フォールディング ファイヤー ピット。 モンベル焚火台「フォールディングファイアピット」を比較検討する!

二次燃焼する焚き火台をピックアップ!!豪快な焚き火を楽しもう!

フォールディング ファイヤー ピット

確かな品質と優れたコストパフォーマンスで人気を誇る、日本のアウトドアブランド「モンベル」。 ウェアからギアまで幅広い商品が扱われ、フリースジャケットやインナーダウン、シュラフなど、これまでに数多くの名作がリリースされています。 そんな多彩なラインナップで知られるモンベルですが、じつはこの春まで出していなかったアイテムが……! それが、焚き火台なんです。 そこで今回は、満を次して2020年新製品として登場した焚き火台「フォールディング ファイヤーピット」を徹底レビュー。 なんでもこの焚き火台、前情報によると「 燃焼効率がとにかく良い」とのこと。 これは、試さない手はありません。 実践して分かった、驚きの結果を報告します! まずは「フォールディング ファイヤーピット」の基本スペックをチェック! 出典: もちろん収納ケースも付いているので、焚き火台だけでも持ち運び楽々。 本体と焼き網をすべて入れると重量は4. 3kgです。 参考までに、定番焚き火台のユニフレーム「ファイアグリル」は重量約2. 7kg。 スノーピーク「焚き火台L」は5. 3kgと、ちょうどその中間をとった重さといったところ。 超軽量タイプ! とは言い切れませんが、薄型の収納サイズも相まって、十分な携行性の良さを感じさせてくれるデザインです。 【これって本当に効果あり?】燃焼効率をアップさせる構造 冒頭でお伝えした通りこの焚き火台の最大の特徴は、 燃焼効率が良いということ。 なんでも「 ドラフト効果」と「 二次燃焼」を促す構造にこだわりがあるのだとか。 ……難しい話に聞こえてしまいますね(笑)。 とりあえず、火を入れる前に焚き火台を観察してみましょう! パッと目に付くのが、深型にデザインされた燃焼室。 そして下の方を見渡すと、いくつも空気孔があるのが分かりますね。 この空気孔の出口は、どうも二手に分かれているようです。 安定した燃焼が続く深型デザイン まずは、この短辺の空気孔。 これは、一次燃焼に必要な空気の取り込み口。 深めにデザインされた燃焼室は、この一次燃焼で暖まった空気が上昇し、常に新鮮な空気を取り込もうとする現象「ドラフト効果」を発生させるのに好都合な設計とされています。 これにより、焚き火で安定した薪の燃焼が続くのだそう! 煙や燃え残りも少ない?!二次燃焼を促す構造 さらに空気孔(赤矢印)はこちらにも! ここから入った空気は、二重構造になった壁の内部を通って暖められながら上昇。 熱風となりが排出孔から飛び出します。 ここで先ほどの一次燃焼で燃やしきれなかった、煙の原因となるガスを燃やす「二次燃焼」を促してくれます。 図解でみると一目瞭然! 難しい話をすっ飛ばすと、この構造により 効率よく薪が燃焼し続けてくれることで、煙や燃え残りが少ないっていう夢のような焚き火台なんです。 しかし実際に焚き火をしてみないことには、これらの「燃焼効率が良さ」が分かりませんよね。 というわけで、その実力を試すべく実践スタートです! 「フォールディング ファイヤーピット」を実際に使ってみた! 簡単すぎる!