クローム リモート デスクトップ 接続 できない。 【Windows】リモートデスクトップで再起動/シャットダウンする方法

遠隔地から社内PCにアクセス可能な「Chromeリモートデスクトップ」、VPN環境との違いは?

クローム リモート デスクトップ 接続 できない

こんな方におすすめ• Chromeリモートデスクトップの使い方を知りたい方• Chromeリモートデスクトップが繋がらないので対処方法を知りたい方• テレワークをしたいが、会社のパソコンが使えないと嘆いている方• 外出先から会社のパソコンを操作して仕事をしたい方 上記のような方はご覧ください。 わたしはWebディレクターとして働いているが、出張など終日外出することもある。 外出先からChromeリモートデスクトップを使って、会社のパソコンにアクセスして仕事をすることがある。 会社のメールもそのまま利用することもできる。 ファイルサーバーやIP制限のかかっているサイトも閲覧することができる。 長時間の外出でも安心して仕事をすることができるのはありがたい。 会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップをインストール• 会社のパソコン(操作される側)のChromeリモートデスクトップの設定• 自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップをインストール• 自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップ開始• 【動画】Chromeリモートデスクトップの接続方法 1.会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップをインストール 操作される側のパソコンをホストコンピュータとするために、Google Chrome リモートデスクトップをインストールする。 難しいことは一切なく、画面の手順にしたがっていればOKだ。 Google Chromeブラウザを立ち上げて、アドレスバーに以下のURLを入力して、アクセスをする。 画面の案内に従ってインストールを始める。 remotedesktop. google. Chromeリモートデスクトップの アプリの案内が右下に表示されるが、後からでもインストール可能だ。 今回は、アプリではなくブラウザの拡張機能としてインストールする。 別ウインドウが立ち上がり、機能拡張の Chrome Remote Desktopの案内画面になる。 「 Chromeに追加」ボタンをクリックする。 「Chrome Remote Desktop」を追加しますか?と表示されるため、「 拡張機能を追加」をクリックする。 ブラウザの右上にアイコンが追加された。 これでChromeの機能拡張がインストールされた。 操作される側のパソコンにはソフトのインストールが必要で、画面に従って「 同意してインストール」を押す。 下記のファイルがダウンロードされているため、自動でインストールが始まらない場合は自ら起動させよう。 Windows:chromeremotedesktophost. msi• Mac:chromeremotedesktop. dmg 2.会社のパソコンのChromeリモートデスクトップの設定 インストールが完了すれば、 会社のパソコン(操作される側)に設定をする。 パソコンに任意の名前をつけて、パスワードを設定するだけだ。 操作にはChromeに Gmailアカウントでログインしておく必要がある。 まずは、ブラウザの 右上にあるChromeリモートデスクトップのアイコンをクリックもしくは、 remotedesktop. google. 名前の選択画面が表示される。 任意の名前を入力して「次へ」をクリックする。 わかりやすい好きな名前をつけるといいだろう。 今回、わたしは以前使っていたWindowsのSurfaceProを操作される側のパソコンとしたため「Windows-SurfacePro」と名付けた。 