ひふみ プラス 掲示板。 【驚愕】ひふみプラス(ひふみ投信)44ヶ月の運用実績!評判をブログで公開

ひふみプラスを売却しました【つみたてNISA】

ひふみ プラス 掲示板

目次 タップできます• 【1月から12月の流れ】表でまとめ 『ひふみプラス』の2019年から2020年の【含み益の経過】です。 44% 【2月基準価額 1月との比較)】• 【単月結果】-12万2988円• 【評価損益】-12. 3% ひふみの基準価額が1日で-1000円以上になったことは過去に数回ありましたが、連日の大幅な下落は約3年保有してきて初体験です。 唯一のプラス材料を探すなら、ひふみレポートの2月25日の部分です。 93% 3月はマイナス圏に落ちたりプラスに戻したりと乱高下してました。 単月でみると3ヵ月連続のマイナスです。 【3月基準価額 2月との比較)】• 【単月結果】-2万6531円• 【評価損益】-2. 65% トータルの評価損ではプラス圏ですが、たぶん4月も落ち着かない相場だと思います。 下手したら1週間後にはマイナス圏になってる可能性も十二分にありえます。 3月の感想は以下に尽きます。 慌てて売ったり買ったりしたい気持ちをこらえた1ヶ月 仮に3月途中のマイナス時に手放していたら後悔していたので、人生ではじめて自分を褒めたいですw 個人的には2020年東京オリンピック前の一部利確を予定してましたが、延期になったので計画を練り直さないとです。 99% 2020年4月は、大きくプラスで終わりました。 【4月基準価額 3月との比較)】• 34%• 99% ただ、冷静に考えると今後の経済は暗い見通しですよね。 67%と、大きく乖離しました。 3年持ってる感想としては、レオスが銘柄を大きく入れ替えた?ような気がしてならないですw 5月はアクティブファンドらしく動くのかな、と期待を胸に見守っていきます。 44% 2020年5月の『ひふみプラス』は、大きくプラスで終わりました。 スポンサーリンク レオスキャピタルの筆頭株主がSBIに 3月末にニュースが飛び込んできて驚きました。 レオスの親会社がSBIホールディングス HD へ変更 HD傘下のSBI証券とのコラボが深まるに期待したいです。 SBIホールディングス(HD)は31日、「ひふみ投信」などを運用するレオス・キャピタルワークス(東京・千代田)の株式取得で基本合意 (引用元:) ファンド方針が変わらないのか不安でしたが、レオス公式HPで 【運用方針に変更なし】のアナウンスがありました。 (誰でも無料閲覧できます) ひと安心です。 レオス公式HPから藤野社長のメッセージを一部抜粋します。 経営体制はこれまでと同じで、社名であったり運用方法や直接販売、販売パートナーさんのサポート体制などすべてこれまでと同様 (引用元:).

次の

今から「ひふみプラス」買うのってもう遅いかな?

