へ っ ぽ コナー。 運命の分かれ道

娘の命を奪った男を許し、刑務所で面会し続ける両親(米)(2017年8月8日)|BIGLOBEニュース

へ っ ぽ コナー

引用元 : コナーマクレガーは、アイルランド出身の総合格闘家です。 2017年には、アメリカにおいてGoogleの検索ランキングで 『最も検索されたアスリート』として注目を浴びました。 コナー・マクレガー( Conor McGregor、1988年7月14日 - )は、アイルランドの男性総合格闘家。 ダブリン州ダブリン出身。 SBGアイルランド所属。 元UFC世界ライト級王者。 元UFC世界フェザー級王者。 UFC世界ライト級ランキング2位。 UFC史上3人目の二階級制覇王者。 UFC史上初の二階級同時王者。 -Wikipediaより- また、そんなコナーマクレガーですが、彼の戦法は他の選手とは一味違うのです。 パンチでの攻撃を主軸にアグレッシブにKOを狙う選手だが、回転系などの多彩な蹴り技も習得しており、打撃でも寝技でもトリッキーな動きを見せ、エキサイティングなファイトスタイルで試合を盛り上げる。 試合以外でも雄弁な喋りとパフォーマンスで人々を魅了しメディアを巻き込んで話題をさらうすべに長けており、また、この喋りの上手さで対戦相手を煽って心理戦を仕掛け、相手を飲み込んで自分に有利な流れを作り出す。 -Wikipediaより- ほんとのチャンピオンだからこそ言える台詞だね。 私はただ私自身になろうとしているだけだ。 他の誰かになろうとしているのではない。 - Conor McGregor - 4. I believe in myself so much that nothing is going to stop me. 私は自分自身をとても信じているので、私を止めるものは何もない。 - Conor McGregor - 5. The more you seek the uncomfortable the more you will become comfortable. 人は心地悪さを求めれば求めるほど、より快適になるものだ。 - Conor McGregor - 6. Defeat is the secret ingredient to success. 敗北は成功への秘訣だ。 - Conor McGregor - 7. 私が何かが起こると言ったら起こるのだ。 - Conor McGregor - 8. What defines us is how well we rise after falling. 転んだあとどのように立ち上がるか。 それが人を定義するのだ。 - Conor McGregor - 9. 私の成功は傲慢さの結果ではなく、信念の結果だ。 - Conor McGregor - 10. Keep proving people wrong and proving myself right 私は今やっていることをやり続ける。 他の人々ではなく 自分が正しいことを証明し続けるんだ。 - Conor McGregor - 11. Be grateful with everything you have and you will be successful in everything you do. 持っているすべてのものに感謝するんだ、そうすればなすこと全てにおいて成功するはずだ。 - Conor McGregor - 12. Excellence is not a skill. Excellence is an attitude. 卓越性とはスキルではない。 態度だ。 - Conor McGregor - 13. Smart work pays best. Trust it. うまいやり方は最も効果的だ。 それを信じるんだ。 - Conor McGregor - 14. Learning something new is a great feeling. The feeling of progress. 何か新しいことを学ぶのは素晴らしい気分だ。 進歩を感じられる。 - Conor McGregor - 15. 私はもう準備できている。 だから準備をする必要はない。 - Conor McGregor - おわりに 以上この記事では、コナーマクレガーの名言について紹介してきました。 気に入った名言は見つかりましたでしょか? 今回の名言は英語学習に役立つものをたくさん載せています。 和訳もしっかりと載せていますので、ぜひ英語学習にも役立ててみてください! ではでは、 Good Luck!!

