愛知 ヨーク。 日清ヨーク

愛知ヨーク 株式会社のハローワーク求人|23170

愛知 ヨーク

ネットワーク導入事例 愛知ヨーク株式会社様 「高速性」「信頼性」「月額コスト」のすべてを満たす VPNサービスとは? 学校給食でおなじみの「ヨーク」を開発した 愛知ヨーク株式会社では、全社システムを一新するにあたり、基幹システムサーバのデータセンタでの運用をスタートした。 同社が採用した、データセンタでサーバを運用する際に必要となる「高速性」と「信頼性」を両立し、さらに「月額コスト」が安いというVPNサービスとはどのようなものだったのか。 拠点は、本社 愛知県小牧市 と11の事業所 センター、営業所 があり、さらに関連会社6社と合わせて日本全国をカバーしている。 同社では今から7,8年前に生産管理システムを導入し利用してきたが、予定していた全社でのシステム稼働とはならずに、工場に限定した生産管理システムとして使用されていた。 そのため、全国の営業拠点では、個別に販売管理システムをスタンドアロンで導入していた。 総務部 情報システム課 主任 小川雅弘氏は「各営業所ではスタンドアロンのシステムを利用し、さらに工場とも別のシステムでしたので、何を行うにも一元的な対応が全くできずとても業務が煩雑でした。 そのため、全社を一元的に管理するシステムの導入が重要課題となっていました。 」と当時の課題を振り返る。 またネットワークについても課題があった。 「ネットワークについても各営業所が個別に構築をしていたため、本社では現場の状況が把握できていませんでした。 」これらの課題を解決するために、ネットワークを含めた全社システムの検討が進められていたが、VPNの導入検討では月額の通信コストが高いことがネックとなっていた。 導入効果 「高速性」「信頼性」「月額コスト」のすべてを満たすVPN 今回のシステム導入では、事業継続性の観点からデータセンタにサーバを設置している。 通常、拠点間で利用するVPNサービスの選定ポイントとしては「高速性」「信頼性」「月額コスト」の3点が挙げられるが、データセンタを利用する今回の場合、この3つのポイントが特に重要になる。 この3点をクリアして導入したのがアーツネットウェーブの「VPNソリューションパック 新バックアップ 以下VPNソリューションパック 」だ。 「ネットワークの月額コストは導入を決める際にとても重要なポイントです。 このVPNソリューションパックは他社が提案したイーサ回線を利用したVPNと比べると月額の通信コストがとても安価であったことが魅力でした。 」と取締役 経営企画室長の名倉裕一朗氏は選定の理由を振り返る。 さらに「ネットワークにトラブルが発生すると業務で基幹システムが使えなくなってしまうので、今回のVPNサービスの導入では、その点もかなり重視しました。 VPNソリューションパックでは、回線構成を全拠点で二重化し、万が一通信障害が発生してもすぐにバックアップ回線を切り替えることができる構成での提案でしたので、これなら大丈夫だということになりました。 」 同社では、さらにVPNルータについてもコールドスタンバイ機を用意して、通信機器についても対策を行っている。 社内システムのインフラとして利用するVPNでは、稼働率を保つためにバックアップ構成が重要なことは当然のことではあるが、そのバックアップ構成をとることで月額コストが高くなりすぎてはなかなか導入できない。 その点、VPNソリューションパックでは、メイン拠点では電力系光ブロードバンド回線でのバックアップ、一般拠点ではNTTdocomoのXiの二段階定額でのバックアップを利用していて通信コストを抑えている。 VPNソリューションパックでは、このように異なるキャリアの回線をバックアップ回線として利用するため、OCN、フレッツ、Xi、電力系光回線などの複数の通信キャリアのサービスを組み合わせてVPNを構成する。 そのため、それぞれのキャリア窓口とのやり取りが必要となりとても煩雑なのだが、その点についてはアーツネットウェーブがワンストップで対応するため「手間もなく安心」 小川氏 だ。 愛知ヨークでは、これまでスタンドアロンのシステムを利用していたため、データセンタのサーバをネットワーク越しに利用するとなると、そのレスポンスも気になるところ。 VPNソリューションパックではメイン回線にギガ対応のフレッツ光ネクスト隼とギガ対応ルータで構成されているため高速構成のVPNとなっている。 「一般企業向けのVPNとしては、最も速いVPNの一つだと考えています。 今後の社内システムの運用でデータ量の増加を考慮すると高速VPNは必須条件だと思います。 」と小川氏は評価する。 VPNの導入後の通信トラブル時の迅速な対応も重要なポイントだ。 基本、通信トラブルが発生したらまずアーツネットウェーブに連絡をする。 総務部 情報システム課 志村太雅氏は「ある拠点の通信トラブルのときにアーツネットウェーブに連絡をしたことがありました。 状況確認の結果VPN部分でのトラブルではなかったのですが、連絡をしたらすぐに対応してくれて、解決策を提示してくれて助かりました。 」と実務担当者としての思いを語る。 評価と展望 回線バックアップにより業務を止めずに対応 レスポンスもオンプレミス時と同等レベル バックアップ回線の有効性を実感したケースがあった。 「鹿児島営業所でメイン回線の速度低下でシステム利用に支障が出てしまったのですが、そのときにバックアップのXiに切り替えて対応したところシステムをスムーズに使え、業務に影響が出ずにとても助かりました。 」と志村氏が振り返る。 また、レスポンスについても「導入前は、特に本社からの通信が集中した際のシステムのレスポンスを気にしていましたが、実際に使用してみたら全然気にならないです。 速度についてのクレームは今のところ一度もありません」 小川氏 とギガビット対応の高速構成にも手ごたえを感じている。 今後の展開としては、関東地区での情報共有を考えている。 小川氏は「関東を担当する営業マンは出張が長いため、一人ひとりノートPCを持って出張先で業務をしています。 今後は関東の営業マンや経営幹部が外部から安全にシステムにアクセスできる環境を整備したいです」と期待を込めて結んだ。

