兵庫 県 高校 入試。 【2018~2020】兵庫県公立高校入試平均点と各教科の傾向、高校別合格目標点数

入試制度について/兵庫県の高校入試について| 進路支援サイト ひょうご進路選択ナビ

兵庫 県 高校 入試

一般選抜に比べて1カ月も早く合格することが出来るメリットがあるため入試倍率は高くなりますが、本当に行きたい高校なのかを明確にすることが大切です。 次に調査書(内申点)の評定方法について詳しく説明します。 この評定方法をしっかり理解することが、志望校を現実なものにつながりますので確実に理解しておきましょう。 5倍 =37. 5 37. 上記の表のとおり評定方法は技能4教科の割合が大きくなっていますので、技能4教科についてもしっかり学習することが必要になります。 しっかり対策をしておきましょう。 内申点がどれくらいあれば志望校に合格できるでしょうか? 兵庫県の推薦選抜、特色選抜の違いとは?! 兵庫県高校受験 推薦選抜、特色選抜の違い 種類 選抜方法 入試合否 学校 推薦 推薦選抜 面接が主、高校によっては適正検査(ペーパーテスト)を実施することもあります。 実技検査、小論文 調査書(内申)と面接、学校、学科によっては小論文、適性検査、実技検査を実施し総合的に判定される。 必要あり 特色選抜 面接を行い、必要に応じて実技検査、小論文が実地されます。 *適正検査(ペーパーテスト)は実施されません。 調査書(内申)と面接、学校によっては小論文、実技検査が実施され総合的に判定されます。 必要なし 次に、推薦選抜と特色選抜を行う学校、学科を紹介します。 基本的に推薦選抜は普通科(コース制、単位制)、総合学科、専門(職業)学科、特色ある専門学科になり、特色選抜入試は普通科のみになります。 特色選抜 兵庫県内の実施高校 一覧 学区 高校名(普通科のみ) 第1学区 東灘、夢野台、神戸北、長田、舞子、星陵、伊川谷北、伊川谷、神戸高塚、須磨東、洲本 第2学区 尼崎北、尼崎西、市立尼崎、尼崎双星、尼崎小田、鳴尾、西宮甲山、西宮南、市立西宮、西宮北、宝塚、宝塚東、伊丹、伊丹西、川西明峰、川西北陵、猪名川、三田西陵、北摂三田 第3学区 明石、明石西、明石清水、加古川西、高砂、高砂南、松陽、東播磨、播磨南、西脇、多可、吉川、三木北、社 第4学区 姫路別所、姫路南、網干、家島、夢前、神崎、赤穂、上郡、山崎、伊和 第5学区 出石、浜坂、村岡、生野 推薦選抜、特色選抜ともに2月に受験があります。 そのため3月の一般入試に比べて1カ月も早く進路が決まるため入試倍率も高いです。 特に特色選抜は学校からの推薦がないため希望すれば受験できます。 しかし、学科、コースを志願する動機や目的、理由が明確であり、かつ強い学習意欲が問われます。 ですので、志望の動機、理由をしっかり持つことが大切になります。 また、推薦選抜、特色選抜ともに合格すれば、一般選抜は受験できません。 あとで後悔しないために高校の特色などを把握することも大切になります。 兵庫県公立高校 一般選抜 (単独選抜と複数志願選抜の違い) ここでは、3月に実施される一般入試について詳しく説明します。 まず、一般選抜には単独選抜と複数志願選抜の2つがあるということを理解する必要があります。 単独選抜とは、生徒さんが自ら選んだ特定の高校を志願し受験することです。 学科は、商業科、工業科など専門(職業)学科で行われます。 複数志願選抜とは、普通科、総合学科で実施されます。 生徒さんがそれぞれの適正や興味、関心などに応じて学びたい高校を選択できるようにするための制度です。 志望方法は、志望の高校一校のみ、もしくは、第一志望校と第二志望校の二校に出願できます。 第一志望校に優先して合格できるように500点満点の総合得点の素点に「第一志望加算点」を加えます。 5倍 =37. 