ガンダム バルバトス ルプス レクス。 ガンダム・バルバトスルプスレクス

ガンダム・バルバトスルプスレクス|Mobile Suit

ガンダム バルバトス ルプス レクス

価格は1,512円です。 付属品は超大型メイス、メイス取り付け用ジョイント、股関節に取り付けるスタンドジョイント、持ち手 それにテイルブレードのワイヤーが付属。 付属のホイルシール。 爪やテイル部分などもあるので量は多め。 ガンダムフレーム4が使われているので一部余剰があります。 まずはフレーム状態。 ガンダムフレーム4が使われているのですが手がかなり長くなったため四肢のバランスは大きく変化しています。 装甲を取り付けた状態。 バルバトスルプスが改修された姿で腕が脚部並に巨大化、テイルブレードも装着されるなどより獣じみた姿に生まれ変わっています。 腕の巨大化と尻尾の追加が目立ちますが、装甲もそれなりに細かく変更が加えられていました。 脚部はルプスとあまり大きな違いは無いですが足首はより爪を強調したような形になってカカトにも装甲?が取り付けられています。 腕部のフレームは当然新規ですが、胴体部分のフレームも新しくなっている部分があり、保持力が強化されていました。 バストアップ。 胸の鉄華団マークはパーツ分割で色分けを再現。 頭部アップ。 アンテナの形状が変わり、4本角のようなデザインになりました。 マスク部分や黄色いダクトなどは相変わらず別パーツで細かく再現されています。 胸部は首元や胸下のグレーがシール。 肩はポリキャップではなく、プラ同士のかみ合わせになりボールジョイントも大径になっていました。 バックパックも形が一新されています。 横には3mmジョイント穴があります。 こちらは大部分が白色なので配色を再現する場合結構な部分を白く塗る必要があります。 背面に取り付けられたテイルブレードは上下にスイング。 作りは左右分割なので一部に合わせ目が出ます。 また黄色部分は省かれていますがシールがあります。 リアアーマーにはジョイントを取り付ける事でメイスを取付可能。 肩アーマーはルプスと比べるとシンプルな作りに。 白いパーツは一体成型で合わせ目が出ません。 また青い装甲も可動します。 青い部分はルプス同様黄色いスリットがありますがこの部分はシールで補えます。 バックパックと肩アーマーはこれまで通り互換性あり。 巨大化した腕部。 手首もそれに合わせてかなり大きくなっています。 レクスネイルは黄色なのですが手首が1パーツでシールもないので塗装が必要です。 劇中では前腕の外側に銃口がありましたがキットではモールドがありません。 段差はあるので開口してパイプを埋め込んだりしても良さそうです。 それと腕部のパイプモールドがちょっとだるめだったので置き換えたりすると引き締まりそうです。 前腕は挟み込みなので合わせ目が出ます。 サブアームは差し替えなしで展開。 根本と中央の関節が可動。 根本でロールも出来ます。 フロントアーマーもデザインが変わっていました。 サイドアーマーはかなり小型化されています。 