薬屋 の ひとりごと 二 次 創作。 アニメ化してほしいライトノベル・小説は? 3位「薬屋のひとりごと」2位「シャングリラ・フロンティア」1位は…<20年上半期版>

薬屋のひとりごと|漫画の違いを比較〜どっちがおすすめ?〜

薬屋 の ひとりごと 二 次 創作

[chapter:彼女にはきっと時間がかかる] 猫猫は、ゆらめく行灯の隣で、ぱらぱらと頁をめくる。 眠れない夜だったので、水蓮に薦められた本を読んでいるのだ。 本は貴重な物だが、水蓮の趣味と猫猫の趣味はかなり違う。 「違った世界に触れるのも人としての幅を広げるものよ」 と初老の侍女は言いながら、猫猫の胸に本を押し付けて来たのだった。 ぼんやりと文字を目で追いながら、小さくて長いため息をついた。 莫迦らしいとまでは思わないけど、良く、わからない 頁を開くと、恋など興味もない冴えない女が、とある美しい高貴な方の目に止まり、紆余曲折あって大恋愛の末幸せになる、まあ、よくある恋愛小説が綴られていた。 年頃の娘が読めば、うっとり夢をみて夢中になるだろう。 そもそも興味もないものに、突然思考をひっくり返されるものだろうか。 ひっくり返ったとたん、世界に「それ」だけしかなく「それ」が無くては生きてはいけなくなるのだろうか。 地獄、か いつか小姐ちゃんが言っていた事を思い出した。 猫猫はゆっくり本を閉じると、甘ったるくよくわからない気持ちを少し冷めたお茶で流し込んだのだった。 誰かからの贈り物だろうか、変わった花が活けてある。 来客に構うことなく、ほんのり頬を染め鼻唄を歌いながら花を愛でている猫猫に、壬氏は不機嫌そうに唇をとがらせた。 白い花は可愛らしいく、揺れるとりぃんと音が鳴りそうな姿をしていた。 「可愛らしい花でしょう」 猫猫はそう言うと、甘く香る花の香りを深く吸い込み顔を綻ばせる、ゆっくりと、新しい花瓶に花を差し替えると、今まで活けてあった花瓶の水を飲み干した。 何をしているという、思考より先に体が動いた。 壬氏の拳は綺麗に猫猫の腹にめり込んでいる。 猫猫は先程飲み干したものを綺麗に吐き出し、恨めしそうに壬氏を見る。 「いきなり女の腹を殴るとは、乱暴ですね」 「何故、毒を飲む」 「毒とは限りませんでしょう?」 「いや、お前が突然おかしなことをするときは、だいたい毒だ 間違いないだろ」 じっと睨めつけながら言い切ると、さっと視線が外れたので、確信に変わり、鈴のような白い花を没収する。 「ああっ!やっと手に入れたのに!凄い苦労したのに!」 何てことをしてくれるんだと、非難の目を向けられたが、こんな危ないものを何処から手に入れたか、後で問いたださなくてはいけないなと思った。 揺れる鬼灯を弄びながら、懐かしい笑顔を思い出す。 なぜかとても彼女と話がしたいと思った。 むせかえる化粧と香、美しい女達と薄い笑み、底に漂うのは昏い昏い毒ばかりの、妓楼となんらかわらぬこの場所に、一輪の花として据えられてから、どれくらいたったのだろう。 妓女は子を産まない。 正確には、妓女が「望まない限り」子を産まない。 後宮の花は、実を結ばなければ意味がない。 猫猫は、あくまで徒花でありたかった。 橙色の丸い果実を口に含むと、苦味と酸味が広がる。 皮も種も固く美味しいものではない。 