ブロンコ ビリー 八千代。 ブロンコビリー(3091)の株主優待紹介

ブロンコ・ビリー

ブロンコ ビリー 八千代

この項目では、アメリカのテレビドラマについて説明しています。 楽器については「」をご覧ください。 自動車については「」をご覧ください。 オートバイについては「」をご覧ください。 飛行機については「」をご覧ください。 ブロンコ 原案 ウィリアム・T・オア アーサー・W・シルバー 出演者 タイ・ハーディン 国・地域 言語 シーズン数 4 話数 68 各話の長さ 60分 放送 放送チャンネル 1958-1962 放送期間 1958年9月23日 1958-09-23 - 1962年4月30日 1962-4-30 『 ブロンコ』(原題: Bronco)は、 のテレビ西部劇。 タイ・ハーディン主演。 アメリカでは「シャイアン・ショー」の1シリーズとして、1958年秋からで放送され、日本では1961年春から系列で放送された。。 製作は。 概要 [ ] 南北戦争で父を失い、無法者に母を殺されて天涯孤独になった元南軍大尉の若者ブロンコ・レーン タイ・ハーディン が、不屈の勇気で放浪の旅を続けて、牧場の縄張り争い、牛飼いと羊飼いとの対立、先住民との死闘などに遭遇しながら逞しく成長していく物語。 クリント・ウオーカー主演の「シャイアン」とウイル・ハッチンス主演の「シュガーフット」との三部作として、製作されたテレビ西部劇である。 共に主人公は早撃ちのガンマンであるが、大人びたシャイアンとは違って、ブロンコは平凡な悩みや生きる苦しみを持った青年として描かれており、そこが視聴者の共感を得て、特に日本では「シャイアン」よりも人気が高かった。 主演タイ・ハーディンは、このテレビシリーズ後に映画「魚雷艇109」「陽動作戦」「チャップマン報告」「バルジ大作戦」などに出演している。 放送 [ ] アメリカ [ ] もともとは1958年に、前年までで放映されていた「シャイアン」の主演クリント・ウオーカーがワーナーとの契約問題でこじれ、同年秋の新シーズンに製作できなかったので、急遽その代役としてスタートしたのが、この「ブロンコ」であった。 翌1959年秋に「シャイアン」の製作再開で、「シュガーフット」とを合わせて『 The Cheyenne Show シャイアン・ショー 』という1番組の中の1シリーズとなり、翌1961年秋のシーズンでは「シュガーフット」が製作終了となって、「シャイアン」「ブロンコ」の2シリーズで番組が構成され、1962年春に終了した。 9月23日から4月30日までの放送で、第1シーズン20話、第2シーズン20話、第3シーズン10話、第4シーズン18話の通算4シーズン・全68話で終了した。 放送時間帯は月曜日19:30 - 20:30であった。 この同じ番組で違うシリーズを交互に放映する形式は、その翌年春に日本でも同じように行われた。 日本 [ ] 日本では5月8日から1962年2月26日まで、TBS系列で43話が放映された。 放送時間帯は月曜日19:00 - 20:00で先に放映された「シャイアン」の後番組として単独での放送であった。 そして1962年3月5日から装いを新しくして、アメリカと同じように「シャイアン」シリーズと交互に放映する方式で番組名を『 ブロンコ・シャイアン』 に変えて放送され、翌1963年4月8日に全68話の放映を持って、番組は終了した。 番組名を新しく「ブロンコ・シャイアン」にしたその第1回は、「シャイアン」シリーズの1エピソードだが、「ブロンコ」のタイ・ハーディンも「シュガーフット」のウイル・ハッチンスも同じ役で出演して、3人が力を合わせて先住民に武器を密売する悪漢と戦う内容であった。 キャスト [ ]• ブロンコ・レーン:タイ・ハーディン エピソード [ ]• この作品の題名となったブロンコとは主人公の名前であるが、もとの意味は野生の馬のことで、このシリーズの中で、美しい女性からその名前の由来を聞かれて、「父が私が生まれたと聞いて、我が家に戻る時に途中で野生の馬に出っくわしたので、それで生まれた私の名前にした」と語る場面があった。 「ブロンコ」には西部開拓史上に残る実在の人物を多く登場させている。 ビリー・ザ・キッド、ジェシー・ジェームズ、サンダンス・キッド、ワイルド・ビル・ヒコックなどだが、後に大統領となったセオドア・ルーズベルトも登場している。 彼が青年時代に西部を旅してブロンコとも知り合い、そしてブロンコに「シュガーフット」のトム・ブルースター ウイル・ハッチンス も友達だとして、ブロンコともども共通の友人を呼び寄せるエピソードがあった。 