細かいグレーが足りませんがシールあり。 太腿や脛はルプルと大差なしでした。 膝のマークや脹脛のグレーなどはシールがあります。 ただし膝下のグレーはないので塗装が必要です。 足首は爪が大型化。 爪の黄色やカカトの赤が省かれていますがシールがあります。 肉抜きは爪部分だけなので埋めやすそうです。 可動範囲は基本的にルプスと大差なし。 首や腰は今まで通りで新造された腕部も十分動きます。 肩のBJも良く動きます。 下半身もルプスとほとんど変わりないのですが、サイドアーマーのブースターがかなり小型化され動かしやすくなっていました。 メイスはかなり大型なので大きく腰を捻ったりすると腕などに干渉しやすいですがそこまで気になりません。 レクスネイルはかなり迫力がありますがHGなので先端は丸いです。 少し尖らせてやるとより格好良くなりそう。 テイルブレードは差し替えで伸ばした状態を再現。 リード線が太くどんな角度でも保持可能でした。 超大型メイス。 柄は差し替え無しで伸縮可能。 左右分割で合わせ目が出るので消したい場合ちょっと面倒そう。 ノーマルのメイスと比べるとその巨大さがわかります。 先端の他、柄の底部にもパイルバンカーがありますがキットでは伸縮がオミットされていました。 今回肩や手首、肘の保持力がとにかく高く、画像のように水平に持たせてもしっかり保持できます。 経年でどうなるかはまだわかりませんが、片手で持たせても肩が垂れ下がったり手首がクルンと回る事はなかったです。 グリップに保持ピンなどはありませんが滑り落ちるような事もなくかなり扱いやすいです。 柄が伸縮可能で余裕がありますし肩も動かしやすいので両手持ちも問題なしでした。 サブアーム展開。 サブアームをロールさせる場合90度ずつ回さないとカバーが閉まらなくなりますが こちらの保持力も強くメイスも持たせられます。 グリップがカチっとはまるようになっているので他の大型武器でも余裕で保持可能でした。 見た目に反して遊びやすいです。 ルプスと並べて。 ルプスも前腕が延長されていましたが今回は比較にならないぐらい巨大になっていて今までのバルバトスの中では一番個性的な姿だと思います。 アンテナ中央のリング状の部分が割れたような形になりこちらも今までとはだいぶ違う印象になっていました。 以上HG バルバトスルプスレクス レビューでした。 ガンダムフレームはルプスと同じガンダムフレーム4が流用されていますが腕部は大きく変更され 今までにない巨大な腕が特徴になっています。 配色はそれなりに再現されているものの、爪先やバックパックは濃いグレーの上から白と黄色を塗らなければいけないので 部分塗装する方はちょっと手間がかかると思います。 超大型メイスもありますし手に取る前は武器の保持はスタンドが必要かなと思っていたのですが 肩にも変更が加えられ保持力が高められていてサブアーム共々非常に扱いやすくなっていたのは驚きました。 武装自体もテイルブレードや巨大な腕部&メイスと迫力のある武装ばかりでとても面白いキットだと思います。 amazon.

