冨永 格。 冨永格の経歴から想ふこと

朝日新聞社 冨永格論説委員または福島申二論説委員の叛乱

冨永 格

パリ・オペラ広場での国民戦線(FN )集会=2015年5月、冨永格撮影 フランスは「背伸び」の国である。 軍事も経済も大国に違いないが、国際社会での存在感は国力以上に大きい。 その源泉は、文化や言語などのソフトパワーと、大統領という強大な元首ポストだろう。 1959年に就任したシャルル・ドゴール 70年没 以降、フランス大統領は7人しかいない。 その間に26人の首相が登場した日本は例外にしても、米大統領の12人より少ない。 62年に全国民による直接選挙制となり、任期は5年、2002年までは7年だった。 議会に優越する権限と相まって、主要国では類を見ない君主的な地位といえる。 国父イメージのフランソワ・ミッテラン 96年没 が14年、ジャック・シラク 84 が12年務めた後だから仕方ないが、ここ2代のニコラ・サルコジ 62 とフランソワ・オランド 62 は小粒感が否めない。 その後継を11人で争う大統領選挙が、いよいよ4月10日に正式に始まる。 左右の大政党が振るわず、異例続きの展開 ウィーン郊外での集会に登場したルペン党首をオーストリア国旗で歓迎する人々=2016年6月 この国の政治は長らく、フランス革命からの伝統である「右翼と左翼」の対立軸で動いてきた。 ところが今回は、左右の大政党が振るわず、極右のリーダーと無所属の元金融マンが競う前代未聞の展開だ。 思えば、ここに至るまでも異例ずくめだった。 まず左では、不人気のオランド大統領が出馬を断念した。 2期目に挑まないのはドゴール以降で初めてだ。 この現職に代わる社会党の候補者は、前首相のマニュエル・バルス 54 ではなく、国外では無名の前国民教育相ブノワ・アモン 49 となった。 オランド政権に反旗を翻し、事実上更迭された人物である。 右派共和党の候補者選びも大方の予想を覆した。 醜聞まみれのサルコジが脱落した後、最後に残ったのは政治経験豊かな元首相アラン・ジュペ 71 ではなく、同じ首相経験者のフランソワ・フィヨン 63。 そしてフィヨンは、妻の架空雇用による公金流用疑惑でつまずいた。 弱い公認候補たちを尻目に、独立系の前経済相エマニュエル・マクロン 39 が浮上したのも意外だった。 国立行政学院 ENA から投資銀行のロスチャイルドに入り、36歳でオランド政権の大臣に抜擢 ばってき された。 商店の日曜営業、長距離バスの規制緩和などで経済界の受けもよく「右でも左でもない」を自認する。 バルス元首相ら、マクロン支持を公言する社会党幹部もいる。 フィヨンが共和党右派、アモンは社会党左派を基盤とするため、「右の左」から「左の右」までがマクロンに流れそうだ。 勝ち馬を求める「ルペン阻止票」も集め、1回目の投票 4月23日 で首位を争うとみられる。 これは02年の決選投票で父親が獲得した17. フランス内外で相次いだイスラム過激思想による無差別テロも追い風となり、得票率が5割を超す自治体も少なくない。 欧州各国で台頭する右派ポピュリズム政党とFNが違うのは、その歴史の長さだろう。 結成は1972年、アルジェリア独立反対派の残党や反共諸派、反ユダヤ主義者らが集結した。 創設者の父ルペンは、日本でいえば数寄屋橋の辻説法で知られた大日本愛国党総裁、赤尾敏 1990年没 を全国区にしたような存在といえる。 現職シラクとの決戦に進んだ02年は、左派が「ファシストよりペテン師がマシ」とシラクに投票し、大差で敗れている。 こうした浮き沈みを傍らで冷徹に見てきたのが、3人の娘の中でも父親そっくりの3女マリーヌだった。 党首となった彼女は「普通の政党」への脱皮に動く。 狂信的な愛国主義や人種差別、ネオナチ的な言動を封じ、左右の政権交代に飽き足らない層に広く訴える戦略に転じたのだ。 私党意識が抜けない父親に「それならルペン姓は使わせん」と抵抗されても聞かず、主張のマイルド化に奔走した。 明らかに、来たる大統領選を意識したものだ。 集票のターゲットは社会的弱者 集票のターゲットは、失業者を含む都市労働者、零細の自営業、小規模農家などの社会的弱者。 世論調査で明らかなのは、低所得層と農民からの厚い支持だ。 グローバリゼーションの敗者、現にうまくいっていない人々である。 ・・・ (残り:約1566文字/本文:約3656文字).