組み立ては、たったの3秒 モンベルの「フォールディング ファイヤーピット 」は、燃焼室とフレームの一体型。 そのため組み立てがとても簡単! 本体をガバッと開いて、ロストルを底に設置するだけ。 難しい工程は一切ありません。 しっかり空気の通り道を作るために緩やかなV字デザインのロストルは、 山が上になるように設置するのが正解。 というのも、まさに筆者はここを見落としており、反対向きに設置し使用してしまいました。 お恥ずかしい。 皆さんは、くれぐれもお気をつけください! 火を起こしてみる まずは何も考えずに火を起こしてみます。 固形タイプの着火剤の上に、焚き付け用に細かく削った薪(針葉樹)をひと握り投入! 着火します。 すぐさま火が燃え移ってきたところで、さらに1本の薪を半分に割った中太サイズの薪(針葉樹)を3本入れます。 次に太めの薪を追加しようと手に取り振り返ると、すでに先ほど入れたばかりの薪が火柱を上げています。 本当に火が回るのが早い! 続いて、試しに手首ほどの太さのある薪(広葉樹)を1本だけ投入。 ちなみに燃焼室には、 最大長さ40cmまでの薪を入れることができるので、一般的にキャンプ場で販売されているものあれば、すっぽり収まりますよ。 そうこうしているうちに太薪にもしっかり火が……! ここまで着火剤に火を入れてから2分足らずです。 この日はほぼ無風で、正直「焚き火台に風を送らないと火が消えちゃうんじゃ?」なんて思っていたのですが、このフォールディング ファイヤーピットは筆者の安易な予想をいとも簡単に裏切ってきました。 せっかくなので、このまま最後まで様子を見届けます。 少ない薪でもしっかり燃える!燃焼中、イヤ〜な煙も出ていません 本格的に太薪が燃焼を始めました。 たったこれだけの薪の量で、驚くほど炎の高さも出ています。 煙もほぼ出ず、純粋な炎の美しさが際立ちますね。 焚き火台の中を覗くとムラなく全体に引火しているのが分かります。 通常ならここで薪の追加をするところですが、とりあえずこのまま放置して、炎が消えるのを待ちましょう。 燃え残りは……? こちらが鎮火した状態。 確かに燃焼効率に優れているせいか、最後までしっかりと燃え尽きるので、燃えかすの量も一般的な焚き火台に比べると少なめな印象。 一旦灰捨て場まで焚き火台を持っていき、片づけ。 灰の入った状態で焚き火台を運んでも、燃焼室の高さがある分、風で中の灰が飛ばされる心配がありません。 これは地味に嬉しいポイントでした。 ひと通り終えてみて、焚き火の最中に「あーでもない、こーでもない」と薪を組み替え続ける必要がないほど、あっという間に燃焼が進んでいったことに衝撃を受けた筆者。 その底力をもっと試したくなり、ちょっと無謀な実験をしてみました。 【良い子はマネしないで!】焚き火台に 容量いっぱいの薪を入れたらどうなるのか さて、少ない薪でも豪快な燃焼を見せてくれたフォールディング ファイヤーピット。 次は、そんな焚き火台に対して容量MAXの薪を投入したらどうなるのか、試してみます。 使用した薪がこちら! 焚きつけ用に削った細薪(針葉樹)をひと握り分と、太薪(広葉樹)を5本用意。 全て焚き火台に入れると、燃焼室の高さから薪がハミ出さない限界の量での燃焼実験です。 着火剤を入れ、焚きつけ用の細薪に火を入れます。 