続いて、PIN(パスワード)の入力を行う。 操作する側のパソコンでPINの入力を求められるため、忘れないようにする。 PINを入力し「 起動」をクリックする。 設定を編集・削除したい場合は、各アイコンをクリックすればよい。 これで操作される側のパソコンの設定が全て完了した。 次に自宅のパソコン(操作する側)にもChromeリモートデスクトップをインストールする。 3.自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップをインストール 操作する側のパソコンにもChromeの機能拡張であるChromeリモートデスクトップをインストールする。 remotedesktop. google. 4.自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップ開始 実際にChromeリモートデスクトップの使い方は、ブラウザの右上のアイコンをクリックしてChromeリモートデスクトップを起動する。 Chromeリモートデスクトップを起動すると、 先ほど会社側のパソコンで設定したデバイスが画面に表示されている。 オンライン状態であることを確認してクリックする。 PINを入力すれば、接続が完了する。 接続が完了するとChromeのブラウザの中で、会社のパソコン(操作される側)が表示されているのがわかるだろうか? 今回は、会社:Windows/自宅:Macを想定したものとなっている。 全画面にしたい場合は、Chromeのブラウザ右の矢印をクリックするとメニューが表示され、「全画面表示」をクリックで、画面いっぱいに会社側のパソコン画面が表示される。 会社のパソコン(操作される側)にしか見えない状態となる。 5.【動画】Chromeリモートデスクトップの使い方・接続方法 会社のパソコン(操作される側)が起動している状態で、自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップから遠隔操作する様子の動画となっている。 Chromeリモートデスクトップのメリット・デメリット メリット• 無料で始められる• 特殊なソフトは何もいらない• タブレットやスマホからでも接続可能 スマホやタブレットからでも遠隔操作が可能だ。 Google Playや App Storeから「 Chromeリモートデスクトップ」を検索して、アプリをダウンロードすればよいだろう。 デメリット• 操作される側のパソコンは常に電源を入れておく必要がある• 操作される側のパソコンがフリーズなど動かなくなった場合に対処できない• 操作される側のパソコンのモニタ電源を落としておかないと操作画面が見られてしまう• ネットの回線が安定していないとカクつく• セキュリティに十分に注意しなければならない あくまでも 一時的にリモートで会社のパソコンを操作するという使い方になるだろう。 数日間など、長期に渡るリモートワークでは向いていない。 Chromeリモートデスクトップに関するよくある質問• 会社のパソコン(操作される側のパソコン)• 自宅のパソコン(操作する側のパソコン)• Webブラウザ「Chrome」• GoogleのGmailアカウント 会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップのインストールを行い、名前とPIN(パスワード)を設定しておく。 その際に、Googleのアカウントが必要だ。 自宅のパソコン(操作する側)にもChromeリモートデスクトップをインストールする。 デバイスを選択し、PINを入力後、起動すると接続が開始される。 一度、設定してしまえば、会社のパソコンは起動さえしておけばよい。 非常に簡単に遠隔操作が可能になるため、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務などでも役に立つのではないだろうか。

