プロテイン ダニ。 プロテインとダニの繁殖

プロテインの効率の良い保存方法とは?容器や保存場所も併せて解説

プロテイン ダニ

Namino プロテインを飲むと吐き気がするのはある原因があるぜ ある日いつものように筋トレを終えて、プロテインを飲んだ時です。 プロテインを牛乳でシェイクして、一気に飲む干したそのとき 「ううっっ??なんだこれ気持ちが悪い…!!!」 と感じ、戻すまではいかないまでもそこから数時間吐き気に見舞われたことがありました。 体調が悪いわけでもなく、運動や筋トレのしすぎで熱中症っぽくなっていたわけでもありません。 プロテインを飲んで吐き気を感じるのには、実はある理由があったのです。 国家資格の医薬品登録販売者が、数々の「吐き気」でお悩みのお客様とのカウンセリングで得た知識から、なぜプロテインを飲むと吐き気を催すのかの原因と対処法について解説させていただきます。 特に最近いつものプロテインを飲んで吐き気を感じた人は必見です! 目次• プロテインを飲んで吐き気を催す原因 体調が悪いわけでもなく、いつもと同じプロテインを飲んだはずなのに、なぜ今日だけ吐き気を感じるのでしょうか? その原因を人がどのような時に吐き気を感じるのかから探っていこうと思います 医薬品メーカーのタケダ製薬は吐き気を感じる理由について以下のように説明しています。 筋トレ終わりで疲れ切ったところに牛乳や水でシェイクしたプロテインを一気にぐい~っと 「ぐびっぐびっぐびっ」 と流し込むように飲んではいませんか? 実はそれが、プロテインを飲んだ時に吐き気を感じる最も大きな原因です。 一般的に人間の体が摂取できるたんぱく質の量は1食あたりに約30gだと言われています。 ちなみにこちらが食品100g中に含まれるたんぱく質含有量 食品 含有たんぱく質量 牛すじ 28. 4g しらす干し 40. 5g プロセスチーズ 29g 大豆 乾燥 44. 1g きな粉 35. 6g 鶏卵白 86. 5g 牛乳 86. 2g 大豆 79. 1g ビーフジャーキー 54. 8g この表を見ていただいてもわかる通り、意外と少量の食事でたんぱく質30g以上摂取できるなと思いませんか? それ以上にたんぱく質を摂取しても特別体に害があるわけではありませんが、 許容量を超えたたんぱく質の摂取は肝臓や腎臓を傷める原因にもなってしまい、消化が追い付かず吐き気を感じる原因に繋がってしまうのです。 例えばプロテインメーカーとして有名なSAVASのこちらのプロテイン 【ダニが繁殖しやすい理由】• ダニが繁殖しやすい高温多湿の環境• ダニのエサとなるたんぱく質が豊富にある• ダニが隠れやすく卵を植え付けやすい ダニ以外にもカビが繁殖しやすかったり、プロテインの保存環境によってはプロテインの品質が悪くなってしまい、それが原因で食中毒や食あたりが起こってしまい吐き気を催してしまうのです。 また、プロテインを作り置きしたものを飲んだりしてはいませんか? プロテインを作り置きしてしまうとプロテインに含まれるたんぱく質をエサにするために雑菌やカビが繁殖してしまうのです。 プロテインを飲む時や保管する時に注意すべきポイントは以下の記事でまとめていますので合わせてご覧ください。 このように考えると今度プロテインを飲むと吐き気を催してしまうかも…と思うかもしれませんが、安心してください。 吐き気を催す可能性を抑えてプロテインを飲む方法はあります! 吐き気を催す可能性を抑えてプロテインを飲む方法 プロテインを一気に飲んだり、食中毒を起こしてしまったり、プロテインの飲むことで副作用が起こってしまったり もう吐き気を感じずにプロテインを飲むことはできないのでしょうか? 安心してください、もちろん安全にプロテインを飲む方法があります! 特に最近プロテインを飲んで吐き気を感じたことがある人は次に説明する方法を試してください。 ぐい~っと一気に流し込んでいると思います。 一食で消化できるたんぱく質の量の限界があるので、プロテインを数回に分けて飲むことで吐き気をしっかり抑えることができます。 プロテインを数回に分けて飲むことはプロテインを販売している食品メーカーの森永製菓でも推奨されています。 トレーニング前後のタイミングはもちろん、計画的に分けて摂るようにし、一回で摂取量が偏らないように注意しましょう。 引用:森永製菓公式HPより またプロテインのダマを解消しようと思い、いっぱいシェイクしてしまったときにできてしまう あの「泡」を飲んでしまってはいませんか? 泡を飲むことで体の中に空気が入ってしまい、それを体外に出そうとすることで吐き気を催してしまいます。 こちらので泡やダマを作らずおいしくプロテインを飲む方法を紹介しているので合わせてご覧ください。 【合わせて読みたい】• 何で割るか:牛乳で飲むと胃に負担がかかるため水でプロテインを割る• いつ飲むか:極力空腹時を避けて食事の後に飲む• 早めに飲む:作り置きしたプロテインは雑菌が沸くのでプロテインを作ったら早めに飲む このように飲む方に気をつけるだけでも、吐き気が起こる可能性を抑えることができます。 そのためプロテインを飲んで吐き気を感じる人は、アレルギーや吐き気が起こる可能性が少ないプロテインを選んで飲むようにしましょう! 例えばこちらはオーガーニック素材で作られた 社のプロテインで、アレルゲンの情報もきちんと明示されており、 プロテインに対してアレルギー症状があったり、化学調味料の風味で吐き気を催したりする人でも飲めるようなプロテインです。 普段飲んでいるプロテインで吐き気を感じてしまう方は、プロテインを変えるのも一つの手段ですよ。 特にこちら社はほかにも50種類以上の、そして様々な味のプロテインを取り扱っています。 筋トレをする人の中でも愛好家が特に多いプロテインメーカーで、どんなプロテインがあるのか一度見てみるのも楽しいですよ。 【公式HPはこちら】 \味・品質・価格 すべてに優れたプロテイン/ そのほかのプロテインの選び方はこちらのの記事を参考にしてください。 【合わせて読みたい】.

