紫陽花 の 剪定。 紫陽花には手入れが不可欠!剪定以外にもある大事な作業

咲かなかった紫陽花の剪定

紫陽花 の 剪定

もくじ• アジサイ(紫陽花)を剪定する時期と方法 基本的にアジサイは成長速度が早いのであっという間に大きくなります。 放置をしていると背丈が伸びて花の位置がどんどん上に上がってしまいますので、小さなお庭の場合は取り返しのつかない事になってしまいますね。 そのため、適度な高さでコンパクトにするという剪定が必要です。 アジサイは2年間隔で咲く アジサイの枝には花が咲く枝と咲かない枝があります。 例えば、今年花が咲いた枝にはもう花が咲きませんので、 花が萎れ始めたら花の下から2枚目の下の茎、または4枚目の下の茎で剪定します。 その切った位置から、新たに枝が出て夏の間に枝の先に花芽が付き、秋には花芽として確認できます。 しかし、 剪定した後についた花芽からはその年に花が咲かず2年後に花が咲きますね。 また、その年に咲かなかった枝から翌年花が咲きますので、交互に咲かせていくことで毎年アジサイを咲かせることができます。 11月から3月に行うアジサイの剪定 絶対にしなければいけない剪定ではありませんが、11月~3月に古い枝や花芽が付いていない枝を間引きます。 この時期に剪定をしておくことで、風通しが良くなり病気や害虫の発生を抑えることができますね。 アジサイの花が咲かない理由 アジサイの花が咲かない一番大きな理由は剪定方法や時期を間違っているからです。 花が咲いている枝と咲いていない枝があり、花が終わった時に剪定しますが。 そこで、多くの人がやってしまうのが、全部まとめてバッサリ剪定して、 花芽が付いていて翌年に咲くはずだった枝まで切ってしまうことですね。 もちろん、こうなると花芽まで飛ばしてしまっているので、翌年は花が咲きません。 すると、花が咲かないからとまた全部剪定してしまい、 翌年に咲くはずだった花芽が無くなってしまうという悪循環に陥ります。 剪定しているのに花が咲かないという場合は、一度剪定するのを辞めて翌年に花が咲くのを確認してから、花芽を残すように剪定してみると良いですね。 アジサイは肥料をあげすぎると花が咲かない アジサイにはリン酸系かカリ系の肥料をあげるのが良いですが、これもあげすぎると花が咲かない原因となってしまいます。 特に、チッ素系の肥料はアジサイには合いませんので、肥料であれば何でも良いと言うわけではありません。 日照条件が悪いと花が咲かない アジサイは日陰に強い花ですが、元気よく花を咲かせるにはある程度の日照が必要です。 こればかりは天候によるのでどうしようもありませんが、日照が少なすぎると来年は葉ばかりが茂って花が咲かないということもありますね。 アジサイにとって一番良い場所は明るい日陰、次は1日に2~3時間日が当たる半日陰です。 アジサイが枯れる原因 アジサイが枯れる原因として一番多いのは「水不足」による枝枯れです。 アジサイは梅雨に花を咲かせるだけあって、水を多く欲しがる木ですので、水切れや乾燥には十分な注意が必要です。 とは言っても、常に土の表面が湿っているほどの状態になると、根腐れを起こしてしまうので、水を上げる時はしっかりと土の状態を見て乾燥気味ならあげる様にすると良いでしょう。 アジサイは落葉樹ですので、秋から冬に枯れるのは当たり前ですよ! お店で買った鉢植えのアジサイは枯れやすい 鉢植えのアジサイでもお店で買ってきたようなものは案外枯れやすいです。 なぜかと言えば購入してきた時点で鉢に根が周ってしまっている状態なことな多く、水やりをしていると根腐れを起こしてしまいます。 小さめの鉢のほうが、花がよく咲くので販売する際には小さめの鉢に入れられているのですが、購入したあとも鉢で育てるのであれば、早めにやや大きめの鉢に入れ替えてあげる方が良いですね。 枯れたアジサイは復活する? アジサイは表面が枯れてしまっても地中は生きている場合が結構あります。 枯れてしまったと思った場合はとりあえず、表面に出ている枯れ枝は全て剪定して、1年間何もせずに様子見をしてみましょう。 この場合、地植えのアジサイであれば肥料も与えずに何もせずに完全放置で構いませんが、鉢植えのアジサイであれば日陰に移動させてあげましょう。 鉢植えの場合は、一度鉢から抜いてみて土が塊にならずにボロボロとこぼれてしまうようであれば水はけが良すぎて、水もちが悪かった事が考えられますので、アジサイ用の培養土など水もちの良い土を加えてみましょう。 その後、しっかりと鉢全体に水分を行き渡らせて、水枯れなどの原因を除去し、しばらくの間は土が8割ほど乾いたら水をあげるというお手入れを続ければ復活する可能性があります。

次の

紫陽花には手入れが不可欠!剪定以外にもある大事な作業

紫陽花 の 剪定

咲かなかったアジサイの枝は剪定してもいいのでしょうか? 去年鉢植えで購入した紫陽花を、ひとまわり大きな鉢に植え替えて育てていましたが、剪定に失敗したらしく今年は花をつけてくれませんでした。 温暖な九州在住です とても綺麗なあじさいだったので、来年は花を咲かせたいです。 体験談などよろしければお教えください。 ベランダで鉢植えなら、剪定なさって樹形を整えた方がいいです。 昨年の花後に元気よく伸びて今年花をつけなかった枝(シュート)から今年伸びた枝に、来年の花が咲きます。 花芽が出来るのは秋口ですが、それまでに新しく伸びる枝をできるだけ充実させたいので、今のうちに各枝の上三分の一程度を目安に、全体の樹形や芽の伸びる方向を考慮して剪定してください。 株の大きさや鉢の大きさが判りませんが、ギリギリの大きさだとすぐに根詰まりします。 根鉢の様子を確かめて、鉢増しなさった方がいいかも知れません。 種類や株の大きさにも寄りますが、できれば8号は欲しいところです。 この時期の施肥(盛夏までに肥効が切れる量)と水やりで新枝の充実度が決まります。 たっぷり水をやってくださいね。