三段重ね状態といったところでしょうか。 ここで最初の焚き火の時には、全く出なかった煙が大量発生! これには2つの原因が。 ひとつは撮影当日、途中から小雨が降ったり止んだりな天候になり、 薪を盛大に湿気させてしまったこと。 そしてふたつ目は、煙の原因となるガスを燃やし尽くしてくれる二次燃焼用の 排出孔を薪でほぼ覆ってしまったこと。 これではせっかく考え抜かれた構造が活かされず、煙が発生してしまうというわけです。 最初の焚き火の際に煙が出なかったのは、構造がしっかり働き、二次燃焼を促していたのだと再確認! 「この実験は見せられないな」と思っていた矢先、何やら端の方に炎の存在が……。 試しにこちらも時間を測っていたのですが、火種の状態から2分も経たずに端の方から火が上がってきました。 並列に薪を並べ、空気の通り道もほぼ作らずにこの結果……信じられます? 次第に、火柱が高くなってきました。 よく見みると、二次燃焼を促す排出孔の位置に沿って、薪が白くなり始めているのが分かります。 そしてこちらが下部の薪が燃えつき、全体に火が回り、燃焼室7分目ほどの高さまでの薪の量になった状態。 圧倒的な火力で、二次燃焼によるスジのような炎の流れに、惚れ惚れしてしまいます。 しっかりと二次燃焼が行われている証ですね。 正直無茶苦茶な実験をしたため、ここまでの結果になると思っていなかった筆者。 もうこの焚き火台の虜です。 線を描くかのように流れる炎、美しいですね。 本当に見ていて飽きることのない焚き火台です。 深型デザインの炉は、薪が燃え崩れ落ちる心配がないのも良いですね。 ここで念の為、正しい燃料の追加方法をお伝えしておきます。 追加した際は、耐熱性のある器具を使い、火をかきたて空気の流れができるようにしましょう。 この後も存分に焚き火を楽しんだ筆者。 炎が定着するまでのスピードが早く、火の手入れをし続ける必要がない燃焼効率の良さは、キャンプ初心者さんにぴったりなメリット尽くしだと実感しました。 別売りのゴトクを合わせれば、焚き火調理もできます ちなみに今回ご紹介したモンベルの「フォールディング ファイヤーピット」。 前述しましたが焼き網付きなのでBBQが楽しめるのですが、別売りの「クッカースタンド」を合わせれば焚き火調理も可能です。 シンプルなゴトクなんですが、本体の溝に固定できる設計なので調理中にズレることはありません。 また溝は4箇所あり、左右、中央とお好きな位置にゴトクが設置できるようデザインされています。 ダッチオーブンなどの重い調理器具をのせることができ、暖を取りながら美味しいキャンプ飯を楽しめます。 ただし、燃焼効率が良すぎるがゆえに、火加減の調整はやや難しめ。 調理する際は、小さめの薪をその都度追加して火力調整してくださいね。 「フォールディング ファイヤーピット」の詳細は 「フォールディング ファイヤーピット クッカースタンド」の詳細は 見た目以上の実力誇るモンベルの「フォールディング ファイヤーピット 」 パタンと折りたためる携行性に優れた焚き火台なのに、二次燃焼を促す本格的なギミック。 初心者さんはもちろん、見惚れてしまうほどに美しい炎は、既に焚き火台をお持ちの方にも体感してほしいレベルでした。 きっとこの焚き火台は、長く愛され続ける定番品となるでしょう! 揺れ動く炎を動画でもどうぞ!.

