疫を獲得することを前提にしている。 新型コロナの発生源になった中国の武漢では、爆発的感染拡大によって集団免疫を得た可能性がある。 上海新型肺炎治療専門家チーム長は「武漢の多くの人が免疫を持っているということは、武漢は中国で最も安全な都市ということになる」との見方を示している。 だが、結果的集団免疫の獲得には高いハードルがある。 集団免疫を得るまでに多くの人の感染が必要不可欠で、死亡者の増加や医療崩壊が懸念されるのだ。 その困難な道に挑んだのがイギリス政府だった。 ボリス・ジョンソン首相は3月、多くの人が集まるイベントの禁止や外出規制をせず、段階的な制限によって多くの人に感染させ、集団免疫を獲得する施策を打ち出した。 しかし、国内外から「国民の命でロシアンルーレットをやるのか」との批判が強まると、一転して、ロックダウンやソーシャルディスタンスなどの活動制限に踏み切った。 日本の安倍晋三首相も4月3日に国会で、コロナ対策の方針として「集団免疫の獲得を直接の目的とはしていない」と答えている。 集団免疫を獲得する第2の方法は、「ワクチン」によるものだ。 多くの人がワクチンを接種することで免疫をつけることができれば、自ずと集団免疫が成立する。 現在、アメリカと中国を中心に60のワクチン候補の研究が進むとされる。 ただし開発に時間がかかるのも事実だ。 史上最速で承認されたといわれる「おたふくかぜ」のワクチンは、ウイルスサンプルの収集から認可まで4年を要した。 2002年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)や2012年から登場した中東呼吸器症候群(MERS)もワクチンは開発されていない。 1976年に発生したエボラウイルスでさえいまだに、効果的なワクチンや治療法は確立していない。 たとえワクチンが開発されても、終息は難しいという意見がある。 昭和大学の二木芳人客員教授(感染症学)はこう話す。 「ワクチンが世界中の人にまんべんなく供給されるのは、開発されてから3年以上はかかります。 その間にも感染者は増え続けるでしょう。 さらにこの感染力の強いウイルスは感染の過程で変異する恐れがある。 ワクチンを作っているうちに効かなくなることがあり得ます」 教訓となるのは、ちょうど100年前に流行が終息したスペインかぜだ。 1918〜1920年にかけて地球を襲ったスペインかぜでは、当時の世界人口の約3分の1にあたる5億人が感染し、2000万人から4500万人が命を落とした。 内務省(当時)の報告書などによると、日本をスペインかぜの第1波が襲ったのは1918年8月で、翌年7月までに2116万人が感染して25万人が死亡した。 その3か月後に2回目の流行が発生し、241万人が感染して12万8000人が死亡。 さらに1920年の8月に第3波が到来して、22万人が感染して3600人が死亡した。 「なぜか第2波は死亡率が高かった。 最初の流行で感染せずに免疫がつかなかった人が命を落としたのか、ウイルスが強力に変異した可能性もあります。 その一方で多くの国民が感染して集団免疫が獲得されると、次第に死亡率が低下しました。 それとともに病原性も低下し、スペインかぜは季節性インフルエンザに移行したとされます。

次の