やしろあずき ステマ。 [B! ステマ] やしろあずき@月曜日(3日目)西A62a on Twitter:

やしろあずき ステマ疑惑炎上に続き黒歴史ノート、カラーコーン自作自演、クラウドファンディングまで飛び火

やしろあずき ステマ

きくちゆうきとやしろあずき、そして電通との関係とは? 「アナ雪2」のステマ問題で取り沙汰されている、やしろあずきさんをご存じの方は多いと思います。 やしろあずきさんは、株式会社wwwaap外部執行役員をされています。 wwwaapは、 漫画家を使って、顧客のニーズに従った漫画を描いて、広告などのマーケティング を行う商業活動をしています。 私は最初、きうちゆうきさんが 株式会社wwwaap(ワープ) に所属していたと思っていたのですが、良く調べてみると きくちゆうきさんが、 株式会社wwwaap(ワープ)の2019ワープパーティに参加してたというだけであって、所属していたという証拠はありませんでした。 にきました 知ってるクリエイターがたくさんいてすごかった。 — きくちゆうき yuukikikuchi 右下の写真に写っている、左側の黒ぶち眼鏡をかけた男性が、やしろあずきさんです。 その写真の真ん中に写っているのがきくちゆうきさんです。 楽しそうな写真ですが、きくちゆうきさんとやしろあずきさんが、深い関係であるかどうかはわかりません。 「100日後に死ぬワニ」 は最初から商業的に掲載しているステマだった! というツイートが散見していますが、本当にそうなのでしょうか? wwwaap の代表取締役中川元太さんは、大手ネット広告代理店に勤めていた経歴が オンリーストーリーというインタビュー記事で掲載されています。 しかし、きくちゆうきさんは、Twitterの生放送できっぱりと電通とのつながりを否定しています。 「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない」 「プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、何カ月も前から巨大組織がいろんな人が集まって、みたいな、そういうプロジェクトではなかった。 だから電通さんは入ってなくて。 電通さんは本当に何もしていない」 「僕が本当に個人的に始めたこと。 それでいろんな人が共感してくれて。 仲間もできて。 盛り上げてくれて。 僕は感謝しかない。 『裏でデカいことになっているんだろ?』」っていうのは悲しい」 これだけきっぱり電通とのつながりを否定しているので、きくちゆうきさんは恐らく、電通とはつながってないのではないかと思います。 「100日後に死ぬワニ」 について、株式会社wwwaap(ワープ) と電通とのつながりも、 WebやTwitter上には情報はありません。 運営者は「株式会社ベイシカ」となっていますが、どのような会社なのか評判や電通との関係を調べてみました。 「株式会社ベイシカ」 の評判は? は、ホームページを見ると2017年12月に設立され、従業員7名の会社と記載されています。 評判については、WebやTwitterを見ても、良いも悪いも記載されていませんでした。 ホームページで中尾恭太社長の動画を見ましたが、キャラクターに熱い思いがあるようです。 個人的な感想ですが、動画で瞬きを良くしていたので、緊張しやすい人なのかもしれません。 「株式会社ベイシカ」と「電通」の関係は? 株式会社ベイシカは、ホームページを見ると 分かりますが取引先に「㈱電通東日本」とありました。 本社「 株 電通」ではないので、個人的には、取引先に 「㈱電通東日本」 書かれていたからと言って「100日後に死ぬワニ」と結び付けるのはどうかなと思います。 アニメやマンガを手掛けているは全て 「 株 電通」であり、 ウィキペディアで調べても、Web上のサイトを調べても 「㈱電通東日本」 の名前で、 アニメやマンガ を製作している記事は見つかりません。 「㈱電通東日本」 が「100日目に死ぬワニ」を手掛けられるようなノウハウがあるとは到底思えません。 個人的に裏を取っているわけではありませんが、 以下のツイートがあり、 電通とのつながりは取引先に電通グループ会社の記載があったというだけでは、読み取れません。 「生きる」 さて、Youtubeを作成したスタッフですが、「電通が関わっているのか?」の核心がここにあります。 これは電通と関りが全く無いとは言えません。 「生きる」のYoutubeに関して言えばですけどね。 株式会社wwwaap(ワープ) と株式会社電通とのつながりは、はっきりしたことが分かりません。 株式会社ベイシカと株式会社電通については、「生きる」というYoutube動画 で電通パブリックリレーションズの 根本陽平さん が絡んでいます。 そして「100日後に死ぬワニ」 は、 株式会社ベイシカ が公式Twitterを運営しており、商業活動しています。 「100日後に死ぬワニ」 が「ステマ」かどうかわかりませんが、 3カ月で180万人以上もフォロアーを築いてきた、きくちゆうきさんのご活躍が楽しみです。 「100日後に死ぬワニ」 の書籍や映画もあるそうなので、こちらも楽しみですね!.

