お も しれ ー 女 元 ネタ。 そのこ(芸人)の年齢や芸歴は?元自衛隊で彼氏は?鉄道ネタは面白い?つまらない?

【画像】ギリ抱けない女、発見されるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww(※画像あり)

お も しれ ー 女 元 ネタ

[chapter:!注意!] ・オリジナル女主人公 ・山盛りオリジナル設定 政府役人、オリジナル役職、本丸の引き継ぎなど ・風味付け程度のブラック要素 刀剣男士が酷い目に遭わされていた ・刀剣男士のキャラ崩壊 その他様々な地雷に配慮しておりません。 危険を感じた方はブラウザバックお願いします。 大丈夫な方はどうぞ [newpage] [chapter:元ブラック本丸で「私が……見えるの?」と言ったら] 1:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 大きな問題もなく帰ることができた 2:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 何やってんだwww 3:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 釣りスレ乙 4:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 苦しんでる人が居るのにブラックネタにするのやめてもらえる?不愉快だわ 5:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 中二病かな? 6:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします kwsk 7:役人ちゃん スペ:中堅政府役人、女 これは昔、私が本丸引き継ぎ関連部署で働いていた時の話。 当時は諸事情で審神者が居なくなった本丸へ審神者を斡旋する仕事をしていた。 本丸側から「女の審神者がいい」とか「ガンガン出陣する方針がいい」とかの希望を聞いて、マッチングする審神者を探して引き継ぎをお願いする仕事だ。 女の審神者だったんだけど、レア刀剣求めて無理な進軍、レア泥しなかったらヒステリックに喚いて折檻、手入れ用の資材まで使い込んでの鍛刀、って感じの酷使系ブラックだった。 次の審神者は『穏やかな男性』が希望されてたから、少し気は小さいけどおおらかな男性に引き継ぎをお願いした。 けれどこの審神者、ブラック本丸引き継ぎの悪い噂でも聞いたのか、直前で行くのを渋りだした。 審神者「あの、僕、やっぱり無理です」 私「えっ?!ここまで来てどうしてですか?!」 審神者「元ブラック本丸なんて、僕には荷が重すぎます!すいません、無理です!」 私「大丈夫です、そんなことありませんよ。 向こうの刀剣男士の皆様には貴方のことはあらかじめお伝えしてあります。 みなさん貴方が来るのを楽しみに待ってらっしゃいますよ。 私共も精一杯サポートいたしますから」 審神者「すいません!許してください!」 私「ね、審神者さん、ちょっと落ち着きましょう?」 落ち着かせようと背を撫でたら「離してください!こんなの政府の横暴だ!!」と叫んで突き飛ばされた。 吹っ飛んだ先は起動中の転移ゲート。 危険な本丸を引継ぎさせるようなことはしないよ! 悪いことは重なるもので、ゲートを抜けた先の本丸は梅雨の景趣だった。 私はぬかるんだ地面に勢いよくダイブした。 頭の先からすっかりびしょ濡れの泥んこで、一人ガタリンピック状態。 なにこれ厄日?大殺界? 端末は無事だったので、すぐに上司に連絡を取った。 私「お疲れ様です。 そちらはどうなってますか?」 上司「審神者様はひとまず別室にお連れした。 しばらくすれば落ち着くだろう。 そちらは?」 私「現在ゲート前です。 刀剣男士様とはまだ接触してません。 早急に帰還したいのですが」 上司「そうか。 スマンがゲートの再接続に少し時間がかかる。 そこで待機してくれ」 私「まじっすか」 上司「くれぐれも刀剣男士様を不必要に刺激しないようにな。 こちらも急ぐ。 頼んだぞ」 私「まじっすか」 まじか。 女がトラウマになってる刀剣男士ひしめく本丸に女一人放り込んどいて、トラウマ刺激するなってか。 そうすると居るのは自分たちを虐げた審神者と同じ性別:女。 事前調査でいまだ人間に友好的と判断されていても、トラウマ抉られても友好的な態度を崩さないでいられるかは分からない。 