次の

え、また!? コナー・マクレガーが3度目の引退宣言。メイウェザーが皮肉コメントで応戦

へ っ ぽ コナー

コナー・ケネディはJFKの弟の子ども!テイラースウィフトの元カレで二度の逮捕歴!美少年コナー・ケネディの家族や彼女は? コナー・ケネディと言う方を皆さんご存知でしょうか。 大統領暗殺で今でも有名なJFKの弟の子どもにあたるRFKの息子であるコナー・ケネディさんです。 彼の知名度と言えば名門ケネディ家ということだけではありません。 コナー・ケネディさんは、ヒット曲を連発している歌手テイラー・スウィフトの元恋人でもあり、テイラーさんの楽曲「ビギン・アゲイン」はコナー・ケネディさんとの交際を唄ったものであるという事でも有名です。 そんな盛沢山なコナー・ケネディさんについてご紹介します。 コナー・ケネディ wikiプロフィールやインスタ画像 名前:コナー・ケネディ(Conor Richard Kennedy) 生年月日:1994年7月24日生まれ 年齢:22歳 コナー・ケネディさん 家族や血筋 コナー・ケネディさんの父親はロバート・F・ケネディ・ジュニアさんで、母親は第二の妻メアリー・リチャードソンさんです。 ロバート・F・ケネディ・ジュニアさんの父親は、ロバート・F・ケネディさんと言う方で第35代アメリカ合衆国大統領であったジョン・F・ケネディさんの実の弟にあたる方で同政権の司法長官を務めた方で1963年ジョン・F・ケネディさんが暗殺された後、ニューヨーク州の上院議員選に出馬し11月に勝利しましたが、1968年に民主党の大統領候補指名選のキャンペーン中に暗殺されました。 コナー・ケネディさんの父親ロバート・F・ケネディ・ジュニアさんは、弁護士をしており、最初の妻は1982年に結婚したエミリー・ルース・ブラックさんという方で俳優、作家ジャーナリストとして活躍しているボビー・ケネディ3世と女優をしているキャスリーン・アレクサンドラ・ケネディさんがお2人の子供です。 1994年に離婚されています。 そして第二の妻は1994年に結婚したメアリー・リチャードソンさんと言う方で1994年生まれのコナー・ケネディさんと1995年生まれのキーラ・ルモワーヌ・ケネディさんと1997年生まれのウィリアム・フィンバー・ケネディさんと、2001年生まれのエイドン・カオマン・ビエケス・ケネディさん、この4人がお2人の子供です。 メアリーさんは2012年5月16日に自宅の敷地内の小屋で首を吊って52歳という若さの時に亡くなっています。 2年程前から夫から離婚申請をされていて別居中だったようですがアルコール依存症に悩まされリハビリなどにも通っていたそうです。 そして第三の妻が女優のシェリル・ハインズさんという方で2014年に結婚されています。 この時ロバートさんは60歳ということもあってかお2人の間には子供はいませんが、シェリルさんには前の夫との間に10歳のローズちゃんと言う娘がいるそうです。 コナー・ケネディさんの元恋人 コナー・ケネディさんは17歳の高校生の時に歌姫テイラー・スウィフトさんとお付き合いをしていたことで一躍有名になりました。 ちなみにその頃テイラーさんは21歳でした。 2012年1月コナーさんの祖母にあたる人のドキュメンタリー映画の上映会に(独立記念日)の日にテイラーさんは招待されコナーさんと知り合いました。 しかしその後テイラーさんは新アルバムの制作で忙しくなり、コナーさんは全寮制の名門校に通う生活に戻り、学長からも人気歌手との交際は好ましくないと忠告が入り、お2人はすぐに破局してしまいました。 【関連記事】 コナー・ケネディ 2度の逮捕歴 1度目の逮捕はコナーさんが18歳の時です。 環境保護活動に熱心なコナーさんとコナーさんの父親ですが、この時お2人いっぺんに親子で逮捕されてしまいました。 理由は、自然保護活動団体「シエラクラブ」という120年もの歴史がある有名な団体がホワイトハウス正門に押し寄せて「パイプライン建設反対」をしたからでした。 クジラを守るために抗議していたのですがお2人とも逮捕されてしまい、100ドルの保釈金を払い開放されたそうです。 そして2度目の逮捕は、2016年、コロラド州のアスペンのクラブ前の路上で殴り合いの大ゲンカをして逮捕されてしまいました。 なぜ殴り合いになったのかと言うと、友人が同性愛者だと罵倒されたことに怒って喧嘩になったそうです。 コナーさんはこの件で、治安びん乱罪が適用され最長1年の懲役、もしくは2650ドル程度の罰金刑に課せられる可能性があるそうです。

