頬 ニキビ 原因。 右頬にできるニキビの原因と治し方について!

頬のニキビは炎症を起こしやすい?原因とケアの方法

頬 ニキビ 原因

ひとつできるだけでも憂鬱なニキビ。 実は10代〜20代前半にできる思春期ニキビと、大人になってからできるニキビには「似て非なるもの」なのです。 まず違うのは、ニキビができる原因。 思春期ニキビが脂性肌や過剰な皮脂分泌によって発生する一方で、大人ニキビのできる肌は乾燥していて、生理周期やホルモンバランスの乱れやストレスが原因になることが多いのが特徴です。 次に違うのは、ニキビができる場所。 思春期ニキビは顔全体にできますが、大人ニキビは頬、口周り、あごにできやすいという違いがあります。 その他にも、思春期ニキビは春〜夏にかけてできることが多いですが、大人ニキビは一年中できるという違いがあるなど、一口にニキビと言っても思春期ニキビと大人ニキビはこれほどまでに違っているということがわかりますよね。 大人ニキビの原因はコレ!原因を把握してきちんと対策 ・ほお・口のまわり・あごに単発的にできやすい。 ・どんな肌質にも見られる。 ・20代以降。 ・年間を通じて。 ・ストレスや体調不良、生理の前に悪化しやすい。 2)どんなふうにお手入れすればいいの? まず、ニキビのできている部分は化粧品の使用は避けましょう。 炎症を起こしたり、化膿して痛みを感じる場合には、皮膚科専門医に相談してください。 大人ニキビを防ぐには、思春期の過剰な皮脂分泌によるものとは異なるため、過度な洗顔は状態をさらに悪化させるので注意しましょう。 ニキビ用美容液、収れん化粧水などで皮脂や皮ふ温を上手にコントロールし、肌をひきしめるお手入れを取り入れて。 できているニキビ指先で触れたり、つぶしたりすると化膿したり跡が残りやすくなるので、いじらないようにします。 肌に触れるものはいつも清潔に保ち、ニキビの悪化を防ぎましょう。 食べて肌づくり、内面美容のおすすめは?.

次の

【医師監修】頬ニキビの6つの原因と治し方|ツルツル肌を目指す対策

頬 ニキビ 原因

大人ニキビが発生しやすい部位の1つとして、頬が挙げられます。 こちらでは頬に出来たニキビをケアする方法について、日常的なケア、皮膚科での専門治療の両面からご紹介させていただきますので、頬のニキビに悩んでいる方は是非ともご一読ください。 ニキビの根本治療に至る最適な方法を解説しています。 一方の頬のみに発生するケース 時折見られるのが、右頬、左頬のどちらか一方にのみニキビが発生するケースです。 この場合、主な原因は寝具の衛生状態であることが一つの原因ですが、よくわかっていません。 普段眠るときの姿勢を思い返して、ニキビの多い頬を下にしていることが多いなら、枕や敷き布団に雑菌が繁殖しており、常に接触しているほうの頬に炎症を引き起こしているわけです。 この場合は寝具を交換するなどして、頻繁にシーツ交換、洗濯をするだけで徐々によくなっていく可能性はあります。 両側に満遍なく発生するケース これは乾燥肌、ホルモンバランスの乱れが原因である可能性が高いです。 そもそも大人ニキビは、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモン優位になることで角栓が発生するか、あるいは角質層が乾燥することでバリア機能が低下するという原因、あるいは双方が原因で発生することが大半。 男性ホルモンは緊張状態、不規則な生活リズム、ストレスなどが原因で増加しますので、規則正しい睡眠リズム、半身浴などのリラックス習慣を取り入れることでホルモンバランスは徐々に改善していきます。 医療機関での治療法は? ニキビの治療法は各医療機関によって多岐にわたりますが、避けたほうが良い方法も存在します。 特にオススメ出来ないのが、ケミカルピーリングとレーザー治療。 特にピーリングは角質層を溶解して、肌バリアを一時的に破壊してしまうので、肌の弱い人はやめておいたほうが無難。 今後のニキビ予防を含めた根本治療を目指すなら、男性ホルモンを抑制し、ホルモンバランスを女性ホルモン優位に整えるホルモン治療がオススメ。 ちなみに男性ホルモンの過剰分泌を抑制する治療なので、男女関係なく有効です。