いくら温厚な人間でもゴキブリを見つけたら殺虫剤を手に取るだろ?そういうこと。 身を隠した方がいいけど、さてどうするかと考え始めたところで、がらりと玄関が開いた。 三日月宗近「誰か居るのか?」 ちょっと出てくるの早すぎないですかね 37:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします ギャアアアアアアアア!!!!! だから練度も堂々の1。 三日月宗近「おお、客人か?」 私「……」 練度1とは言っても刀剣男士と人間。 男と女。 パニックになって襲い掛かられたらひとたまりもない。 三日月宗近「もしや今日来ると聞いていた新しい審神者か?」 私「……」 それに私だって無闇に刀剣男士様を傷つけたくない。 今日だってあのクソハゲ 審神者さん の後ろでそっと見守るのにとどめておくつもりだったのに。 上司にも「刺激するな」と念を押されたばかりだ。 どうにかこれ以上トラウマを刺激せず、ゲートが開くのを待ちたい。 なにか、なにかいい案は無いか?!?!?! 三日月宗近「おい。 そなた、聞いておるのか?」 私「……しが、……る……」 三日月宗近「なんだ?」 私「私が、見えるの……?」 ワンチャン三日月宗近様の幻覚だと思ってくれないかな、って 45:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします wwww 46:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします なんでだよwww 47:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします ワンチャンないですwwwwwww 48:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします どうしてそうなった 49:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 三日月思ったより落ち着いてるんだな。 よし!私は君のトラウマが見せる幻覚だよ!そのまま帰って暖かいお布団で寝ろ!!!そしてしばらく出てこないで!!! 私「わたしガァ、見えるのお?」 緊張でちょっと声が裏返ったけど、もう一度繰り返す。 早く帰れーという念を込めながら三日月宗近様をじっと見つめると、三日月宗近様は小さな声で「ぉばけゃだ……」と言って後ずさりで本丸の中へ戻っていった。 よし! 61:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします よし!じゃねーんだわ 62:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 完全に幽霊だと思われてるwww 63:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします じじい可愛い 64:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 新たなトラウマを植え付けてどうする!!! 65:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 思いやりが空回りしてんだよなぁ 66:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします ぉばけゃだ>< 67:役人ちゃん その後、私は身を隠すために縁側の下に潜り込んだ。 完全に身を隠せて、ゲートの様子を窺えるのはそこしかない。 蜘蛛の巣やら落ち葉やらが体に付いてとても気持ち悪かった。 しかも梅雨景趣の所為で湿度が高く、服も髪も全く乾かない。 はー、不快度MAXっすわ。 こんのすけ「貴方、こんなところで何を?」 イライラしながらゲートが繋がるのを待っていると、この本丸のこんのすけが現れた。 大変なことになっていると現状を説明したけど、いっそう呆れたような目で見られた。 可愛い女の子がこんな汚い所に隠れて一生懸命頑張っているのに酷いじゃないか!お詫びにモフモフさせろ! モフモフと撫でると、こんのすけは嫌そうな顔で私から距離を取った。 こんのすけ「触らないでください。 僕まで汚れるでしょう」 私「いいじゃん~。 私のSAN値回復のために犠牲になってよ」 こんのすけ「やめてください」 私「よいではないかーよいではないかー」 こんのすけ「ガチでやめてください」 ちょっとずつ離れるこんのすけを追いかけるうちに、右腕がまるまる縁の下から出ていた。 