ひふみ プラス 掲示板

正直、この結果は出来すぎだと思いますので、将来的にひふみの年率リターンは下がると思われます。 (あくまで私の個人的な意見です) しかし、現状は上記のような驚異的な結果を生み出していることは事実であり、また将来年率リターンが下がるかどうかは誰にもわからないため、現時点では「この勢いが続いた場合」を仮定して試算するしかありません。 証券会社を通じて販売されている「」も基本的には中身は同じです。 つみたてNISAの場合、 最大20年間において投資利益が非課税となります。 過去5年間の利回りである28. 64%を参考に、つみたてNISAでひふみ投信を20年運用するとどうなるか、積立シミュレーターで確認してみてください。 つみたてNISAの年間投資枠は40万円なので、月換算すると毎月最大33,000円程度が積立できます。 仮に毎月33,000円を20年間、年率28. 64%で運用した場合、 20年後の資産は3億9,593万円になっています。 これが利益確定した段階で非課税になると思うと、ワクワクしてしまいます。 しかし、繰り返しとなりますが、ひふみ投信が将来においてもこれだけの高リターンを出せるかどうかはわかりません。 ひふみ投信は和製バフェットになれるか 投資信託は運用資産の規模が大きくなるほど、高いリターンを維持するのが難しくなります。 既にひふみ投信でも国内株式の投資に限界が出てきているため、マイクロソフトやアマゾンなどの外国株への投資をすすめています。 私は、 これからひふみ投信の利回りは年々下がってくるのではないか?と考えています。 しかし、 先ほどのシミュレーターをもう一度試していただきたいのですが、仮に利回りが10%まで落ち込んだとしても、それなりに満足できる結果になるのではないでしょうか。 今後リターンの鈍化可能性が高いとは言え、やはりひふみ投信が期待できる良い投資信託であるという事実は変わりません。 もちろん、ひふみ投信がこれからもずっと20%以上のリターンを維持し続ける可能性もあります。 なぜなら、著名投資家のウォーレン・バフェットは、 年間平均22. 6%のリターンを37年間継続したことで世界一の大富豪になったからです。 ひふみ投信が「和製バフェット」と言えるほどの結果を出し続けることができるかどうかはわかりませんが、少なくともそこに懸けてみる価値はありそうです。 圧倒的に低い信託報酬で運営 投資信託には• インデックスファンド• アクティブファンド の2種類があります。 本来なら、 コストの低いインデックスファンドに投資をするのが王道です。 しかし、ひふみ投信はアクティブファンドでありながら、高いリターンを出し続けていると共に、 他のアクティブファンドよりも低いコストで運営していることで有名です。 ひふみ投信の 信託報酬は0. 1078%(税込)です。 2016年10月1日~2017年10月2日の第9期の 実質コストを見ても、そのコストの低さは際立っています。 ひふみ投信の信託報酬以外のコストは税込ベースで0. 294%程度と優秀です。 つみたてNISAでひふみ投信とひふみプラスを比較 つみたてNISAで私たちは、2つのひふみ投信を選択できます。 (もちろん両方投資しても良いですが) ひふみ投信 資産運用会社のレオス・キャピタルワークスが販売している直販商品 ひふみプラス 証券会社や銀行などが販売している商品 基本的な中身はどちらも同じなのですが、ひふみプラスは販売会社が間に入るため、証券会社や銀行によっては購入時手数料がかかることがあります。 楽天証券やSBI証券であれば、ひふみプラスの購入時手数料は0円です。 また、両者は信託報酬に若干の違いがあります。 3%(税込)(楽天証券やSBI証券なら無料) 信託報酬は1. 078%(税込) 純資産総額によって信託報酬を減額 500億円を超える部分は0. 968%(税込) 1,000億円を超える部分は0. 858%(税込) 最低積立金額は証券会社によって異なる 楽天証券なら最低100円からの積立が可能。 楽天ポイントを使っての積立も可能。 SBI証券やマネックス証券の場合は最低100円から「毎日積立」が可能。 上記を踏まえて、つみたてNISAでは「ひふみ投信」と「ひふみプラス」のどちらがお得になるか考えてみました。 ひふみプラスの方がお得に 直販口座のひふみ投信と、証券会社・銀行で購入するひふみプラスの比較では、 ひふみプラスの方がお得になると考えています。 ひふみプラスは信託報酬の減額条件が「純資産総額が1,000億円を超える部分」となっています。 しかし、実は ひふみプラスの純資産総額は記事更新時点(2019年11月)ですでに5,000億円を超えている状態です。 つまり、スタート時点ですでに直販口座の「ひふみ投信」よりも信託報酬が低い状態で運用を始められるのです。 おそらく、ひふみプラスの純資産総額はこれからも伸び続けるでしょうから、基本的にひふみプラスの信託報酬は0. 858%(税込)に近いコストであると考えて問題ないと思います。 891%(税込)となります。 今後、純資産総額が増えるほど「純資産総額が1,000億円を超える部分」の割合が増えますので、信託報酬はさらに下がります。 ちなみに、純資産総額が1兆円なら信託報酬は0. 8745%(税込)まで下がります。 一方で、直販口座のひふみ投信は、信託報酬の減額を受けるまでに最低でも5年間は待たなくてはなりません。 また、SBI証券の場合によって、年率0. 1%のTポイントが還元されます。 投資信託の合計運用資産が1,000万円を超えると、還元率が0. 2%にアップします。 投信マイレージサービスのポイントバックは「年率(付与は毎月)」でもらえるため、実質的には継続して発生する信託報酬をさらに引き下げる効果があります。 投信マイレージサービスはつみたてNISAで購入した投資信託も対象なので、SBI証券でひふみプラスを購入すると、さらに実質0. 1%お得(運用資産が1,000万円以上の方なら0. 2%お得)となります。 楽天証券もハッピープログラムによる同様のサービスを展開していますが、還元率が0. 048%と見劣りします。 つみたてNISAの運用期間が最長20年であることを考えると、「 SBI証券でひふみプラスを買う」というのが最もお得になると私は考えています。 また、SBI証券であればひふみプラスを最低100円から積立できますので、初めて資産運用する方でも安心して始められると思います。 SBI証券・マネックス証券には「毎日積立」もありますので、より細かく積立をしたい方にも向いています。

