ナビゲーター ストーンズ。 NAVIGATOR 歌詞『SixTONES』

SixTONES「NAVIGATOR」の歌詞と意味!歌割りは?|feel peaceful

ナビゲーター ストーンズ

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。 3月28日(木)のオンエアでは、いきものがかりの水野良樹とのコンビでお届けしました。 注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。 この週は現在、TOC五反田メッセで企画展が行われているザ・ローリング・ストーンズを特集しました。 バンド結成からメジャーデビューとその快進撃、そして事件にまで発展したライブや、初代バンドリーダーだったブライアン・ジョーンズの死があった60年代、自主レーベルを設立後、歴史的名盤を量産した70年代、そして、ミック・ジャガーとキース・リチャーズの険悪な仲によるバンド停滞期から雪解けをした80年代を振り返りました。 最終日はその続き、1990年代から現在までの軌跡を辿りました。 東京ドーム10回連続公演を成功させ、社会現象にもなりました。 この復活ライブの模様は、ライブアルバム『Flashpoint』としてリリースされました。 好スタートを切ったストーンズですが、1993年に長年のメンバーとして活躍したベーシストのビル・ワイマンの脱退というショッキングな出来事もありました。 その後、ミック、キース、ロン・ウッド、チャーリー・ワッツの4人の正式メンバーに加え、サポートベースにとしてダリル・ジョーンズを迎え活動を続行します。 1994年、バンドは5年ぶりとなるアルバム『Voodoo Lounge』を制作。 小さい頃からストーンズのファンだった名プロデューサーのドン・ウォズがプロデュースを担当しました。 この作品は60年代後半のサイケポップや70年代前半のストーンズらしさを彷彿とさせる、バンドのキャリアを生かした作品となり、「グラミー賞」でベストロックアルバムを獲得しました。 南アフリカ、チェコ、ハンガリー、インド、中国など、さまざまな都市でライブを開催。 2006年にはアメリカンフットボールの祭典「第40回スーパーボール」のハーフタイムショーへの出演や、ブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナ海岸で世界最大級のフリーコンサートを実現しました。 このコンサートには150万人が集まったそうです。 リリースは、全盛期のようなペースではなくなりましたが、2005年には8年ぶりのアルバム『A Bigger Bang』をリリース。 さらに、2008年にはマーティン・スコセッシ監督が手掛けた映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』が公開。 ニューヨーク「ビーコン・シアター」でおこなわれたライブを撮ったドキュメンタリーです。 ライブの舞台裏まで映しだし、当時40年以上のキャリアを誇るストーンズの姿が、リアルに垣間見られる映画となり、ヒットを記録しました。 藤田:映画監督がストーンズを撮ったから、カメラワークとかが(普通のライブ映像と)違うんです。 それでいてストーンズ愛にあふれているカット割り。 なぜスコセッシ監督なのか、みたいなところも見てほしい。 元メンバーのビル・ワイマンやミック・テイラーに加え、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・メイヤー、デイヴ・グロール、レディー・ガガなどが参加して話題になりました。 さらに50周年を飾る50曲入りのアルバムオールタイムベスト『GRRR! 〜グレイテスト・ヒッツ1962-2012』をリリース。 ここには7年ぶりの新曲も収録されました。 当時のメンバーは70歳前後という年齢ながら、全く衰えとは無縁のフレッシュで勢いのある曲で、往年のファンをはじめ、初めてストーンズを聴いた世代のリスナーも魅了しました。 水野:キースの一言一言に重みがある。 明るさというかユーモアもスッと入ってきて強い。 カッコいいな。 藤田:ストーンズの結成から前半までの波乱万丈ぶりは「大丈夫?」って感じだったけど、まあ、どのバンドもずっと順風満帆ではないですからね。 水野:でも、「不良だ」って言われていたストーンズが、こんなに長くバンドを続けていて、メンバーもそろっている。 それがすごいですよね。 藤田:屈託のない4人の笑顔のアーティスト写真がとても印象的ですよね。 4月19日(金)には、ストーンズのベストアルバム『HONK』がリリースされます。 jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送後1週間は「radiko. jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 j-wave. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

