日本 一 の 駄菓子 屋 岡山。 日本一のだがし売り場|瀬戸内市長船町にある駄菓子屋がスゴ過ぎる【岡山観光】|HAREnote(はれノート)|岡山のグルメと観光情報を発信するWEBマガジン

日本一の駄菓子売り場【お菓子の袋詰め専門店うまそう】

日本 一 の 駄菓子 屋 岡山

ジャンプできる目次• 「坪井商店」って、どんなお店? 岡山市東区平島にある、老舗の駄菓子屋さん。 創業は昭和27年という、正真正銘の昔ながらのお店です。 元々は今でいうコンビニ的なお店として始まったようですが、大手スーパーマーケット等の影響で、40年ほど前に駄菓子専門店に形態を変えられたそう。 店内も昔ながらの駄菓子屋さん、そのもので独特の空気感。 子どもの頃に駄菓子屋が好きだった方は、一歩足を踏み入れた瞬間に感動すること間違いなし! 土間っていうんですかね?この感じが何ともノスタルジーな気分にさせるんですよ。 ブルゾンちえみさんも小さな頃から通っていたお店という事で、人気テレビ番組の「金バク」でも紹介されています。 先月の全英オープンでメジャー初優勝を成し遂げた、プロゴルファーの渋野日向子選手の影響もあって、一気に全国的に有名になりました。 「それ何年売れてないんだ?」みたいな物が並んでいるのも、昔ながらの駄菓子屋の魅力。 駄菓子屋が大好きな僕は、店内を見て回るだけでテンションが振り切れそう(笑) 10円で幸せになれるお店って、駄菓子屋以外にないですよね。 極め付けはこれ! トンコツ味の「ブタメン」を… お店でお湯を入れて食べれるそう。 なけなしの小遣いで友達と食べるブタメンは、世界一おいしいラーメンかもなぁ。 でも今日は暑いからパス(笑) また涼しくなった頃に食べに来よう! バラ売りの珍味は、チラシで作られた袋に入れるんですよ。 なんか心にジワ〜ときますね。 本当に目頭が熱くなるような、めちゃくちゃ懐かしくて温かい雰囲気が残る駄菓子屋さんです。 「坪井商店」の場所・アクセス・駐車場 「坪井商店」は県道37号線から、一本中に入った路地にあります。 写真にあるように「とりの助」の看板がある交差点を、中に入ってください。 昔ながらの駄菓子屋さんというのは、かなり貴重な存在になってしまいました。 子供のころ駄菓子屋さんに通ってた大人も、近所に駄菓子屋さんがない子供も。

