ビビンバ 簡単。 ビビンバ風丼のレシピ・作り方

ビビンバ風丼のレシピ・作り方

ビビンバ 簡単

雑穀米 4膳• カクテキキムチ 120g• 牛ひき肉 400g• A 醤油 大さじ4• A 砂糖 大さじ2• A 酒 大さじ1• A すりごま 大さじ1• 人参 千切り 1本• B 胡麻油 大さじ1• B すりごま 大さじ2• B ダシダ 少々• B 塩・砂糖・おろしにんにく 少々• もやし 1袋• C すりごま 大さじ2• C 胡麻油 小さじ1• C ダシダ 少々• C 塩・砂糖・おろしにんにく 少々• ほうれん草 250g. D 胡麻油 大さじ1• D 醤油 小さじ1• D ダシダ 少々• D すりごま 大さじ2• ぜんまい(水煮) 200g• E 胡麻油 大さじ1• E 醤油 大さじ2• E ダシダ・おろしにんにく 少々• E 水 1カップ• E すりごま 大さじ2• 卵黄 4個• コチュジャン 適量• 刻み海苔・糸唐辛子・白胡麻など 少々 作り方• 鍋に牛ひき肉とA調味料を入れ炒める。 色がかわりポロポロになったら火を止める。 にんじんを千切りにし、塩を入れたお湯で茹でる。 お湯をきりB調味料を和えます。 もやしを蓋をした鍋で塩茹でし、ざるに上げ、冷めないうちに、C調味料で和える。 ほうれん草を塩ゆでし、水にひたしてでアク抜きする。 水気を絞って食べやすい大きさに切り、Dの調味料で和える。 ぜんまいは軽く茹で食べやすい長さに切る。 フライパンで炒め、Eの調味料を加え水気がなくなるまで煮てすり胡麻を加える。 石焼鍋に胡麻油をを塗り、火にかける。 ご飯を入れ、鍋肌に押しつけながら厚さが均一になるように広げ、強火で3分焼く。 牛肉・キムチ・ナムル3種をご飯にのせる。 鍋から音が聞こえたら中火にして、さらに8分ほど焼く。 好みで、卵黄・コチュジャン・刻みのりをのせていただく。

次の

ビビンバの人気レシピ!1位は?【つくれぽ1000超】殿堂入りや簡単な作り方

ビビンバ 簡単

ビビンバを自宅で作るのは大変ですが、bibigoを使えば手軽に素早く作ることができます。 野菜が入った具材とコチュジャンダレには辛さとコクがだせるタレがセットになっていますので、ご飯と混ぜるだけで簡単に本場韓国の味を楽しめます。 アレンジも豊富で フライパンで作るとさらに本格的に仕上げることができます。 コチュジャンダレの甘辛さの加減がちょうどいいのでパクパクと進みます。 アレンジで卵をのせる方もいますが、卵があった方が美味しいのでぜひ試してみてください。 ビビンバの素の具材は野菜しかないですが、タレの味がしっかりとしているので食べごたえは充分にあります。 さらに本格的に作りたいのなら牛肉やキムチ、白ごまなどを合わせてもいいでしょう。 ベチャっとするのが気になる方はご飯を多めで作ったり炒めたりするようにしてください。 パラパラっとしたのがいいという方も炒めたほうがいいです。 韓国料理は辛さが特徴的ですが、コストコのビビンバの素の辛さはちょうどいいです。 辛いのが苦手という方やお子さんが食べる場合にはコチュジャンダレの辛さを調節してください。 反対にもう少し辛さがほしいという方はコチュジャンを足してもいいでしょう。 野菜しか入っていないのでヘルシーですが、お肉がほしいという方は牛肉を炒めて盛り付けるといいです。 bibigoのビビンバの素を使う際に用するものは、炊いたご飯とボウル、bibigoだけです。 フライパンや包丁も使いませんので洗い物も減ります。 簡単に説明すると ボウルにご飯とビビンバの素を入れて混ぜたら完成です。 まずは野菜の具材の水気をしっかりと切ります。 そのまま使うこともできますが、野菜の具材は水分が結構含まれているのでしっかりと水を切った方がご飯がベチャッとなりません。 面倒かもしれませんが、ザルを用意してから水気を切ったほうがいいです。 ご飯と野菜を混ぜてタレをかけてしっかりと混ぜ合わせたら完成です。 ボウルを用意するのも嫌という方はご飯を炊いた炊飯器の中にビビンバの素を入れて作ることもできます。 洗い物をさらに減らすこともできますが、炊飯器にニオイが移るのが気になるという方はしないようにしましょう。 洗い物も少なく材料を混ぜるだけで完成しますので、疲れているときや時間がないときでもさっと作ることができます。 1パックは2人分ですので一人分だけ作りたいというときや余ったときには冷凍保存を活用してみてください。