次の

え、また!? コナー・マクレガーが3度目の引退宣言。メイウェザーが皮肉コメントで応戦

へ っ ぽ コナー

コナー・マクレガーについて UFC205の記事でも取り上げたこのコナー・マクレガーという男。 現在UFCのフェザー級およびライト級の2階級王者として君臨している。 実力も凄いがもっと凄いのは圧倒的なスター性とカリスマ性だ。 それは具体的に何を示すのかというと、観客やファンが何をすれば喜び興味を持ってくれているのかを完璧に理解し、プロフェッショナルに徹するということだろう。 マクレガーの出場する大会はPPV 有料放送 が飛ぶように売れ、マクレガーの出場ボーナスとして大金が入ることになる。 PPV料金は決して安くはなく、SD画質で49. 99ドル、HD画質で59. 99ドルとなっているが、今年8月のネイト・ディアス戦は165万件のPPVを売り上げている。 1件あたり6000円とすると、PPV売上は1大会で約100億円というとんでもない規模になっている。 このような高い売上はUFCが恒常的に叩き出しているわけではなく、コナー・マクレガーのようなスター選手が遺恨のある試合を行った場合に跳ね上がることになる。 マクレガーは試合のファイトマネーの他に、PPVが1件売れるたびに一定のボーナスを受け取れる権利があり、 2015年のジョゼ・アルド戦はわずか13秒でのKO勝利によって約13億円を稼いでいる。 いくらUFCの景気が良いと言ってもここまでもらっている選手はコナー・マクレガーただ一人だ。 それはマクレガーのスター性や言動に惹かれて、高いお金を払ってでもマクレガーの試合を見たいという人が多いことが要因になっている。 コナー・マクレガーの人気 マクレガーの人気は格闘技ブームだった時代の日本の格闘家とは比較にならないものがある。 母国のアイルランドでは「最も検索されたアスリート」で第1位、「最も検索された人物」で第2位、「最も検索されたワード」で第3位となるなど、まさに英雄的な扱いを受けている ちなみにこの年の1位は「ラグビーワールドカップ」 2015年には2200万ドル 23億円 を稼いでおり、自宅はラスベガスにある6つのリビングにプール付きのマック・マンションに住んでいる。 1年間に2試合ほどしかしないのに、これだけの金額を稼ぐMMAファイターはこれまで存在しなかった。 まさに一夜にしてスターになれるところがアメリカンスポーツの醍醐味だが、それゆえ破産する選手が多いのも頷ける。 実はマクレガーの人気が爆発したのはそれほど前のことではない。 具体的な時期で言うと2015年の7月あたりだから、この記事を書いている時まで16ヶ月しか経過していない。 それでも今や押しも押されぬUFCのスターになっているのだから、まさに己の拳一つで勝ち取ったサクセスストーリーと言えるだろう。 独特なファイトスタイル 現代の総合格闘技ではフットワークを使いながら金網を広く使い、打撃やタックルでポイントを奪っていくスタイルが一般的だが、マクレガーのスタイルはそれとは一線を画している。 幼少期にはキックボクシングを、12歳からボクシングに取り組んでいた経験を活かして、 独特な間合いから繰り出す左のパンチと、回転系の多い蹴り技を武器とするストライカーで、極端に打撃に偏ったスタイルになっている。 打撃の間合いがとにかく広く、どこからでもパンチやキックが飛んできそうな雰囲気を持っており、あの圧力に度々相手が屈してしまう。 左のパンチの当て勘は間違いなく世界ナンバーワンで、対戦相手は警戒していて貰い、度々KOを奪ってきた。 豪腕のイメージがあるかもしれないが、むしろ力の抜けたノビのあるパンチという印象で、チャンスとなるや淀みないコンビネーションで相手を攻め立てる。 これまでUFCでは10戦して9勝、そのうち7KOと高いKO率を誇っていて、KOした試合は全てが2R以内と、名勝負製造機でもある。 それでもド派手なKOで実力者を次々と破っていったことでタイトルマッチまでこぎつけている。 当時の王者は7度の防衛を達成していた絶対王者のジョゼ・アルド。 