次の

アジサイ(紫陽花)の剪定|花後が大事!目的によって方法も違う?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

紫陽花 の 剪定

鉢植えの植え替えは花後に• 株元の乾燥に気をつける• その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 要するに、今年伸びた枝に花芽が付くとしたら翌年の秋、そして花が咲くのは翌々年ということになります。 こういう昨年の枝に花芽がつくものを「2年枝に花が付く」といいます。 高温時期は花芽ではなく葉芽が出ます。 剪定(せんてい) 剪定する前に アジサイの剪定は「来年も花を咲かせるため」「元気に育てるため」に必ず必要なことではありません。 毎年花を楽しみたければ、理屈だけでいうと剪定しないのがいちばんです。 ただ、年々大きくなってスペースをとり、花の咲く位置も高くなるので、株の大きさを一定に維持するために剪定を行います。 慎重に行う二段階の剪定 剪定にも色々な方法がありますが、来年も花を楽しむために失敗が少ないのは2段階の剪定です。 まず1度目の剪定は花後すぐで、花が咲き終わった後、花から2~4枚の葉の位置で枝を切り詰めます。 小さくまとめたい場合は、もう短く切り詰めてもかまいません。 二度目の剪定は秋の初めです。 1度目の剪定の後、切ったすぐ下の芽が伸びて、新しい枝になります。 ちょうどそのひとつ下の葉の付け根に翌年咲く花芽ができるので、その上で切り詰めます。 一気に決める、一段階の剪定 2度も剪定するのが面倒な場合、花後すぐに花の咲いていた枝を、花が咲かなかった枝との分岐点で切り落とします。 単純に言うと、「花の咲いた枝は切って、今年花の咲かなかった枝を残す」ということです。 その他 全体を小さく仕立て直したい場合は、すべての枝を株元近くで切り戻すようにします。 一部の枝だけ短く切り戻してもそこから芽が出てこないことがあり、かえって樹形がおかしくなることがあるからです。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 注意点 翌年咲く花芽は10月頃に完成しており、準備万端で冬に備えています。 後は翌春に芽を吹いて花を咲かせるだけです。 ですから、9月中旬以降に、枝が邪魔になったからとばっさり切り戻すと、翌年の花ごと枝を切り落とすことになります。 どうしても切りたい場合は、葉の付け根にふっくらとした花芽が確認できるようになってから行います。 日当たり・置き場所 日当たり~半日陰の場所でよく育ちます。 ただし、西日の当たる場所では乾燥して葉が焼け傷んでしまうことがあります。 また、紅色に発色するガクアジサイなどは日照不足になると色が付かずに白っぽい花になってしまいます。 耐寒性は十分ありますが、乾いた寒風に当たると枝や芽が傷んでしまうので気をつけましょう。 もともと水を好みますが、これは土壌だけでなく空気中の湿度も当てはまります。 あまり空気が乾燥する場所ではよく育たないです。 水やりと肥料 水やり 水を好む植物で、乾燥すると生育がてきめんに悪くなります。 地植えで適湿地に植えている場合、真夏に日照りが続く場合を除き、ほぼ自然の雨だけで生長します。 日当たりがよく乾きやすい場所では、株のまわりに敷きワラなどマルチングをおこなう方がよいでしょう。 適湿と同じくらい、水はけのよいことも大切です。 じめじめした水はけの悪い場所は適していません。 鉢植えは地植えに比べると乾きやすいので、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えるようにします。 夏は特に乾燥に気をつけないと株が枯れてしまうことがあります。 肥料 肥料は冬と夏~初秋に行います。 冬の間に与える肥料は、春に新しい葉を広げて花を咲かせるまでをしっかりと支えるためで、穏やかに長く効くタイプの物が適しています。 夏~初秋の肥料は新芽を大きく育てるためです。 秋に花芽ができるまでのやや短期間で生長させなければいけないので、速効性のものが適しています。 具体的には冬は油かすと骨粉を混ぜた物を株元に与えます。 夏~初秋は速効性の化成肥料を与えるか、10日に1回程度液体肥料を施します。 適した土 水はけのよい土を好みます。 赤玉土6:鹿沼土3:ピートモス1の割合で混ぜた土を用います。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、アルカリ性の土質ではピンク色や紅色になります。 植え替え・植え付け 庭植えでは植え替えの必要はありません。 鉢植えの場合は、根がきちきちに張って根づまりを引き起こすので1年に1回、花が終わった7月下旬頃におこないます。 苗の植え付けは厳しい寒さが過ぎる3月中旬以降か、梅雨に入る6月頃が適しています。 落葉樹は冬に植えることが多いですが、アジサイは枝が軟らかくて寒さで傷みやすいため、厳寒期は避けた方が安全です。 ふやし方 挿し木でふやすことができます。 適期は6月上旬頃で、花の付いていない枝の先端を15cmくらいに切り取り、砂を入れた鉢などに挿します。 1ヶ月くらいで根がでてきますがそれまでは直射日光はできるだけ避け、半日陰の場所に置くようにしましょう。 まだ花をの付いていない枝を2~3節ごとに切ります 2. 土にさす部分の葉をとりのぞき土に挿します かかりやすい病害虫 害虫:ダニ類 アブラムシ 病気:腐敗病 関連する植物•

次の