「それは、毒ではなかったのか」 不意に背後からかけられた声に驚き、口の中のものを飲み込みそうになり激しくむせる。 目に涙をためながら振り向くと、花の香りのする声の主は、怒りで震えているようだった。 「…いつからだ」 黒曜石の瞳が真っ直ぐ刺してくる 「いつからだと、聞いている!」 猫猫は、ゆっくり口を開く 「…はじめからでございます」 愕然としている。 怒りで赤かった顔は、一瞬で蒼白へと変わった。 息をしていないのではと、心配になるくらい動かなかったので、よほどの衝撃だったのだろう。 顔の前で掌をひらひらさせていると、がっしりと抱きしめられた。 折れる… ぎしぎしと骨が鳴ったので、もはや圧死するのかもしれないと思った。 あまりの苦しさで、ううっと声が漏れると急に楽になる。 解放されないまま、今度はゆっくり髪を撫でられる。 「そんなに、嫌か?」 何て答えていいのかわからない 「俺では、駄目なのか?」 明確な答えを持っていない 「猫猫、お願いだから…」 そんな目で、見ないで欲しい 「 」 茉莉花の香りで頭がくらくらした。 もちろん、それで無くなるとはおもいませんけど、数は減らせますから」 数を減らしたなら、後はひとつひとつ潰していけばいい。 水蓮は帳面を見ながら、ふふふと笑った。 「梅麗、今夜の閨の記録をお願いしていいかしら」 寄る年波には勝てないのよねぇと水蓮は、小柄だが女性らしくふっくらとした美人の女官に仕事を言いつける。 女官は少し躊躇いながらも逆らう事はしない。 これは好機だ、女官の中にはしたたかな野心家もいる。 美貌や教養や家柄を武器にして、お手つきになる可能性を狙う。 上級妃ともなれば主上が訪れる機会も多く、それだけ好機が多かった。 護衛の傍らで、ちらりと見た主上はこの世のものとは思えぬほど美しかった。 女官の胸に炎が灯る。 ああ、この美しい御方に愛されたらどれだけ幸せだろう… いや、あわよくば愛されたい。 そう思っていた。 事が始まるまでは。 激しい、長い、終わらない。 悲鳴なのか嬌声なのか。 いや、いやいや、ないない、これはない。 そんなにしたら壊れてしまう。 それを三日を開けずに…ええ?と冷や汗がだらだらと垂れ、がたがた震える手で記録をしていく。 しっかり仕事をしなくては評価が下がる。 おそるおそる扉の護衛を見ると、いつもの事ながらと憐れみに満ちた瞳で遠くを見ている。 艶々と満足した主上が退室する頃には、すっかり怯え妃を憐れむ女官がひとり出来上がっていた。 閨の中で猫猫は「仕事やめたい…」としくしく泣いた。 [newpage] [chapter:先にいかない約束] 「猫猫、人間も薬の材料になるのだろう?」 「…………ええ」 突然、何を言い出すのだろうと訝しんでいると、この国の天上で美しく輝くお月さまは、さらに驚愕することを言ってのけた。 「俺が死んだら、薬にして欲しい」 人間から薬をつくる…おやじには「どうせやるなら、最後にしておけ」とまで言われてる事だ。 未知への好奇心と知識欲、猫猫の中で果てなく広がるそれは、残りの人生でどれだけ満たせる事ができるだろうか。 もし壬氏を薬の材料としたら、どう考えても生きてはいられないので、ある意味最後の機会なのかもしれない。 猫猫の頬がふわっと緩み唇が弧を描いた。 「…解りました」 「約束だぞ」 壬氏は何故か嬉しそうに、やわらかく笑った。

