ミルボン ディーセス エル ジューダ。 【楽天市場】ミルボン ミルボン ディーセスエルジューダ サントリートメントエマルジョン(120g)

【楽天市場】ミルボン ミルボン ディーセスエルジューダ サントリートメントエマルジョン(120g)

ミルボン ディーセス エル ジューダ

パッケージは他のものと変わらずカラーリングだけが違う形になっています。 なんともいえない色合いが春っぽくて好感が持てますね。 色のイメージから特徴が掴みやすいのもこのシリーズの特徴。 薄い色だとライトに、 濃い色だとしっとりと質感をコントロールしてくれます。 今回のこのシリーズの特徴は 今までのものよりも軽い仕上がりなので根元付近から塗布ができるところ。 従来のものだとしっとりしているだけに 根元付近からつけるとベタッとして髪が重く動きづらくなっていました。 このエルジューダリンバーセラム・メロウセラムはラインナップの中でも軽くさらっとしたつけ心地なので、重くなる心配がありません。 逆にいうとしっとりとしたい人には合わないかもしれません。 手に出してみた感じも今までのものより さらっとしたオイルになっているので、 液だれしやすくなっていますので注意してください。 今回のこのリンバーセラム・メロウセラムはヘアケアというイメージよりも、質感コントロールにウエイトを置いている感じがします。 もちろんヘアケアオイルではあるんですが、髪の毛の硬さをしなやかにしてくれたり、風になびくような軽さを出したりするアイテムとしての使用を前提としています。 そういう意味合いでいうと従来のしっとり系のものを毛先中心に塗布し、リンバーセラム・メロウセラムを根元付近の塗布。 こうすることで髪のコンディションに合わせて思い通りの扱いやすい髪にまとめることができそうです。 髪質改善にも一役買ってくれそうです。 ミルボンディーセスエルジューダ『リンバーセラム』『メロウセラム』の使い方・成分 使い方は今までのものと違い、 根元付近から毛先にかけて均一に塗布します。 ふんわり感を出したい場合は根元を持ち上げて、自然なボリュームを出すように柔らかく乾かしていきましょう。 アウトバストリートメントをつけると乾きが遅いというイメージがありますが、この ミルボンディーセスエルジューダ『リンバーセラム』『メロウセラム』は乾きやすいオイルなのでこれからの暑い季節でもドライヤーの時間は短くて済むのも嬉しいところですね! 成分も髪を柔らかくするバオバブオイルはもちろんのこと、マイクロスフィアによる効果で滑らかな指どおりに。 この辺りは従来のラインナップと同じです。 リンバーセラムに関しては柔らかい髪の毛専用なので、今までオイル系を避けて来た猫っ毛の人もコシが出るので安心して使うことができます。 根元のふんわり感を出せるように改良されていますね。 個人的にはペタンとする猫っ毛の人よりも「硬くてどうにも動きが出ない!」って人に ミルボンディーセスエルジューダ『メロウセラム』を使って欲しいですかね。 かなり髪の毛の扱いやすさが実感できると思います。 猫っ毛の人は 『リンバーセラム』を使ってもめちゃくちゃボリュームが出るわけではないので、 コテで巻く前の熱からの保護や、巻いた後のスタイリングで使うのがベストだと思います。