次の

リモートデスクトップ接続ができない場合の10の対応方法

クローム リモート デスクトップ 接続 できない

デバイスの多様化に伴い、外出先からでも社内ネットワークへ接続できるリモートアクセスが普及してきています。 OSやアプリに備わっている「リモートデスクトップ機能」を利用すれば、外出先でもオフィス同様の環境で作業できることから、テレワークの導入にも不可欠といえます。 しかし、こうしたリモートデスクトップ機能を利用するには、社内のVPN構築が必要です。 VPN構築には専用機器の準備や複雑な設定を伴うため、VPN導入に踏み切れないという会社も少なくありません。 そこで視野に入れたいのは、Googleが提供している「Chromeリモートデスクトップ」サービスです。 本記事では、Chromeリモートデスクトップの機能や使い方、VPN環境との違いについて解説します。 Googleが提供する「Chromeリモートデスクトップ」とは? 遠隔地から社内PCへのアクセスを可能にする、リモートデスクトップ機能が備わったGoogle Chromeの拡張機能・アプリケーションのこと。 「Google Chrome」ブラウザの拡張機能として提供されています。 デバイスに「Chromeリモートデスクトップ」をインストールすることで、2台のPCをインターネット上で結び、外出先からでも社内PCへアクセスして遠隔操作ができるようになります。 最大の特徴は、社内にVPNを構築しなくても良いという点です。 インターネット環境があれば無料でリモートデスクトップ機能を利用できるため、VPN機器の準備や複雑な設定は必要ありません。 VPN構築に比べて手間やコストを抑えられるという利点から、小規模オフィスやテレワークなどで、手軽にリモートアクセス環境を導入したい企業に便利といえるでしょう。 Chromeリモートデスクトップの対応OS Chromeリモートデスクトップは、WindowsをはじめとするさまざまなOSに対応しており、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスに向けたクライアントアプリも無料で提供されています。 ) 対応OS Windows、Mac、Linux、Chromebook、Android、iOS Chromeリモートデスクトップを利用する 利用にあたり、まずインターネット環境があること、そしてデバイスに「Google Chrome」がインストールされていることが条件です。 その後、各デバイスに拡張機能「Chromeリモートデスクトップ」をインストールしましょう。 スマートフォンなどのモバイルデバイスで利用する場合には、Chromeリモートデスクトップのアプリをインストールしてください。 接続する双方のデバイスでの設定について、主な流れは以下の通りです。 PCからChromeを開き、アドレスに『remotedesktop. google. 「リモートアクセスの設定」をクリックし、画面の手順に沿ってインストール 3. Googleアカウントやパスワードの入力が求められる場合は入力 4. デバイス間を認証するためのPINを設定(任意の数字で構いません) PINはリモートデスクトップの接続を保護するための認証パスワードです。 不正アクセスを防ぐために、推測されないものを設定しましょう。 PCからChromeを開き、アドレスに『remotedesktop. google. アプリを起動し、リモートアクセスするPCを選択 3. 接続先のPCのPINを入力 うまく接続できない場合、ファイアウォールなどのセキュリティ設定によって接続がブロックされている可能性があります。 利用可否については、企業のセキュリティポリシーを踏まえた上で検討することが重要です。 VPN環境との違いとは? 「Chromeリモートデスクトップ」機能を用いたリモートアクセスは、手軽に導入できる非常に便利なサービスです。 しかしその一方で、外部から自由にアクセスできること、セキュリティ認証が十分でないなどの問題点があることから、不正アクセスや情報漏えいのリスクを把握しておかなければなりません。 その点、VPNは各拠点間を仮想プライベートネットワークで接続しており、通信時にはトンネリングやカプセル化といったデータを保護する技術が用いられています。 部外者がデータを盗み見しようとした場合でも、通信内容が見えないよう暗号化されます。 重要なデータを抱える企業にとって、ネットワークの安全性は妥協できないポイントの1つ。 実際に、多くの企業ではリモートデスクトップ機能の使用を禁止しているところも多く、テレワークなどのリモートアクセスの構築には、安全性の高いVPNを用いるケースが増えてきています。 VPN機器の導入や設定は必要ですが、社内で安全にリモートアクセスを行いたいケースでは、「Chromeリモートデスクトップ」よりもVPN構築を選ぶ方が安心といえるでしょう。 各拠点の重要度や、企業のセキュリティポリシーに合ったサービスを選ぶことが重要です。