次の

【クックパッド】で作れる【ビビンバ】絶品レシピ24選!(保存版)

ビビンバ 簡単

いろいろナムルとお肉で楽しむのが一番! ナムルの定番はやはりもやし。 にんじん、きゅうり、ゼンマイ、ほうれん草と、このへんは皆さんがご存じかと。 基本的に何の野菜でもナムルにできるので冷蔵庫の中身と相談するのがいいと思います。 合わせるお肉は牛、豚、鶏なんでもおいしいですよ!海鮮でも豪華なりますね。 私は個人的に牛が好きです。 これまでのナムルの記事 こちらは、なんと畑の雑草で作ったピルンナムル!です。 下の写真はうちの近くの畑に生えている雑草です。 これは韓国のおばあちゃんが教えてくれました。 韓国の方は何でも食べますよ、大地の恵みを無駄にしない精神!半端ないです。 えのきのナムルのレシピ 今回は、えのきのナムル、ナスのナムル、ピーマンとシラスのナムルを使用したビビンバです。 えのきのナムルは簡単なので一品足りないな〜という時に、ササッとできてしまうメニューです。 えのきの根っこを取り食べやすく半分に切る。 フライパンにごま油をひき(1)をしんなりするまで炒めたら火を止める。 にんにくは、ほんのちょっとだけ入れてください。 入れすぎるとにんにくが勝ってしまいます。 えのき自体に甘みがあるので、塩コショウでさっぱり味付けもおいしいです。 ビビンバのナムルは、決して難しくありません。 ぜひおうちdeチャレンジしてくださいね。 トッピングに韓国のりの佃煮もおすすめ! 韓国のりをそのままトッピングするのもよいですが、オススメは韓国のりの佃煮。 おにぎりの具材にもなるし、おつまみにも最高、家族みんなで楽しめる便利アイテムの一つですよ。 韓国広場や通販で探してみてくださいね。 子どもも大好き!おこげ最高!石焼ビビンバはしっかり焦がして食べよう! 石焼ビビンバはおこげがポイント! スプーンでしっかりかき混ぜたあとにもう一度器に押し付けて、焦がしながらアッツアツで食べましょう。 石焼の器にごま油をたっぷり引くとおこげがよくできますよ。 辛さを増したい方はコチュジャンを入れるといいでしょう。 それでも、まだまだ辛さが足りなかったり、コチュジャンがない場合はキムチの汁を入れて食べましょう。 キムチをもりもりと盛ってしまうのもいいですね。 口から火を吹くほど辛くして、暑い時期をより暑く楽しみましょう。 石焼きの器がなくてもOK!フライパンdeビビンバ! 石焼きの器がなくても安心して!大きめのフライパンや鍋でビビンバを楽しめます。 キムチや辛さを足す前に、子どもの分は取り分けしましょう。 韓国の複合調味料「ダシダ」で味付けするとおいしさアップ!安定のうまさに。 ホットプレートも可。 大家族やホームパーティーには持ってこーい! 手巻き風もアリ! たまに、「混ぜたのいやだー」と言う子もいます。 そんな時は、海苔に巻こうではありませんか! 韓国海苔じゃなくても、味付けなしの日本の海苔で十分です。 サランラップに海苔を置き、ご飯乗せて巻くだけ!子どもたちだけでも十分うまく巻けますよ。 サランラップを食べるとこだけはがして一本まんまパクパク!持つ手が汚れなくてママも助かります。 子どもたちがおうちdeビビンバを楽しむには! 最近、子どもの給食献立表を見ると、ビビンバが載っているんです。 異文化の交流が給食にも現れて嬉しく思います。 子ども食堂でも作るところが増えているみたいです。 さて、子どもたちがビビンバを作るなら、缶詰のコーンや冷凍枝豆、ささみやシーチキン、韓国のりの佃煮、ウィンナーやソーセージなどを使うのが良いかと思います。 うずらの卵も茹でておくとかわいいトッピングになりますね。 湯がく、炒めるが難しかったら、いろいろナムルとお肉を作り置きしといてあげましょう。 ぜひビビンバの具材をセットしてママの愛を感じさせてあげてくださいね。

次の