次の

ミルボン エルジューダの種類と違いを解説☆選び方の参考に

ミルボン ディーセス エル ジューダ

どちらのタイプにも含まれているのが、ミルボンが2013年に独自に発見した CMADKという髪のダメージ補修成分。 そしてもう一つが、髪の乾燥を防ぐ バオバブエキスになります。 どちらもミルクタイプなのでオイルのベタ付きが苦手な方には非常にオススメです。 エマルジョンが軽め・エマルジョン+が重めな仕上がりになります。 エルジューダエマルジョン• 軟毛や細毛に悩み髪の毛にハリコシが欲しくやわらかさやふんわりさが欲しい人にオススメ• こちらは先述のFOとMOのオイルよりも非常に軽めのオイルになります。 美容師目線でみてもこれまでのよくある洗い流さないトリートメントオイルの中でもかなりサラサラ軽めな部類に入ります。 リンバーセラムとメロウセラムどちらにも共通しているのが、髪の毛のハリコシを感じやすくなる毛髪保護成分が含まれていたり Wケラチン処方 、配合されている バオバブオイルという成分が髪の毛を柔らかくする効果があります。 また軽めのオイルなので従来ではタブーとされていた 根元付近からのオイルでのケアが可能になっています。 ハリコシに悩む方や根元のふんわり感が欲しい方に是非お試しいただきたいオイルです。 どちらとも割と軽めなタイプのオイルになりますが、 リンバーセラムの方がメロウセラムよりもさらに軽めの仕上がりになります。 エルジューダリンバーセラム• 軟毛や細毛に悩み髪の毛にハリコシが欲しい人にオススメ• 普通毛〜硬毛の方で根元からふんわりと仕上げたい人にオススメ• シアオイルが配合され、硬い髪を柔らかくする効果 エルジューダグレイスオンセラムとエマルジョンの違いと選び方 濃いオレンジとピンクのこちらのタイプはセラムタイプ オイル とエマルジョンタイプ ミルク があります。 1番新しいタイプでいわゆる万能型になります。 髪の毛に非常に良い3種のオイルがブレンドされていて乾かすだけで柔らかな髪の毛になったり、 ビサボロールと呼ばれる髪の毛の熱老化を防ぐ効果がある成分が共通して配合されています。 また、先述の CMADKも配合されています。 コテやストレートアイロンなど、熱を髪の毛によく使用する自覚のある方には特にオススメです! こちらもミルクかオイル好みのタイプで選ぶと良いでしょう。 エルジューダグレイスオンセラム• 髪の毛を内巻きにおさめたいオイル派の人にオススメ• さまざまな髪の毛に日々触れている現役美容師が感じるリアルな独断と偏見でオススメな選び方マップを作成してみました。 感じ方には個人差があるので参考程度にとどめておいてくださいね。 皆様の エルジューダの選び方の参考に少しでもなりましたら嬉しいです。 オイルタイプのトリートメントとミルクタイプのトリートメントの違いについてはこちらの記事も参考にしてください。 また、人気のエヌドット N. シリーズと迷っている方には洗い流さないトリートメント『シアオイル・シアミルク』についての記事もオススメです。 よろしければ合わせてご覧ください。 【番外編】アホ毛直しのエルジューダポイントケアスティック エルジューダシリーズ11番目の商品として、アホ毛直しに使える「エルジューダポイントケアスティック」が発売されています。 1987年4月6日生まれ 千葉出身 美容師|ブライダルヘアアーティスト HP: 恵比寿・六本木等都内数サロンを経験後、千葉市美浜区にある現所属サロンの立ち上げに参加し、2015年より店長を務める サロン外でも特技のアップスタイル・ヘアセット・ヘアアレンジを活かして主に銀座・青山にてブライダルヘアアーティストとしても活動 Webマーケティングに関する資格を複数所持し、当サイト含めECサイト等様々なジャンルの5サイトを運営中。 沖縄・カメラ・サウナ・ランニング・プロ野球・登山・美味しいお店が大好き 2018年より立ち上げた自身のメディアでは最新の美容・ヘア情報はもちろん、大好きな沖縄の情報や30代男目線でのサウナや旅行等に関する記事も執筆中.

次の

【ミルボンエルジューダ】全種類の違いや髪質別の選び方って?現役美容師徹底解説!

ミルボン ディーセス エル ジューダ

パッケージは他のものと変わらずカラーリングだけが違う形になっています。 なんともいえない色合いが春っぽくて好感が持てますね。 色のイメージから特徴が掴みやすいのもこのシリーズの特徴。 薄い色だとライトに、 濃い色だとしっとりと質感をコントロールしてくれます。 今回のこのシリーズの特徴は 今までのものよりも軽い仕上がりなので根元付近から塗布ができるところ。 従来のものだとしっとりしているだけに 根元付近からつけるとベタッとして髪が重く動きづらくなっていました。 このエルジューダリンバーセラム・メロウセラムはラインナップの中でも軽くさらっとしたつけ心地なので、重くなる心配がありません。 逆にいうとしっとりとしたい人には合わないかもしれません。 手に出してみた感じも今までのものより さらっとしたオイルになっているので、 液だれしやすくなっていますので注意してください。 今回のこのリンバーセラム・メロウセラムはヘアケアというイメージよりも、質感コントロールにウエイトを置いている感じがします。 もちろんヘアケアオイルではあるんですが、髪の毛の硬さをしなやかにしてくれたり、風になびくような軽さを出したりするアイテムとしての使用を前提としています。 そういう意味合いでいうと従来のしっとり系のものを毛先中心に塗布し、リンバーセラム・メロウセラムを根元付近の塗布。 こうすることで髪のコンディションに合わせて思い通りの扱いやすい髪にまとめることができそうです。 髪質改善にも一役買ってくれそうです。 ミルボンディーセスエルジューダ『リンバーセラム』『メロウセラム』の使い方・成分 使い方は今までのものと違い、 根元付近から毛先にかけて均一に塗布します。 ふんわり感を出したい場合は根元を持ち上げて、自然なボリュームを出すように柔らかく乾かしていきましょう。 アウトバストリートメントをつけると乾きが遅いというイメージがありますが、この ミルボンディーセスエルジューダ『リンバーセラム』『メロウセラム』は乾きやすいオイルなのでこれからの暑い季節でもドライヤーの時間は短くて済むのも嬉しいところですね! 成分も髪を柔らかくするバオバブオイルはもちろんのこと、マイクロスフィアによる効果で滑らかな指どおりに。 この辺りは従来のラインナップと同じです。 リンバーセラムに関しては柔らかい髪の毛専用なので、今までオイル系を避けて来た猫っ毛の人もコシが出るので安心して使うことができます。 根元のふんわり感を出せるように改良されていますね。 個人的にはペタンとする猫っ毛の人よりも「硬くてどうにも動きが出ない!」って人に ミルボンディーセスエルジューダ『メロウセラム』を使って欲しいですかね。 かなり髪の毛の扱いやすさが実感できると思います。 猫っ毛の人は 『リンバーセラム』を使ってもめちゃくちゃボリュームが出るわけではないので、 コテで巻く前の熱からの保護や、巻いた後のスタイリングで使うのがベストだと思います。

次の