次の

ひふみプラスを売却しました【つみたてNISA】

ひふみ プラス 掲示板

先日関東地方へ出張へ行った際、後輩と晩飯食べてる場で投資の話がでました。 私の考えは後輩に軽く話したのですが、伝わっていない内容もあったかな~ 会社でに関する問い合わせがあるので、自分の考えを改めて整理する為に 私が を選ばない理由をまとめたいと思います。 ------------------------------------------2018年11月9日更新------------------------------------------- 最近のが不調な理由が知りたい人は、下記添付記事を御覧下さい 後輩は師匠からのを話してもらった時、若いときから投資をする必要性に 気付き、自分で勉強してを購入したそうです。 私を含めいろんなブロガーさんがどれだけの有用性を説明しても、 動かない人は動きませんし、いざ興味をもっても尻込みしている人が多数いる中、 自分で学び・動き出した後輩は本当に凄いと思います。 後輩は1年半程前にレオス・キャピタルワークスの社長 藤野さんの著書に 感銘を受けてへ投資をし、今ではけっこー良い額のリターンが出ていると 嬉しそうに話してくれました。 現金預金しか知らなかった私達からすると、投資でリターンが出るあの嬉しさは 始めてみないと分からない感動です。 1.とは とはレオス・キャピタルワークスが運用・販売するで、 主に日本国内の中・小型株を中心に成長が見込める割安な銘柄に対して投資をして 高いリターンを目指す運用スタイル(アクティブファンド)です。 の特長の一つとして資産形成応援団というサービスがあり、を 一定期間以上すると信託報酬を下げてくれるので、非常に投資家思いので あることがいえます。 そして肝心の運用成績ですが、運用開始からのパフォーマンスを見てみましょう の直近3年トータルリターンを見ると、イボットソン分類に 対して3倍、5年間で見ても1. 8倍と非常に高いパフォーマンスを出しています。 長期投資を掲げるレオス・キャピタルワークスは、を長くしてくれる 投資家には信託報酬を下げるフィデューシャリーデュー 受託者責任 を実践し、 そして運用面では市場平均をはるかに上回る成績をたたき出すので、 まさに理想のです。 2. で超有名になり、運用に困りだす・・・ 2017年2月16日 TV東京のでが取り上げられ、 事件が起きます。 への月次資金流出入グラフを見ると一目瞭然なのですが、 で取り上げられるまで への毎月資金額は 10億円未満でしたが、(2017年2月)以降、毎月の資金額は 40億円以上となりました。 過去4年間ぐらいでしてきた金額を、2017年は1年も待たずにそれに近いぐらいの 大量なお金がしてきております。 それによって社長の藤野さんは、運用方法に困り出しました。 投資家から預かったお金は市場に投入して運用する必要がありますが、 の運用スタイルは主に日本国内の中・小型株を中心に成長が見込める 割安な銘柄 を投資対象にしています。 藤野さんの新たな挑戦を「チャレンジ」として前向きにとるか、「無謀な挑戦」と 見るかは人それぞれですが、これからのはこれまでのと 異なる可能性がありそうです。 3.の達(50歳~)が信用できない 当時のは私も見ましたが、はっきり言ってTVではプラスの内容しか 放送してません。 です・・・ 番組の中でが何人か登場しており、2年で600万円のリターンが出ているから そのお金で旅行にいけたりで、人生が変わったと言っていました。 番組では、がどうやって有望な企業を見つけているかのプロセスを中心に 藤野さんが訪問先企業の社長や従業員との会議風景が出ていたりしました。 そして、それによって高い運用成績=の華々しいリターンが 表現されており、にお金を預けると自然と増える師ばりの 演出でしたね。 の運用成績は本当に素晴らしいと思います。 番組の中で藤野さんは「自分の自叙伝を渡す社長がいる会社は、成長しない」と 言っていました。 その理由として、過去を見ている会社は成長せず、大事なのは今と、 これからを見る事。 でもそれはも同じで、投資の世界では過去にどれだけ輝かしい リターンを出しても、それが未来のリターンを保証する要素にはなりません。 