ビッグマウスのマクレガーの真価が問われる試合になるはずだったが、試合直前の怪我によりアルドが欠場。 それによりマクレガーの当時の階級であったフェザー級のランキング1位のチャド・メンデスとの暫定王者決定戦が組まれることになった。 チャド・メンデスは前年に王者のアルドと互角の試合を演じている強豪で、メンデスに勝利すればいよいよ本物だということが照明されることになる。 またマクレガーは欠場したアルドに対して、執拗に「あいつは怖じ気付いて逃げた」とメディアを通じて煽りまくり、次に控えているであろうアルド戦を見据えて、高い注目が集まることになった。 試合は序盤からマクレガーの左のストレートが効果的に入り、メンデスを何度もグラつかせる。 メンデスも負けじと右ストレートを返すが、マクレガーは動じず危険な攻撃を繰り出してくる。 2Rに入るとレスリングに長けるメンデスがテイクダウンを奪い、グラウンドから勝機を見出すも、一瞬のスキをついてエスケープし、立ち上がり際にメンデスの顔面にパンチがクリーンヒット。 そのまま畳み掛けるとメンデスがたまらずダウン。 パウンドを打ち込んでレフェリーストップを呼び込んだ。 これでマクレガーは暫定王者となり、アルドを倒すのみとなった。 アルドも負けじと挑発するも、メディアの使い方はマクレガーの方が一枚も二枚も上手でアルドはむしろこれで平静を失うことになる。 アルドは舌戦こそ負けていたものの、2005年から負け無しの18連勝で、UFCでも7度の防衛に成功していた絶対王者だ。 オッズではほぼ五分でどちらが勝つかの予想は二分されていた。 ただ結果的に見ればこの試合はそういった技術や実力を越えたような試合になってしまった。 アルドはこの試合の雰囲気に飲まれてしまったのか、試合開始直後にマクレガーの左ストレートを貰いわずか13秒でKOされている。 こうしてコナー・マクレガーは一度目のタイトルとしてフェザー級の正規王者となった。 この試合を機にアルドは引退報道が出たり、現在では離脱を示唆するような発言をするなどマクレガーの光にすっぽりと隠れる形になってしまった。 ネイト・ディアスとの2度の対戦 ところでこのハゲたジャイアンみたいな奴は、UFCを運営するズッファ社の名物社長で、ダナ・ホワイトという男だ。 記者会見や計量で対戦相手同士が乱闘寸前になるといつも割って入るが、社長自ら入るあたりUFCのエンターテイメント色の強さが分かる。 ジョゼ・アルド戦で正規のライト級王者になったマクレガーはなんと一度も防衛戦をすることなく、階級を一つ上げて、いきなりライト級のタイトルマッチを行うことになる。 相手はアンソニー・ペティスを破って王者になったハファエル・ドス・アンジョスだ。 しかしアルドのときと同じようにまたもドス・アンジョスが大会3週間前に怪我により欠場。 この時また舌戦が繰り広げられたのは言うまでもない。 代わりに用意された相手は悪童のネイト・ディアスだ。 ネイト・ディアスはニック・ディアスの弟で、兄譲りの気性の悪さで度々乱闘騒ぎになることでも知られている。 さらにこの試合は大会直前にディアスの出場が決まったことで、本来のライト級よりもさらに重いウェルター級の試合となっている。 もともとフェザー級のマクレガーにとっては12キロも重い無謀なマッチメイクだが、マクレガーはいつものように強気な姿勢を崩さずに試合を受けている。 実はこの試合は2度に渡って行われた。 1戦目は1Rにマクレガーが得意の左のパンチを度々叩き込んでネイトを大流血に追い込むが、2Rにネイトのパンチを貰うと失速し、そのまま攻め立てられてチョークでタップアウト負けをしている。 これはマクレガーのUFCキャリアにおいて唯一の負けだ。 ただしこれは本来の階級ではないウェルター級というだけあってマクレガーの評価が落ちることはなかった。 いくらでも言い訳ができる試合だが、マクレガーが次に選んだのはまたも同じウェルター級でのネイト・ディアス戦だった。 この試合でも1戦目と同様、前半はマクレガーのパンチがヒットして優勢に進める。 しかし徐々にスタミナ切れをおこし、ネイトの猛攻にあって棒立ちになる場面も目立つ。 