次の

ステマ漫画炎上のせいで生活がヤバいのだ

やしろあずき ステマ

引用元:Twitter 2019年12月12日からTwitter上で連載が始まり、2020年3月20日に感動的な最終回を迎えた『100日後に死ぬワニ』。 作者のきくちゆうきさんは、作品への思いを次のように語ります。 『いつか死ぬ』生きているということはいつか死ぬということ。 自分の『終わり』や周りの人の『終わり』それを意識すると、行動や生き方がより良い方向にいくのではないか。 ワニを通してそれらを考えるきっかけにでもなればいいなと思っています。 fukuishimbun. しかし、なぜこんな『100日後に死ぬワニ』が「電通案件」「ステマ」と言われてしまうのでしょうか。 電通案件、ステマとは そもそも「電通案件」とは何を表す言葉なのか調べてみました。 引用元:ベイシカ 公式サイト 株式会社ベイシカHPから 取引企業を見てみると、「(株)電通東日本」の文字が。 これだけ話題になった「100日後に死ぬワニ」ですから、電通はかなり前から目をつけ、動いていたのでしょうか。 グッズ販売• 書籍化• 映画化 という商業展開は到底、「100日後に死ぬワニ」連載中の100日間で準備できるものではない!という声も。 100日後に死ぬワニのタイアップって到底100日じゃ準備できないようなものばかりなの凄くね? これってやり出す前から準備してたってことだろ?バズるかどうかも分からないものに賭けるのも凄いし、実際バズらせたプロモーション力も凄い。 普段俺らが嫌ってるメディアの力がネット内にも及んでるって怖 — イズム・ジ・エンド izumu373 「100日後に死ぬワニ」が「電通案件」と言われる理由には根拠があったようです。 引用元:wwwaap 公式サイト さらに、「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんが、株式会社『wwwaap』の一員だったという噂もあるようです。 株式会社wwwaap(ワープ)です! SNSで人気の漫画家やイラストレーターのマネジメント業です。 「インスタグラマーやYouTuberの漫画ver」とイメージ頂ければ幸いです。 広告事業とキャラクターライセンス事業を行っています。 wantedly. 来年も更に大規模にパーティーできるようここから1年精進します! — 【公式】wwwaap(ワープ) wwwaap0715 株式会社wwwaap(ワープ)が主宰する「ワープパーティー 」には「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんを始めとする様々なweb漫画家が参加されています。 株式会社wwwaap 執行役員には、漫画実業家「やしろあずき」さんも在籍されているようです。 アナ雪ステマ騒動・2019年12月3日同時刻 7人の漫画家が『アナと雪の女王2』について好意的な「感想」漫画を一斉投稿 ・漫画に「PR」や依頼の文言が無かったことから、広告であることを隠して優良誤認を狙った ステマではないかと疑惑浮上 ・翌朝になって、7人全員が「PR漫画でした」「説明をしておらず大変失礼しました」といった、非常に似通った文言の謝罪をツイート ・ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は「明確に広告と表記するはずが手違いにより、結果的にステマに見えてしまったもの」だと説明、疑惑は収束 というものです。 この「アナ雪ステマ騒動」でTwitterで投稿した漫画家が、 今回の「100日後に死ぬワニ」作者が関わる、株式会社「wwwaap」に所属していたそうです。 「アナ雪ステマ騒動」はあくまで「ステマ疑惑」という形で収束しました。 しかし、今回• 「100日後に死ぬワニ」で同じようなステマ疑惑が浮上• 「電通案件」の根拠 からも、なんだか業界の闇の深さを感じる方も多いようです。

次の

[B! ステマ] やしろあずき@月曜日(3日目)西A62a on Twitter:

