ドコモ光 事業者変更。 事業者変更と乗り換えの違いとは?手続きの流れと注意点を徹底紹介!

NTT東日本

ドコモ光 事業者変更

NTTのグループ会社ということでぷらら光を使っている、という方も多いかと。 確かにフレッツ光回線提供のNTTの系列会社ならサービスは安定していると感じます。 でもぷらら光では同じNTTグループのドコモが提供しているスマホの割引など グループ関係のお得な割引が使えません。 そこでドコモの携帯端末に乗り換えた時に、一緒にぷらら光からドコモ光に 固定回線も乗り換える方法を考えてみます。 事業者変更とは光コラボ間の乗り換えができる制度です。 事業者変更が始まる前はぷらら光からドコモ光に乗り換えるときはぷらら光を解約、ドコモ光を新規契約する必要がありました。 でも2019年7月以降は、転用と同じイメージで、ぷらら光からドコモ光に「直接」乗り換えが可能となったのです! ぷらら光からドコモ光に乗り換えることは難しかった ぷらら光はフレッツ光回線を使った光コラボというサービスで、プロバイダに plalaを選んでフレッツ光回線とセットで支払いをする事になります。 ただし光コラボにするにはフレッツ光を使っている場合には「転用」という制度を使えば 事務手数料だけで乗り換えることができます。 フレッツ光からぷらら光にするなら転用をするだけで回線工事も必要なく乗り換えが 出来るようになります。 ただ一度「転用」をしてしまうと、別の光コラボの契約をする時に回線を流用することが 出来なくなります。 つまり現状ではぷらら光からドコモ光に乗り換える場合には一度光回線の撤去をして 再設置工事が必要になります。 転用のときのように簡単にぷらら光からドコモ光に乗り換えをする方法が現在は まだないのです。 光回線の撤去と再設置工事にはかなりの費用が必要 では現状でぷらら光からドコモ光に乗り換える場合、どれくらいの費用がかかるのか。 簡単にですが調べてみました。 まず使っている光回線の撤去と、新しく使う光回線の設置工事が必要です。 どちらも光コラボなので使うのはフレッツ光なのですが、流用ができないのです。 説明では光コラボにした時にフレッツ光を契約した光コラボ専用回線として 卸すために他のサービスでは使えなくなるとか。 新しく光コラボを使うためには、新しい光回線が必要になるので現在の回線を まずは撤去してそこに新しく回線を設置するという工事が必要です。 撤去工事は大体10,000円位、回線設置工事は普通にフレッツ光の設置工事費で 戸建てが18,000円で集合住宅が15,000円です。 更に費用のことを考えるなら解約するぷらら光の解約違約金が発生する可能性も。 まあぷらら光は基本的に2年契約の割引がありません。 つまり契約途中の解約による違約金というのが発生しないのです。 ただしこれには例外があります。 例えばぷらら光に加入する時にキャンペーンを使っていた場合、キャンペーンの 適応条件に複数年契約が必要と書かれている場合があります。 後はひかりTVに加入していた場合は2年契約の可能性があるので、そちらには 違約金が発生してしまいます。 そしてこのひかりTVなどオプションサービスが光コラボ同士の乗り換えでは 大きな問題になるのです。 ひかり電話、ひかりTVなどのオプションは一度解約が必要 フレッツ光回線を使って利用していたオプションサービスは、光コラボの 乗り換えをする時に一度すべて解約する必要があります。 先程のひかりTVはもちろん、ひかり電話も解約して再契約が必要になります。 問題点としてはこのひかり電話の再契約の時に同じ電話番号が使えなくなります。 元々アナログ電話で使っていた電話番号をひかり電話にMNPした場合はアナログに 戻して解約をすると電話番号が変わりません。 そして再契約をする時にまたアナログ電話からのMNPをすればいいのですが。 アナログ回線に電話番号を戻すのにも手数料がかかります。 しかもアナログ戻しの手数料は現在の電話回線の状況によって料金が変わります。 アナログ電話回線がすでになくなっている場合には11,000円という高額が必要です。 NTT基地局の切り替え工事だけなら2,000円でアナログ戻しが出来るのですが。 それと元々アナログ電話で使っていた番号以外、アナログ戻しは出来ません。 ひかり電話に新規加入をしてもらった電話番号の場合は最初から光回線で使う 電話番号ということになります。 このIP電話でもらった電話番号をアナログ回線で使うことは出来ないのです。 まあ「アナログ戻し」なので電話番号を戻す事ができる回線もないと思いますが。 