いっけね。 大包平「こんのすけ!!!!無事か!!!!!!!」 この大きくてやたら通る声は大包平様だ。 この本丸の大包平様も不遇な方だ。 不正な手段で前任の審神者の手に渡った大包平様は、その真っ直ぐな正義感から顕現してすぐ前任の審神者に苦言を呈したらしい。 それが気に障った前任によってすぐさま顕現を解かれ、レア刀故に刀解はされずに刀のままで倉庫に放置されていた。 倉庫の外から同胞が苦しむ声が聞こえてくるのに、自分は動けぬ刀の身。 随分歯がゆい思いをしたらしい。 その大包平様はどうやら走って来たらしく、ちょっとだけ息が荒かった。 こんのすけ「おや、大包平様いかがいたしました?」 大包平「い、今!!!お前の後ろから腕が!!!!!!」 こんのすけ「大包平様」 大包平「そこだ!!!そこの縁の下から、女の腕が!!!!!!!」 こんのすけ「大包平様、落ち着いてください」 わあわあと騒ぐ大包平様に対して、こんのすけの冷静さが凄い。 もうちょっと乗ってあげてよ。 それにしても目撃されてたのか、マズイなー。 なんとかこんのすけが誤魔化してくれればいいんだけど。 こんのすけ「大包平様、ここに女性はいませんよ」 蜘蛛の巣まみれの野猿はいます こんのすけェ!誤魔化してくれたのはありがたいけど、心の声聞こえてるからなァ?! 74:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします 真正面からブラック審神者に説教する大包平が目に浮かぶわ 75:以下、名無しに代わりまして審神者がお送りします さすが横綱。 うんうん。 風邪ひかないように、こんのすけと暖かいお布団にでも包まってくださいね。 姿を見られてしまったのは不覚だったが、見つかって騒がれなかっただけ良しとしよう!うん! 念のため、私はゲート横の植え込みの陰に移動した。 縁の下より隠匿性は下がるが、なによりゲートに近い。 ゲートが開いたらすぐにお暇しよう。 鶴丸国永様は三日月宗近様と同じく、レア刀故に前任の審神者に囲われていた刀剣男士様だ。 やっぱり練度は初期値の1。 この本丸練度初期値男士大杉問題。 何かを探すように辺りを見回しているが、大包平様と別れてから少しづつ強まってきた雨の音と、元気のいい緑のおかげで私の姿は見えないだろう。 見えないはずだ。 見えないよね?そうは思ってもとてつもない緊張が私を襲う。 雨脚も強くなってきましたし、お部屋に戻った方が良いんじゃないですか。 雷も鳴りそうですよ!ほら!ゴロゴロいってる!ほら、家に戻って!戻れ!戻れってば!! そんな念を込めて鶴丸国永様を凝視していたら、念が強すぎたのかきょろきょろしていた鶴丸国永様と目が合ってしまった。 鶴丸国永「っ!!」 端末「シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン!!!!! 」 突如辺りに響き渡る鈴の音に鶴丸国永様は肩を跳ねさせる。 私が手元の端末を見ると、画面に映る『Bluetoothの接続が切断されました』の文字。 私「イヤアアァァァァアアアア!!!!! 」 ホ ラ ゲ 実 況 が 音 漏 れ し て る ナンデ?!なんで今?!ああっ、鶴丸国永様びっくりさせてごめんなさい!今止めます!止めますからね!ごめんなさいね?! 私が慌てて端末の電源を切ろうとしていると、空がカッと明るくなりバリバリバリッと轟音が響く。 特大の雷が落ちた。 体がじぃんと痺れるくらいの衝撃があったから相当近くに落ちたんだと思う。 鶴丸国永様も雷に驚いたのか、目をギュッと瞑り耳をふさいで体を丸めている。 タイミングは重なるもので、やっとゲートが繋がった。 突如鳴り響く鈴の音、そして女の悲鳴。 一瞬目を閉じた隙に全てが姿を消した。 当時、この時のことを報告書にして上司に提出したらしょっぱい顔をされた ・引き継ぎ審神者:ハゲではない。 落ち着いた後、この本丸を引き継ぐことを了承した ・三日月宗近:みんなの元気が無いのでしぶしぶ自分がゲートを確認に行ったらお化けがいた。 夜中に一人でトイレに行けなくなった ・大包平:散歩をしていたら縁の下からこんのすけを引き込もうとする女の手を見た。 一人でお風呂に入れなくなった ・鶴丸国永:ゲートの様子を見に行った三日月が「ぉばけぃた」と震えていたので興味本位で幽霊を見に来たら、謎の鈴の音と女の断末魔が聞こえた。 クリスマスがちょっとだけ苦手になった.