やしろあずき ステマ

きくちゆうきとやしろあずき、そして電通との関係とは? 「アナ雪2」のステマ問題で取り沙汰されている、やしろあずきさんをご存じの方は多いと思います。 やしろあずきさんは、株式会社wwwaap外部執行役員をされています。 wwwaapは、 漫画家を使って、顧客のニーズに従った漫画を描いて、広告などのマーケティング を行う商業活動をしています。 私は最初、きうちゆうきさんが 株式会社wwwaap(ワープ) に所属していたと思っていたのですが、良く調べてみると きくちゆうきさんが、 株式会社wwwaap(ワープ)の2019ワープパーティに参加してたというだけであって、所属していたという証拠はありませんでした。 にきました 知ってるクリエイターがたくさんいてすごかった。 — きくちゆうき yuukikikuchi 右下の写真に写っている、左側の黒ぶち眼鏡をかけた男性が、やしろあずきさんです。 その写真の真ん中に写っているのがきくちゆうきさんです。 楽しそうな写真ですが、きくちゆうきさんとやしろあずきさんが、深い関係であるかどうかはわかりません。 「100日後に死ぬワニ」 は最初から商業的に掲載しているステマだった! というツイートが散見していますが、本当にそうなのでしょうか? wwwaap の代表取締役中川元太さんは、大手ネット広告代理店に勤めていた経歴が オンリーストーリーというインタビュー記事で掲載されています。 しかし、きくちゆうきさんは、Twitterの生放送できっぱりと電通とのつながりを否定しています。 「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない」 「プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、何カ月も前から巨大組織がいろんな人が集まって、みたいな、そういうプロジェクトではなかった。 だから電通さんは入ってなくて。 電通さんは本当に何もしていない」 「僕が本当に個人的に始めたこと。 それでいろんな人が共感してくれて。 仲間もできて。 盛り上げてくれて。 僕は感謝しかない。 『裏でデカいことになっているんだろ?』」っていうのは悲しい」 これだけきっぱり電通とのつながりを否定しているので、きくちゆうきさんは恐らく、電通とはつながってないのではないかと思います。 「100日後に死ぬワニ」 について、株式会社wwwaap(ワープ) と電通とのつながりも、 WebやTwitter上には情報はありません。 運営者は「株式会社ベイシカ」となっていますが、どのような会社なのか評判や電通との関係を調べてみました。 「株式会社ベイシカ」 の評判は? は、ホームページを見ると2017年12月に設立され、従業員7名の会社と記載されています。 評判については、WebやTwitterを見ても、良いも悪いも記載されていませんでした。 ホームページで中尾恭太社長の動画を見ましたが、キャラクターに熱い思いがあるようです。 個人的な感想ですが、動画で瞬きを良くしていたので、緊張しやすい人なのかもしれません。 「株式会社ベイシカ」と「電通」の関係は? 株式会社ベイシカは、ホームページを見ると 分かりますが取引先に「㈱電通東日本」とありました。 本社「 株 電通」ではないので、個人的には、取引先に 「㈱電通東日本」 書かれていたからと言って「100日後に死ぬワニ」と結び付けるのはどうかなと思います。 アニメやマンガを手掛けているは全て 「 株 電通」であり、 ウィキペディアで調べても、Web上のサイトを調べても 「㈱電通東日本」 の名前で、 アニメやマンガ を製作している記事は見つかりません。 「㈱電通東日本」 が「100日目に死ぬワニ」を手掛けられるようなノウハウがあるとは到底思えません。 個人的に裏を取っているわけではありませんが、 以下のツイートがあり、 電通とのつながりは取引先に電通グループ会社の記載があったというだけでは、読み取れません。 「生きる」 さて、Youtubeを作成したスタッフですが、「電通が関わっているのか?」の核心がここにあります。 これは電通と関りが全く無いとは言えません。 「生きる」のYoutubeに関して言えばですけどね。 株式会社wwwaap(ワープ) と株式会社電通とのつながりは、はっきりしたことが分かりません。 株式会社ベイシカと株式会社電通については、「生きる」というYoutube動画 で電通パブリックリレーションズの 根本陽平さん が絡んでいます。 そして「100日後に死ぬワニ」 は、 株式会社ベイシカ が公式Twitterを運営しており、商業活動しています。 「100日後に死ぬワニ」 が「ステマ」かどうかわかりませんが、 3カ月で180万人以上もフォロアーを築いてきた、きくちゆうきさんのご活躍が楽しみです。 「100日後に死ぬワニ」 の書籍や映画もあるそうなので、こちらも楽しみですね!.

次の