次の

リュッカココット

薬屋 の ひとりごと 二 次 創作

舞台は、古代中国の 漢 かんを思わせるような 皇帝の存在する帝国。 主人公の 猫猫 まおまおは 薬師として 花街(現代で言う風俗街)で働く少女だった。 しかし、人攫いによって猫猫は 後宮(皇帝の妃たちが住む場所)へ 手伝いの下女として売り飛ばされてしまう。 また自由になれるまで大人しく後宮で働くつもりの猫猫だったが、 皇帝の子供が衰弱している事件に直面。 猫猫は持ち前の好奇心と薬師としての知識から 事件を解決してしまった。 この事件の解決をきっかけに 美形の 宦官 かんがんの 壬氏 じんしに目をつけられ、 後宮内で起こる事件に巻き込まれていく。 そして、後宮を取り巻く事件を解決するにつれて、 猫猫と壬氏の関係も変化していく。 ジャンルは「 ミステリー x ラブコメ 」 後宮で起こる事件を解決していくという「 ミステリー」 主人公の 猫猫 まおまおと、美形の宦官の 壬氏 じんしの関係を描く「 ラブコメ」 この2つがメインのジャンルの作品です。 原作: 日向夏 ひゅうがなつ 作画: ねこクラゲ 構成: 七緒一綺 ななおいっき キャラクター原案:しのとうこ 「登場キャラの魅力」を重要視した作品 ねこクラゲさんによる『薬屋のひとりごと』を読み、 プクッとした可愛らしい女の子を描かれている というのが私の第一印象です。 作中ではデフォルメ化した姿で描かれるなどして、 物語に緩急をつけたり、キャラの心情を伝えてきたりなどしてきます。 ストーリーは原作の小説をしっかりと踏まえつつ、 それに加え 高い画力の絵の描き分けによって、 キャラの魅力を「これでもか!」と殴りつけてくる作品です。 キャラの魅力の引き出しが1番際立った話。 第十八話「阿多妃」 個人的に1番「高い画力によってキャラの魅力が引き出された」と思った話を紹介します。 それは 4巻に掲載されている 第十八話「 阿多 アードゥオ妃」です。 詳しく書くとネタバレになってしまうので、さらっと話の要点をまとめます。 原作: 日向夏 ひゅうがなつ 作画: 倉田三ノ路 くらたみのじ キャラクター原案:しのとうこ 「サクサク進むストーリー」を重要視した作品 私はマンガとして先に読んだのが、前述した月刊ビッグガンガン掲載版でした。 ですので、どうしても比較するという目線で読んでしまったのですが、 その時に感じたのが「 ストーリーの進行スピードが早い」ということ。 事件や出来事の1つにつき1話。 そういったルールの元でマンガの構成を作っているのかな?と感じました。 ですので、 ゆったりとした展開ではなく、常に新しい何かが起こるようなモノが読みたい方 すでに原作の小説を読んでおり、マンガで「薬屋のひとりごと」の世界を早く見たい方 にオススメできる作品です。 絵はリアル寄りで、特に嫌がる時の顔は必見 マンガですので、絵柄についても一言。 倉田三ノ路さんの描かれるのは リアル寄りの落ち着いた絵柄。 正直言うと分からない、ってなんだよ… ちゃんと調べたのか? 「正直に言うと分からない」という結果になったのは、 公式からの発表が無いからです。 2つのマンガがある理由について、公式からの発表は無し 調べるにあたって、• 原作の小説の作者である「 日向夏 ひゅうがなつ」さん• 月刊ビッグガンガン版の作者である「ねこクラゲ」さん• 月刊サンデーGX版の作者である「 倉田三ノ路 くらたみのじ」さん• 掲載誌である「月刊ビッグガンガン」• 掲載誌である「月刊サンデーGX」 のTwitterやブログ、サイトを拝見しました。 」 といった形の 明言がないため、 不甲斐ないですが、理由は「正直分からない」という結論に達しました。 ですが、明言が無いからといって、 憶測は出来ないものでもないです。 なので、「2つのマンガがある理由」についての 私の憶測を2つ述べることで茶を濁したいと思います。 理由の憶測1:作品を知っている人が多くなる 単純に、2つの雑誌で掲載されると、 『薬屋のひとりごと』というマンガを知っている人の数は2倍。 「両方の雑誌を読んでるよ!」という方も少数いるので2倍とはなりませんが、 それでも 作品を知っている人の数は1誌で掲載されるより増えることは間違いないです。 理由の憶測2:話題になる 今この記事を読まれているアナタ、そして記事として書いているワタシがいるように 「なんで同じ原作で2つマンガがあるの?」と疑問にし話題になっています。 そして、 2つマンガがある理由が明言されていないからこそ 「原作者と出版社でマンガ化に関して一悶着あって、2誌で描かれることになったんじゃないか」 「2つのマンガで売上を競わせて、売上が良かったほうをアニメ化するんじゃないか」 などの 推察(一部は邪推)もさらに出て、もっと作品が盛り上げる。 以上の2点が私が思うところの「2つマンガがある理由」です。 2つのマンガは違った個性を持っている 「漫画家による表現の違い」を楽しめる 正直、同じ原作から2つのマンガが刊行されていると知った時には.