次の

「おもしれー女だな」が息子(小1)に通じるか、見せてみた

お も しれ ー 女 元 ネタ

今回は世間の人たちがイメージしている表の顔と裏の顔のギャップがあまりにも激しかったのであろう。 しかし私は、驚くことはなかった。 やっと渡部さんの悪行が表にでたか……というのが率直な感想だ。 少し強がりになってしまうが、ここまで大きなスクープになるのであれば、私も本腰をいれて追いかけるべきであったという後悔の念がある。 私が「ネタ元」と呼ばれる情報提供者と港区のラウンジで飲んでいると、2~3年ほど前から渡部さんの話題をたびたび耳にしたものだ。 その話はどれも女癖の悪さばかりであった。 今回の一番の炎上のポイントとなったのは、「多目的トイレ」というワードではないだろうか。 本来、多目的トイレは身体の不自由な方や小さな子どもを連れている方が使用する場所である。 そこを舞台に生々しい不倫が行なわれていたのも、主婦層の反感が次から次へと爆発し、炎上が収まらない原因であることは間違いないだろう。 渡部さんと不倫した女の子を必死で探す週刊誌記者たち 文春砲の後、多くのネットメディアは追随するように渡部さんに関する記事を連発した。 各メディアの編集者たちの話を聞く限りでは、どれもPVを稼ぐ「ドル箱」になっているようだ。 となれば当然、私たち週刊誌記者も渡部さんと不倫をした女の子たちを必死になって探すことになる。 みな、通っているキャバクラの女の子たちを中心にラインを送り、なんとかして探し出そうとしたことだろう。 私も同じように、いろいろなお店の女の子にラインをバンバン送った。 「渡部さんと不倫した子を知りませんか? もし、話してくれたら謝礼もお出しできます」といった旨のラインを何十人と送った。 港区を中心に遊びまわっているネタ元にもお願いのラインを送った。 1人だけ、過去に渡部さんと肉体関係をもったことがあるという女の子にヒットしたが、渡部さんが既婚者であることから訴訟のリスクがある。 そのため、大々的に週刊誌の誌面で話してくれるまでは至らなかったが、「軽いコメントならしてもいいですよ」という返事があった。 「文春の記事は本当に正確だと思いますよ。 港区女子の一部の間では有名なんですが、記事内にある『15分で終わった』というの話も、私の経験とも相違はありません。 モノ扱いされていたと書いていますが、数十分で1万円ならいいんじゃないかなと私は思いますけど」 探せば探すだけ当事者が出てきそうだと、私をはじめとする週刊誌記者たちは感じている。 しかし、「『週刊文春』のことだからすでに全部知っているのではないか」というあきらめの気持ちがあることは否めない。 『週刊文春』のスクープの取り方 ここ数年、話題性のあるスクープを報道するのは『週刊文春』と相場が決まっている。 同じ業界にいて、よくも毎週毎週大きなスクープを連発できるよなと感心してしまう。 なぜ彼らのスクープは途切れることがないのか、知人の文春記者にその仕事内容を聞いてみたことがある。 「私たちの1週間は、1人5本のネタ出しから始まります。 長年働いている先輩たちはいろいろなところにさまざまな人脈があり、毎回強いネタを出してきます。 こんな有名芸能人と直でつながっているんだとびっくりさせられることも多々ある。 それに加えて、文春というブランドがあるので、以前私が在籍していた週刊誌よりタレコミの質が段違いです。 タレコミだけでページが作れるくらいです。 なので、タレコミの精査をすることも仕事のひとつです」 そのあとはネタをタレこんできた本人を中心に、裏取りをする作業に入る。 張り込みも行い、大きなネタになると記者やカメラマンふくめ10人以上を投入することもあるという。 「新谷学元編集長の『「週刊文春」編集長の仕事術』にもありますが、とにかくこれというネタが決まると徹底的に追いかけます。 渡部さんは、『週刊文春』を発行している文藝春秋で本を出版していますが、そんなことはお構いなしですよ」 アイドルのグラビアページで成り立っているような写真週刊誌では、有名アイドルグループのスクープを取ったとしても、問答無用でお蔵入りだ。 『週刊文春』にはそのような忖度 そんたく がない。 その点、『週刊文春』は公正なメディアのひとつなのではないかと思う。 渡部さんの復帰は程遠い…… 『週刊文春』の直撃取材を受けてから、渡部さんや事務所の対応は今までに例を見ないほど迅速なものだった。 