神戸 いじめ。 神戸市の教師間いじめ事件、男性教師2名を懲戒免職。首謀者は停職

大人になってもいじめはなくならない。神戸小学校 これはれっきとした犯罪です。

神戸 いじめ

神戸市立東須磨小学校のいじめ事件。 教師の実名がネットで拡散されています。 主犯格の長谷川雅代をはじめ、蔀俊、佐志田英和、そして柴田祐介(しばたゆうすけ)先生。 ネットでは柴田祐介先生の顔画像がアップされ家族や自宅なども特定班によって調べられています。 今現在は自宅や家族についてはアップされていません。 柴田先生と長谷川先生は愛人関係にあると言われています。 校長が謝罪し、他にも3人のいじめ被害者がいることが発覚! 更にカレー動画には別の人物がいることも! 生徒を骨折させたりとめちゃくちゃな学校。 被害を受けた教師は兵庫県警に暴行罪として被害届を提出、見回り先生の水谷修氏は、犯罪や人権侵犯事件として立件すべきとコメント、逮捕の可能性も出てきました。 ますます事は大きくなりそうです! ネットの反応を見てみましょう! いじめ教師?柴田祐介先生の顔画像は? 神戸市立東須磨小学校のいじめ事件の犯人の1人と言われている柴田祐介先生。 顔画像を見ても悪い人には見えないですが、本当にいじめをしていたのでしょうか! 柴田祐介先生の顔・画像 東須磨小学校の人気教師 — のり U18xBv3OeOaOCYi 神戸市立東須磨小学校で起きた陰湿な虐めをした無能な教師です!! 柴田祐介・女帝の長谷川雅代の画像です。 その他に関わった無能な教師は、佐志田英和、蔀 俊 しとみ たかし。 隠蔽したクソ校長は、仁王 美貴。 — じゅん Japanjajaja 柴田祐介 蔀俊 佐志田英和 長谷川雅代 — 佐藤二郎 anorudosvuwacha.

次の

【教員いじめ】加害教諭が謝罪文 40代女性教諭の文章に恐怖を感じる人続出「異常」「ズレてる」

神戸 いじめ

小学校の先生にとっての夢、それは教壇に立つことだ。 その機会を閉ざされること、これは、私たちには窺い知れない大きな罰なのかもしれない。 先月2月28日、昨秋、発覚した神戸市教員間いじめ・暴行事件の加害4教諭への処分が下された。 加害4教諭のうち、蔀俊教諭(34)、柴田祐介教諭(34)が懲戒免職。 残る女性教諭(45)が停職3ヵ月、男性教諭(37)を減給3ヵ月(10分の1)の処分が下された。 同時に、管理責任を問われた現校長の仁王美貴神戸市立東須磨小学校校長(55)は減給3ヵ月(10分の1)、前校長の芝本力校長(55)は停職3ヵ月の処分が決まっている。 神戸市立東須磨小学校 この処分内容に不満の声を上げる市民は少なくない。 懲戒免職となった加害2教諭はさておき、残る女性教諭と男性教諭の2教諭の処分が、それぞれ停職、減給と、ごく一般の市民感覚からみれば、あまりにも軽すぎるということ、そして、彼、彼女らが晴れて処分明けとなり、ほとぼりが冷めた頃、学校教育現場に戻って来て、もしかすると自分の子どもを担任するのではないかとの不安がそこにある。 もっとも、公務員の世界では停職3ヵ月、減給3ヵ月というのは、とても厳しい処分だという。 元、現を問わず、公務員ら何人かに話を聞くと、停職3ヵ月というのは、組織から「もうあなたの居場所はありません」「自発的に依願退職して下さい」、減給3ヵ月とは「今後、公務員として厳しい生き方を強いられます」というメッセージなのだそうだ。 単に職場に出なくてもいい、給与を減額されるという軽いものではないようだ。