次の

プロテインにはダニが潜んでいる?我が家のプロテインでダニがいるのか確認しました!

プロテイン ダニ

プロテインの中でダニが繁殖している!あなたのプロテインは大丈夫ですか? 妻に「粉物はダニが繁殖しやすいからプロテインも危ないんじゃない?」と言われたものの 内心は正直 「ダニなんて沸くわけはないでしょ~!!」と思っていました。 笑 そう思いながらも内心は本当にダニがいたら怖いなあ…と思っていたので、プロテインとダニの関係を調べてみると 確かにこれはダニが沸く!という理由ばっかり。 我が家のプロテインにダニがいたのかを解説するまえに、なぜプロテインの中でダニが繁殖しやすいのかという理由を説明していきます。 【ダニが生息しやすい環境】• 湿度:60~80% あなたのお持ちのプロテインを見てみてください。 見てみるとチャックがあって温度と湿度がこもりやすい袋に入っていると思います。 おや?しかも冷蔵庫の上や電子レンジの上にプロテインを置いているようですね… 電化製品の熱がプロテインに伝わってさらに熱がこもってしまう状態になっていますよ。 そうですプロテインはたんぱく質が豊富に入った栄養食品。 つまりダニにとってはプロテインは 「ごちそうがいっぱい入った魔法の粉」です プロテインでエサとなるたんぱく質をたくさん食べて繁殖。 そして繁殖してできたダニの子供たちがさらにプロテインの袋の中で元気に繁殖。 ぶ厚い袋でチャックを閉めると外から光が差し込まないようになっていると思います。 ダニはご存知の通り、直接外の光が差し込まないような暗い場所を非常に好む虫 またプロテインの粉はダニの卵を植え付けるには絶好のスポットでもあります。 もし一匹でもダニがいれば、もうすでにあなたのプロテインの中ではうじゃうじゃダニが繁殖しているでしょうね… ダニにから感染する病気 このようにプロテインの中にはダニがたくさん潜んでいる可能性が非常に高いです。 ダニは、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎など、さまざまなアレルギー性疾患の原因となっています。 引用:アレルギー支援ネットワークより カーペットや寝具から皮膚に噛みつくことでこのようなアレルギー性疾患が発症するのであれば、プロテインを介して口から体内にダニが入ったらどうなるのか… 想像もしたくはありませんね。 これではわかりづらいのでプロテインの量を減らしてプロテインが平になるようにお皿を揺らします。 ああ…ついにダニとご対面…? 目を凝らしてよくよく見てみましたが、残念ながら確認することはできませんでした。 プロテインをエサにして繁殖するダニである「コナダニ」や「チリダニ」の大きさは0.5㎜ほどなどで目視することはできないのかもしれません。 ちなみにプロテインの中にいるダニが1匹や2匹だとわかりませんが、 大量に発生した場合はダニの大群がごっそり動くのがしっかり見て取れるそうです。 開けたところから空気が入ってプロテインが湿気を帯びる• スプーンを使ってプロテインをすくう時に水分や汚れが入る• 湿気と温度が高い場所で放置されていることが多い このようにダニが繁殖するのに絶好の環境が整っている可能性が非常に高いのです。 恐る恐る我が家のプロテインの賞味期限 この記事を書いているのは2020年6月4日 を見てみると… 「セ、セーっフ!!!!」 賞味期限的には切れてはいませんでした。 