ひかりTVの場合はレンタルしていた機材を一度返却して、また借りるという 手間がかかることになります。 こちらは買い取りをしていれば次に申込みをする時にちょっとはコスト削減が 出来ると思いますが・・・ とにかく手間がかかるということになるので注意しましょう。 事業者変更という制度でスムーズに乗り換え可能に! 現状ではぷらら光からドコモ光への乗り換えにはかなりのコストがかかる ということがわかりました。 でもこの大きなコストや手数料がかからずに光コラボ同士の乗り換えが出来る という制度がもう少しで出来るようになります。 以前から総務省が発表していた光コラボから光コラボへの転用手続き、再転用が 出来るようになる制度がもう少しで開始されるのです。 それが「事業者変更」という手続きで、これが始まればぷらら光からドコモ光への 乗り換えもかなり簡単に出来るようになります。 以前の発表では2018年年末から2019年年始にかけてサービス開始される と言われていました。 でも実際には2019年5月に開始と発表され、それが延びているという状態です。 現在は2019年7月に開始されるとアナウンスされています。 多くのユーザーが期待して待っているこの「事業者変更」手続きの内容を ちょっと確認してみましょう。 光コラボから光コラボへの再転用で手続きが簡単に 簡単に言えば事業者変更というのは光コラボの再転用が可能になることです。 つまり光コラボ契約中に再度、別の光コラボに転用が出来るようになるのです。 例えばフレッツ光からぷらら光に転用する時には事務手数料として3,000円と プロバイダの変更があればその手続が必要でした。 回線もフレッツ光をそのまま流用することが出来るのでとても簡単にぷらら光に 転用することが出来ました。 これと同じように事業者変更でもぷらら光からドコモ光にとても簡単に乗り換えが 出来るようになるのです。 転用と同じように事業者変更でも事務手数料がかかります。 これも多分ですが3,000円程度で出来ると考えられています。 そして「再転用」なので回線の工事が必要なく、基地局の切り替え工事だけで 別の光コラボに乗り換えが出来るようになります。 転用のときと同じようにドコモ光でplalaを使うなら事業者変更でも プロバイダの解約と契約が必要なくなります。 事業者変更では環境を変えることなく、かなり簡単に光コラボ同士の乗り換えが 出来るようになるのです。 事業者変更では光回線のオプションもそのまま使う事ができる 事業者変更での最大のメリットは光コラボで使っていたオプションがそのまま 別の光コラボで使えるようになることです。 今の光コラボの乗り換えではフレッツ光のオプションを一度全て解約して 再契約をする必要があります。 でも事業者変更ではひかり電話やひかりTVを解約する必要がなく、そのままの 環境で使い続けることができるのです。 つまりひかり電話の解約が必要ないので、最初からひかり電話契約でもらった 電話番号が変わらずにそのまま使い続けることができます。 アナログ戻しが必要ないのでこちらの手数料もかからなくなります。 ひかりTVの解約違約金も発生しません。 「固定回線の乗り換えをしたいけど電話番号が変わるのが嫌だ」という人には これほど大きなメリットは無いと思います。 そしてこれはぷらら光からドコモ光という同系列企業だけの特典ではなく どこの光コラボ同士の乗り換えでも継続利用が可能です。 プロバイダのオプションも出来る限り継続可能 フレッツ光のオプションではなく、契約していたプロバイダのオプションも 出来る限り継続して使えるようになるそうです。 ぷらら光からドコモ光の場合、ドコモ光の対応プロバイダにplalaもあるので 基本的に環境を変えずに乗り換えることができます。 でもplalaから別のプロバイダにする場合や、最初からドコモ光の対応プロバイダと 契約していなかった場合でもオプションは基本的に使い続けられます。 ただし乗り換えたプロバイダに以前のプロバイダと同じサービスがある、とは 限らないのでその場合はNTTがサポートすることになるようです。 乗り換えたプロバイダに同じサービスがあればそれを、ない場合は似たような オプションを選んで利用することが出来るということです。 それでもない場合にはNTTがサポートして似たようなサービスの提供をする ということになっています。 ぷらら光からドコモ光なら違約金の心配がない 事業者変更を使う時に気になるのがデメリット、というかかかる費用です。 一応光コラボの乗り換えをするので、契約解除の違約金が発生すると考えられます。 