次の

神戸教員間いじめ、性行為強要疑惑…加害者の教員ら、「ゲミュートローゼ」の可能性

神戸 いじめ

神戸市いじめ防止等のための基本的な方針 平成26年3月27日に策定した神戸市いじめ防止等のための基本的な方針を、平成31年4月1日に改定しました。 神戸市いじめ問題審議委員会 いじめ防止対策推進法第14条第3項の趣旨に基づき、いじめ防止対策等を実効的に行うため、教育委員会の附属機関として条例により設置しました。 令和元年度• 神戸市いじめ問題対策連絡協議会 いじめ防止対策推進法第14条第1項の趣旨に基づき、いじめ防止等に関係する機関及び団体の連携を図り、いじめ対策についての専門的な見地及び市民の立場から幅広く意見を求めることを目的として、平成26年度に新たに設置しました。 令和元年度• 第1回協議会 令和2年2月12日開催 いじめ防止対策関連の取組 1. 学級経営の充実• 「いじめを許さない学級・学校づくり」「思いやり、勇気あふれる学級・学校づくり」に組織的に取り組む。 児童生徒に思いやりの心を育て、いじめが起こった時に止める勇気や正義感を育む• 信頼関係の上に立った個人指導の確立• 相談機能の充実• 道徳教育の充実と魅力ある特別活動の展開• 一人一人が存在感、充実感をもてる学校行事、学年行事の工夫• 自浄力を高めるための児童生徒会活動の充実• リーダー養成• 校内外におけるいじめ防止の研修・啓発活動の充実• 啓発ポスター・標語の作成• 「するを許さず、されるを責めず、第三者なし」の神戸市いじめ指導三原則に基づき、各校が校内にいじめ防止対策委員会を設ける。 児童生徒の正義感、倫理観の成長を図る指導計画を立案する• 児童生徒会活動を活性化、問題解決能力、自浄力を高める 2. 生徒指導資料の作成• 問題行動に対し対処療法的な指導に止めず、問題解決能力や正義感倫理観を伸長しながら、豊かな人間性を育むため生徒指導上の今日的な課題への対応や顕著な問題行動の未然防止に役立つ読み物資料を作成する• 全職員に配布。 活用状況調査の実施。 <いじめに関するもの>• 小学校版 第3集、第4集、第5集、第6集、第13集、第15集、第16集、第19集、第24集• 中学校版 第3集、第4集、第5集、第12集、第13集、第15集、第16集、第19集、第23集、第26集 3. 教育相談の充実 1 スクールカウンセラーの配置 公立中学校区に原則2名を配置し、すべての小中学校で定期的な相談活動を実施する。 また、高等学校や特別支援学校等においても、相談活動を実施する。 児童生徒へのカウンセリング• カウンセリング等に関する教職員及び保護者に対する助言・援助• 児童生徒のカウンセリング等に関する情報収集・提供• その他児童生徒のカウンセリング等に関し各学校が適当と認めるもの 2 学校相談員・生徒指導推進協力員を小学校に配置 地域の人材を小学校に配置。 学校相談員 日常の学校生活等における問題やいじめ等に悩んでいる児童生徒や保護者が相談しやすい体制を整備する。 生徒指導推進協力員 教職員と連携し、問題行動の未然防止・早期発見・早期対応に取り組み、学校の生徒指導推進活動の支援を行う。 3 こうべっ子悩み相談・・・毎学期リーフレットを全児童生徒に配布 <電話相談>毎日24時間 「いじめ・体罰・こども安全ホットライン」 いじめ(ネットいじめ)・体罰・被害のおそれを有する児童生徒に関する相談窓口 0120-155-783(フリーダイヤル) 078-361-7710(有料) 0120-0-78310(全国統一教育相談ダイヤル) <電話相談・面接相談(予約制)>相談日時:月曜~金曜 9時~17時 総合教育センター教育相談指導室 青少年育成センター及び各教育相談所(市内7カ所)、特別支援教育課教育相談室、人権教育課相談室 こうべ学びの支援センター、こども家庭センター、各区こども家庭支援室 4. 研修を通しての教師の資質向上• いじめ防止研修会の実施(全12ブロック・地区別研修会)• 指導法研修会(年間2回 生徒指導・不登校担当教員)• 新任生徒指導担当教員研修 5. 自主的活動の育成・支援• いきいき生徒会(学校行事の企画・学校間交流・地域諸団体行事への参加など)• 中学校リーダー研修(各校でリーダーとなる生徒の技能向上を目指して企画)• いきいき生徒会会議(神戸市全中学校の生徒会代表生徒による研究協議) 6. 学校間・家庭・地域との連携• まっすぐ育て9年プラン(小中行動連携による9年間を見通した健全育成事業)• ) いじめ防止対策 過去の取り組み•

次の