ちなみに未開封のままであればプロテインは多少賞味期限が切れていても問題はなく飲むことができますが、 開封後であれば賞味期限が切れている切れていないにかかわらず、開封から3ヶ月以内に飲み切ることをおすすめします。 賞味期限切れのプロテインを飲んでみた感想とプロテインと賞味期限の関係に関してはで解説しているので合わせてご覧ください。 これもどうやら無音です。 もし大量のダニが沸いているのであれば、どれだけ小さかったとしても 「かさっかさっ」という音が聞こえてくるかもしれませんね。 このように 「目視」「期限」「音」の3点で確認してみましたが、ダニが生息しているらしき根拠らしい根拠は見つけることができませんでした。 それでも「プロテインはダニが繁殖しやすい!」なんて話を聞くと、プロテインを飲みづらくなってしまいますよね? そこで、ダニを繁殖させにくくするプロテインの保管方法についてご説明していきます。 プロテインの正しい保管方法 プロテインは説明したとおりダニが繁殖しやすい環境であり、何も考えずに保管しているとそれだけでカビの増加の原因にもなってしまいます。 そのためプロテインは正しく保管をしておきましょう。 【ダニが繁殖しやすい理由】• 家電製品を使った後プロテインが温まる• 基本的に冷蔵庫や電子レンジを置いている場所は日当たりが悪く湿気が溜まりやすい• 高温多湿というダニが繁殖しやすい環境が整っている ダニを気温が10度以下になると活動を休止し、湿度は50%以下になると生きられないということが明らかになっています。 そこで冷蔵庫の中で保管するのであれば、そのダニが嫌う環境を整えることができます! 冷蔵庫の中に保管をすることにより、ダニの繁殖だけでなくプロテインの栄養素自体の劣化も抑えることができるのでおすすの保管方法です。 ダニやカビが増える原因だけでなく、でもあるプロテインがダマになる可能性も高くなります。 プロテインを袋からシェイカーに移動させるときには乾いたスプーンを使うようにしてください。 中でもプロテインの容器の中身というのは非常に温度がこもりやすく、湿度も保たれやすいです。 そのため手軽にできる保管方法として食品用乾燥材を一緒に入れておきましょう。 開けてしまったプロテインの賞味期限についてプロテインを販売している食品メーカーのグリコは以下のように説明しています。 開封後3ヶ月以内を目安には、できるだけ早めに使用してください。 引用:グリコ公式HPより ちなみに開封後3か月以内なんて短すぎる~と思った方もいるかもしれませんが、プロテインの容量が1kgのものなら毎日30gずつ飲めばきっちり飲み終わるペースなので安心してください。 また、空けてしまったプロテインが賞味期限が切れていた場合飲むのは絶対にNG! ダニだけでなくカビも生えている可能性もあり、プロテインに配合されている栄養素も劣化してしまっています。 もったいない気持ちは非常にわかりますが、買い替えることをおすすめします。 結論:我が家のプロテインにはダニが潜んでいなかった プロテインはダニが繁殖しやすい環境が整っているところから、家にあるプロテインにもしかしたらダニが沸いているのかと思い実際に調べてみました。 目で見たり、ニオイを臭ってみたり、賞味期限から推測したり、する限りではダニは見つけることはできませんでしたが、それでもなんだか気持ち悪いですよね… プロテインを正しい保管方法で行い、開封後には1~3ヶ月のうちに飲み終えることでダニを体内にいれることを防いでいきましょう!.

