メリロート エキス。 メリロートの効果と効能、作用について

メリロートとは

メリロート エキス

粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されていることと化粧品への配合可否は無関係です。 粧工連はリストへの収載と国内・国外規制との関係については関知しないとしています。 医薬品の成分は配合禁止です(例外:旧化粧品種別許可基準に収載の成分、2001年4月より前に化粧品の配合成分として承認を受けているものおよび薬食審査発第0524001号「化粧品に配合可能な医薬品の成分について」に収載の成分は医薬品の成分であってもその前例範囲内で配合可能)。 生物由来原料基準に適合しない原料、化審法の第一種特定化学物質/第二種特定化学物質、化粧品基準別表1(ネガティブリスト)の成分は配合禁止です。 化粧品基準別表2(ネガティブリスト)の成分は制限を守って配合する。 防腐剤として使ってよいのは化粧品基準別表3(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。 紫外線吸収剤として使ってよいのは化粧品基準別表4(ポジティブリスト)に収載の成分だけです。 タール色素として使ってよいのは「医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令」の成分だけです(例外:赤色219号及び黄色204号については毛髪及び爪のみ)。 本情報は化粧品技術者を対象に作成した専門的なものであり、一般の方が理解できるように配慮したものではないことに十分ご留意下さい。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 有 久光工房および参加企業は商品化、商業可能性、使用目的についての適切性に関する一切の保証責任を負いません。 また、過失を含むいかなる場合であっても 有 久光工房および参加企業はこれに起因するいかなる損害について一切の責任を負いません。

次の

メリロートは体に悪いのですか?むくみやすいので飲んでいます。飲み過...

メリロート エキス

多年草で、高さは1mほどです。 ハーブとして古くから使用されており、主にはメリロートの葉や花の部分を使用しますが、それ以外にも茎、果実、種子など利用可能な部分の多いハーブです。 また、葉と種子はウォッカの香味付けとして用いられたり、チーズやタバコなどにも用いられています。 その匂いから別名「スイートクローバー」とも呼ばれています。 そのため、外用としてはこむら返りや打撲、ねんざなどに対応する湿布薬としてします。 その他にも、茶剤として服用したり、軟膏などでも用いられます。 <豆知識>むくみの原因 むくみは、悩みを持つ方が多い症状のひとつです。 まぶたが腫れぼったい、夕方になると靴がきつくなる、靴下の跡が取れにくくなるなどの症状が現れます。 むくみの主な原因は、水分や塩分の摂り過ぎであるといわれています。 また、長時間の立ち仕事やデスクワークなど、同じ姿勢を維持した場合も全身の血行が悪くなり、血行が阻害されることで、ふくらはぎのむくみや足首の痛みなどの症状が出る場合もあります。 体の中でも、足は心臓から遠いため、むくみが出やすい場所です。 足の血液は、ふくらはぎの筋肉が、重力に逆らって足の血液を心臓に戻すことを手伝っています。 が、足の筋肉の疲労などにより、血流が悪くなります。 また、女性は男性よりも筋肉の量が少ないため、むくみが起きやすいといわれています。 足などの一定の場所に水分が溜まるという症状は、足のむくみだけでなく、顔のむくみの場合であってもほぼ原理は同じであると考えられています。 むくみの主な原因には、アルコールの摂取 や、塩分の取りすぎ、ミネラル不足 などの生活習慣の乱れや、新陳代謝の低下 、腎機能の低下 などが考えられます。 また、抗凝血薬やそれに準ずる作用のあるサプリメントと併用すると出血を招く恐れがあり、血液凝固障害のある方や、その病歴のある方は注意が必要です。 いわゆる「むくみ」のことです。 収縮した血管を弛緩させる効果があることが分かっています。 動脈は心臓から強く送り出されるため血流が滞ることはあまりありませんが、静脈には心臓のような働きをする部位が無いため、しばしばむくみが現れてしまいます。 メリロートに含まれるクマリンが血流やリンパの流れを改善し、むくみの改善へとつながります。 【2】メリロートは経口摂取で慢性的な静脈機能不全 脚の痛みと重苦しさ、夜中の脚の痙攣、かゆみと腫れ、血栓性静脈炎の補助的治療、リンパの停滞、血栓症後症候群、痔核 に対し、有効性が示唆されています。 参考文献 ・林真一郎 編 メディカルハーブの事典 東京堂出版 ・清水俊雄 機能性食品素材便覧 特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで 薬事日報社 ・吉川敏一 炭田康史 最新版 医療従事者のためのサプリメント・機能性食品事典 講談社•

