リーン ゲインズ 効果。 リーンゲインズ 2ヶ月目の効果と感想!筋トレ内容と食事例(断食)を紹介します

プチ断食の知られざる効果とは

リーン ゲインズ 効果

活性酸素は少量なら体内に入ってきたウイルスや異物を除去するのに役立つのですが、 多量になると、体内の細胞を酸化(=老化)させてしまうのです。 活性酸素は「抗酸化酵素」によって除去されますが、年を重ねるごとに抗酸化酵素の働きは弱まっていきます。 プチ断食「リーンゲインズ」には、その抗酸化酵素の働きを良くする効果があり、活性酸素による細胞の老化を食い止めることができます! この記事では、プチ断食「リーンゲインズ」とは何なのか、「リーンゲインズ」がなぜアンチエイジング効果あるのかについて解説していきます。 なお、この記事は『「空腹」こそ最強のクスリ』を参考にしています。 それでは、「リーンゲインズ」とは何なのかを解説していきます。 「リーンゲインズ」とは? 「リーンゲインズ」は1日24時間のうち、食事する時間を8時間以内におさめて、残りの16時間は水やお茶以外は摂らないというものです。 16時間と言いましたが、女性は12~14時間、男性も14~16時間は食事しない時間にします。 食事をする8時間はカロリーを気にすることなく、何でも食べてOKです。 睡眠時間と組み合わせると、8時間ほど断食をすれば良いのですが、最初は空腹がかなり辛いです。 そんなときは、ナッツを食べたり、バターコーヒーを飲んで空腹をしのぎます。 バターコーヒーに関してはこちらの記事をご覧ください。 【活性酸素の発生原因】• 紫外線を長時間浴びる• ストレスが溜まる• 激しい運動• 農薬・除草剤などの薬物が体内に入る などによって活性酸素は発生しますが、僕たちの細胞の中にも活性酸素の発生、抗酸化酵素の衰えに深く関与しているものがあります。 それが「 ミトコンドリア」です。 あまり働かないミトコンドリアを生まれ変わらせる! ミトコンドリアは、僕たちの細胞の中にある小さな器官で、1つの細胞に数百~数千個あります。 ミトコンドリアは人間の生命活動に必要なエネルギーをせっせと作っていますが、 その過程で活性酸素も発生します。 体内にある活性酸素の9割はミトコンドリアが作り出していますが、ミトコンドリアの中には抗酸化酵素も存在しています。 細胞の中には「新しいミトコンドリア」と「古いミトコンドリア」が存在します。 新しいミトコンドリアは、たくさんのエネルギーを生み出しますし、抗酸化酵素が活発に働くため、活性酸素をあまり発生させません。 しかし、古いミトコンドリアはエネルギーをあまり生み出すことが出来ませんし、抗酸化酵素の働きが鈍いため、活性酸素がたくさん発生します。 つまり、細胞内のミトコンドリアが古かったり、数が少なかったりすると活性酸素が多く発生してしまい、それが疲労・老化の原因となるのです。 改善するには、細胞内のミトコンドリアを新しくし、数を増やすことです。 そのために、「リーンゲインズ」がうってつけなのです。 なぜなら、16時間「空腹の時間」をつくることで、「オートファジー」という現象が起き、細胞内の古いミトコンドリアが一掃され、新しく生まれ変わるからです。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 【成長ホルモンの効果】• 代謝を高める• 筋肉量を増やす• コラーゲンを作る• 脂肪の分解を促進する などの効果があり、成長ホルモンが多く分泌されると、シワ・シミなどの肌のトラブルが改善されます。 先程、40代から老化が加速する!と説明しましたが、40代頃から成長ホルモンの分泌量が20代頃の半分ほどになってしまうため、そのことも老化を加速させる原因の1つです。 まとめ 日本はものすごい勢いで高齢化が進んでいます。 総務省が公表した2019年の65歳以上の方は3588万人で総人口に占める割合は28. 4%でした。 日本はこれからも高齢化が進んでいくことでしょう。 年金の受給年齢はどんどん上がり、65歳になってもバリバリ働かなくてはいけなくなります。 そうなってくると、大切になるのが健康で若々しい肉体です。 若さにかまけて身体に無理をさせたら、のちのち痛い目に遭います!! リーンゲインズを実践して、.