ただぷらら光からドコモ光の場合はぷらら光が基本的に継続契約がないので 契約途中の解約違約金が発生しません。 そのために他の光コラボからドコモ光への事業者変更よりはコストがかからない ということになると思います。 ちなみにソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるならソフトバンク光の 解約違約金9,500円が発生する可能性があります。 解約違約金は契約更新月には発生しないので、できればそのタイミングで 事業者変更の手続きをしたいところです。 あとは新規申し込みをした場合、回線設置工事の代金支払いが終わっていない という可能性も考えられます。 その場合には解約する時に残りの工事費用の支払いを一括で払うことになるかも。 フレッツ光から転用しているなら支払いは終わっているという場合が多いと思いますが。 光コラボ乗り換えの時に違約金がかからないというのは大きな魅力に感じます。 携帯キャリアを乗り換えたら固定回線の乗り換えもおすすめ 月額料金だけを考えるならぷらら光からドコモ光に乗り換えるよりも、そのまま ぷらら光を使い続けたほうが安くなります。 ただし携帯キャリアがドコモならドコモ光にすることでスマホの月額料金割引が 出来るようになります。 家族もドコモのスマホを使っているならかなりの割引率になります。 それを考えると固定回線の光コラボも乗り換えを考えることがおすすめです。 特にぷらら光では携帯キャリアの割引が何もないので、スマホのキャリアを 乗り換えたらそれに合わせた光コラボに乗り換えるほうがおすすめです。 でも現状では光コラボ同士の乗り換えにはかなりコストと手間がかかります。 乗り換えるなら事業者変更が始まってからをおすすめします。

次の

ドコモ光の事業者変更方法【2020年版】番号やキャッシュバックも解説

ドコモ光 事業者変更

光コラボ間の事業者変更に必要な「事業者変更承諾番号」とは まずは、事業者変更番号の取得方法などをご紹介する前に、簡単に事業者変更という手続きについてご紹介します。 事業者変更についてご存知の方は読み飛ばしてください。 光コラボ間で簡単の乗り換えが可能な「事業者変更」 2019年7月1日から開始された「事業者変更」という手続きは、 光コラボ間でも 開通工事不要で契約の 乗り換え(変更)が可能な手続きの事です。 2019年6月30日までは光コラボ間の乗り換えは 開通工事が必要で大変でした。 2019年6月30日までは光コラボ間の乗り換えは工事必要だった 例えば、「光コラボA」を契約している人が他社の「光コラボB」へ乗り換える場合、「光コラボA」で利用していた「光回線」は再利用できず、改めて「光コラボB」で利用する「光回線」を自宅へ引き込む開通工事が必要でした。 これが2019年6月30日までの状況です。 しかし、 2019年7月1日から開始された「事業者変更」という手続きでは光コラボ間の契約の乗り換えには 開通工事が不要となりました。 「事業者変更」では工事不要で光コラボ間の乗り換え可能に 例えば、「光コラボA」を契約している人が他社の「光コラボB」へ乗り換える場合、 「光コラボA」で利用していた 「光回線」を「光コラボB」でも 「事業者変更」手続きにより再利用できるようになりました。 その為、 「事業者変更」手続きをすれば開通工事不要で「光コラボA」から「光コラボB」へ乗り換えが簡単になりました。 事業者変更には「事業者変更承諾番号」が必要 「事業者変更」という手続きをご理解頂いた所で、今回の本題である「事業者変更承諾番号」についてご紹介したいと思います。 上記でご紹介したように、 光コラボ間の乗り換えが工事不要で簡単になる 「事業者変更」という手続きには 「事業者変更承諾番号」という番号が必ず必要です。 「事業者変更承諾番号」は 契約中の光コラボから発行してもらい取得します。 そして、 取得した「事業者変更承諾番号」を契約乗り換え予定の光コラボへ伝える事で「事業者変更」の手続きが可能となります。 事業者変更承諾番号は契約中の光コラボから取得する 例えば、「光コラボA」を契約している人が他社の「光コラボB」へ乗り換える場合(事業者変更する場合)、契約中の「光コラボA」から「事業者変更承諾番号」を取得します。 そして、その「事業者承諾番号」を契約乗換先である「光コラボB」へ伝える…という流れになります。 光コラボ間の契約を乗り換える手続きが工事不要で簡単になる事業者変更の手続きには、契約中の光コラボから「事業者変更承諾番号」を発行してもらい取得する必要があるんですね。 