次の

愛知ヨーク

愛知 ヨーク

ヨーグルトの製造スタッフ【深夜勤務なし/アルバイト・パートOK/正社員採用】あなたには、本社の工場にて製造スタッフとしてヨーグルト製品の製造をお任せします。 《入社後》 入社後2~3ヶ月を教育の期間として、独り立ちまで教えていきますので、製造経験のない方でも安心してはじめられるでしょう。 《配属先》 配属予定の製造部は全体で70名程度が働いています。 原料を扱う課と、製品を出荷できる状態までに整える課に分かれています。 今回は主に後者の課への配属を予定。 その中でも、西日本、特に愛知県内では高いシェア率を誇る「アシドミルク」を担当するチームに配属となります。 【特長】 私たちが作るヨーグルト製品は、愛知県内全域の学校で食べられています。 募集背景 「健康に有益なものを手軽に広く消費者へ」の理念のもと、西日本全土の学校・病院・福祉施設で、愛知ヨークのヨーグルトは使われています。 また、シェアは非常に高く、愛知県内の病院向けでは圧倒的な支持を得ています。 今回、9月に家庭の都合で退職される方がいらっしゃるため、1名募集を行なうことになりました。 その間の待遇は変わりません。

次の

ヨーグルトの製造スタッフ【深夜勤務なし/アルバイト・パートOK/正社員採用】(961083)(応募資格:【未経験OK/高卒以上】社会人経験をお持ちの方 ※飲食店で調… 雇用形態:正社員)|愛知ヨーク株式会社の転職・求人情報|エン転職