次の

リーンゲインズでストレス無しの減量!その効果を科学的に解説【実体験】

リーン ゲインズ 効果

腹筋が割れる 美肌になる 頭の回転が良くなる 調理・カロリー計算の手間が減る 1食分の食事量が増やせるので満足が得られる 朝食を抜く場合には、こんなにメリットが多いのです。 実は、この手法は リーンゲインズダイエットというダイエット法に基づくものなのです。 リーンゲインズとは・・・ 短時間の断食を取り入れたダイエット法で、食事を摂る時間と全く摂らない時間を決めて、そのサイクルを繰り返します。 英語では「インターミッテント・ファースティング」と呼ばれるカテゴリーに入るダイエット法のひとつで、そのまま日本語に訳すと「 断続的な断食」となります。 「食事を抜く」という意味では、最近日本でよく聞く「ファースティング・ダイエット」や「断食ダイエット」と共通する所もあります。 引用にもありますが、要するにプチ断食と言われる行為なのです。 断食と聞くと、『うわー・・・』って思う方いますよね? 私も少し思いました笑 このプチ断食法のポイントは2つ 1日のうち16時間程度、まったくカロリーをとらない 自分に合った食事量(カロリー収支・三大栄養素)を摂るという食事管理の基本は変わらない 本当に効果あるの?って思いますよね? しかし、この行為には少なからず根拠があるのです。 プチ断食の根拠って? そもそも断食って必要なのかご説明します。 人間は、もともと3食たべる生き物ではないのです。 現代でこそ冷蔵庫があり、 朝起きたら食料が簡単に手に入る。 こんな状況にありますが、 狩猟民族であった時代でいうとどうでしょうか? 狩りを行ってから食事が普通なのです。 朝一番で食事を摂るのは現代ならではの事案なのです。 おそらく、 食事は3食摂ってこそ健康になれる!という方がいるでしょう。 この根拠は実は曖昧なのです。 これは、食事を3食摂るから・・・ではなく 決まった食生活を送り、そもそも健康に気を使っている人だからかもしれないからです。 繰り返しますが、育ち盛りならともかく、 一般の大人が 食事を3食摂ることにメリットはありません。 朝、ご飯をたべないと脳みそが働かないっていう人もいますよね。 頭の回転が速くなるのは、副交感神経がリラックスしているときと言われます。 実は、朝はこの、副交感神経よりも交感神経が優位となっている時間帯であり 朝は食事をする時間として向いていないのです! さて、朝食を摂るメリットはほぼないことはお分かりいただけたでしょう。 続いて、プチ断食の効果です。 人間の内臓は、本来休憩時間が必要です。 1日に3食とると、内臓は1日中働きます。 これって、体に負担をかけているのです。 つまり老化の原因です。 しかし、プチ断食をすると 内臓の休憩時間ができます。 さらに 空腹が長いことで 脂肪を血中に溶かしエネルギー源にしようとするのです。 ここに大きなダイエット効果が期待できるのです。 具体的にどうやるの 16時間カロリーをとらない 簡単に言うけど、どうやるの?って思いますよね。 結論から言うと、睡眠時間を含むのが一番効果的です。 つまり、 『昼12時から夜8時の間に必要な食事量を摂取する』です。 ただし、 脂肪をエネルギーとして利用することに体が慣れるまでは 苦しい期間が続くのです。 私の経験から、この空腹を紛らわす手段として ・空腹時に散歩などの軽めの運動する。 ・必ず決めた時間帯で食事する癖をつける。 一つ目は、運動による血糖値の低下による空腹感の減少が狙いです。 朝起きて、軽く腕立て・腹筋、会社への徒歩での通勤でかなり気がまぎれます。 二つ目は、忙しくても、必ず昼などの時間にバナナ1本でも胃に入れる。 習慣を早くつけるためにも決まった時間帯に食事する癖をつけるのが、 苦しい期間を短くするための手段なのです。 さいごに ここまでで プチ断食の効果はご理解いただけたと思います。 リーンゲインズを行うためには、朝食を抜くのが一番効率的なのです。 そして、朝食を抜くことで得られるメリットは多く、 健康にもつながる手段です。 私自身のダイエット効果も今後ご報告させていただき、 実践効果を示していきますのでお楽しみに! ではまた!.

次の

リーンゲインズダイエットは女性にも効果あり!プロテインや食事は?