5 37. 内申点では副教科の方が比重が高くなっていますので、副教科もきちんと勉強することが大切ですね。 そして、複数志願選抜の場合のみ、上記の500点満点の総合得点の素点に第一志望加算点が加えられます。 複数志願選抜 対象校(兵庫県内) 学区 普通科 (単位制) 総合学科 第1学区 東灘・御影・神戸・夢野台・兵庫・神戸・鈴蘭台・神戸北・長田・須磨東・星陵・舞子・伊川谷北・伊川谷・神戸高塚・洲本・津名・淡路三原・市立葺合 (単位制)北須磨・芦屋・六甲アイランド 神戸甲北・須磨友が丘・淡路・須磨翔風 第2学区 尼崎小田・尼崎・尼崎北・尼崎西・伊丹・伊丹西・川西緑台・川西明峰・川西北陵・猪名川・鳴尾・西宮北・西宮甲山・西宮南・宝塚・宝塚東・宝塚北・宝塚西・北摂三田・三田西陵・柏原・篠山鳳鳴・市立尼崎・市立尼崎双星・市立西宮・市立西宮東・市立伊丹 (単位制)尼崎稲園・西宮・三田祥雲館 武庫荘総合・伊丹北・西宮今津・有馬 第3学区 明石・明石北・明石城西・明石清水・明石西・加古川東・加古川西・高砂・高砂南・松陽・東播磨・播磨南・西脇・三木・三木北・小野・吉川・社・多可・北条 (単位制)加古川北 明石南・加古川南・三木東 第4学区 姫路別所・姫路西・姫路飾西・姫路南・網干・家島・相生・龍野・赤穂・福崎・神崎・夢前・伊和・上郡・佐用・山崎・市立姫路・市立琴丘・市立飾磨 (単位制)姫路東 太子・香寺 第5学区 豊岡・出石・浜坂・村岡・八鹿・生野・香住 (単位制) 豊岡総合・和田山 兵庫県の公立高校の入試制度について詳しく説明しましたが、ご理解頂けましたでしょうか。 基本的な入試制度を理解し、いち早く志望校を決めることが非常に大切です。 そのためには気になる高校のオープンハイスクールに行かれることで、志望校がより現実的なものになります。 ぜひ、お子さんと一緒にオープンハイスクールに行かれてみてはいかがでしょうか。 また、受験制度についてわからないことがありましたらお気軽にご連絡下さい。 兵庫県の公立高校 学校案内一覧 兵庫県内の公立高校 学校案内です。 各高校の偏差値、内申点、推薦入試の内申点、入試倍率、入試科目、特色などを詳しくご紹介しています。 ぜひ、参考にしてください。 【国語】 幅広い分野から出題、総合的な国語力が試されます。 論説文、小説などの文学的文章、古文、漢文、国語知識から出題されます。 選択問題が中心になり記述問題は問題数も文字数も少ない傾向。 選択肢の文章が比較的長めなため短時間で適切なものを選ぶ読解力が求められます。 問題数が多いため時間配分もポイントになります。 【数学】 数理的な思考力を問う問題が出題される。 関数、確率、平面図形、空間図形の問題で構成される。 証明を完成させる問題、数理的な思考力が問われる問題が出題される。 問題数が多いため素早く問題を解くことがポイントになります。 【英語】 英文を完成させる問題が出題される リスニング、表や図を見て、それに関する英文に合う単語を書く問題、対話文の空欄に合う文を選択する問題、長文読解、対話文読解、対話文を完成させる問題。 文章量が多いため素早く正確に英文を読み解くことが大切。 【理科】 実験、観察からの資料をもとに計算する問題が出題される。 生物、化学、地学、物理の問題でそれぞれ構成。 記述問題が少なく数値を計算する問題が多く出題される。 データーをもとに計算処理する力をつけることがポイントになります。 【社会】 用語を記述する問題が出題される。 地理、歴史、公民の問題から出題される。 地理や公民では地形図や表、グラフなどを読み解いて考察する力を問う問題、歴史では特定の出来事や文化についての説明を選択させる問題、語句を書かせる問題が出題される。 教科書の内容を確実に理解し、用語を正確に答えられることが大切になります。

