売上台帳 テンプレート フリーランス。 持続化給付金について質問です。

持続化給付金の売上台帳を作るなら会計ソフト「弥生」が一番おすすめ

売上台帳 テンプレート フリーランス

必要事項• 金額(売上)• 日付(取引日または開催日)• 取引先(相手先) これは必要項目です。 後は肉付けで内容(案件名)、稼働場所、入金日、商品名、受注数量などを記入していきましょう! しっかり書いてあれば信用性は上がると思われます。 まとめ• 持続化給付金の売上台帳は単月のみでOK!(50パーセント以上減している対象月)• 持続化給付金の売上台帳は経理ソフト、エクセル、手書きのどれで作成したものを PDF・JPEG・PNG・写メしてからこれらのどれかに変換して提出となります!• 持続化給付金の売上台帳は、 金額(売上)日付(取引日または開催日)取引先(相手先)を必要事項で必ず書きましょう!肉付けで、内容(案件名)、稼働場所、入金日、商品名、受注数量などを記入していきましょう!• 持続化給付金の売上台帳は0の月の方で申請したい人は不正受給と間違われないように他の月も書いて出しましょう! 申請がまだという方は一つ一つ準備していきましょう! 予算が枯渇する恐れがあるという噂もあります。 本当かどうかは分からないですが、早めの申請がキーとなりますのでしっかりと準備していいきましょう! 関連記事はこちらをご覧ください! スポンサーリンク•

次の

【持続化給付金】売上台帳の書き方とテンプレート

売上台帳 テンプレート フリーランス

新型コロナウイルスの影響で売上が激減してしまった事業者の方 個人事業主、フリーランスも対象 が申請できる「持続化給付金」 申請はしたいけれど、「必要な資料がわかりにくい」「どうやって作成したらいいかわからない」という人も多いですよね。 特に売上台帳は、あまり馴染みがなくどのようなものかわかりにくいです。 そこで、今回は 持続化給付金申請に使える売上台帳の書き方とエクセルテンプレートを紹介します。 テンプレートも無料でダウンロードできますので、「持続化給付金」申請時の添付資料に使用してください。 経理ソフトから抽出したデータ エクセルで作成した売上データ 手書きの売上帳のコピー タイトルが「売上台帳」ではなくとも、該当月の売上状況がわかればなんでも可能です。 形式は、PDF、JPG、PNGなどの画像形式で送信します。 どうやって、手書きや印刷した売上台帳をどうやって画像形式にしたらいいかわからない場合は、スマホのカメラで明細がわかるように写真をとったものでもよいということです。 詳細については、以下の「減収月の事業収入額を示した帳簿等」をご覧ください。 家賃支援給付金に必要な売上台帳 家賃支援給付金の申請にも、売上が減った月や期間を証明するために経理ソフトのデータや売上台帳などの書類が必要です。 売上台帳を提出する場合は、持続化給付金の時と同じ様式の売上台帳を提出すれば大丈夫です。 家賃支援給付金の詳細については以下の「家賃支援給付金に関するお知らせ」を参照してください。 売上台帳の書き方 持続化給付金の申請時に作成する売上台帳は、「売上が50%以上減少している月」の売上台帳だけで大丈夫です。 家賃支援給付金についても同様 特にフォーマットは指定されておらず、書式も厳しくないです。 以下で紹介するテンプレートを使用する場合は、数値をパソコンで入力するならエクセル版をダウンロードして作成してください。 手書きの場合 手書きの場合は、PDF版のテンプレートをダウンロードして印刷してから、手書きで売上台帳に売上明細を記入します。 画像にするには、作成した売上台帳の写真をデジカメかスマホで撮るか、プリンタのスキャン機能を使ってPDFやJPGにするといいでしょう。 また、100均でも売上台帳を売っているので手間でなければ売上台帳を購入してきて手書きで内容を書いてもOKです。 売上台帳のフォーマット 売上台帳に書くフォーマットは、以下の内容が入っていれば十分です。 会社名 事業者名 対象月 対象期間 日付 取引の明細 金額 合計金額 売上台帳に書く内容は、あくまでも 売上だけなので経費など余計なものはいれないようにしましょう。 個人事業主やフリーランスの場合は、屋号もしくは氏名を書いておきましょう。 売上が0円の場合 政府の持続化給付金の申請の注意事項には0円の場合を書いていないのですが、売上台帳は必ずアップロードしなくてはならないので、 売上が0円の場合でも売上台帳の提出が必要になります。 売上台帳に期間 対象月 と会社名などの情報を記入し売上0円と記入した売上台帳を作成してください。 例:売上0円の場合 売上台帳のテンプレート 持続化給付金・家賃支援給付金対応 シンプルで使いやすい売上台帳のテンプレートを4種類紹介します。 持続化給付金申請に使用する売上台帳(家賃支援給付金も同じ)は、最低限売上の状況、期間 該当月 、会社名などがかかれていれば問題ありません。 以下のエクセルテンプレートをダウンロードして、数値を入力することで持続化給付金申請用の売上台帳を作成できます。 また、手書きで売上台帳を作成したい場合には、PDFファイル版があるので印刷して手書きで数値を記入してください。 シンプル01 シンプルな売上台帳のテンプレートです。 日付、取引先、内容、数量、単価、金額などを記入していきます。 特に取引先が不要という場合は、空欄にしておいても大丈夫です。 名称欄には、会社名や事業者名、屋号がない場合は氏名を記入します。 googleスプレッドシート版 Microsoftのエクセルがないという人のために、googleアカウントがあれば無料で使えるgoogleスプレッドシート版の売上台帳テンプレートを作成しました。 内容は、A4縦形式の01版と同じです。 まとめ 売上台帳は、一定期間の売上の明細を記録するための帳簿です。 新型コロナで売上が減ってしまった事業者が、持続化給付金や家賃支援給付金を申請するときに必要なのでテンプレートを利用して申請用の資料を作成してください。 手書きで提出する場合は、PDFファイル版をダウンロードして該当月の売上を手書きで記入するといいでしょう。

