アズールレーンwiki。 Yostar

【アズールレーン】価値のある攻略サイト5選【アズレン】

アズールレーンwiki

2020年4月には同年1月にリリースした第5作『』がグローバルダウンロード数が700万を突破したことを明らかにした。 設立当初は企業としての公式サイトが無く、「yostar. jp」は第1作『』の公式サイトとして使用し同サイト内に会社概要を掲載していた。 その後、に企業サイトが新設されている。 2020年1月8日には、自社のタイミングで公開する目的も兼ねた自社IPのアニメーション制作および企画・製作を行う「Yostar Pictures」を新設。 合同会社アルバクロウの稲垣亮祐、斉藤健吾を代表取締役として迎え、プロデュース会社であるアーチ株式会社が経営に参加する。 第一弾として『アークナイツ』のPVが公開、『アズールレーン びそくぜんしんっ!』の制作にも着手する。 タイトル [ ]• (開発: 蛮啾网络,勇仕网络) - 2017年9月14日配信開始• (開発:Cat Food Studio) - 2019年4月25日配信開始• (開発:Super Creative) - 2019年11月7日配信開始 、Smilegate Megaport社と共同• (開発:HyperGryph) - 2020年1月16日配信開始• (自社開発) - 未定• (開発:NAT Games) - 未定 出典 [ ]• 電ファミニコゲーマー. 2017年12月29日閲覧。 Gamelook - 2017年12月18日 中国語• Social Game Info. 2017年12月7日. 2017年12月29日閲覧。 Social Game Info. 2020年4月30日閲覧。 4Gamer. net 2017年7月20日. 2018年3月6日閲覧。 盛田 諒 2017年10月20日. ASCII. 2017年12月29日閲覧。 Yostar 2019年4月8日. Yostar. 2019年4月13日閲覧。 2019年7月14日閲覧。 関連項目 [ ]• () - 一社提供番組。 外部リンク [ ]• (簡体字中国語) (日本語) (英語)•

次の

ワシントン(アズールレーン) (わしんとん)とは【ピクシブ百科事典】

アズールレーンwiki

概要 セイレーンとはの世界に突如として出現した謎の勢力である。 彼らは人類に敵対的であり、その混乱を望んでいる。 人類に敵対的なセイレーンの存在は列強諸国に連携の機会を与え、〈アズールレーン〉という同盟を成立させる。 、、、の四列強により協力関係が生まれたが、それを望まぬセイレーンは鉄血と重桜に自身の力を与え、対立を引き起こす。 あくまで人間の力でセイレーンに対抗しようとする〈〉に対し、鉄血、重桜はむしろセイレーンの技術を基に人類進化を加速させるために〈〉を結成した。 "こうでもしなければ、私たちがこの時代に戻る意味がないもの。 "など意味深な発言を繰り返しており、をしている可能性も持っているなど謎多き存在である。 重桜では海神の力を持つともされ、からはカミ、あのお方とも呼ばれている。 その目的は未来の「破滅」を回避するために「現在」を犠牲にし、「進化」を求めることである。 達の本質に関わっていると見られる物語の核心的存在。 KAN-SENを生み出す「」についても全くの無関係ではない事も判明している。 かつては人類から制海権を奪うために戦争を繰り広げていたが、現在 アズールレーン本編 では人類同士で内輪揉めをしている状況を遠目から見ながら観察者や実験者に徹しており、定期的に「鏡面海域」という実験場を生み出しては「」での海戦を再現をしている。 再現を行う中で本来ありえない未来を開いたや、本来の登場が一切予定されていなかったはずのの登場といった、KAN-SENが引き起こす 「予想外」に大きな関心を見せている。 たとえそれが自分の撃沈と言う実害を伴っても、予想外の事態が起きた事の方に歓喜している。 鏡面海域に対する相当強い権限を有しており、海域のリセットや登場する艦船のステータス調整などを行う事も可能だが実際に操作するのはプレイヤー側が海域を攻略した後になる。 顕現した姿である「ボディ」と「意識」は別らしく、それ故に鏡面海域の戦闘で撃沈されても新しいボディの用意さえ可能な限り、実質的にセイレーンの殺害および完全な消滅は不可能である事が示唆されている。 までのイベントでは、殆どが鉄血勢力の艦船と一緒に出撃している。 本編に登場している他の勢力の量産型艦船とは異なり、黒塗りかつ紋様のようなものがネオン状に点滅しておりどこか無骨で未来的な印象を受ける。 命名は全てチェスの駒名からとられている。 駆逐艦Pawn• 軽巡洋艦Knight• 重巡洋艦Bishop• 空母Queen• 戦艦Rook 現実におけるセイレーン なお、とはに登場する海の怪物で岩礁から美しい歌声で船乗りたちを惑わせ、遭難や難破に遭わせる危険な存在である。 関連タグ : 登場する大型イベント :小説『』に出てくる量産型艦船の空母Queenにそっくりな空母。 関連記事 親記事.