次の

日本一の駄菓子売り場【お菓子の袋詰め専門店うまそう】

日本 一 の 駄菓子 屋 岡山

皆さん駄菓子は好きですか? 駄菓子と言えば、100円以内くらいの値段で昔ながらのお菓子を思い浮かべますよね!駄菓子は、昔の方の方が好きな方が多いと思いますが実は私も駄菓子が大好きなんですよ! 小学校時代は毎日学校から帰っては近くの駄菓子屋さんに買いに行ったくらい駄菓子が好きなんです!しかしその店も今では潰れてしまいましたorz… そんな駄菓子好きの私は、いつしか色んな駄菓子を食べてみたいという野望が段々ふつふつと湧いていました。 開店が10:00なのですがもうすでに入店している人もいました! よー分からん ちなみに店内は撮影OKです! 店内はとにかく広い! 日本一のだがし売り場と言うだけのことはあり店内はとにかく広いです。 ではいきます。 そして駄菓子の商品数も半端なく多いです!もうここで確信しましたね。 ここが 日本一だと。 しかしこれはまだまだ序章です。 駄菓子は値段別や種類別に分けられておりとても商品を選びやすくとても楽しいです!開店より早く入ったのにもう店内には人がたくさんいました。 まるで縁日に来たような感じです。 とにかくこれ持ってたら皆からうらやましがられますよー。 もうこんなこと書かれていたら1度食べてみたいので買いましたよ! 現在販売終了しています。 種類がたくさんありすぎて本当にどれも欲しくなります!個人的に気になるのは、一番右のドクロマークの宝さがしガムですね。 他人の目がきになりますが 笑 では今からここにいる皆さんには特別にお見せしますが、くれぐれも18歳以下の方は見ないようにしてください。 置いてある駄菓子の種類は変わりませんが、敷地が広くなり、置いてあるお菓子の場所が変わっています。 ここって駄菓子屋でしたよね? 最近何でも屋になりつつあるような気が… またレジの数が増えお会計はセルフレジと進化もしています。 とにかくレジが長い 実は日本一のだがし売り場で1000円でどこまで買えるか!っていうゲームを自分で勝手にしていました。 で1000円分駄菓子を買ったのですが、とにかく10円や20円の駄菓子を大量に買ったので計算にすごく時間がかかるんです。 もう申し訳ないくらいの多さです!レジのおばちゃんごめん 笑 上記の通りリニューアルしたことにより、少しレジに並ぶ時間が減りました! とにかく1000円あればめちゃくちゃ買えるということが分かりました。 外の写真パッケージが限定です。 中は普通のココアガレットです。 しかもこのシフォンケーキ地元の瀬戸南高校の家庭クラブ部が考えたものだそうです! 値段は480円で地元のもので作られているのでオススメです! パンチ強めの食後に食べるとホッとします! 個人的には生クリームを付けて食べるのもありだなと思いました! 実際レジにはたくさんのお客さんが並びその1人1人が大漁の駄菓子を買っているわけですから、素早く会計をしてしまわないといけません!なので10円や20円の計算ミスが出てしまうこともあります。 それに文句を言わないというのは暗黙の了解ということになっています。

次の

岡山県にある日本一のだがし売り場は大人のワクワクが詰まった夢の場所だった

日本 一 の 駄菓子 屋 岡山

もともとは駄菓子の卸売りをしている会社さんで、そこの倉庫をそのままお店にしたそうです。 以下が「日本一のだがし売り場」のWebサイトです。 とにかく駄菓子屋、お菓子の山 中に入ると、早速お菓子の山が目に飛び込んできます。 今回は子供目線で駄菓子にフォーカスしてますが、大人向けの袋菓子もものすごくたくさんおいてあります。 そして、値段も普通のスーパーより。 安い! 子供目線で陳列された駄菓子たち 目玉の駄菓子ですが、まず量と種類が半端ないです。 この大量の駄菓子を見るだけで子供はテンション上がるでしょう。 そして、 注目すべきは、駄菓子が値段ごとにきちんと分けてコーナーが作られており、子供目線で選びやすくなっています。 もちろん、小さい子向けの小さなカゴが用意されており、子供たちはそのカゴに駄菓子を放り込んでいくわけです。 これは、親から見ても、すごく嬉しいことで、子供にお菓子選びをさせるときにとても役立ちます。 実際うちの子にも、100円までね。 と伝えて、その中でお菓子を選ばせたのですが、限られた金額の中でいかに満足のいく物を選ぶかという買い物の練習になるんですよね。 うちの子もまだ計算はバリバリできないですが、それでも、算数の基礎を教えるベースになる気がしました。 昔ながらの駄菓子屋さんや縁日コーナーもある。 倉庫は広いので、単純にお菓子が並んでいるだけでなく、いろいろなコーナーも用意されています。 壁にお菓子とおまけがぶら下がっているあの光景が再現されてます。 他にも備前焼コーナーがあったりと、地元愛も感じられる空間もありました。 日本のだがしで世界平和を! そして、写真のとおりですが、倉庫内には大きく「だがしで世界平和を!」の文字が掲げられています。 すごい! 駄菓子への本気度が伝わってきます! さいごに ということで、岡山県の瀬戸内市にある「日本一のだがし売り場」の紹介でした。 行ったのは日曜だったんですが、まぁすごい人でしたね。 田舎なので駐車場も広く車は十分止めれるスペースがありましたが、倉庫の中は人の密度が高く、レジも大行列でした。 まぁそれだけ流行っているし、繁盛しているってことですよね。 子供も大喜びだったので、納得です。 あらためて、子供を連れて行くと喜ぶスポットだなと思いました。 子供がいなくても、大人だけでも十分楽しめると思います。 岡山の方でまだ行ったことがない方にはおすすめです。

次の