放送当時にブロンコ役のタイ・ハーディンの早撃ちが話題となり、一体0. 何秒で撃っているかということがクイズとして出されたことがあった。 フィルム24コマを順送りにゆっくり回しながら、拳銃ホルダーから抜いて発射までのコンマ何秒かが問題であった。 後に「バージニアン」でジェームス・ドルーリーも早撃ちを見せてあれは何秒だったか、が話題になったが、そのジェームス・ドルーリーはこの「ブロンコ」でも客演している。 「シャイアン」もそうだが、悪役や端役で出演している俳優で後にスターになった者が多い。 、、、、、、などで、特に凶悪なジェシー・ジェームズ役を演じたジェームズ・コバーンは、この「ブロンコ」出演後に映画「荒野の七人」「大脱走」で人気を得て大スターの道を歩む。 当時デビューして全く無名俳優だったジャック・ニコルソンがこの「ブロンコ」に端役で出演している。 製作がワーナーブラザーズだったので、当時のワーナー製作のテレビシリーズの主演俳優も出演し、「サーフサイド6」のトロイ・ドナヒュー、「サンセット77」のエフレム・ジンバリストJRなどがこの「ブロンコ」に出ている。 日本では全く同じ時間帯の放送になった「ボナンザ」からローン・グリーンやパーネル・ロバーツがゲスト出演している。 そしてこの「ボナンザ」は視聴率で及ばなかったのか、1962年10月から土曜日20:00~20:56の時間帯に移行している。 その他 [ ]• タイ・ハーディンは、「ブロンコ」の製作終了後、を離れて、1966年公開の映画「バルジ大作戦」でドイツ軍側のスパイ役を演じ、その後イタリアに行ってイタリア製西部劇に主演している。 その前には後にクリント・イーストウッドの出世作となった「荒野の用心棒」の主役の話もあったらしい 真偽不明 が、次は西ドイツに行って戦争アクション映画の主演もしている。 しかし余り注目されることもなく1970年代以後はTVムービーに出演している。 「ブロンコ」で悪役を演じたリー・ヴァン・クリーフが同じイタリア製西部劇で大ブレークし、ジャック・イーラムも注目されるようになり、「ブロンコ」で同じく悪役だったジェームス・コバーンのその後の活躍を見るにつけ、この1960年代は美男子の二枚目タイプではなく、男臭くクセのある個性の強い男優が映画の世界を生き抜いていることがよく分かる。 「シュガーフット」はアメリカでは「シャイアン・ショー」の1シリーズとして「シャイアン」「ブロンコ」と同じ時間帯で放送されたが、日本では最初にNHKが購入して、「シャイアン」より早く1960年4月から「アリゾナ・トム」の題名で放映された。 そしてわずか3ヵ月で放送中止となり、その後フジテレビ系で1962年4月から放映されて、日本では「シャイアン」「ブロンコ」とは全く別々になった。 ただし「シャイアン」「ブロンコ」のエピソードで同じトム・ブルースター役で出演しているし、日本で「ブロンコ・シャイアン」で放送された時に最初のメインタイトルには「シャイアン」「ブロンコ」のテーマ音楽に「シュガーフット」のテーマ音楽も流れていた。 参考文献 [ ]• 「キネマ旬報」臨時増刊「テレビの黄金伝説~外国テレビドラマの50年~」1997年7月2日発行 キネマ旬報社• 「スクリーン」特別編集版「なつかしの外国TVシリーズ」2006年5月10日発行 近代映画社• 「アメリカ懐かしのテレビ映画史」瀬戸川宗太著 2005年1月発行 集英社新書 脚注 [ ]• 当時アメリカでは「シャイアン」の方が人気が高く、格も上と見られており、「ブロンコ」は添え物のように見られていた。 番組名が「シャイアン・ショー」であることにそれが現れている。 しかし日本では逆に「ブロンコ」の方が人気があり、番組名はその人気順になったと当時見られていた。 「ユダ盆地の決闘~巡り合った3人~」1962年3月5日放送。 原題名「Duel at Judas Basin」• このエピソードでは、スパイの役割でブロンコが密売仲間に潜り込み、皆の見ている前で、シャイアンを挑発して殴られたり、拳銃を交換したいと申し出てシャイアンから奪い取った銃で空に空き缶を投げて弾を撃つシーンがあり、この放り投げた空き缶を撃つ場面はそのまま「ブロンコ・シャイアン」のメインタイトルに使われて毎週放映されている。 「ヤンキーの嵐」 原題名「Yankee Tornado」 外部リンク [ ]• - (英語) 系 月曜19時枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ブロンコ・ビリー