次の

【アズールレーン】リセマラ当たりランキング(最新版)【アズレン】

アズールレーンwiki

元となった艦は進水がなんと 1903年、帝政ロシア時代の生まれにして今なお博物艦として現存する大ベテラン。 日露戦争においてはバルチック艦隊の一員としてあの三笠率いる日本の艦隊と激突している。 この縁からか、KAN-SENとなってからも三笠とは親交があるようだ。 それだけでなく帝政が打倒され、ソビエト連邦誕生のきっかけとなった二月革命、さらにソ連が史上初の社会主義国家として生まれ変わった十月革命に参加した歴史の生き証人。 ロシアにおいては革命の象徴として語り継がれるものすごい艦だったりする。 これに絡めてか 『革命は歩みを止めませんわ』『暁の光の中にある、血と炎…』など革命を想起させるセリフを口にすることも。 パッツンに切り揃えた金髪と紫の瞳の小柄な少女。 頬には絆創膏を貼っている。 被っている帽子には大きなうさみみのような飾りがついている。 また、片足を乗せている黒い物体は乗り物のようで、寮舎に入れるとどこからともなく出現し、 ジグザグの異様な軌道で走る(浮いている?)姿を確認できる。 さらに背中をよく見ると、艤装に小さい熊がしがみついている。 生きているのかぬいぐるみなのかは不明。 かなりツッコミどころの多いデザインだが、とどめに右手に水筒を持っており、ことあるごとに飲んでいる。 中身が何かは言及されないが、 飲んでると気分がよくなったり、飲みすぎるとフラフラになったり、指揮官が辿れるほどに匂いが特徴的だったり…どう考えても 酒です。 本当にありがとうございました。 性能は軽巡並みのステータスに強力なスキルを備え、北方連合勢の中でも一際評価の高い優秀な駆逐艦。 雷装は北方連合駆逐艦の例に漏れず低いが、火力はSSR軽巡や鉄血のZ23改に匹敵し、駆逐艦カテゴリーの中でもトップクラス。 所有スキルは2つとも彼女固有の 「空色の氷結兵装」と 「火力投射指示」。 「空色の氷結兵装」は戦闘開始時に敵の速力を低下させる弾丸を撃つオプション 「特殊氷結兵装・スネジーンカ 」を召喚するというもの。 他に類を見ない特異なスキルであり、これによってタシュケントは火力や装填の数値以上の高いDPSを誇る。 さらに戦闘で敵を倒すたびに自分の火力をアップさせる効果もついている。 「火力投射指示」は戦闘開始時に北方連合製の主砲を装備している北方連合駆逐艦の主砲装備補正と命中をアップさせるスキル。 タシュケント自身も対象になるため、 「空色の氷結兵装」による火力アップと相まって駆逐艦とは思えないダメージを叩き出せる。 性能は耐久と装填が高めだが、他のSSR軽巡と比べるとステータス的な特色は薄い。 彼女の強みは 「虚空の白騎兵」と 「白騎兵の目利き」の2つの固有スキルである。 「虚空の白騎兵」は一定時間おきに特殊弾幕を展開し、命中した相手を「氷炎」状態にしてスリップダメージを与える。 軽巡でありながら特殊弾幕という珍しいスキルであり、副砲型であることや全弾発射スキルも合わせて考えると非常に手数が多くなる。 「白騎兵の目利き」は戦闘中、自身のクリティカル率、駆逐艦に与えるダメージ、主砲の弾速をアップさせ、さらに敵駆逐艦の回避率を下げるというもの。 1つのスキルに4つの効果が合わさった極めて強力なスキルであり、特殊弾幕も相まって大活躍が見込める。 海域で何度も会敵する駆逐艦の処理が楽になるのも嬉しい。 実装と同時にスキン 「縛られし白騎兵」が登場。 辛うじて大事なところが隠れている程度のボロボロの服に、 上気した頬にじっとり汗ばんだ体という 調教ものエロゲーのキャラにしか見えない衝撃的なスキンである。 普段は指揮官を躾ける側の彼女だがこの衣装では躾けられる側に立場が逆転しており、後ろの壁には手錠や鞭といった道具が備えられている。 ログイン時の 『はぁ…はぁ…指揮官、今日は何から始めるの?』というセリフから考えると、用途はお察しの通りであろう。 他のセリフも余裕がない弱々しいものが多く、いつもの姿とのギャップで多くの指揮官を虜にした。 独房ではないようで、周りには囚人仲間と思われる メスっぽい饅頭やがいる。 ガングート 性能はSR戦艦としては低めの火力や対空、主砲枠の装備補正の低さが目につくが、これには仕掛けがある。 彼女の第一のスキル 「革命に祝福よッ!」は主砲攻撃時に味方の北方連合所属KAN-SENのステータスをアップさせる効果と、ガングート自身が初期装備である305mm三連装砲Model1907を装備している際に主砲の装備補正を強化し、4回目までの主砲の装填時間を短縮する効果の複合スキル。 1つ目のバフ効果も魅力的だが、真価は2つ目の効果にある。 装備補正の増加率はなんと最大 80%。 発射間隔が短くなることも含めると、普通の戦艦が紫主砲を装備した時と遜色ない火力をより短い間隔で連射できるのは魅力的。 305mm三連装砲Model1907はレアリティや性能こそ低いものの、ガングートにとってはこれが金主砲以上の最強装備となるので間違って廃棄しないように注意しよう。 その危険は運営も想定したのか、廃棄する際には特別な操作が必要になるが万が一もありうる。 第二のスキル 「氷結巡航」は戦闘中自身の耐久が低くなった際に発動し、戦闘終了まで自分と味方の駆逐艦が受けるダメージを軽減する。 ガングートはそこまで耐久に秀でるわけではないので、あまり当てにしないほうがいい。 北方は武装が鉄血と似てるんでこの先が不安 -- 名無しさん 2020-03-23 07:43:37• イベントがあったとはいえ、ユニオンロイヤル重桜より先に項目できるとは -- 名無しさん 2020-03-23 10:26:11• チャパエフとガングートを見るとSM好き集団にしか見えない -- 名無しさん 2020-03-23 13:14:34• 一度は指揮官に失望しても見捨てず躾だの矯正だのを施そうとしてくる辺り、ある意味優しいとも言えなくない…? -- 名無しさん 2020-03-24 00:33:21• 一人くらいCV上坂が入るかと思ったがそんなことはなかった -- 名無しさん 2020-03-24 11:11:08• 冷戦の始まりかな? -- 名無しさん 2020-03-24 13:08:34•

次の