次の

SDガンダムクロスシルエット ガンダムバルバトスルプスレクス|バンダイ ホビーサイト

ガンダム バルバトス ルプス レクス

HGIBO 「ガンダムバルバトスルプスレクス」 レビュー HGIBOから「ガンダムバルバトスルプスレクス」のレビューです。 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ。 三日月・オーガスの搭乗機。 火星のクリュセ近郊におけるハシュマルとの戦闘でダメージを負ったバルバトスルプスを、歳星のMS工房で改修した姿。 MSとの一体化の一途を辿る三日月の戦闘データに合わせ、機体の反応速度を理論値の限界まで高めることに成功。 フレームの各部関節の挙動は、パイロットの肌感覚に一致させる繊細な調整が取られている。 三日月の戦闘スタイルをより直感的に実現させるため、両腕部は獣のように伸長。 背部にはハシュマルの装備を流用したテイルブレードを装備し、以前にも増して獰猛なシルエットに進化を遂げた。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 ・超大型メイス ・メイス用ジョイントパーツ ・テイルブレード用リード線 ・平手(左右各1) ・スタンド接続パーツ プロポーションをグルリと。 兎にも角にも腕の存在感ですね。 あとテイルブレードが物凄く後ろに飛び出しています。 各所アップ。 フレームはルプスと同じタイプ。 腕部の巨大化に伴う肩周りの関節強化の関係で、胸部や上腕フレームは新規パーツを使用。 外装はルプスと共通する部分がわずかしかないので、全て新規ランナーになっています。 シール使用箇所は目、肩、膝、ふくらはぎ側面、つま先、踵、テイルブレード。 つま先の爪の存在感が大きいためか、HGでもようやくシール対応されました。 ルプスで売りにしていた肩の鉄華団マークのパーツ割りは、こちらでは襟元で使用。 ルプスと。 ヒロイックだったルプスから一転、ゲテモノ感の漂う最終形態に。 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 2重ボールジョイント接続。 襟元に装甲があるので顎が少し引きにくいですが、不満を感じるレベルではないですね。 胴の可動。 胸部が前後スイング、腰部がボールジョイント接続。 肩・腕の可動。 肩は根元が上方スイング+ボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。 肩アーマーが上下スイング、赤い部分が引き出し+上方スイング。 腕が大きいですが、肩のボールジョイントも大きな物に変わったので保持力は問題なし。 可動域も高可動を保っています。 肘がスイング。 手首がボールジョイント接続。 腰部アーマーの可動。 フロントが中央連結の切り離すことでボールジョイント接続。 サイドが軸接続+上下スイング。 サイドが普通のデザインに戻り、ルプス唯一の欠陥のイライラが解消されました。 下半身の可動。 股関節は軸が前後スイング、腿が軸接続+上下スイング+軸回転。 開脚も腿上げも問題なし。 膝が2重スイング。 足首が左右スイング+ボールジョイント接続+左右スイング、つま先がスイング。 肩周りの関節強度もちゃんと考えられていますし、全体的に問題なく良く動くますね。 ルプスのサイドアーマー問題も解消されましたし。 以下、ギミックや付属品の紹介。 ルプスと同じタイプのスタンド用延長パーツが付属。 やはり軸が長めの物でないと使いにくいです。 テイルブレード。 基部がスイング。 リード線は太い物になっており、ブレードをスタンド補助せずとも好きな角度で飛ばせます。 あえて小言を言わせてもらうと、ブレードへの接続部分が1つしかなく、いちいちリード線を抜き差しするのが煩わしい。 こんな小さなパーツ1つぐらい余分に付けてくれても。 サブアーム。 腕裏のカバーを開いて展開。 基部が2軸、中間で1軸可動。 手も武器の1つということで、今回は平手がデフォルトで付属。 さすがに爪までグレーですが。 超大型メイス。 グリップが伸縮。 パイルバンカーのギミックはなし。 前述の通り肩周りの関節がしっかりしているので、片手でも余裕で持てます。 リアアーマーにジョイントパーツを取り付けてマウント可能。 以下、適当にポージング。 この平手の存在と、スタンド補助の要らないテイルブレードが最高ですね。 鉄華団の悪魔。 1期ではあれだけ目の敵にしてたのに、2期で戦ったのは結局あの一戦だけだった。 バルバトスの歴史。 4クール通してこれだけデザインが変化した主人公機は初めてですね。 以上、HGIBOのルプスレクスのレビューでした。 バルバトスの最終形態となったルプスレクス。 なんといっても目を引く異質なプロポーションが最大の特徴。 可動面はルプスの不満点も解消され、最後まで高可動。 武装は超大型メイス1つながら、本体に武装が色々とありプレイバリューも申し分なし。 最終形態に相応しい満足度でした。