次の

プロテインにはダニが潜んでいる?我が家のプロテインでダニがいるのか確認しました!

プロテイン ダニ

プロテインの作り置きはNG!どのくらい時間持つの? プロテインの作り置きはどのくらい時間が持つのでしょうか。 プロテインの作り置きは「あらかじめ作っておいて冷蔵庫などに保存しておく」ことが目的です。 プロテインを飲む時にスムーズに飲めるメリットはあります。 しかし、あまりにも長い間プロテインを作り置きしたままにしておくと、プロテインの鮮度は確実に落ちてしまいます。 したがって、プロテインの作り置きはどのくらいの時間持つのかを理解しておくのは大切です。 プロテインを冷蔵庫などの作り置きする場合、保存期間は「半日から1日」程度しかありません。 1日過ぎたら鮮度が落ちて、プロテインが腐る原因になります。 しかし、1日しか持たないのならわざわざプロテインの作り置きする必要はありません。 したがって、 時間の観点で考えたら、プロテインの作り置きはメリットが少ないです。 むしろ、鮮度や栄養価が下がる分、デメリットが残ります。 プロテインの作り置きは腐ってしまう? プロテインの作り置きは、腐る可能性があります。 プロテインの作り置きを冷蔵庫などに入れておくと、鮮度が落ちてしまいます。 なぜなら、プロテインの賞味期限は「粉状」が基準だからです。 例えば、「令和元年9月1日」が賞味期限だとしても、プロテインを作り置きして水を含めてしまったら、すぐに腐ります。 特に、「常温」のままプロテインを放置していた場合は、1時間で鮮度も栄養価も崩れてしまいます。 そのため、なるべくならプロテインの作り置きはしないほうがいいです。 万が一プロテインを作り置きする場合でも、冷蔵庫に入れるようにしてください。 プロテインの作り置きがお勧めできない理由 プロテインがおすすめでない理由を以下の3つの項目から解説させていただきます。 ・鮮度が落ちる ・タンパク質の熱変形によりグルタミン酸が損なわれる ・雑菌が繁殖して食中毒の危険がある 鮮度が落ちる 変質し酸化して風味が落ちる プロテインの作り置きのせいで、鮮度が落ちてしまいます。 プロテインを水に入れて作り置きして、冷蔵庫に入れたとしても、酸化して風味が落ちてしまいます。 例えば、プロテインの味は元々味気ないものですが、プロテインの作り置きが原因で、酸化したことによって変に酸っぱくなってしまい、本来のプロテインの味を楽しめなくなってしまいます。 変質し栄養価が落ちる プロテインを作り置きした場合、変質して栄養価が落ちる可能性があります。 特に「タンパク質」は大幅に変形してしまい、プロテインはどんどん栄養価を失います。 タンパク質をたくさん摂取できるはずのプロテインなのに、タンパク質が弱くなった場合、役割放棄もいいとこです。 プロテインの作り置きがおすすめされない理由のひとつです。 タンパク質の熱変形によりグルタミン酸が損なわれる プロテインの作り置きのせいで、タンパク質の変質によってグルタミンが変質を受けやすいです グルタミンが変質を受けることによって、タンパク質自体の栄養価がどんどん下がります。 プロテインを飲む意味がなくなってしまいますので、プロテインの作り置きは避けたいです。 雑菌が繁殖して食中毒の危険がある プロテインの作り置きが原因で、プロテインの中に雑菌が繁殖してしまいます。 プロテインはタンパク質の塊です。 タンパク質は人によっても重要な栄養価ですが、人以外の生き物も必要な栄養価です。 そして、そのタンパク質が「水に溶けた」せいで、雑菌が繁殖するにはちょうどいい環境になってしまいます。 雑菌が繁殖した場合、作り置きされたプロテインの中は菌だらけになります。 そんなプロテインを飲んだ場合「食中毒」になる可能性があります。 プロテインの作り置き自体が雑菌を繁殖させやすくなります。 ただし、せめてプロテインの作り置きを冷蔵庫に入れておくと、雑菌繁殖を多少は防ぐことができます。 常温のほうが雑菌が繁殖しやすいからです。 プロテインの作り置きの効果 プロテインの作り置き効果について解説します。 プロテイン作り置きのメリットは「いつでもすぐに摂取できるようになること」です。 しかし、デメリットがあまりにも多いです。 