次の

【兵庫県】高校偏差値、公立高校、私立高校の一覧と学区

兵庫 県 高校 入試

学力検査による選抜 公立の全日制普通科(単位制を含む)及び総合学科の高等学校では複数志願選抜を実施する(コース、連携型中高一貫教育校は除く)。 個性や能力に応じて高等学校を選択し、1校または2校を志願できる。 その他の専門学科等では単独選抜を実施する。 複数志願選抜の主な特徴は次のとおり。 1.第1志望校には一定の加算点を加えて合否判定を行う。 (第1志望加算点は、第1学区:25点、第2学区:20点、第3学区:25点、第4学区:30点、第5学区:30点。 ) 2.総合学科のみを志望する場合に限り、学力検査のうちの1科目を音楽、美術、保健体育、技術・家庭の4科目のうち、希望する1科目の実技検査に替えることができる。 5倍=250点満点)を合わせた総合得点(素点)が基本となる。 素点と調査書の諸記録を参考にして総合的に合否が判定される。 複数志願選抜の場合、第1志望者は素点に一定の第1志望加算点を加えた点数で、第2志望者は素点の点数で並べる。 多くが基本問題で配点も大きいので、ここは全問正解を目指したい。 大問2以降は独特なテーマ設定の出題が多く、 標準的な問題演習だけでは取り組みにくい問題が続く。 「関数」は例年大問が2題出される。 1つは放物線の問題で、図形と関連させた問題が中心。 解法や考え方に三平方の定理を利用する場合があるので注意したい。 もう1つは速さの変化や図形の移動など、 身近な題材をテーマとした問題が必出。 近年は、自らグラフ化した図を用いて答えを求める問題が多く、難易度が非常に高い。 「図形」は2題程度の出題。 平面図形は証明問題が必ず含まれるが、穴埋め式なので比較的取り組みやすいだろう。 大問内における最後の設問は難易度が高く設定されているので、時間のかけ方に注意したい。 この2年間は、 最後の大問で図形の規則性について出題された。 その傾向は今後も続くと考えられる。 日頃あまり見慣れない問題のように感じられるのかもしれないので、それを見据えた対策を行いたい。 対策 大問1の独立小問題を除いて大きな特徴をもつ出題が続くので、各単元の基本事項についてはできるだけ早い時期に復習を終えておきたい。 受験が近づいてからは、過去の出題を最低5年分は解き、 問題の『雰囲気』と時間配分を考えることに慣れておくこと。 兵庫県だけではなく、全国の公立高入試では「思考力」「判断力」などを問う新傾向の問題が近年増加している。 他の都道府県のいろいろなパターンの問題に数多く当たり、見慣れない問題に出会っても落ち着いて対応する練習をしておこう。 また、年度によって単元の並びが変わり、難易度の高い問題の位置も変化をするため、入試本番では 得点できそうな問題の見極めが非常に重要になる。 会話文と資料 適語補充(抜き出し式)、適語補充(選択式)、内容把握(選択式)、内容把握(20~25字の記述式) 14 2. 漢文とその書き下し文〈「唐詩選」〉 漢詩の形式(選択式)、返り点、適語補充(選択式)、内容把握(選択式)、心情把握(選択式) 15 3. 古文〈「沙石集」無住〉 現代かなづかい、口語訳(選択式)、表現把握(抜き出し式)、理由説明(選択式)、内容把握(選択式) 15 4. 小説〈「曙に咲く」蜂谷涼〉 漢字の読みがな、「れ」の識別(選択式)、語句の意味(選択式3問)、心情把握(選択式)、理由説明(選択式)、心情に関する比喩表現(抜き出し式)、理由説明(選択式)、内容把握(選択式) 27 5. 論理的文章〈「動的平衡2」福岡伸一〉 漢字の書きとり(選択式)、接続詞挿入(選択式)、四字熟語挿入(1字指定あり)、内容把握(選択式・抜き出し式)、内容把握(適語補充型の抜き出し式2か所)、指示語の具体的内容(選択式)、内容把握(選択式)、要旨把握(選択式) 29 過去3か年の傾向 大問1は、年度ごとに出題内容が異なっているが、以前の国語の知識を問う単問形式からは変化していると言える。 2019年度は、生徒会執行部役員の議論と生徒会規約をもとにした内容把握の問題が中心で、しっかりとした読解力が求められている。 大問2は漢文(書き下し文含む)で、教訓を含む内容のものや漢詩など、やはり年度により題材が異なる。 やや難しいことがあるので注意が必要。 大問3の古文では、著名・無名な人物の逸話が多く取り上げられている。 