事業者変更承諾番号の意味と有効期限について 契約中の光コラボから発行してもらって取得した 「事業者変更承諾番号」は、以下のような英数字となっています。 発行される事業者変更承諾番号の例 この「事業者変更承諾番号」を見ただけではよく解りませんが、この英数字には エリアや有効期限などの意味が含まれていますので下記で詳しく解説してみます。 この「F」と「T」は、事業者変更手続きを行う住所が「NTT東日本エリア」か「NTT西日本エリアか」を判別する文字です。 「F」になっている場合は「NTT東日本エリア」、 「T」になっている場合は「NTT西日本エリア」という意味になります。 上記の例の事業者変更承諾番号の場合ですと12月31日までが事業者変更承諾番号の有効期限という意味になっています。 この有効期限内に事業者変更手続きをしないと事業者変更承諾番号が無効になり、再度取得する必要があります。 事業者変更承諾番号は契約中の光コラボへ電話をして取得するんですね。 今後はインターネットからも取得可能になるかもしれませんが、現在のところ光コラボ各社は電話でのみ事業者変更承諾番号を受け付けているようです。 主要光コラボの事業者変更承諾番号の問い合わせ先 上記でご紹介したように、 事業者変更承諾番号は契約中の光コラボへ電話をして発行してもらいます。 主要光コラボの問い合わせ電話番号は以下でご紹介しています。 現在契約中の光コラボへ問い合わせをして事業者変更承諾番号を発行して取得してください。 契約中の 光コラボ 事業者変更承諾番号 問い合わせ先 ドコモ光• ドコモの携帯電話からの場合 151• 一般電話などからの場合 0120-800-000 受付時間9:00~20:00 ソフトバンク光 0800-111-2009 受付時間10:00~19:00 ビッグローブ光 0120-04-0962 受付時間9:00~21:00 (年中無休) nifty光 0570-03-2210 03-6625-3232 受付時間10:00~19:00 (年中無休) ぷらら光• 固定電話からの場合 009192-33• ひかり電話からの場合 0120-971-391• 携帯電話からの場合 050-7560-0033 受付時間10:00~19:00 (年中無休) OCN光 0120-506506 受付時間10:00~19:00 日曜・祝日・年末年始を除く So-net光 0120-45-2522 受付時間9:00~18:00 1月1日、2日及びメンテナンス日を除く DMM光 0120-660-481 受付時間10:00~18:00 (年末年始を除く) DTI光 0570-004-740 受付時間10:00~17:00 エキサイト光 0570-783-812 受付時間10:00~18:00 (年末年始を除く) 楽天ひかり 0800-600-0111 受付時間9:00~21:00 (年中無休) U-NEXT光 0570-060-602 受付時間11:00~19:00 (年中無休) Marubeni光 0120-152-602 受付時間9:15~18:00 (平日のみ) TCOMヒカリ 0120-805633 受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00 AsahiNet光 0120-577-757 受付時間10:00~17:00 (年末年始を除く) hi-hoひかり 0120-212-587 受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く) WAKWAK光コラボ 0120-309092 受付時間10:00~19:00 (年末年始を除く) エディオン光 0120-15-1570 受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く) TNC光 0120-805633 受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00 IIJmioひかり 03-5205-4400 受付時間9:00~19:00 (年中無休) 現在契約中の光コラボの電話番号へ営業時間内に 電話をしてオペレーターに繋ぎ「事業者変更承諾番号を取得したい」旨を伝えて発行してもらってください。 「事業者変更承諾番号」の 発行手数料は 光コラボによって違いがありますが 約3,000円程度です。 「事業者変更承諾番号」を発行してもらう際に手数料の支払いが必要な光コラボが多いようです。 