リーン ゲインズ 効果

16時間断食(プチファスティング)とは? 16時間断食とはその名の通り 1日24時間のうち16時間は食べずに断食をし、残りの8時間は好きな物を食べるというダイエット方法になります。 16時間も食べられない!と聞くと恐ろしく思いますが、 寝ている時間も含めての16時間ですし、その断食の間もお水やお茶・コーヒーや紅茶などノンカロリーの水分はもちろん摂取して構わないので、案外ラクに過ごすことができます。 睡眠時間を8時間とすると、その前後8時間は食べないということになります。 計算すると、、 夕食を20時に食べ終えた場合は翌日の昼12時から食べることができる、ということですね。 私の基本のパターンは夜8時に夕食を済ませ、、寝る。 そして朝食を抜いて、昼食を12時に摂る。 そしてまた夜8時までに晩ご飯を食べ終える。 1日2食、食べたいものを食べる! 簡単にいうと、そんな感じです。 著名な医師・先生方からプチ断食の書籍がたくさん発行されています。 ネット上にもこの手のダイエット方法について様々な詳しいやり方が出ていますが、微妙に内容が違ったものが沢山ありました。 例えば、筋トレは週に2~3回し何でも食べて良いと書かれているものもあれば、運動はしなくても良いから糖質制限をしっかり守ること、と書かれているものもあります。 その他、食べる食事に制限を設けている断食方法もありました。 私は色んな先生や実際に実行された方のやり方を調べ、16時間断食は守る!運動は週2回以上は行う!ことを心に決めて、食事に関しては出来る範囲で取り組むことにしました。 本当は糖質カットまでいかなくても糖質制限はした方がダイエットには効果的だと思います。 でも好きな食べ物を我慢し過ぎてストレスを溜め込んで16時間断食を続けられなかったり、途中でドカ食いしたりしないように、糖質は気にしつつも完全にカットはせずにストレスなくしっかり続けていこうと思っています。 また16時間の断食が推奨されてはいますが、 女性の場合は12時間~14時間の断食が適切だという情報もありましたので、お友達とのランチの予定がある場合や夜の飲み会などがある場合は時間は多少ずれても気にしないでいこうと考えています。 そう考えると、かなり実行しやすいダイエット法ではないかと思いますよ。 16時間断食(8:16時間ダイエット)のメリットとデメリット 16時間断食はダイエット効果だけでなく様々な健康効果をもたらすようです! 太っているから・脂肪を無くしたいからだけじゃなく、16時間断食(プチファスティング)により万病を遠ざけ、健康的に痩せることができそうです。 プチ断食のメリット• 1食を抜くことにより摂取カロリーが抑えられ、体重が減る• 足りないエネルギーを蓄えられた脂肪から得ようとするため、内臓脂肪・体脂肪が燃焼し、スリムな体をキープすることができる• 胃腸を休ませることで消化能力・吸収力を高め、排泄力が向上する• 腸内環境が改善することで、本来持っている免疫力や抗体力、自然治癒力を高めることが出来る• 体の中の老廃物や毒素を排出するデトックス効果があり、便秘解消や美肌効果がある• 糖質制限を行うことにより血糖値の乱高下がなく血糖値が安定するので、血管や臓器へのダメージが減り、糖尿病・脳卒中・心臓病といった生活習慣病のリスクを大幅に下げることができる• 朝食を抜くことで、朝の時間が長い!有意義に使うことができる• 胃が小さくなるので、今までに比べて小食で満足できるようになる プチ断食のデメリット• プチ断食中は意識して水分を多く摂った方が良い(1. 5~2リットル)• プチ断食後の食事で食べ過ぎてしまうと、逆にリバウンドすることがある• 2食分の食事は栄養バランスを考えて食べた方が良い 半日断食(12~16時間)の効果的なやり方・方法• 16時間断食(1日のうち最初の食事から8時間以内で最後の食事を済ませる)• 食事は出来るだけタンパク質を多めに、バランスの良い食事にする• 週2~3回の運動を行い、その日は炭水化物の摂取もOKとする• 脂質は摂っても太らない 肉や青魚の脂・バター・マヨネーズ・オリーブオイルなど)• 糖質は控える(ご飯・パン・パスタ・イモ類・果物・お菓子・清涼飲料水など)• 糖質の少ないお酒は摂取OK(焼酎・ハイボール・辛口ワインなど)• 流行りなんでしょうか。。 色々なダイエット本を立ち読みし、簡単そうで私でも取り組めそうな内容であり、かつ安全で実績がある本を選んで購入したつもりです。 江部医師は17年間、この本に書かれている食事術を実践して超健康体を維持しているんだそう。。 食事術が中心の内容ですが、わかりやすいのでおすすめです。 本のカバーの裏に食品の糖質量やカロリーなどが表になって印刷されています。 「金スマ」で紹介され、番組史上、最も楽して痩せる食事術として大反響でしたね! おすすめの無料ダイエットアプリ 課金なし!無料で使えるダイエットアプリをご紹介します。 30日間のスケジュールが組まれたアプリを選びました。 家でこっそり運動を続ける励みになります! 毎日少しずつトレーニングメニューもかわり、飽きずに頑張れます。 こちらはAIからの音声はありませんが、画面上にメッセージは出てきます。 かなりシンプルですが完全無料なのが良い!です。 16時間断食に1週間挑戦した内容と結果 具体的に毎日の食べたものを記録しました。 (午前中に計測した段階では-200g) 5日目: 昼、たこ焼き10個・プロテイン・バナナチップス・チョコ1枚 夜、ラザニア・豆腐チゲ 体重と体脂肪は計り忘れました。 書き込んでみて、自分でもビックリの暴飲暴食。 参考にした本「内臓脂肪がストン! と落ちる食事術」をまるで無視した食事をし続けてしまいました。 まとめ 1週間、16時間の断食と週2回の運動(ジムでの筋トレ)と毎日のプランクワークアウト&スクワットをしつつも、食べたい物を食べ続けた 結果は・・・ 体重 マイナス 800g 体脂肪 プラス 0. 5% でした。 どうなんでしょう。 食事制限をしないとやっぱりダメな気がしてきました。 ただ体の調子は悪くなく、頭痛がしたり疲れるといったことは私の場合ありませんでした。 糖質をカットしていないので断食中は空腹を感じましたが、大好きなお茶を飲んだり水を飲んだりすると問題なく断食できましたし、朝食を食べない時間がフリータイムとなるので午前中を有意義に使うことができ良い面もたくさんありました。 次週は16時間断食に加えて、もう少し運動や食事制限も取り入れてやっていきたいと思います。

次の