ミニ 四 駆動 超速 グランプリ。 モーター改造、ボディ肉抜き……『ミニ四駆 超速グランプリ』でカスタマイズは思うがまま!|WHAT's IN? tokyo|M

【ミニ四駆超速グランプリ】おすすめのボディ特性と改造一覧

ミニ 四 駆動 超速 グランプリ

リセマラはできる?必要? リセマラ可能! ミニ四駆超速GPではチュートリアル終了後に引き直しガチャを引くことができます。 また、ゲーム開始時に事前登録報酬を受け取ることができるので、リセマラを行うことができます。 リセマラしておこう! ミニ四駆超速GPはチュートリアルをスキップすることができます。 引き直しガチャも引くことができるので、リセマラのハードルが低めです。 リセマラ自体も10分ほどで終えることができるので、できるだけリセマラをしておくようにしましょう。 本ゲームでは速度がある程度必要になるので、速度アップの効果を持ったパーツが排出されるガチャ筐体を引くことをおすすめします。 Co(コーナー) コーナー速度を強化できる ホーネットJr. U(登り坂) パワーを強化できる ライジングバード U(登り坂) パワーを強化できる ブーメランJr Kp(コースアウト防止) ブレーキ効果を強化できる ファルコンJr Kp(コースアウト防止) コーナーの安定性がアップする ホットショットJr U(登り坂) スピードを強化できる タイプ3シャーシ St(ストレート) ローラー用9mm ボールベアリング Co(コーナー) リセマラの要点 ミニ四駆超速GPのリセマラで押さえておきたい要点をまとめています。 リセマラの前に是非ご一読ください。 ムービーはスワイプでスキップ ゲーム開始直後に流れるムービーは、 上にスワイプすることで飛ばすことができます。 長めのムービーになっているので、リセマラする場合はスキップして進めていきましょう。 チュートリアルはスキップできる ゲーム開始時にチュートリアルが開始されますが、チュートリアルはスキップすることができます。 リセマラを効率的に行うことができるので活用していきましょう。 しかし、初見でプレイする場合は、ゲームの仕様を理解するためにプレイしておくことをおすすめします。 引き直しガチャを引ける チュートリアルを終えると引き直しガチャを引くことができます。 引き直しガチャの回数制限もないので、目当てのパーツが出るまで引き続けることができます。 しかし、 星2~3のパーツしか引くことができないので、ここでは星4パーツのリセマラを行うことはできません。 リセマラの終了ライン ミニ四駆超速GPにおけるリセマラの終了ラインを掲載しています。 リセマラを終えるのか?続行するのか?悩んでいる方は是非ご覧ください。 パーツを厳選しない限りは星4パーツの2枚抜きも可能なので、リセマラでは星4パーツを2つ以上狙うようにしましょう。 高速リセマラのやり方 の高速リセマラのやり方をまとめています。 所要時間や引ける回数も掲載しているので是非ご覧ください。