契約中の光コラボによって違いがありますが 約3,000円程度の発行手数料の支払いが必要です。 また、 「事業者変更承諾番号」を取得して 他社の光コラボへ事業者変更手続きが完了すると契約中の光コラボは解約となります。 事業者変更承諾番号の発行手数料は3,000円程度 例えば、契約中の「光コラボA」から他社「光コラボB」へ事業者変更(契約の乗り換え)をする場合、「光コラボA」へ事業者変更承諾番号を発行してもらいますが、その際の 発行手数料は約3,000円程度です。 ただし、「光コラボB」へ事業者変更が完了すると 「光コラボA」は自動的に解約となり、 契約内容や契約期間によっては 解約金などを「光コラボA」へ支払う必要があります。 契約中の光コラボへ事業者承諾番号を依頼すると、基本的には即日、それも即時発行されるんですね。 事業者変更承諾番号の取得後にお得に申し込む方法 事業者変更承諾番号を取得する、という人は既に契約中の光コラボから他社光コラボへ事業者変更(再転用)を決めている人だと思います。 そんな人にはお得に事業者変更手続きをしてもらいたいです。 そこでここからは、契約中の光コラボから「ソフトバンク光」「ドコモ光」「ビッグローブ光」へ事業者変更予定の人向けに、お得に事業者変更手続きが可能なキャンペーンサイトをご紹介します。 ソフトバンク光をお得に事業者変更手続き ソフトバンク光は SoftBankの携帯電話やスマホを契約中の人に人気がある光コラボです。 SoftBankの携帯・スマホユーザーがソフトバンク光も契約すると「おうち割 光セット」と呼ばれる割引が適用可能となります。 そんなソフトバンク光へ事業者変更(再転用)をお得に可能なキャンペーンサイトをご紹介します。 ソフトバンク光正規代理店キャンペーンサイト 上記の画像はソフトバンク光の正規代理店である株式会社NEXTが自社運営するキャンペーンサイトです。 このキャンペーンサイトで ソフトバンク光へ事業者変更の手続きをするとキャンペーンサイトを運営する代理店NEXT社から 15,000円がキャッシュバックされます。 ソフトバンク光へ事業者変更 お得なキャンペーンサイト ドコモ光への事業者変更手続きはここ NTT docomoの携帯電話やスマホなどを契約している人に人気のある光コラボ「ドコモ光」へ事業者変更(再転用)の手続きはどこがお得なのでしょうか? ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」 ドコモ光は契約時にプロバイダを決めなくてはなりません。 どこのプロバイダが良いのか解らない人におすすめなのが「GMOとくとくBB」というプロバイダです。 このドコモ光に対応したプロバイダ 「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンサイトからでもドコモ光への事業者変更(再転用)の手続きが可能です。 「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンサイトでドコモ光への事業者変更手続きを行うと 「キャッシュバック」や 「Wi-Fiルーターの無料レンタル」、 「訪問サポートが一回無料」などの 限定特典を受ける事が可能です。 ビッグローブ光への事業者変更 10,000円キャッシュバック中 事業者変更承諾番号まとめ この記事では光コラボ間の乗り換えが工事不要で簡単になる事業者変更(再転用)の際に必要な「事業者変更承諾番号」について詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 契約中の光コラボから他社光コラボへ契約を変更し乗り換える場合、工事不要で光回線を再利用できる事業者変更の手続きに必要な事業者変更承諾番号は、契約中の光コラボへ発行して取得します。 取得した後に乗り換え先となる他社の光コラボへ事業者変更の申し込み手続きを行う流れです。 事業者変更承諾番号には有効期限があり発行から15日間で、事業者変更承諾番号の最初の4桁の数字が有効期限となる日を示しています。 事業者変更承諾番号を発行してもらう際には契約中の光コラボへ発行手数料は3,000円程度で取得可能です。 ただし、解約時には解約金などの支払いが必要な場合があります。

次の

ドコモ光から楽天ひかりへ乗り換え(事業者変更)してみた|申し込みの流れをチェック

ドコモ光 事業者変更