『週刊文春』が発売される2日前にはすべての番組を降板するという徹底ぶりだ。 大手の広告代理店に勤務する者はこのように話す。 「傷口を最小限にしたかったんでしょうけど、あそこまで書かれてしまうと4~5年は復帰できないと思います。 もちろん、開き直ってキャラを変えての再出発だと話を変わりますが。 こういった場合、必ずどこかのメディアが違約金うんぬんなどと書きますが、本人が負うというケースはほとんどないんじゃないでしょうか。 私たち広告代理店がかぶることが多いのが現状です」 佐々木希さんには離婚の意思がないため、慰謝料も発生しない。 違約金などの負担が本人にかかってこないとすれば、経済的な打撃は少ないと見られる。 ましてや、佐々木希さんの収入があれば、夫が働きに出なくとも余裕のある生活が送れそうだが……。 バツ7ライターに渡部さんの不倫癖を聞いた 「多目的トイレで不倫」というショッキングな内容が報道され、ほとんどの読者が離婚を想定したことだろう。 しかし、不幸中の幸いとはこのこと。 前述したように、佐々木希さんは、「離婚の意思がない」「私が支えていく」と周囲に漏らしていることが、『週刊文春』の取材でわかった。 はたして渡部さんは心を入れ替え、佐々木希一筋の愛妻家へ返り咲けるのだろうか。 自身も不倫の誘惑に負け続けているという、「バツ7ライター」の日野氏(仮名・男性)に意見を伺った。 「これから先、渡部さんには茨の道しか待っておりません。 結婚とは契約にほかならない。 その範囲内において、違反行為をしたので夫婦関係の手綱は佐々木希さんが握ることになります。 このような状態になると、よほど理解がある女性じゃない限り、何かあるたびにこの件を持ち出されることになります。 これまで以上に、『どこにいるの? 仕事は何時に終わるの?』など、確認の連絡が多くなるでしょう。 結婚をしていることは幸せなことですが、一方で牢獄に閉じ込められているように感じることもあります。 バツ7の身としてわかりますが、渡部さんも同じことを感じていたのではないでしょうか。 私もそうですが、やめたいという気持ちはあってもやめられないのが不倫なんですよね」 治る病気はある。 しかし、不倫は不治の病といってもいいのかもしれない。

次の

#創剣乱舞 #女主人公 元ブラック本丸で「私が……見えるの?」と言ったら

お も しれ ー 女 元 ネタ

以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 12:16• 完全男目線で草• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 12:16• ハッピーエンドは間違いだぞ、幸せの終わりになる。 ハッピーエンディングだぞ。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 12:34• 謎妄想• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 12:42• ガチ陰はこんなに強く罵ったり否定したりできんぞ いつも適当に誤魔化すか逃げるだけや• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 17:51• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 13:15• 苛めが沈静化してるってことは陰キャ女が元陽キャ女を守ってるんやろうなあ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 13:45• 宝くじ1等よりも低い確率で陰キャ好きになる陽キャ女さんいるかもしれんけど、確かにこうなりそう 悲しいね• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月06日 17:35• どうでもいいけど本スレ1のIDちょっとすごくね?• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2020年06月08日 03:32• 最近二次元もクソキャラ増えたけどな、男女問わず。 とにかく「陰キャとはこういうもの! こういう運命!」みたいなの、押し付けがましい.

次の