愛知 ヨーク

ネットワーク導入事例 愛知ヨーク株式会社様 「高速性」「信頼性」「月額コスト」のすべてを満たす VPNサービスとは? 学校給食でおなじみの「ヨーク」を開発した 愛知ヨーク株式会社では、全社システムを一新するにあたり、基幹システムサーバのデータセンタでの運用をスタートした。 同社が採用した、データセンタでサーバを運用する際に必要となる「高速性」と「信頼性」を両立し、さらに「月額コスト」が安いというVPNサービスとはどのようなものだったのか。 拠点は、本社 愛知県小牧市 と11の事業所 センター、営業所 があり、さらに関連会社6社と合わせて日本全国をカバーしている。 同社では今から7,8年前に生産管理システムを導入し利用してきたが、予定していた全社でのシステム稼働とはならずに、工場に限定した生産管理システムとして使用されていた。 そのため、全国の営業拠点では、個別に販売管理システムをスタンドアロンで導入していた。 総務部 情報システム課 主任 小川雅弘氏は「各営業所ではスタンドアロンのシステムを利用し、さらに工場とも別のシステムでしたので、何を行うにも一元的な対応が全くできずとても業務が煩雑でした。 そのため、全社を一元的に管理するシステムの導入が重要課題となっていました。 」と当時の課題を振り返る。 またネットワークについても課題があった。 「ネットワークについても各営業所が個別に構築をしていたため、本社では現場の状況が把握できていませんでした。 」これらの課題を解決するために、ネットワークを含めた全社システムの検討が進められていたが、VPNの導入検討では月額の通信コストが高いことがネックとなっていた。 導入効果 「高速性」「信頼性」「月額コスト」のすべてを満たすVPN 今回のシステム導入では、事業継続性の観点からデータセンタにサーバを設置している。 通常、拠点間で利用するVPNサービスの選定ポイントとしては「高速性」「信頼性」「月額コスト」の3点が挙げられるが、データセンタを利用する今回の場合、この3つのポイントが特に重要になる。 この3点をクリアして導入したのがアーツネットウェーブの「VPNソリューションパック 新バックアップ 以下VPNソリューションパック 」だ。 「ネットワークの月額コストは導入を決める際にとても重要なポイントです。 このVPNソリューションパックは他社が提案したイーサ回線を利用したVPNと比べると月額の通信コストがとても安価であったことが魅力でした。 」と取締役 経営企画室長の名倉裕一朗氏は選定の理由を振り返る。 さらに「ネットワークにトラブルが発生すると業務で基幹システムが使えなくなってしまうので、今回のVPNサービスの導入では、その点もかなり重視しました。 VPNソリューションパックでは、回線構成を全拠点で二重化し、万が一通信障害が発生してもすぐにバックアップ回線を切り替えることができる構成での提案でしたので、これなら大丈夫だということになりました。 」 同社では、さらにVPNルータについてもコールドスタンバイ機を用意して、通信機器についても対策を行っている。 社内システムのインフラとして利用するVPNでは、稼働率を保つためにバックアップ構成が重要なことは当然のことではあるが、そのバックアップ構成をとることで月額コストが高くなりすぎてはなかなか導入できない。 その点、VPNソリューションパックでは、メイン拠点では電力系光ブロードバンド回線でのバックアップ、一般拠点ではNTTdocomoのXiの二段階定額でのバックアップを利用していて通信コストを抑えている。 VPNソリューションパックでは、このように異なるキャリアの回線をバックアップ回線として利用するため、OCN、フレッツ、Xi、電力系光回線などの複数の通信キャリアのサービスを組み合わせてVPNを構成する。 そのため、それぞれのキャリア窓口とのやり取りが必要となりとても煩雑なのだが、その点についてはアーツネットウェーブがワンストップで対応するため「手間もなく安心」 小川氏 だ。 愛知ヨークでは、これまでスタンドアロンのシステムを利用していたため、データセンタのサーバをネットワーク越しに利用するとなると、そのレスポンスも気になるところ。 VPNソリューションパックではメイン回線にギガ対応のフレッツ光ネクスト隼とギガ対応ルータで構成されているため高速構成のVPNとなっている。 「一般企業向けのVPNとしては、最も速いVPNの一つだと考えています。 今後の社内システムの運用でデータ量の増加を考慮すると高速VPNは必須条件だと思います。 」と小川氏は評価する。 VPNの導入後の通信トラブル時の迅速な対応も重要なポイントだ。 基本、通信トラブルが発生したらまずアーツネットウェーブに連絡をする。 総務部 情報システム課 志村太雅氏は「ある拠点の通信トラブルのときにアーツネットウェーブに連絡をしたことがありました。 状況確認の結果VPN部分でのトラブルではなかったのですが、連絡をしたらすぐに対応してくれて、解決策を提示してくれて助かりました。 」と実務担当者としての思いを語る。 評価と展望 回線バックアップにより業務を止めずに対応 レスポンスもオンプレミス時と同等レベル バックアップ回線の有効性を実感したケースがあった。 「鹿児島営業所でメイン回線の速度低下でシステム利用に支障が出てしまったのですが、そのときにバックアップのXiに切り替えて対応したところシステムをスムーズに使え、業務に影響が出ずにとても助かりました。 」と志村氏が振り返る。 また、レスポンスについても「導入前は、特に本社からの通信が集中した際のシステムのレスポンスを気にしていましたが、実際に使用してみたら全然気にならないです。 速度についてのクレームは今のところ一度もありません」 小川氏 とギガビット対応の高速構成にも手ごたえを感じている。 今後の展開としては、関東地区での情報共有を考えている。 小川氏は「関東を担当する営業マンは出張が長いため、一人ひとりノートPCを持って出張先で業務をしています。 今後は関東の営業マンや経営幹部が外部から安全にシステムにアクセスできる環境を整備したいです」と期待を込めて結んだ。

次の