次の

【ガンダムベース限定】ガンダムバルバトスルプスレクス[アイアンブラッドコーティング] レビュー

ガンダム バルバトス ルプス レクス

初回限定でSP台座&マーキングシールも付属しています。 価格は3,456円です。 付属品は超大型メイス、テイルブレード用ワイヤー、メイス用ジョイント、メイス用スタンド、持ち手。 頭部装甲を付ける場合右下にあるアンテナパーツは余剰となります。 初回限定のSP台座。 MGリナーシタなどに付属する台座と同じタイプでロックがあり安定する台座です。 ホイルシールは各所の細かいグレーやフレームなどを補うホイルシールの他、初回限定で右にあるマーキングシールも付属しています。 ガンダムフレーム1が使われているので腕などのフレームパーツが一部余剰になります。 まずはガンダムフレーム。 今回もガンダムフレーム1が流用され腕などが新規になっています。 基本的な作りは変わりませんが当然腕のフレームは巨大化。 サブフレームも取り付けられています。 装甲を取り付けた姿。 HGからほとんど間をおかず発売されたフルメカニクス版のバルバトスルプスレクス。 HGと比べると細かいディテールが追加されより精密感が高められたキットになっています。 特徴的な腕のフレームもしっかり再現され大型の手首も迫力十分。 関節構造は基本的に今までのバルバトスと変わりませんが肩など一部変更が加えられている所があります。 一部足りない所はあるものの、 足首の爪の黄色などHGでは再現されていなかった所まで再現されていました。 頭部アップ。 頭部は細かい分割でツインアイも別パーツで配色を再現。 合わせ目は後頭部に出ますが正面からなら気になりません。 胸部の鉄華団マークは別パーツ化されています。 胸部中央下部のグレーは再現されていませんがシールがあります。 また肩の接続方法が変更されていて大径のBJ接続になっていました。 肩アーマーは青い装甲が可動。 また黄色いスリットも別パーツ化されていて内部にはダクトのようなパーツがあります。 バックパックは白い成形色が使われていました。 ダクトやノズル部分にはシールがありますが、横のジョイント部分のグレーは塗装する必要があります。 テイルブレードは黄色い成形色も使われていて配色が再現されています。 合わせ目は出ますがHGより見栄えが良くなりました。 またもちろん上下にスイングが可能です。 三角のモールドはシールがあります。 大型化された腕部 今回も爪の黄色は再現されていないので塗装が必要です。 また手のひらの一部に肉抜きがあります。 もちろんサブアームも展開します。 また根本でロールもできますが爪は固定です。 前腕は一部合わせ目が出る構造でした。 腰アーマーも細かく色分けが再現されサイドアーマーは回転も可能。 脚部はテイルブレードと同様に膝のマークがシール。 脹脛などの配色も再現されています。 足首はカカトの赤が足りませんが爪の黄色が再現されていました。 足裏の肉抜きも爪の下のみです。 カカトにはヒールバンカーのディテールがありますがモールドのみで伸縮はなし。 可動範囲など。 これまでのガンダムフレーム1が使われているので基本的に他のバルバトスと大差なしです。 肩アーマーは大きく跳ね上げられるので邪魔になりません。 また肩がBJになっているので若干動かしやすくなっています。 下半身もルプスなどと同等の可動範囲。 サイドアーマーも小さいので邪魔になりません。 ただHG同様先端はあまり尖っていないです。 今回初回限定ではありますが、スタンドも付属するので飾りやすくなっています。 カカトのヒールバンカーは抜きの関係でカマボコ状なのでプラ棒などに置き換えると良さそうです。 テイルブレードはHGと同じでワイヤーを取り付ける事で射出状態を再現。 サイズが大きくなりましたがワイヤーが太いので保持は問題無かったです。 超大型メイスはグリップの伸縮の他、先端のパイルの伸縮も再現されています。 また分割もディテールに沿った分割で根本以外合わせ目が極力目立たない作りになっていました。 ただグリップエンドの肉抜きは結構目立ちます。 ジョイントパーツを取り付ける事で腰に装着可能です。 メイスが巨大でグリップを持つとしなるほどなので画像のような保持用スタンドが付属。 支柱は伸縮可能で画像のようにメイスを乗せる事で保持の助けになります。 HGでは画像のようなポーズでも保持可能でしたがこちらはさすがに無理でした。 肩や手首が負けるのでスタンドなしでは片手保持は厳しいです。 ただ手首に接続するピンはあるので手首との接続はしっかりしています。 両手持ちも出来ますが自分の物はスタンドなしだと肩が下がってきます。 少しボールを太らせたりすれば保持できそうですがHGのように振り回すのはやはり難しいです。 とは言え先端のパイルが伸縮するのはやはり良いですね。 サブアームは差し替えなしで展開し、各種武装を持たせる事ができますが こちらもやはり重量に負けるのでスタンドが必要です。 腕の機関砲も再現されていますが開口はされていないのでドリルで軽く穴をあけると良さそう。 ディテールの密度も同程度で身長なども大きく変わらず。 左がフルメカニクス、右がHGです。 ディテールの密度もですが色分けもだいぶ再現されています。 腕のバランスはHGの方が大きいですね。 これまでのフルメカニクス同様モールドがHGと比べると多めで大きさもありますが精密感も高められたキットです。 また色分けの再現度も上がっていて肩の黄色いスリットまで細かく別パーツ化されていました。 反面可動というか保持力が厳しく、組んだままの状態だとメイスが重いため付属のスタンドがないとポーズを付けるのも難しい部分があります。 なのでアクションフィギュアのように楽しむというよりは、大きさもありますし軽くポーズを付けて飾るのに向いているキットでした。 HGとどちらを作るか迷いましたが今回はこちらを塗装したりして仕上げてみようと思います。 amazon.

次の