2019年7月1日より、光コラボレーションの事業者変更が導入され、乗り換え手続きが、より手軽にできるようになりました。 これにより、自分に合った光コラボレーションサービスに乗り換える光回線ユーザーが急増しています。 しかし、このように契約手続きの自由度が高まると、それを悪用した事業者が言葉巧みに一部サービスへの乗り換えを迫り、実質得をしないサービスを契約してしまったという情報も後を絶ちません。 そこでこのページでは、光回線の販売員をしていた筆者が長年の経験をもとに、今話題となっている光コラボレーションの事業者変更について、契約前に知っておきたい落とし穴などを、以下の流れでご紹介します。 それでも事業者変更をしたいという方には、光コラボのオススメ回線と選び方についても解説しているので、ぜひご参考にしてください。 事業者変更をする前の注意事項 今話題の事業者変更は、その魅力的な一面ばかりが強調されており、実はそれを利用した悪質な営業の被害が続出しています。 しかし、それを知らずに即決で契約を交わしてしまうと、あなたも被害者のひとりになってしまうかもしれません。 そうならないためにも、まずは事業者変更の導入によって、実際に起こっていることを冷静に把握してみましょう。 きっと事業者変更をする前に注意すべき落とし穴が見えてくるはずです。 1-1. 2019年7月1日光コラボに何があったのか? 2019年7月1日、総務省主導で進められていた事業者変更の導入が、遂に実現しました。 これにより、光コラボの乗り換え前後において、異なる事業者間で光回線の再利用が可能となり、乗り換えのハードルがグッと下がりました。 また、光回線を利用する際に必要なIDや光電話の番号についても、乗り換え前後の変更というデメリットがなくなり、そのまま引き継げるようになりました。 1-2. 事業者変更は魅力的に見える 光コラボの事業者変更が始まったことで、光回線サービスの乗り換えが気軽にできるようになりました。 それは、 これまで必須だった 手続きや工事のほとんどが不要になったためです。 では、実際にどのような手続きや工事が不要になったのでしょうか。 形式的な撤去・開通工事の解消 たとえば、ソフトバンク光からOCN光に事業者を乗り換える場合、以下のステップを踏む必要がありました。 ソフトバンク光を解約する• ソフトバンク光の撤去工事をする• OCN光に申し込む• OCN光の開通工事をする 実は、光コラボ事業者が提供している光回線は、すべてNTT東日本・NTT西日本のものです。 したがって、光コラボ事業者を変更したからといって、光回線をわざわざ撤去したり、開通させる必要は全くなく、これまで光コラボの乗り換えにかかってきた時間と費用のほとんどが無駄だったと言えます。 しかも、立ち合い開通工事には高額な費用がかかることが多く、たとえばOCN光なら18,000円に及ぶこともあります。 そこで事業者変更の導入後は、 光コラボの乗り換えに際して、光回線を引き継ぐことが可能となり、撤去工事と開通工事を実施する必要がなくなりました。 必要なのは、以下のステップのみです。 ソフトバンク光を解約する• OCN光に申し込む アナログ戻しの解消 これまで 光電話の番号を引き継ぐには、アナログ戻しをする必要がありました。 このアナログ戻しとは、光電話で利用している電話回線をNTTのアナログ回線に戻す手続きのことです。 たとえば、ソフトバンク光からOCN光に事業者を変更する場合、同じ光電話の番号を引き継ぐためには、ソフトバンク光のひかり電話番号をNTTのアナログ番号に戻し、その後OCN光の光電話へ再度戻す手続きが必要でした。 しかし、事業者変更の導入後は、 光コラボで発番された電話番号をアナログ戻しなしで引き継ぐことが可能になりました。 光コラボで発番された電話番号をそのまま引き継ぐことができるようになったので、余計な手続きがいらず、乗り換えのハードルが下がりました。 1-3. 事業者変更を利用した悪質な営業に注意 このように、事業者変更の導入により、以前より光コラボの乗り換えが手軽にできるようになりました。 しかし、それと同時に事業者変更の魅力的な面のみを強調した、悪質な営業行為が慣行するようになりました。 特に、工事費なしで更にお得なサービスへ契約変更できると謳って、実際は契約後に違約金がかかったり、一定期間解約できない縛りがあるサービスを、強引に勧めるケースが頻繁に見られます。 ソフトバンク光の事業者変更による解約をやってみたら、奴ら事業者変更手続きが月内に終わらない理由での2年縛りの解約手数料狙ってやがる マジクソだなソフトバンクは —???? なまくら???????? したがって、 電話営業による事業者変更がらみの光コラボの乗り換え勧誘は、どれだけ魅力的に感じても、まずは即決せずに断りましょう。 