後半は、技術ではなく気力と根性の試合となり、何とかしのぎきったマクレガーが前半のリードを守って判定勝ちを収めた。 舌戦だけでなく乱闘騒ぎまで加わったこの試合はこれまでになく盛り上がり、UFC史上最高の165万件のPPV売上となった。 前に流れたドス・アンジョスはどこにいったのかというと、何か普通にアルバレスに負けてしまった。 アルバレスは日本のDREAMでも活躍した選手で、ボクシングとレスリングをミックスさせた、現代格闘技の申し子のような存在だ。 以前は激戦ファイターだったが、ここのところ賢さがついてリスクを取らずにきっちり勝つことを覚えている。 お前いつも乱闘してんな…という感じにそろそろなりつつあるが、この試合もまた乱闘騒ぎで注目を集めた。 それだけマクレガーがメディアの使い方が上手く、対戦相手はそれを聞いてフラストレーションを貯めているのだろう。 前の2試合はウェルター級での試合で、まだライト級での実績がないマクレガーだったが、この試合のオッズはマクレガー有利となっていた。 マクレガーの強さというのは単に格闘家として優れているのではなく、独特な空気を醸し出し、それを味方につけるようなところにある。 試合はマクレガーの一方的なものとなった。 序盤から得意の左ストレートが度々ヒットさせて、1Rに3度のダウンを奪うと、2Rもペースは変わることなく攻め立て、流れるような4連打のコンビネーションでアルバレスを完全KOしている。 この試合でマクレガーはライト級王者となり、史上3人目の2階級制覇、同時に保持するのは史上初の快挙となっている。 マクレガーがここに来るまでに長い年月が経ったようにも感じられるが、チャド・メンデス戦からは1年あまりしか経っていないことに驚かされる。 トレーナーが2017年実現を匂わせ、ボクシングライセンスを取得 その状況が一変したのは2016年12月のことで、 まずコナー・マクレガーのトレーナーがメイウェザーとの対戦を示唆したことに始まる。 その内容は「 2017年に実現する可能性が高い」とのことで、実際にどのようなやり取りがあったかはメディアに出ていないとのこと。 そして同日にマクレガーがカリフォルニア州でボクシングライセンスを取得したことが報じられる。 マクレガーがプロボクシングでの経験がないので、これまでライセンスを持っていなかったが、このタイミングで新たにライセンスを取得したということはメイウェザー戦が近いのではないかと言われるキッカケとなった。 日本からUFCを見る方法 最後にコナー・マクレガーの試合を見たいと思った方に日本からUFCを見る方法について説明したい。 まずUFCの放送には「PPVマッチ」と「それ以外」の2つがある。 これはどういうことかというと極上の試合はPPVのみにして、それ以外はアメリカ国内のテレビ放送やネット配信が行われている。 日本からだとUFCファイトパスというものを使えばそれ以外の試合全てを見ることができて、過去の映像も見放題になる。 これは月額料金でプランによって違いはあるが、1000円ほどになっている。 ただし問題なのはコナー・マクレガーのようなトップ選手はPPVマッチとして扱われるので、ここで見ることはできない。 日本からそれを見るには以下の2つの方法がある。 DAZNと契約する• UFC TVでPPVを購入する ここで圧倒的にオススメなのはDAZNとの契約だ。 UFC TVは日本語対応していない上に、1大会あたり50ドルほどかかってしまうが、DAZNなら月額1750円を払えば、あらゆるスポーツコンテンツが見放題でUFCも追加料金なく日本語解説で見ることができる。 これまでWOWOWでUFCが日本語中継されていたのだが、それが打ち切られたことで現在UFCファンの多くはDAZNに契約している。 しかもDAZNは格闘技意外にもコンテンツが相当充実していて、Jリーグの独占配信や欧州5大リーグも可能になっているので、スポーツ好きならぜひ入っておきたいサービスだ。 ネット配信ということで回線状況が心配されるが、サービス開始当初とは違って今では随分と改善されている。 UFCを見たいという方はDAZNの加入も検討してはいかがだろうか。

次の