ブロンコ ビリー 八千代

あらすじ [ ] ブロンコ・ビリーは西部男たちの荒くれさを活劇ショーに見立て披露する旅回りの一座「ワイルド・ウェスト・ショー」のリーダーだ。 彼らはアメリカ中南部を巡業し、時には慈善興業も買ってでるが経済的には困窮していた。 裕福な家に生まれた勝気な女性アントワネット・リリーは30歳までに結婚しなければ父の遺産を継げないため、愛してもいない男アーリントンと名目上の結婚をしようとしていた。 しかし、アントワネットの高慢な言動にウンザリしたアーリントンは宿泊したホテルから逃げ出してしまう。 アーリントンに財布を盗まれて一文無しになったアントワネットは、ニューヨークの自宅に電話をかけるため、居合わせたビリーに小銭を借りる。 しかし、その代償として「ワイルド・ウエスト・ショー」のアシスタントとして旅に同行することになる。 一方、アントワネットの母アイリーンは弁護士エドガーの入れ知恵で、行方不明になった彼女をアーリントンに殺害されたことにして夫の遺産を相続しようと考える。 エドガーは逮捕されたアーリントンに取引を持ちかけ、減刑と50万ドルの報酬と引き換えに彼に殺害を認めさせる。 アントワネットを引き入れた「ワイルド・ウエスト・ショー」だったが、彼女が手順を無視して勝手なことばかりすることにビリーは不満を募らせ、彼女を解雇しようとする。 アントワネットもビリーの指示に従うことを嫌ったため一座を抜けようとするが、新聞に自分の死亡記事が載っているのを見かけ、渋々一座に戻ることになる。 次の興行を控えた中、一座のメンバーであるビッグ・イーグルの妻ランニング・ウォーターが妊娠したことを知った一座は近くのバーで祝杯を挙げるが、アントワネットに乱暴を働いた酔客にビリーが殴りかかったことで乱闘騒ぎが起きる。 アントワネットはバーの外に逃げ出すが、そこで二人組の男に乱暴されそうになるが、駆け付けたビリーに助け出される。 アントワネットの身を気遣うビリーに、彼女は次第に心惹かれていく。 翌日、昨夜の乱闘騒ぎでメンバーのレオナードが逮捕されたことを知ったビリーは釈放を求めるが、保安官から彼がの兵役を拒否した脱走兵だったことを知らされる。 ビリーは保安官と取引してレオナードを釈放させるが、その引き換えに全財産を保安官に引き渡してしまう。 さらに、その日の興行で観客が持ち込んだ爆竹で火事が起きてテントが燃えてしまう。 一座のメンバーはアントワネットを疫病神扱いして一座から追い出すように求めるが、ビリーはそれを拒否して、新しいテントを手に入れるため警察が管理する精神病院を訪れる。 アントワネットはランニング・ウォーターから助言をもらい自分の気持ちと向き合い、ビリーに気持ちを打ち明け一夜を共にする。 アントワネットは距離を置いていた一座のメンバーと和解して興行に取り組むが、そこで減刑処分を受けて入院していたアーリントンと再会する。 死んだはずのアントワネットが生きていたことを知ったマスコミは大騒ぎし、彼女は遺産相続人としてニューヨークに連れ戻される。 ビリーはアントワネットを失ったことに意気消沈し、同じように彼を失った彼女は睡眠薬を大量摂取して自殺を図る、その直前にランニング・ウォーターから電話がかかってくる。 ビリーはアントワネットがいない状態で興行を始めるが、そこにアントワネットが現れる。 再会を喜んだ二人は興行を無事に終え、観客から喝采を浴びる。 ブロンコ・ビリー - ()• アントワネット・リリー - ()• ドク・リンチ - ()• レフティ - ()()• レオナード - ()• ビッグ・イーグル - ()()• ランニング・ウォーター - ()• ジョン・アーリントン - ()• アイリーン - ()()• エドガー弁護士 - ()• 撮影は1979年に南西部ので6週間程行われた。 ボイシでの撮影が終了した後、さらにとで追加の撮影が行われた。 低予算で撮影された本作は、予定より2週間から4週間程早く撮影が終了した。 評価 [ ] イーストウッドは本作を「自分のキャリアの中で最も魅力的な作品の一つ」として挙げており、伝記作者のリチャード・シーケルは「ビリーのキャラクターはイーストウッド自身の性格を反映している」と指摘している。 本作は商業的に失敗した が、批評家からは高い評価を受けている。 の ()はと現代劇を融合させた演出を称賛し、「イーストウッド映画の中で最高に面白い作品」と述べている。 興行収入は制作費の4倍近い2,400万ドルを記録したが、イーストウッドはこの結果に不満を感じており 、インタビューに「この映画は古いテーマを扱っている。 何故古いかと言えば、それは映画が取り扱われることを望んでいなかったからだ。 しかし、映画監督として私が何を言おうとしていたかを知りたいと感じたならば、それは『ブロンコ・ビリー』の中で見付けることでしょう」と答えている。 ノミネート [ ]• :最低女優賞 出典 [ ]• Gentry, p. [ ]• 122• Spokane Daily Chronicle. Associated Press Washington : p. 1979年10月3日. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 361. McGilligan, Patrick 1999. Clint: The Life and Legend. London:. 318. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 362. Schickel, Richard 1996. Clint Eastwood: A Biography. New York: Knopf. 365. Maslin, Janet December 17, 1980. "Any Which Way You Can 1980 : Screen: Clint and Clyde". The New York Times. Maslin, Janet 1980年6月11日. 124 参考文献 [ ]• Hughes, Howard 2009. Aim for the Heart. London:. Gentry, Ric 1999. In Robert E. , Kapsis; Coblentz, Kathie. Clint Eastwood: Interviews. University Press of Mississippi. 62—75. 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の

ブロンコビリー

ブロンコ ビリー 八千代

周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の