話を少し戻しますが、放映後の月次資金量がはんぱなく 増えました。 その投資家達は誰なんでしょうか? おそらく、子育てが終了した50代から目前の60代だと思っていますし、 で登場した達も高齢な人が大半を占めていました。 放映後、にした400億円近い金額も 320億円ぐらいが50歳以降の投資家達と推定できます。 それを前提として、の(50歳~)達が信用できない理由を リスク選好度とリスク許容度の話を絡めて進めます。 上の添付記事を要約すると リスク選好度:リスク資産の値動きに対して、ビビらないメンタルタフネス リスク許容度:リスク資産に損失が出た場合、それを補える収入&貯蓄があるか 自分のリスク選好度を把握するにあたっては、リスク許容度を理解する事が大事です。 冒頭に登場した会社の後輩はまだまだ若く、仮にへ300万円投資して 暴落によって評価額が100万円に下落したとします。 後輩は毎日頑張って働くことで給与所得を得れるので、が回復するまでの間 自分の給料で生活をすればいいだけなので、リスク許容度は非常に 高いことになります。 評価額がマイナス状態だっとしても、明日の生活費をまかなう為に を売却(損失確定)させて凌ぐことになります。 退職金で残りの住宅ローンの支払いを見込んでます。 退職して数日後にが暴落し、売却したら元本に対して大きな損が 確定する状況になりました。 しかし、生活費にもなるはずだった退職金は住宅ローンの返済にほとんど 当ててしまい、年金支給開始まで収入がないと生活を補える手がないので、 こういうケースもリスク許容度が非常に低いことになります。 入学金はまとまった金額が必要となるから、年明けの2月ぐらいにを 解約しようと計画してました。 自分達が現役で働いてる世代も、まとまったお金が必要なイベントが近いと リスク許容度は低くなります。 ひふみの運用成績が素晴らしいのは 国内の 中・小型株への 集中投資の結果であり、 は師ではありません。 大きなリターンが出るのは、それは等しいリスクをとっているからであり 相場暴落時はリターン以上の激しい下り坂が待っていることを ひふみの投資家達(特に50代以降の人達)は理解してるのでしょうか? TVでは連戦連勝を終始垂れ流していただけなので、が こけることはないって、信じきってるのではないでしょうか? ってのが、私がの投資家達を信用できない理由です。 私の勘違いで実は、皆がバリバリの知識をもった投資家達かもしれません。 しかし、妻と二人でを観た感想は少なくとも、の 投資家たちは夢のお花畑を想像している人達が多そうに思ったのです。 の基準価額を、同じの投資家達(仲間)が足を引っ張り合って 下げなくても良いのに下げ合って、相場下落を超えた余計な被害をもらいそうに 思えます。 だから私は、を選ばないのです。 5.をしている人、これから投資をしようと思っている人へ あくまでも個人的な見解です。 をしている人 ・の方針が中小株から大型・米国株へのシフトより、これまでの大きな 成長は期待できない ・後に日本経済は落ち込む事が想定されており、 人口減少とあいまって、景気向上は期待できない だとすると、今が基準価額の頂上に対して山8合目と判断し、利益確定するのが 有りなのではないか? これからへ投資をしようと思っている人 ・ほんとに損をしても良い小額のみを投資する ・の暴落が過ぎ去った時、日本が移民を受け入れだして日本の 成長がまだ期待できそうなら、積立投資を開始する <まとめ> 当然ながら、投資の世界は自己責任です。 は「無い」と判断して、この先がさらに高騰した場合、 その利益を取り逃したとしても、それは「無い」と判断した自己責任です。 は「有り」と判断して、相場下落時に世帯が崩壊するぐらいの損失を かかえても、それは「有り」と判断した自己責任です。 株式相場を完全に予測することは、レオス・キャピタルワークスの藤野さんが 人間である限り不可能だということを念頭において、と 付き合ってほしいところですね。 皆さんの投資ライフが上手く行くことを願っております。 ・・・・・。 この記事をアップしてから約8ヵ月後、私の予想通りな展開となりました とりあえずには、とうぶん近づかない方が良いと確信しました。

次の