次の

実は怖い右頬・左頬にだけニキビができる原因と正しい治し方

頬 ニキビ 原因

Contents• 右頬・左頬にだけニキビが発生している状態を正しく考える 右頬・左頬など片頬だけにニキビができてしまうと、何か特殊なことが原因でニキビが発生しているのでは?とついつい考えてしまいがちですが、それは正しい考え方ではありません。 後述するように、何らかの原因によって片頬だけニキビが悪化していることは間違いないのですが、そもそも肌が、頬ニキビ自体を作りやすい状態にあり、そのうえで何らかの原因によって片頬だけニキビが悪化していると考えるべきです。 つまり片頬にだけニキビができているからといって、何か特別な治し方があるわけではなく、頬ニキビに効果的な基本的なケアを行ったうえで、片頬にだけニキビが発生している要因を取り除くことが大切なのです。 なので当記事では、まずは片頬だけニキビが発生している原因やケア法について、そして最後に頬ニキビ自体の正しいケア法についてお伝えしていきます。 片頬だけニキビが悪化する2つの原因 原因1. 寝具の汚れなどによる炎症の悪化 まず一つ目に考えられるのは寝具の汚れや、擦れなどによる炎症の悪化です。 人間は一日の約3分の1の時間を寝具の上で過ごしているとされています。 また寝ている間はだいたい200mlとコップ一杯分の水分も失われています。 つまり枕やシーツなどの寝具には毎日、皮脂や汗、剥がれ落ちた角質などが大量に付着しているのです。 当然これらはダニのエサや細菌の温床となるので、寝具にはダニやダニの死骸、ふん、細菌などが大量に発生していきます。 横向きになって寝る習慣のある人は、このような細菌やダニの密集地帯に、肌を付け続けるわけです。 すると防御反応として炎症が発生するので、ニキビが悪化して、片頬だけニキビがひどくなる現象が起きてしまうのです。 普段服や下着は毎日洗濯するけど、寝具はそれほど注意深く考えて洗っていなかった、という人は意外と多いのではないでしょうか。 しかし寝具は私たちが思っている以上に汚れています。 週に1回はまくらやシーツなどは洗濯して、定期的に細菌やダニを除去するように心がけましょう。 原因2. スマホで繁殖した細菌を頬に付着させる 日々知らず知らずのうちに行なっている習慣や行動がニキビを悪化させるケースもあります。 特に最近ではほとんど人がスマホを日常的に触っていると思いますが、アメリカでの研究によると スマホの画面は一般的な男性トイレの水洗ハンドルの18倍もの菌が付着しているそうです。 また、インディアナ州マンシーのHML研究室で行われた研究でもスマホ画面がいかに細菌の温床になっているかが判明しています。 無作為に選んだ8台の携帯電話が検査された。 どの携帯電話からも大腸菌やブドウ球菌は検出されなかった。 しかし、すべての携帯電話から異常な数のふん便性大腸菌群が見つかった。 検査はインディアナ州マンシーのHML研究室で行われたが、8台の携帯電話には約2700~4200ユニットの大腸菌群が付着していた。 飲用水で上限とされる大腸菌群は100ミリリットル当たり1ユニット未満だ。 スマホを触ったりして汚れた指でニキビを触ったり、頬杖をついたりすることで細菌がニキビに付着し、炎症を引き起こしている可能性があるということを覚えておきましょう。 頬ニキビケアで最も大切なこととは ここまでは片頬だけニキビが悪化する原因についてお伝えしてきましたが、冒頭にも書いたように、最も大切なことは頬ニキビの根本原因を抑えるケアを行うことです。 ニキビの原因については色々言われていますし、実際多くのニキビは様々な原因が複合的に合わさることで発生しています。 ただ、最近の研究ではなかでも 「肌の水分量の低下」が大きな原因の一つになっているとされています。 この調査は顎ニキビに関するものですが、水分量の低下によるニキビは頬ニキビにも同じことが言えます。 成分の多くは肌に浸透されていない!? 頬ニキビを治すためには肌の水分量を向上させることが大事なんだったら、保湿をすれば良いのでしょ?と思ってしまいがちですが、そう簡単な話しでもありません。 というのは肌にはバリア機能が働いているので、そもそも保湿成分の多くは肌内部にまで吸収されることなく蒸発しています。 また保湿成分として有名なヒアルロン酸やコラーゲンも分子量が大きいので、肌深部にまでは届いていません。 このように一口に保湿といっても実際は保湿成分を肌に届けるのは難しいことなのです。 頬ニキビにおすすめの化粧品 先ほど肌の水分量を上げるのは簡単でないというお話しをしましたが、それを解決するのにおすすめなのが富士フィルムが開発したニキビ専用化粧品ルナメアです。 ルナメアを開発する富士フィルムは元々フィルム事業を展開する日本一の会社でした。 それがフィルム事業が時代の流れとともに衰退していくなかで、フィルム事業で培ったナノテクノロジー技術を化粧品に展開して見事復活したとても珍しい会社です。 ナノテクノロジーとは非常に微細な粒子を扱う技術のことですが、この技術はルナメアでも活かされています。 ルナメアには 「アクネシューター」という独自技術が使われていますが、これは成分を独自にナノ化することで、ニキビが発生している毛穴の奥にまで保湿成分とニキビ有効成分を届ける技術です。 これによりニキビが発生している毛穴に直接保湿成分とニキビ有効成分を届けることができるようになり、効果的に肌の水分量を向上させ、ニキビの炎症も抑えることができるのです。 まずはトライアルキットでニキビへの効果を実際に実感してみることをおすすめします。

次の