しかし、事業者変更の導入により、サービスの乗り換え自由度が飛躍的に高くなったことは事実です。 もし事業者変更を行う場合は、自分自身で契約条件等をよく確認した上で、慎重に行ってください。 どうせ乗り換えるなら、以下の2点を重視すると圧倒的にお得です。 スマホとセットで契約する• 高額なキャッシュバックの代理店経由で契約する この2点は事業者変更の導入に限らず、より便利でお得な光回線サービスと契約するための必須事項ですので、必ず覚えておきましょう。 では次に、まだ事業者変更の仕組みがはっきりとわからない方のために、詳細内容を説明します。 1分でわかる光コラボの事業者変更の仕組み 光回線サービスの乗り換えには、 「事業者変更」「転用」「再転用」の3パターンがあります。 事業者変更の仕組みを理解するためにも、そもそも光コラボレーションとはどのようなサービスなのか、また事業者変更の手続きは具体的にどのような内容なのかを把握しましょう。 2-1. そもそも光コラボレーションとは 「光コラボレーション」は、 NTT以外の事業者が、NTTの光回線を借りて「別のブランド名」で提供するサービスです。 つまり、ユーザーは どのサービスを選択しても、 NTT東日本・NTT西日本の光回線を使用してインターネットに接続することになります。 たとえば、最近では下記ような会社で光コラボレーションサービスが提供されています。 NTT以外の通信回線事業者(ex. ソフトバンク)• 通信業界以外の会社(ex. TUTAYA) ちなみにauひかりやNURO光は、KDDIの光回線を使用しているので、光コラボレーションサービスではありません。 その他、光コラボレーションについての詳細は、「」を参考にしてください。 2-2. 事業者変更はどんな手続きなのか 事業者変更とは、光コラボ契約者が、その他光コラボサービスもしくはNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光に乗り換えるための手続きです。 2019年7月1日より、光回線の再利用が可能となったため、光コラボ間での手軽な乗り換えが実現しました。 事業者変更承諾番号の取得が必須 光コラボの事業者を手軽に変更するためには、事業者変更承諾番号を契約中の光コラボ事業者から取得して、新たな事業者に伝える必要があります。 この 事業者変更承諾書の有効期限は、発行日より15日以内なので、注意しましょう。 2-3. 光回線の乗り換え3パターン これまで光コラボは、契約対象の事業者によって、契約手続きの方法や費用が大幅に異なり、場合によっては乗り換えに高いコストがかかっていました。 この 乗り換えの難易度を決めるポイントは、契約対象となる光回線サービスがフレッツ光なのか、その他の光コラボサービスなのかという点でした。 それでは、乗り換えに必要な契約手続きやコストについて、ユーザー乗り換えパターンごとに見ていきましょう。 転用 「転用」は、光回線サービスの乗り換えのうち、 フレッツ光から光コラボへ契約を変更することを言います。 これまでの光コラボの契約では、この「転用」のみ開通工事がいらず、簡単な手続きだけで乗り換えることが可能でした。 つまり、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えるなど、 NTT東日本・NTT西日本から光コラボへの乗り換え のみ、簡単に契約変更ができたのです。 転用についてさらに詳しく知りたい方は、「」をご確認ください。 再転用 「再転用」は、光回線サービスの乗り換えのうち、 フレッツ光から光コラボレーションへ契約を変更した後、再度フレッツ光へ契約を変更することを言います。 これまでは光コラボの解約、フレッツ光への再契約、光回線開通工事の再実施が必要で、そこにかかる時間や費用面のコストから、乗り換えを検討しながらも実行されにくい傾向がありました。 つまり、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えて更にフレッツ光に乗り換えるなど、光コラボレーションへ転用後に再度フレッツ光に転用したい場合、契約変更が難しい状況が続いていたと言えます。 しかし、 2019年7月1日より、再転用でも開通再工事の必要がなくなりました。 事業者変更 「事業者変更」は、光回線サービスの乗り換えのうち、 光コラボレーション間で契約を変更することを言います。 