次の

【不具合解決】Chromeリモートデスクトップが接続できない等の対応方法

クローム リモート デスクトップ 接続 できない

こんな方におすすめ• Chromeリモートデスクトップの使い方を知りたい方• Chromeリモートデスクトップが繋がらないので対処方法を知りたい方• テレワークをしたいが、会社のパソコンが使えないと嘆いている方• 外出先から会社のパソコンを操作して仕事をしたい方 上記のような方はご覧ください。 わたしはWebディレクターとして働いているが、出張など終日外出することもある。 外出先からChromeリモートデスクトップを使って、会社のパソコンにアクセスして仕事をすることがある。 会社のメールもそのまま利用することもできる。 ファイルサーバーやIP制限のかかっているサイトも閲覧することができる。 長時間の外出でも安心して仕事をすることができるのはありがたい。 会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップをインストール• 会社のパソコン(操作される側)のChromeリモートデスクトップの設定• 自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップをインストール• 自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップ開始• 【動画】Chromeリモートデスクトップの接続方法 1.会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップをインストール 操作される側のパソコンをホストコンピュータとするために、Google Chrome リモートデスクトップをインストールする。 難しいことは一切なく、画面の手順にしたがっていればOKだ。 Google Chromeブラウザを立ち上げて、アドレスバーに以下のURLを入力して、アクセスをする。 画面の案内に従ってインストールを始める。 remotedesktop. google. Chromeリモートデスクトップの アプリの案内が右下に表示されるが、後からでもインストール可能だ。 今回は、アプリではなくブラウザの拡張機能としてインストールする。 別ウインドウが立ち上がり、機能拡張の Chrome Remote Desktopの案内画面になる。 「 Chromeに追加」ボタンをクリックする。 「Chrome Remote Desktop」を追加しますか?と表示されるため、「 拡張機能を追加」をクリックする。 ブラウザの右上にアイコンが追加された。 これでChromeの機能拡張がインストールされた。 操作される側のパソコンにはソフトのインストールが必要で、画面に従って「 同意してインストール」を押す。 下記のファイルがダウンロードされているため、自動でインストールが始まらない場合は自ら起動させよう。 Windows:chromeremotedesktophost. msi• Mac:chromeremotedesktop. dmg 2.会社のパソコンのChromeリモートデスクトップの設定 インストールが完了すれば、 会社のパソコン(操作される側)に設定をする。 パソコンに任意の名前をつけて、パスワードを設定するだけだ。 操作にはChromeに Gmailアカウントでログインしておく必要がある。 まずは、ブラウザの 右上にあるChromeリモートデスクトップのアイコンをクリックもしくは、 remotedesktop. google. 名前の選択画面が表示される。 任意の名前を入力して「次へ」をクリックする。 わかりやすい好きな名前をつけるといいだろう。 今回、わたしは以前使っていたWindowsのSurfaceProを操作される側のパソコンとしたため「Windows-SurfacePro」と名付けた。 続いて、PIN(パスワード)の入力を行う。 操作する側のパソコンでPINの入力を求められるため、忘れないようにする。 PINを入力し「 起動」をクリックする。 設定を編集・削除したい場合は、各アイコンをクリックすればよい。 これで操作される側のパソコンの設定が全て完了した。 次に自宅のパソコン(操作する側)にもChromeリモートデスクトップをインストールする。 3.自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップをインストール 操作する側のパソコンにもChromeの機能拡張であるChromeリモートデスクトップをインストールする。 remotedesktop. google. 4.自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップ開始 実際にChromeリモートデスクトップの使い方は、ブラウザの右上のアイコンをクリックしてChromeリモートデスクトップを起動する。 Chromeリモートデスクトップを起動すると、 先ほど会社側のパソコンで設定したデバイスが画面に表示されている。 オンライン状態であることを確認してクリックする。 PINを入力すれば、接続が完了する。 接続が完了するとChromeのブラウザの中で、会社のパソコン(操作される側)が表示されているのがわかるだろうか? 今回は、会社:Windows/自宅:Macを想定したものとなっている。 全画面にしたい場合は、Chromeのブラウザ右の矢印をクリックするとメニューが表示され、「全画面表示」をクリックで、画面いっぱいに会社側のパソコン画面が表示される。 会社のパソコン(操作される側)にしか見えない状態となる。 5.【動画】Chromeリモートデスクトップの使い方・接続方法 会社のパソコン(操作される側)が起動している状態で、自宅のパソコン(操作する側)のChromeリモートデスクトップから遠隔操作する様子の動画となっている。 Chromeリモートデスクトップのメリット・デメリット メリット• 無料で始められる• 特殊なソフトは何もいらない• タブレットやスマホからでも接続可能 スマホやタブレットからでも遠隔操作が可能だ。 Google Playや App Storeから「 Chromeリモートデスクトップ」を検索して、アプリをダウンロードすればよいだろう。 デメリット• 操作される側のパソコンは常に電源を入れておく必要がある• 操作される側のパソコンがフリーズなど動かなくなった場合に対処できない• 操作される側のパソコンのモニタ電源を落としておかないと操作画面が見られてしまう• ネットの回線が安定していないとカクつく• セキュリティに十分に注意しなければならない あくまでも 一時的にリモートで会社のパソコンを操作するという使い方になるだろう。 数日間など、長期に渡るリモートワークでは向いていない。 Chromeリモートデスクトップに関するよくある質問• 会社のパソコン(操作される側のパソコン)• 自宅のパソコン(操作する側のパソコン)• Webブラウザ「Chrome」• GoogleのGmailアカウント 会社のパソコン(操作される側)にChromeリモートデスクトップのインストールを行い、名前とPIN(パスワード)を設定しておく。 その際に、Googleのアカウントが必要だ。 自宅のパソコン(操作する側)にもChromeリモートデスクトップをインストールする。 デバイスを選択し、PINを入力後、起動すると接続が開始される。 一度、設定してしまえば、会社のパソコンは起動さえしておけばよい。 非常に簡単に遠隔操作が可能になるため、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務などでも役に立つのではないだろうか。

次の