デメリットは、「鮮度が落ちる」「菌の繁殖」「タンパク質の質低下」です。 このようなデメリットを前にしたとき、すぐに飲むことができるメリットは消えてしまいます。 したがって、プロテインの作り置きの効果は「ほぼない」と思っていただいて構いません。 むしろ、デメリットが目立ってしまい、本来のプロテインの役割を遂行できない可能性があります。 プロテイン作り置きに代わる方法 シェイカーに1回分の粉末を入れる プロテイン作り置きの代わりに、自分で工夫してプロテインを持ち歩くようにして、その場ですぐに作るようにしてください。 例えば、シェイカーなどにプロテイン1回分の粉末を入れておいて、その後、水や牛乳を入れてプロテインを作成しましょう。 プロテインの作り置きは、時間が経つと腐ることがあります。 外気に触れることも繁殖の原因になります。 水分を含んでいる時よりも粉末の方が繁殖時間は異なりますが、粉末で持ち歩いても湿度があってもあまりよろしくありません。 解決法としては、少し手間ですが「乾燥剤入りのポリチャックの袋に1回分のプロテインを入れる」というのがベストです。 タッパーなどにシェイカー1回分の粉末を入れる タッパーなどに複数回分の端末を入れておくのもおすすめです。 例えば、タッパーにプロテインの粉末を入れておいて、いざプロテインを摂取する際、水筒などに水や牛乳を入れて、プロテインの粉末を入れてみましょう。 タッパーは完全に「保存するためのアイテム」として利用されるわけです。 シェイカーに入れる場合は「1回分」しか入れることはできませんが、タッパーは小さくて持ち運びも便利なので、プロテインを複数分入れておくことができます。 プロテインの作り置きに代わる方法です。 哺乳瓶など携帯容器に1回分の粉末を入れる 哺乳瓶などの携帯容器にプロテインの粉末を入れておくのもおすすめです。 哺乳瓶は元々はミルクを入れる収納物としての役割もあります。 そして、その携帯容器にプロテインを入れたまま、水を加えましょう。 シェイカーと同じ容量で摂取することができます。 シェイカーとの違いは、「容器の大きさ」です。 プロテインを飲む容量はシェイカーと似ていますが、比較的複数の粉末の持ち運びが可能です。 作り置きが心配!プロテインの正しい保存方法とは ここまでプロテインの作り置きに変わる方法から作り置きがダメな理由について解説してきました。 ここではプロテインの正しい保存方法を以下3つ紹介します。 いまや筋力トレーニングやスポーツを行うアスリートだけでなく、成長期の子供にとっても欠かすことのできない必須の栄養食品であるプロテインですが、保存方法を間違うと 身体に良い影響を与えるどころかむしろ身体にとってマイナスになることもあります。 そこでプロテインの正しい保存方法について紹介します。 まずプロテインの袋に必ず書かれているのが「直射日光や高温多湿の場所を避けて保存してください。 」といったような記載です。 直射日光や高温多湿の場所を避けて保存するという、この記載を正しく守ることでタンパク質が大好物のダニの繁殖を防いだり、プロテインが痛むことを防ぐ効果があります。 」といったような意味の記載が書かれていると思います。 記載の警告を正しく守らないと品質だけでなく自らの体調を損なう可能性があります。 プロテインを開封後、高温多湿の場所で保存すると細菌やダニが繁殖して衛生上よくありません。 特にダニは高温多湿の場所では著しく活動を活性化させるため、特に注意が必要です。 直射日光や高温多湿の場所を避けて保存 プロテインはダニの大好物であるタンパク質であるため、ダニが繁殖しやすいと書きましたがなにかダニの侵入を防ぐ方法はないのでしょうか? 大丈夫です。 正しく保存すればダニの侵入を防ぐことは十分可能です。 ダニの侵入を防ぐためには、開封後すぐに袋をしっかり閉めて早めに冷蔵庫などの涼しく暗い場所で保存しなくてはいけません。 プロテインの袋にも「開封後はチャックをしっかりと閉めて保存してください」といったような注意書きが記載されていると思います。 また賞味期限ですが、賞味期限にかかわらずプロテインは一度開封すると早めに飲んでしまうことをおすすめします。 SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の