次の

工事台帳エクセルテンプレート 無料ダウンロード

売上台帳 テンプレート フリーランス

売上高の元帳を開く 「売上高」以外の勘定科目を使っている場合には、その科目を選択します。 対象月のデータに絞り込む 対象月の1日から末日までを指定し、かつその月分の合計が表示されるように「発生額」を指定して、表示をしぼりこみます• PDFで出力する 必要な情報が含まれていることを確認しましょう• 請求書作成・販売管理ソフトから出力する 請求書作成ソフトや販売管理ソフトから出力した帳票を利用することも可能です。 すべての売上をそのソフトで記録してあるのなら、一覧表でその金額を確認できるためです。 レポートメニューを開く トップページの「レポート」をクリックします。 売上サマリーを表示する 売上減少月を含んでいることを確認し、「月次」または「日次」でデータを抽出します。 CSV形式でダウンロードする ダウンロード後、見た目を整形してPDF化しましょう。 Excel等で自作する 売上台帳は、かならずしも会計ソフトや請求・販売管理ソフトから出力する必要はありません。 ExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトで独自に作成しているものでも問題ないためです。 なにしろ「様式自由」ですからね。 たとえばマイクロソフトからExcel用の公式テンプレートが公開されています。 参考になさってください。 売上減少月の「 売上金額」 最低限、 ひと月の合計額の記載が必要です。 売上減少月の「 年月」 この記載がないと、その売上がいつのものか分かりません。 また申請ガイダンスには指示が無いのですが、念のため 書類のタイトルや 申請者名を記載しておくと良いでしょう。 売上台帳では無いものや、申請者のものではない売上台帳を提出してしまう間違いもあるそうですので。 加えて、どうせなら相手先や内容なども記載しておくべきでしょう。 いずれ業績管理や請求管理、税務申告にあたって必要になる情報ですので。 売上がない場合の書き方 休業等により 売上がゼロ円になった場合には、その旨も売上台帳に記録しておきましょう。 何も記載がないと、記載漏れなのか売上ゼロなのかがわかりませんので。 「2020年4月 休業により 0円」など、その月の売上が0であることがわかる記載を残しておきましょう。 なお会計ソフトや請求書/販売管理ソフトなどによっては、「ゼロ円の売上」を登録できないものもあるはずです。 そういう場合には、用意した売上台帳に「2020年4月 売上 休業により 0円」と追加で手書きすると良いでしょう。 売上台帳の売上と、対象月の売上が一致しない 台帳に記載されている売上金額(月間合計)は、 申請フォームに入力した金額と一致している必要があります。 売上台帳に記載されている年月と、対象月が一致しない 台帳に記載されている年月は、 申請フォームに入力した対象月の年月と一致している必要があります。 売上台帳ではなく、勤務日報、通帳の入金記録、請求書等を添付している これらは 売上台帳として認められません。 対象月以外の売上台帳を添付している 今年ではない、申請日よりも未来の月のものなど。 売上台帳は、対象月の売上を証明するために提出するもののです。 申請フォームに入力した内容と辻褄があわないと、申請不備として受付してもらえません。 売上台帳がない場合はすぐに作成する 売上台帳は、持続化給付金を申請する際に必ず必要な資料です。 手元にないのであれば、すぐに作りましょう。 これが無い限り、支給されることはないと考えて良いでしょう。

次の