次の

日向夏 おすすめランキング (129作品)

薬屋 の ひとりごと 二 次 創作

この記事では、薬屋のひとりごとの漫画の違いを比較しています。 薬屋のひとりごとのコミックは2種類あります。 スクエニから出版されているビッグガンガンと、小学館から出版されているサンデーGXです。 2つある漫画の特徴についてまとめているので、どっちを読むか迷ってしまう悩みを解決するための参考にしてみてください。 薬屋のひとりごととは? 薬屋のひとりごとは、「小説家になろう」で日向夏さんによって、現在も連載が続いている作品です。 ヒーロー文庫からライトノベル版。 スクエニと、小学館からそれぞれ漫画版が出版されています。 中世の中国をモデルにしたような舞台ですが、フィクションであり、史実とは無関係です。 原作になっている小説のストーリーがとてもよくできていて、ミステリーとして読んでも十分面白いですが、漫画になることで、主人公2人のラブコメなど、キャラクターの魅力が最大限に引き出されています。 2種類の漫画の違いを紹介する前に、原作、ライトノベル、漫画それぞれの概要について紹介しておきます。 【2011年10月】 「小説家になろう」で原作が掲載開始。 【2014年】 「ヒーロー文庫」から、ライトノベルの第一部「後宮編」が出版。 【2017年】 スクエニと小学館の2つの出版社から漫画版が刊行。 薬屋のひとりごと・・・ビッグガンガン(スクエニ出版) 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜・・・サンデーGX(小学館出版) 原作〜「小説家になろう」で掲載中〜• 後宮編(全35話+登場人物紹介)• 宮廷編1(全19話+登場人物紹介2)• 宮廷編2(全45話)• 市井編1(全27話)• 市井編2(全20話)• 砂欧編(全30話)• 任氏編(全26話)• 任氏編2(全24話)• 西都編(18話まで掲載中) 2019年9月からしばらく更新が止まっていましたが、2020年3月から更新が再開しています。 ライトノベル版〜「ヒーロー文庫」から出版〜• 1巻・・「後宮編」• 2巻・・「宮廷編1」• 3巻・・「宮廷編2」• 4巻・・「宮廷編3」• 5巻・・「市井編1」• 6巻・・「市井編2」• 7巻・・「砂欧編」• 8巻・・「任氏編」• 9巻・・「任氏編2」 ラノベ版は、原作にほぼ追いついています。 9巻では、初めて通常版とは別に「ドラマCD付き限定特装版」が発売されています。 漫画版〜「ビッグガンガン」「サンデーGX」から出版〜 薬屋のひとりごと(ビッグガンガン版)• 1巻・・「後宮編」• 2巻・・「後宮編」• 3巻・・「後宮編」• 4巻・・「後宮編」• 5巻・・「宮廷編1」• 6巻・・「宮廷編1」 薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜(サンデーGX版)• 1巻・・「後宮編」• 2巻・・「後宮編」• 3巻・・「後宮編」• 4巻・・「宮廷編1」• 5巻・・「宮廷編1」• 6巻・・「宮廷編1・2」• 7巻・・「宮廷編1」 漫画版では、ビッグガンガン版より、サンデーGX版の方が、物語の進みが早いです。 2種類の漫画の違いと特徴 「百聞は一見にしかず」 まずは、2つの漫画を実際にご覧ください。 「薬屋のひとりごと(ビッグガンガン版)」は、マンガUP! をダウンロード(無料)するだけで、1話〜26話まで読めます。 ラストは「 〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」より、お仕事のご褒美に高級酒貰って喜ぶ猫猫さんです。 薬屋のひとりごとは校了してるとお腹減ったりするのですが今回は酒も欲しくなり…というわけで飲む! 