NAVIGATOR 歌詞『SixTONES』

ナビゲーター ストーンズ

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。 3月28日(木)のオンエアでは、いきものがかりの水野良樹とのコンビでお届けしました。 注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。 この週は現在、TOC五反田メッセで企画展が行われているザ・ローリング・ストーンズを特集しました。 バンド結成からメジャーデビューとその快進撃、そして事件にまで発展したライブや、初代バンドリーダーだったブライアン・ジョーンズの死があった60年代、自主レーベルを設立後、歴史的名盤を量産した70年代、そして、ミック・ジャガーとキース・リチャーズの険悪な仲によるバンド停滞期から雪解けをした80年代を振り返りました。 最終日はその続き、1990年代から現在までの軌跡を辿りました。 東京ドーム10回連続公演を成功させ、社会現象にもなりました。 この復活ライブの模様は、ライブアルバム『Flashpoint』としてリリースされました。 好スタートを切ったストーンズですが、1993年に長年のメンバーとして活躍したベーシストのビル・ワイマンの脱退というショッキングな出来事もありました。 その後、ミック、キース、ロン・ウッド、チャーリー・ワッツの4人の正式メンバーに加え、サポートベースにとしてダリル・ジョーンズを迎え活動を続行します。 1994年、バンドは5年ぶりとなるアルバム『Voodoo Lounge』を制作。 小さい頃からストーンズのファンだった名プロデューサーのドン・ウォズがプロデュースを担当しました。 この作品は60年代後半のサイケポップや70年代前半のストーンズらしさを彷彿とさせる、バンドのキャリアを生かした作品となり、「グラミー賞」でベストロックアルバムを獲得しました。 南アフリカ、チェコ、ハンガリー、インド、中国など、さまざまな都市でライブを開催。 2006年にはアメリカンフットボールの祭典「第40回スーパーボール」のハーフタイムショーへの出演や、ブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナ海岸で世界最大級のフリーコンサートを実現しました。 このコンサートには150万人が集まったそうです。 リリースは、全盛期のようなペースではなくなりましたが、2005年には8年ぶりのアルバム『A Bigger Bang』をリリース。 さらに、2008年にはマーティン・スコセッシ監督が手掛けた映画『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』が公開。 ニューヨーク「ビーコン・シアター」でおこなわれたライブを撮ったドキュメンタリーです。 ライブの舞台裏まで映しだし、当時40年以上のキャリアを誇るストーンズの姿が、リアルに垣間見られる映画となり、ヒットを記録しました。 藤田:映画監督がストーンズを撮ったから、カメラワークとかが(普通のライブ映像と)違うんです。 それでいてストーンズ愛にあふれているカット割り。 なぜスコセッシ監督なのか、みたいなところも見てほしい。 元メンバーのビル・ワイマンやミック・テイラーに加え、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・メイヤー、デイヴ・グロール、レディー・ガガなどが参加して話題になりました。 さらに50周年を飾る50曲入りのアルバムオールタイムベスト『GRRR! 〜グレイテスト・ヒッツ1962-2012』をリリース。 ここには7年ぶりの新曲も収録されました。 当時のメンバーは70歳前後という年齢ながら、全く衰えとは無縁のフレッシュで勢いのある曲で、往年のファンをはじめ、初めてストーンズを聴いた世代のリスナーも魅了しました。 水野:キースの一言一言に重みがある。 明るさというかユーモアもスッと入ってきて強い。 カッコいいな。 藤田:ストーンズの結成から前半までの波乱万丈ぶりは「大丈夫?」って感じだったけど、まあ、どのバンドもずっと順風満帆ではないですからね。 水野:でも、「不良だ」って言われていたストーンズが、こんなに長くバンドを続けていて、メンバーもそろっている。 それがすごいですよね。 藤田:屈託のない4人の笑顔のアーティスト写真がとても印象的ですよね。 4月19日(金)には、ストーンズのベストアルバム『HONK』がリリースされます。 jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。 番組放送後1週間は「radiko. jpタイムフリー」機能で聴き直せます。 j-wave. 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

NAVIGATOR

ナビゲーター ストーンズ

新曲についてバンド・メンバーからのメッセージも到着している。 ミック・ジャガー:「ロックダウンの前に、ストーンズはスタジオで新曲をレコーディングしていた。 その中に、いま現在の状況に共鳴するような曲があったんだ。 だから、それぞれが個別に作業してこの曲を仕上げた。 気に入ってもらえると嬉しいよ」 キース・リチャーズ:「長い話を短く説明しよう。 この曲は1年以上前にLAでレコーディングしていた。 以前から作業しているニュー・アルバムに入る予定の曲だった。 そしてこの事態になって、ミックと、あの曲を早急に仕上げて出そうということになった。 みんな、気をつけてくれよ!」 チャーリー・ワッツ:「この曲を仕上げるのは楽しかった。 現状を表わしていると思うし、聴く人もそう感じてくれるといいなと思っている」 ロニー・ウッド:「この数週間、多くの人たちからメッセージをもらっている。 本当にありがとう。 君たちが音楽を楽しんでくれているということは、俺たちにとって、すごく大事なことなんだ。 今日は皆に新曲を届けるよ。 楽しんでもらえるといいな。

次の