次の

DHC / メリロートの商品情報|美容・化粧品情報はアットコスメ

メリロート エキス

「夕方になると脚がだるくてパンパン、何とかしたい!」「美脚になりたい!」と願う女性に人気のサプリメント素材のひとつメリロート。 今回は、「脚のむくみを軽減する」と宣伝されているメリロートについて解説します。 メリロートとは メリロートは牧草などに使用されるマメ科の植物で、スイートクローバーやセイヨウエビラハギとも呼ばれています。 ヨーロッパでは慢性静脈不全(下肢の静脈の血流が滞ることによって引き起こされる疾患)についての改善効果が報告されており、医薬品として販売されています。 一方、日本では薬効をうたわない限り食品として使用することができるため、メリロートから有効成分などを抽出し濃縮したメリロートエキスは、「脚のむくみを軽減する」などとうたった「健康食品」に使用されています。 メリロートエキスは日本において医薬品成分としても配合され、使用されています。 しかし、メリロートエキスを含む医薬品は主に 痔核 ( じかく )(いぼ痔)の症状の緩和、外傷・手術に伴う軟部腫瘍の症状の改善を目的に使用されており、「むくみの軽減」などを目的としていません。 医薬品の摂取目安量を超えた「健康食品」も メリロートにはクマリン類やフラボノイド類などの様々な成分が含まれていますが、ヨーロッパの専門委員会や日本薬局方外医薬品規格(医薬品に関する品質規格書)でのメリロートに関する規格では、クマリンの含有率を品質の基準としています。 そのため、海外および日本での医薬品のメリロートやメリロートエキスは、クマリン含有量の品質規格に適合したものを使用し、安全性や有効性に関するデータを基に服用量が決められています。 一方、食品として流通しているメリロートは品質や使用量の規制を受けずに販売されているため、品質や成分含量、また1日当たりの摂取目安量が製品ごとに異なっています。 つまり、医薬品のメリロートと同等の効果が「健康食品」から期待できるとは限りません。 日本で実施されたメリロートを含む「健康食品」についての調査では、日本で使用されている医薬品のメリロートエキスの1日服用量は75~300mgであるのに対し、「健康食品」に表示されている1日当たりの摂取目安量に含まれるメリロートエキスの量は30~337mgであったこと。 また、それらの医薬品または「健康食品」に含まれるクマリン量は、医薬品で0.4~4.0mgであったのに対し、「健康食品」では0.03~19.7mgであったことが報告されています。 これらの結果より、「健康食品」の中にはクマリンがほとんど含まれていないもの、または、1日摂取目安量のクマリンが医薬品の服用量を超えるものが販売されていることが分かります。 また、これらのメリロートを含む「健康食品」を使用することで、医薬品より高い生理作用(副作用)が表れる可能性も考えられます。 肝障害の被害報告あり メリロートを大量に摂取すると、知覚 麻痺 ( まひ )や一時的な肝障害を起こす可能性があります。 メリロートが関連した健康被害として、20歳代の日本人女性がメリロートエキスを約4か月間摂取したところ、メリロートエキスの含有成分であるクマリンが原因と思われる肝障害を起こした被害事例が報告されています。 また、医薬品のメリロートの副作用として、発疹、悪心・ 嘔吐 ( おうと )、腹痛、 心悸亢進 ( しんきこうしん )等があげられています。 もし、メリロートを使用中にこれらの異常を感じた場合、すぐに使用を中止して下さい。 メリロートとお薬との飲み合わせについて、メリロートはワルファリンやアスピリンなどの血液凝固抑制薬との併用により、出血のリスクが増加する可能性があります。 また、インターフェロン(ウイルスや病原菌の増殖を抑制するたんぱく質)治療とメリロートを含む「健康食品」の併用による重度の肝障害の被害事例が20歳代の日本人女性において報告されています。 メリロートとお薬の相互作用についてまだ分かっていませんので、基本的にはメリロートとお薬を併用しないことをお勧めします。 もし、併用する場合には、医師・薬剤師に相談したうえで利用するようにしましょう。 メリロートについてさらに詳しく知りたい方は、国立健康・栄養研究所「健康食品」のを参照してみてください。 なお、国民生活センターもメリロートについての情報を発信していますので、そちらも参考にしてみて下さい。 (国立健康・栄養研究所 東泉 裕子) 「ホントはどうなの?健康食品・サプリメント」は今回で終了します。 ご愛読ありがとうございました。

次の