現代かなづかいや口語訳の問題は必須。 大問4の小説は、時代背景こそ異なるものの、同年代が主人公である文章が取り上げられている。 心情把握を中心に、表現技法なども絡めた小説特有の問題が主に出題されている。 一部で選択肢の文章量の多いものがあったり、選択肢の表現の差異が微妙でしぼりこみにくい設問が見られたりすることもあり、丁寧な読解力が必要。 大問5の論理的文章は、社会的なテーマ・理科的なテーマなど様々な内容が選ばれる。 設問は内容把握を中心に、接続詞・副詞挿入や論理展開を問う問題など、論理的文章特有の問いが出題されている。 2019年度の問題構成 項目 内容 配点 1. 小問集合 音の性質(物理)、炭酸水素ナトリウムの加熱(化学)、植物の生殖(生物)、火成岩(地学)についての基本的な内容の確認問題(記号選択6問、語句記述1問、計算1問) 16 2. 消化と吸収、血液循環 栄養分の分解と、心臓のはたらきについての問題(記号選択7問) 21 3. 酸・アルカリ・中和 うすい硫酸とうすい水酸化バリウム水溶液の中和と、うすい塩酸とうすい水酸化ナトリウム水溶液の中和についての問題(記号選択5問、語句記述1問、計算1問) 21 4. 天気の変化、大気中の水 日本付近の天気の変化と、湿度などの大気中の水の変化についての問題(記号選択7問) 21 5. 力の性質 圧力の性質、ばねの性質、浮力についての問題(記号選択4問、計算3問) 21 過去3か年の傾向 作図問題や短文記述の問題はなく、記号選択の問題が大半を占めているが、記号選択であったとしても、計算や思考の必要な問題が多くあるため、注意しておこう。 大問1の小問集合では、4分野それぞれの1単元から、基本的な内容の確認問題が各2問ずつ出題されている。 物理分野では、計算問題と図・グラフから考察する問題が組み合わされ、教科書に出てくる内容を主として、総合的な見方と思考力が要求される。 一つひとつの現象が起こる理由をしっかりと把握しておく必要がある。 化学分野では、実験を中心に基礎的な内容を問うものが多いが、化学反応の量関係などの計算問題も出題されている。 生物分野では、実験・観察に関する問題と基礎事項の知識・理解を問うものが多い。 地学分野では、基礎的な内容が多いが、図やグラフに関する問題が多く、計算問題も出題されている。 対策 大問1の小問集合で問われるのは、教科書にのっている重要事項の確認だけであるため、確実に得点したい。 そこで、普段から 教科書のまとめのページをよく読み、その内容はもれなく理解しておこう。 大問2~5では、例年、物理分野の難易度が高い傾向にある。 問題を把握して解答を出すのに時間がかかるため、 物理分野とそれ以外の分野で、時間配分を変える必要があるだろう。 化学・生物・地学分野は共通して基本的な内容が多いため、教科書に出てくる内容を確実に理解しておくことが必須だろう。 また、記号選択の問題であったとしても、思考や計算の必要な問題が多いため、過去の入試問題を見て、その出題内容は必ず把握しておこう。 世界地理は比較的広い範囲の地域から、日本地理はある特定の地域から出題されている。 地図や統計・グラフの読み取り問題なども多く含んだ出題となっていることが特徴。 ・大問2で古代から現代までの歴史が日本史を中心に出題される。 略年表や写真・説明文が示され、これらの内容についての関連事項が問われている。 ・大問3で公民的分野について出題される。 政治分野を中心に、経済・国際の各分野についても基礎的内容が問われている。 対策 ・地理的分野 世界地理は地図帳を利用して、地図の見方や用法なども確認することを忘れずに。 日本地理はまず各地域の学習を優先し、その後に地域同士の結びつきなどをまとめていくとよい。 地形図については、縮尺や等高線の見方、距離計算などの基本的な事項をしっかりとたたきこもう。 ・歴史的分野 各時代の特徴をうまく把握するには、 自分で写真やイラストなども用いた年表を作ってみることが大切。 世界史についても、日本史の内容と関係することがらをしっかりとチェックしておこう。 ・公民的分野 政治・経済・国際のすべての分野が出題されるので、 かたよりのある学習は効果がない。 教科書や資料集にある模式図や統計表を活用して、さまざまなことがらのしくみや特徴をしっかり理解し、 統計読解の問題で必ず点を取れるようにしておこう。