以上、編集Tがお送りしました! …神保町なんだから中華で紹興酒にすりゃ良かった… — サンデーGX編集部 SundayGX セリフの違いと特徴 セリフはビッグガンガン版の方が、原作に忠実なところが多いです。 キャラクター描写がデフォルメされている分、セリフは原作と同じにすることで、登場人物の個性が別物になったりしないように調整されています。 たとえば、原作の「もう三か月かあ、おやじ、飯食ってんだろうか」というセリフ。 ビッグガンガン「おやじ」「ちゃんと飯食ってんだろうか。 」 サンデーGX「おやじ・・・、ちゃんと飯食ってるかなあ。 」 前者は、ため息混じりに青空を背景にしています。 猫猫の表情も後ろ姿なので見えません。 後者は、後宮の建物を背景に、猫猫が心配している表情が描かれています。 わずかな言葉尻の違いなどからも、猫猫の性格に微妙な違いが生まれています。 サンデーGX版の猫猫の方が、人間味を感じるように描かれているよ。 逆に、ビッグガンガン版の方の猫猫を表すのに、ぴったりな言葉が中々見つからないのですが、「素直じゃない」というのが一番近いニュアンスです。 例えば、「好きなんだけど、そっけなくしてみせたり、いたずらしたり。 」といった感じです。 言ってみれば「猫っぽい」性格なのがビッグガンガン版の猫猫なのかもしれないですね笑。 演出の違いを比較 2種類の漫画は、両方とも同じ原作を元にしているため、当然ながら内容はほとんど同じです。 ストーリーの進み具合もほぼ一緒。 どちらかといえば、 サンデーGX版の方が、ストーリーの軸に関わるところだけを抜き取っているため、全体的なストーリーの進み具合も早い印象があります。 ただ、ストーリーにおける重要なシーンの説明は、セリフの順序を入れ替えたり、原作にないセリフが付け加えられているので、なぜそうなったのかがわかりやすいです。 たとえば、玉葉妃と梨花妃に布に書いた文字で、おしろいに毒があることを伝えた人物を、任氏が探し出すシーン。 猫猫と任氏が初めて会話するシーンです。 顔にソバカスがあって、文字が読めない下女ばかりを集めた部屋で、「そこのソバカス女。 お前は居残りだ。 」と書いた紙を一同に見せて、「解散」と告げます。 文字の読める猫猫だけが、紙に描かれた言葉の意味を理解して、居残ってしまうというシーン。 」と原作にない任氏のセリフが付け加えられています。 ちなみにビッグガンガン版では、「・・こりゃハメられたな。 」のセリフだけです。 原作を知らない人だと、このシーンの理屈を理解するのに、少し手間取ってしまいますね。 薬屋のひとりごとの漫画を読むならどっち?おすすめは? 2種類の漫画の違いと特徴を、「キャラクター描写」「セリフ」「演出」について比較して紹介しましたが、結局のところどっちがおすすめかと言われると、個人的にはビッグガンガン版をおすすめします。 その理由は、ストーリーの軸にあまり関係ないシーンで、「登場人物の意外な一面」が見れるからです。 私は、薬屋のひとりごとの原作を全部読んでいないため、「なぜこうなったのか」がわからないシーンがたまにあります。 しかし、そのシーンだけサンデーGX版を読んでみたり、原作を調べて読んで見ることで、「あ〜、なるほど。 」と理解することができます。 というわけでまとめです。 また、原作を読んだことがあっても、原作では文字だけであるため、猫猫や任氏がどういった表情で、このセリフを言っているのか想像するしかないですが、「こんな表情だったんだね。 」と共感することができます。 参考までに、私は、PayPay残高が使えて、Tポイントが貯まるebookjapan(Yahoo Japanが運営)で漫画を揃えています。 会員登録は必須ではないですが、yahooプレミアム会員に登録( 6ヶ月無料)すると、 13,000冊以上の漫画が読み放題になりますよ。 また初回購入なら 半額です。

次の