次の

ミニ四駆 超速グランプリ(アプリ)の最強ボディ・パーツランキング。

ミニ 四 駆動 超速 グランプリ

膨大なパーツを用いて自分だけのマシンを生み出せるカスタマイズ要素、作り上げたマシンを持ち寄って専用サーキットを走らせる大会、そしてコロコロコミックとの連動などで当時の子供たちの間で一大カルチャーを築いていたミニ四駆の世界が、スマートフォンアプリ『ミニ四駆 超速グランプリ』となって令和の時代に復活。 ゲーム中に登場するのはミニ四駆ブームを牽引したコミック『ダッシュ! 四駆郎』、『爆走兄弟レッツ&ゴー!! 』等のキャラクターであり、彼らが愛用していたマシンももちろんアプリ内に登場している。 Return Racers!! 』として連載されたりしている。 興味のある人はタミヤ、コロコロアニキの各オフィシャルサイトもチェックしてみてほしい。 ゲームの世界設定は30~40代をノスタルジックな気持ちにさせる作りになっているが、入手したパーツでミニ四駆を組み上げるマシンセッティングに関しては、懐かしさよりも新鮮さを感じるのが本作の魅力といえる。 それでいて完成した自分のマシンに実在感と愛着を感じられるのは、実際のミニ四駆のパーツを3Dスキャンして再現した本作ならではの特徴だろう。 元ミニ四駆キッズとしては、マシンのドレスアップがこれ以上ないくらい完璧に行なえたりパーツを入れ替えたり、改造することでマシンの性能が数値として目に見えて変化するのが見られるのも感動ポイント。 思えば小学生低学年にとっては、塗装はもちろんピンセットを使うステッカー貼りをキレイに仕上げることもできなかったし、ボディやシャーシに穴を開けて軽量化する肉抜きのような改造は、失敗するとパーツ廃棄のリスクがある行為だった。 そして、そもそもコースを走らせて他のマシンと競争をさせるという行為もリアルのミニ四駆で実践するには仲間を集めたり、模型店に赴いたりする必要があった。 大多数のユーザーにとっては、マシンのセットアップやレースへの参加が簡単にできるのは、当時のミニ四駆体験とも違ったアプリならではの体験になるのではないだろうか。 まずレース中の操作だが、プレイヤーが介入できるのはスタート時のタイミングのみ。 ミニ四駆と併走するコミックのキャラクターが多数登場する世界なものの、レースの仕様に関しては完全なリアル志向。 ソーシャルゲームとして見ると、最初の10連ガシャは何度でも引き直しができたり、ゲームスタート時からガッツ(スタミナ)が最大(99)など、基本的な仕様でプレイヤーにストレスを溜めさせない配慮が感じられる。 とくにガッツの消費に関してはかなりユーザーフレンドリーな仕様で、ミニ四レースで敗北した場合はスタミナは減らず、何度でもトライ&エラーが可能。 そして、いわゆるガシャ運がミニ四ワールドの攻略難度に直結するような感覚も薄め。 実際筆者はファーストトライセット購入後は無課金でプレイしているが、パーツ不足でミニ四ワールド攻略が滞ったことはMAP5まで到達した現段階でも一度もない。 個人的にはボディ以外のパーツ、タイヤやホイール、シャーシもゲーム内通貨で買えるスプレーで塗装できると、手軽にミニ四駆全体のカラーリングに統一感が出せてうれしいのだが……。 とはいえ下の写真のような、ボディが黒でシャーシは青、前輪のタイヤは黒でホイールはオレンジ、後輪は青のスポンジタイヤ……みたいな、ワチャワチャした色づかいのマシンも使っているうちに愛着は出るもの。 いまはこれといった不満もなく、楽しいミニ四駆ライフを送らせてもらっている。 ミニ四駆のカスタマイズだけで気軽にミニ四駆体験が楽しめつつ、対CPU戦のメインクエスト・ミニ四ワールドは気楽に楽しめるバランスの『ミニ四駆 超速グランプリ』。 ミニ四駆に触れたことのある人にぶっ刺さるのはもちろんのこと、手軽に楽しめる2本目、3本目のソーシャルゲームを探している人にもマッチする可能性のタイトルなので、この記事で興味を持った人は気負わず触ってみてほしい。 (c)小学館 (c)ShoPro (c)TAMIYA (c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. tokyoへ。

