貴景勝。 貴景勝のお母さんが美人と話題!芦屋のお嬢様?若い頃の家族写真も

貴景勝ら元貴乃花の弟子たちに千賀ノ浦親方が怒り 恩知らずな態度か

貴景勝

第9回大相撲総選挙にご投票いただき、ありがとうございました。 投票だけでなく、多くの皆さまから熱いメッセージをいただきましたので、ごく一部ですが紹介いたします。 23歳でこの精神力なのだから、これからどのような力士になるのか楽しみ。 本来、明るい関西人なのに、いつも普通ですと仏頂面で答える大関が大好き。 若いのに言動がしっかりしていて、自分に厳しい、まるで武士のような感じが好きです。 それを見て、努力されたんだなと、胸がキュッとなりました。 『波瀾(はらん)万丈』の相撲人生を過ごし、わたくしの人生の半分も生きてないのに考え方ははるかに年配。 突き押しの横綱にたどり着くまで今後も続くであろう険しい道のり。 貴景勝関の成功はファンの悲願です。 貴景勝関のように寡黙にひたすら努力している姿がかっこいいからです。 彼が自ら学んだ結果が大輪の花を咲かす日が楽しみです。 貴景勝関のしこ名に入っている貴の字に恥じぬよう、もっと強くなってもうひとつ上の番付を目指して欲しいです。 丸っこい体形とまれに見せる笑顔もさらにギャップもえします。 初めて見る相撲の取り口だ。 ぜひ大成して欲しい。 コツコツと積み重ねる愚直な姿は日本男児の憧れ。 (20代男性).

次の

貴景勝の美人すぎる母親は韓国人?職業は?大関昇進?【画像あり】: 日本人力士 横綱への道

貴景勝

昨年11月の九州場所で初優勝を果たし、今場所も見事勝ち越しを決め大関昇進への道をひた走る関脇・貴景勝。 身長は幕内で2番目に低い175㎝だが、激しい突き押しを武器に真っ向勝負を挑み快進撃を続ける22歳だ。 相手力士も貴景勝の出方は100%わかっているにもかかわらず、どうにもできない。 小柄な身体から繰り出される強烈な「突き」と「押し」の威力は一体どこから来るのだろうか。 番組では、一人暮らしを始めたばかりの貴景勝を取材。 土俵では勝っても表情を崩さず、取組後のテレビインタビューでも多くを語らない貴景勝だが、力士として生活の中で実は一番こだわって設えたという「ある部屋」の様子や、味ではなく栄養重視の自炊のコツなど、22歳の素顔をお伝えする。 また、先場所の初優勝から一気に注目を集め、"相撲界の未来を担う存在"と俄かに周囲が騒がしくなった貴景勝の知られざる胸の内とは?今、大注目の日本人力士を追った。 PROFILE 1996年兵庫県生まれ。 幼少期は空手を習い全国大会で準優勝の成績を残すが決勝で受けた判定負けに納得がいかず「判定のある競技はやりたくないと思った」と小学3年生から相撲を始める。 すぐに相撲の全国大会上位者となり、中学生横綱のタイトルも獲得。 高校は相撲の名門、埼玉栄高校普通科アスリートコースに特待生として入り、高校全国大会のタイトルを次々と奪取。 国際大会でも優勝するなど抜群の成績を残す。 2014年9月場所で初土俵を踏み、2017年1月場所で初入幕。 2018年11月初優勝。 初土俵から26場所での賜杯は史上4位のスピード記録。 千賀ノ浦部屋所属。 たまの休日にはイタリア料理を食べに行くのを楽しみにしているという22歳。

次の

貴景勝初V、ファンも夢見る横綱昇進/大相撲総選挙

貴景勝

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全国で解除されてから一夜明けた26日、大相撲の大関貴景勝が7月場所(7月19日初日、両国国技館)に向け、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で稽古に臨んだ。 書面取材に対し「7月場所では皆さんに自分らしい相撲を見てもらえるように頑張る」と意気込みを示した。 一時は日本相撲協会から接触を伴う稽古の自粛を求められていた。 基礎運動などに汗を流し、「下半身をしっかり鍛えることができた。 体重の増減もなく体のメンテナンスもしっかりできているので、毎場所と変わらなく過ごせている」と順調な調整ぶりを明かした。 宣言解除後のこの日は、ぶつかり稽古も少し行ったという。 例年名古屋で開催されている7月場所は、移動に伴う感染リスクを避けるために今年は東京で行われる。 貴景勝は昨年の7月場所を右膝の負傷で全休。 2年続けて名古屋のファンに雄姿を直接披露できなくなった。 「今年は、という思いがあり、残念だったが、今は東京での7月場所に向けて精いっぱいやりたい」と気持ちを切り替えていた。

次の