「再転用」同様に、これまでは光コラボレーションの解約、フレッツ光への再契約、光回線開通工事の再実施が必要で、そこにかかる時間や費用面のコストから、乗り換えを検討しながらも実行されにくい傾向がありました。 つまり、ソフトバンク光からOCN光に乗り換えるなど、光コラボ間でサービスを乗り換えたい場合、契約変更が難しい状況が続いていたと言えます。 しかし、 2019年7月1日より、事業者変更でも開通再工事の必要がなくなりました。 それでは、光コラボの乗り換え手続きについて、契約前に知っておきたい落とし穴についても見ていきましょう。 事業者変更の5つの落とし穴 事業者変更の導入は、非常に魅力的で、一見するとメリットしかないように見えます。 しかし、実際には、これを悪用した営業が慣行しているという現実もあります。 たとえば、 工事費なしでお得に契約変更できることを謳って、実際は契約後に違約金がかかったり、一定期間解約できない縛りがあるようなサービスを強引に勧めるケースが頻繁に見られます。 3-1. 違約金がかかる 光コラボの事業者を変更すると、契約中のサービスが解約となり、乗り換え先のサービスと新規契約することになります。 したがって、 契約中のサービス内容によっては、事業者変更に際して、違約金の支払いが求められる可能性があります。 3-2. 電話番号変更の可能性がある 光コラボの事業者変更では、光コラボで発番された電話番号をアナログ戻しなしで引き継ぐことができるようになりました。 しかし、 一部の光電話・IP電話で電話番号を引き継げない場合があるので注意しましょう。 たとえば、ソフトバンク光では、ホワイト光電話やBBフォンなどが該当します。 3-3. 契約期間の縛りがある 光回線サービスは、基本的に2~3年の契約期間が設定されています。 そのため、 一度契約をすると、高額な違約金を払わない限り解約ができないという縛りがあります。 事業者変更の導入によって、契約の自由度が高まった分、長期的な視点を持って契約に臨まなければ、かえって金銭面で損をする可能性もあります。 3-4. 2重の月額料金がかかる 光コラボは、解約月の途中に解約しても、基本的にその月分の月額料金がかかります。 たとえば、 契約解除をした光コラボの更新月と新たに申し込みをした光コラボの開通日が同じ月だった場合、その月分の月額料金が2重でかかる場合がほとんどです。 余計な月額料金がかからないように、開通日には十分に注意しましょう。 3-5. 事業者変更手続きができない場合がある 事業者変更は以下の場合、手続きができません。 料金未払いによるサービス停止状態にある• 事業者変更承諾番号の期限が切れている• 工事費や解約金の残債がある 工事費や解約金の残債ついては、事業者が求める条件をクリアした場合、事業者変更承諾番号の発行は可能であるようです。 このような事業者変更の落とし穴を踏まえた上で、いったいどのような光回線を選んだらよいのかご紹介します。 今すぐ乗り換えたいオススメ光回線と選び方 先ほどもご紹介しましたが、光回線は スマートフォン会社や提携企業の光回線とスマートフォンのセット割引を使うと、料金が大幅に安くなります。 大手携帯会社は基本的にスマホと光回線のセット割を行なっていますが、「どちらも使って欲しい」と考えていることから 割引額も圧倒的に大きいのです。 状況によって価格が変動したり突如内容が変わるケースもありますので、必ず公式ページで料金を確認しましょう。 携帯会社のユーザーの料金は「光回線の料金-セット割金額」の実質的な負担で計算しています。 上記のようにスマホ会社のセット割の料金が非常にお得なので、 光回線サービスは使用しているスマホに合わせて選びましょう。 また、大手各社には代理店や申し込み窓口となるプロバイダが存在し、そういった 代理店経由で申し込むと高額なキャッシュバックももらえるので、申し込み窓口もしっかり選んでいきましょう。 下記ページが各回線で最もお得な申し込み窓口です。 回線 最もお得な申し込み窓口 申込窓口ページ ドコモ光 GMOとくとくBB ソフトバンク光 アウンカンパニー ビッグローブ光 株式会社NEXT 5. まとめ 今回は、今話題となっている光コラボの事業者変更をしない方がいい理由について、その裏にある落とし穴を徹底解説しました。 光コラボの乗り換え手続きの自由度が高まった分、それを利用した悪質な営業の被害に遭う方も急増しています。 事業者変更の導入の裏に潜んだ危険性をきちんと認識した上で、それでも乗り換え手続きをしたいという方は、「」をぜひ参考にしてください。 皆さんが適切な契約手続きの上で、自分にあった光回線を快適に利用できることを祈っています。

次の