次の

二次燃焼する焚き火台をピックアップ!!豪快な焚き火を楽しもう!

フォールディング ファイヤー ピット

煙って避けるために座る位置を変えても、必ず自分の方に流れてきますよね。 そのたびに目を痛めて涙を流して… 煙さえなければ焚火ライフがもっと楽しくなるはずなんです。 昔から二次燃焼焚火台の存在はあったのですが、昨今のキャンプブームにより今まで以上に盛りあがりを見せているようです。 「煙」を効率的に燃やす方法は二次燃焼の仕組みにあった! そもそも燃焼という反応には酸素が必要不可欠。 可燃性ガスを効率的に燃焼させるためには言うまでもなく空気の流入を多くしてあげる必要があります。 ただし、 外気をそのまま流入させると、外気との温度差により燃焼温度を下げることになります。 ではどのように高温の空気を流入させるのか。 その術は二次燃焼の仕組みにありました! 下の図をご覧ください。 出典: 二次燃焼を促す焚火台の形状の多くは、このように小さい煙突のような形状をしており、 内壁と外壁の2重壁構造になっていることが多いです。 煙突効果による強烈なドラフト(空気の流れ)を生み出すためにはこの形状がベストなんですね。 仕組みとしては 焚き付け直後の低温時は冷たい空気のみを利用した一時燃焼が発生します。 この時はまだ煙がモクモクと出てきます。 焚火台の内部が熱くなってくると 内壁と外壁の間を通る空気が高温状態になります。 高温な空気は煙突効果により、 焚火台上部から勢いよく吹き出します。 この高温な空気により、 燃え切らなかった可燃性ガスを逃がすことなく再度燃焼させる仕組みが二次燃焼です。 イメージでいうと煙突の吹き出し口に強力なバーナーを複数設置して、出るもの全て燃やし尽くしているようなものですね。 二次燃焼といったら ソロストーブ社といっても過言ではないほど圧倒的知名度を誇るソロストーブ社。 ソロストーブっていう名前なんだからソロ向けのサイズしかないんじゃないのと思っているそこのあなた。 ノンノン。 直径約約17cmのキャンプファイヤーは小薪を何本も投入できるため、大火力を引き出せます。 構造に関しても 灰による吸気不足を解消するための灰受け、ニクロムワイヤー構造に加え、調理器具をポンと置ける剛性強めのゴトク標準装備など、より焚火を楽しんでもらう為の企業努力がヒシヒシと感じられるキングオブキングな二次燃焼式焚火台です。 この商品、二次燃焼の仕組み(内壁と外壁の二重構造)を備えているにもかかわらず 超薄々コンパクトに収納が出来てしまいます。 二次燃焼系の焚火台は構造上コンパクトな収納とは無縁なものが多いのですが、さすがはモンベル。 常識を覆してきましたね。 荷物の制限があるソロキャンプなどで大活躍間違いなしです。 終わりに いかがだったでしょうか! キャンプブームによってキャンプがより身近になった昨今、無煙焚火台のニーズが非常に高まっています! これからアウトドアメーカー各社が良質な二次燃焼焚火台をガンガン開発してくると思いますので、今後の製品ラインナップに目が離せないですね! 燃え盛る炎だけを集中して楽しめる二次燃焼式の無煙焚火台。 ぜひ手に入れて楽しんでみてはいかがでしょうか。 それでは! ちなみにこんな面白い二次燃焼焚火台もありますよ!超レア!!かっこいい!!.

次の

二次燃焼!三代目焚き火台!【blue sky outdoorliving portable fire pit】│CAMPハマりの備忘録

フォールディング ファイヤー ピット

オススメ こんにちは、温泉しゃぶしゃぶです。 モンベルの本気。 今年は焚き火台にも手を出してきた。 昨年のキャンプアイテムはマルチフォールディングテーブルが大ヒット。 関連記事 発売も遅れましたが、発売後は品切れが続出しましたね。 関連記事 そして今年はキャンプの王道アイテム!焚き火台。 キテるねモンベル! フォールディング ファイヤーピット(Folding Fire Pit) モンベルのキャンプアイテムは名前の頭にフォールディングが付きます。 さて フォールディングファイヤーピットは独自の二重構造が高い燃焼効率を実現した焚き火台。 何と言っても、モンベル初の焚き火台のリリース! まさか焚き火台にまで進出するとは! オドロキです。 仕様 素材 本体・ロストル:ステンレス鋼 焼き網:スチール 重量 4. 関連記事 二次燃焼系という点では同じ感じですね。 角形の二次燃焼となると形状はやっぱり同じようになるんですね。 二次燃焼系焚き火台という点ではDODに先行されましたね。 でもめちゃもえファイヤーって炎観賞用。 細っいんだよねーめちゃもえファイヤー。 調理できなくも無いけど、薪をいかに効率的に燃焼させるか、炎を綺麗に見せるかを追求した商品。 比べて、フォールディングファイヤーピットはそれに加えて調理が可能になっています。 これまでの焚き火台同様、焚き火も調理も楽しめるんです。

次の