次の

冨永格「『〇〇人というものは』という武藤正敏・元駐韓大使は、典型的なアレ」

冨永 格

昨日の 「」製作委員会? というパブ広告()ですが、 私の素朴な感想は大いなる勘違いだったかもしれません。 なので、ここに今現在の考えを記します。 冷静に考えてみれば、天下の大の子ともあろうものが、あそこまで白痴的なコラムを書いて、 まったく入朱することなく、そのままスルーしてするとは考えづらいので、ああいう記事が紙面を飾った経緯を深読みすれば、 筆者であり、かつ、おそらく編責でもある冨永格または福島申二(それとも2人が示し合わせて?)が、 上層部からのパブ記事を書けという指令に、で逆らって、 あえてあの作文をそのまま掲載したというのが真相ではないでしょうか。 「が、またまたまたまたやっちゃったね。 」「天下のアサヒが、どうなってんの?」 「おいおい大丈夫か?」「この新聞、正気ですか?」「ジャーナリスト!(笑)」 みたいに、読者および、いわゆる市民から叩かれることで、否、世間一般から叩かれることで、 逆に社内の自浄作用を促すことが本当のねらいだったのでは? つまり、自ら膿を出したかった、と。 むしろ、後ろ指をさされることこそが、いっそ、このさい、逆に、本望なんです、わたくしどもは。 みたいな。 社を愛するがゆえの、断腸の涙を流しながらの決断。 究極の選択といいますか。 ……じゃなかったとしたら、プロ中のプロである大新聞のエリート・ジャーナリストが、 わざわざ限られた紙面を割いて、しかも、ああいったレベルの作文を掲載する理由は、 パブ記事ではないのだとすれば、ほぼ見当たらないので、 残された可能性としては、冨永格または福島申二(それとも2人が示し合わせて?)が、 たまたまロッカーに入っていたある種の薬物を服用していたとか? それとも、突発的に逆噴射・片桐機長的なゾーンに入っちゃったとか? ぐらいしか思いつきませんね。 ダブル片桐機長! しかもするまで、ゾーンに入りっぱなし。 2人でハモリながら「機長、なにするんですか!やめてください!」みたいな。 ある意味、今回の「」は、戦時中の「神風賦」に回帰した状態なのかもしれませんね。

次の

いつもと違う初夏 八木健介さんはコロナに待たされたアユ解禁に想う: J

冨永 格

院長ごあいさつ 院長の冨永 格(とみなが いたる)です。 これまで36年間、国立病院で精神疾患全般を診てまいりました。 今までの経験を生かして、ひとりひとりのお悩みを的確に早く解消するお手伝いをいたします。 どなたでも気軽に安心してかかれる診療所をめざしています。 予約制ではありませんが、なるべくお待たせしないよう心掛けております。 何かお悩みお困りのことがありましたら、まずは一度ご相談下さい。 略歴・資格 慶応義塾大学医学部卒業。 医学博士。 国立千葉病院精神神経科医長、国立下総療養所長歴任。 独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター名誉院長。 日本精神神経学会 専門医 日本神経学会 専門医 日本老年精神医学会 専門医 日本てんかん学会 会員 日本睡眠学会 会員 精神保健指定医.

次の