次の

兵庫模試 since1979

兵庫 県 高校 入試

推薦入学は、一般選抜よりも約1か月早く行われ、出願には中学校長の推薦が必要。 専門学科、総合学科、単位制の普通科、普通科のコースで実施され、募集人員は募集定員の50%以内あるいは100%。 推薦入学では、全員に面接が行われ、学科やコースによっては小論文(作文)、適性検査、実技検査を実施する場合もある。 合否の判定は、推薦書、内申書と面接、小論文(作文)、適性検査、実技検査の結果などから総合的に判定される。 普通科(コース)では、英語、数学、理科の中から2教科以内のペーパーテスト形式の適性検査や実技検査、小論文(作文)が実施される場合もある。 5教科の得点を0. 5倍したもの(250点満点)と、内申書の中三の評定を換算したもの(250点満点)が同等に扱われる。 内申書の中三の評定以外の諸記録や面接、実技検査なども参考にして総合的に判定される。 全日制の普通科(単位制を含む)と総合学科では、複数志願選抜が実施され、1校または2校を志願できる。 合否判定の際、第1志望者は、内申点と学力検査点を合わせた総合得点(素点)に「第1志望加算点」を加えた点数で、第2志望者は素点で、すべての受検者を上位から順に並べる。 得点が各校の募集定員以内であれば、総合判定を経て合格となる。 複数志願選抜実施校間の志願変更は、第2志望のみ変更可能。 ただし、単独選抜実施学科から複数志願選抜実施学科へ志願変更する場合は、同一校内の学科のみ可で、第2志望は認められない。 兵庫県の大問1の「小問集合」では、計算問題を中心に、関数や平面図形などの基本問題が出題されます。 教科書レベルの問題は確実に得点できるよう、繰り返し練習していきましょう。 傾向2 関数分野の大問が、2大問出る! 対策 関数分野の問題は、ここ数年、大問1の小問のほかに2大問出ているので、十分な対策が必要です。 基本から応用まで幅広く出ますが、応用問題も、ていねいに問題文やグラフを読みとり、何を問われているかを整理すれば解けるはずです。 できるだけ多くの「初めて見る問題」に挑戦しましょう。

次の