次の

イベント攻略:謎のシャーシちゃんあらわる!? Lv10 攻略再び 空転編

ミニ 四 駆動 超速 グランプリ

動作環境でご利用の場合も、お客様のご利 用状況やご利用機種特有の要因により、本サービスが正常に 動作しないことがあります。 本アプリケーションは、権利者の正式な許諾を得て配信しています。 ゲームだから当然だが、リアルタイムでレーサーやフルカウルをやってた人がその感覚で楽しめるかと言うと楽しめない。 雰囲気は楽しめる。 だが、実際のミニ四駆で速くなるセッティングをゲーム内でしても速くならない場合が多い。 リアルはリアル、ゲーム内はゲーム内の法則で速さを追求すると割り切れば一応楽しめる、皆んな法則は同じだから。 しかし、最近のグランプリ対戦では、有料ガチャでピックアップされたパーツが無いと勝負にならない仕様になってきた。 速度的に劣るならまだいい。 致命的なのがピックアップパーツ無しにタイムを出しにいくと何らかの理由でリタイアする様になっている。 バウンドであったり、オーバースピードであったり、耐久不足であったりと、何かと理由をつけてコースアウトリタイアとなる。 完走するにはかなり速度を落とす必要がある。 当然勝てない。 コースアウト対策とオーバースピードはわかる、 バウンドって何?ポヨンポヨン跳ねるの? ミニ四駆は電池やモーターも積んでるんだよ? 実際のミニ四駆やった事あればわかるけど、そんなに派手に跳ねないよ? 耐久不足って何?異常の無いアルミステーなら良くて、同じく異常の無いリヤスキッドローラーだとレース途中で耐久不足コースアウトって。。。 24時間耐久ならまだしも1分未満のレースで。 出てくるコース出てくるコース、毎回ジャンプ後すぐコーナーやレーンチェンジ、バウンドかオーバースピードでリタイア。 ピックアップパーツあれば問題無しに完走。 しかも動力系パーツじゃないのにスピードアップするとか。 と言うわけで、ゲームと割り切れる人、グランプリ勝ちたいなら課金出来る人はプレイ出来ると思います。 私はリアルタイムでフルカウルを楽しんだ人間なので、この惨状にはとても残念です。 既にアプリは消しました。 突然バッタリと予告無しにサービス終了になったりしたら悲しいので、しっかりとレビューを書きたいと思います。 まず良い点。 実際のミニ四駆だと駆動音が近所迷惑になったりしますし、コースがないと遊べないし、改造にも手間暇かかります そこが楽しいものではありますが しかし、このアプリを立ち上げればそんな問題も些細なこと。 マンガのキャラだけでなく、コラボイベントでバンナムキャラのパックマンや、新日本プロレスの棚橋選手とレースするといったイベントも最近ありました。 開始3時間前までにエントリーしておけば誰でもレースに参加可能で、同じく参加したユーザー達によるレースが楽しめます。 メンテナンスが入りレースが行われない日もあるため、ほぼ毎日と記載しました 実際のミニ四駆で遊べなくなった社会人でも、気軽にミニ四駆を楽しめる。 このゲームの良さはそれに尽きると思います。 ここからは、逆に悪い点。 他の皆さんがおっしゃる通り、メンテナンスの安定の無さです。 毎週水曜14〜18時がメンテナンス時間とされているのでしょうが、時間内に終わってくれることが少ない気がします。 仮に終わってても通信爆重になったりして、最悪の場合はそこから再メンテが入ったり。 メンテナンス時間には一応「予定」とは記載されていますが、ここまでくるともう少しメンテナンス時間を長く設けるか、メンテ前最後のレースが終わり次第早々に着手するか、などといった対応策を打った方がいい気がします。 次に悪い点として上げたいのは、ガチャ。 もうこれはスマホゲームの宿命みたいなところもありますが、なんかね.... ショップでもある程度のレアリティのパーツは手に入り、ガチャで出るパーツはショップでは手に入らない、といった調整さえあれば、 多額の課金をしたのにレアパーツが手に入らないといった声も減り、ショップのありがたみを感じることができるのではないかと思いました。 ただ、課金すれば課金するほどいいパーツが手に入るというワケではなく、あくまでもガチャ回せる回数が増えるという調整はありがたい。 事実、無課金でもレアパーツはそれなりには手に入ります。 最後に挙げるのは、自分的には一番何とかして欲しい悪い点です。 それは、ミニ四ワールドのコース設定です。 グランプリコースは2週間おきにコースが変わりますが、その際に見落とされたバグを利用して攻略しようとするユーザーが少なからずいるはずなので、1週間毎にメンテナンスが入るのは納得できます。 先述のとおり、もう少しスムーズになればとは思いますが グランプリコースはテストランができないので、他のコースでマシンを仕上げなければなりません。 一度勝利したライバルが2戦3戦と戦っていくうちに速くなっていくのはわかりますが、同じセッティングで同じ改造状況で同じコースに挑んだはずなのに、ライバルに周回遅れにされるではなくコースアウトするというのは本当に意味がわかりません! 最初から「このセッティングでこの改造だと、クリアできないよ」といったコース設定にしてくれないと。 これだとまるで、レベルの低いライバルとのレースはお情けで完走させてもらってる感じがします。 こんなのが果たしてレベル調整といえるのでしょうか? 「コースコンディション」という概念があるようなら話はまた変わってきますが.... といった評価でございます。 ゲームとしてはすごく楽しいと思います! ピックアップパーツの再登場がないなどの不満は自分もありますが.... 1から100までユーザーの要望を叶えてゲームを作るというのは難しいのでしょう。 しかし、このゲームに落胆して低評価を付けている人もいる一方で、楽しんでやっている人が多いことも事実です。 今後、何かしらいい調整が入って、より快適なゲーム環境になることを願っております。 長々と失礼しました。

次の