サカタのタネ 配当。 【サカタのタネ(1377)の株主優待】球根・栽培キット・胡蝶蘭・食品など!クロス取引での取得方法とコストシミュレーション

サカタのタネ (1377) : 株主優待・優待利回り [SAKATA SEED]

サカタのタネ 配当

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

サカタのタネ (1377) : 株主優待・優待利回り [SAKATA SEED]

サカタのタネ 配当

サカタのタネの業績の推移 サカタのタネ ( サカタノタネ ) の全体的な業績の 推移 ( すいい )です。 株価情報(外部サイト) 10年の株価チャートが見られるサイトです。 20年、30年の株価チャートが見られるサイトです。 企業サイト(外部サイト) 投資家情報や IR ( アイアール )情報といったページから 開示情報 ( かいじじょうほう )などを見ることができます。 決算説明会資料のPDFなどは、企業サイトで公開されています。 凡例 ( はんれい )(記号の意味やグラフの見かた) 3段になっている日付は、上から『会計年度の記号』、『 年 ( ねん )』、『 月 ( げつ )』です。 会計年度の記号の意味です。 FY: Fiscal Year、フィスコルイヤー、エフワイ、12か月、通期、本決算、会計年度。 Q1, Q2, Q3, Q4, Q5: 1 st - 5 th Quarter、ファーストクオーター ~ フィフスクオーター、第1四半期 ~ 第5四半期、第1クオーター ~ 第5クオーター、キューワン ~ キューファイブ。 第4四半期 Q4 と第5四半期 Q5 は、決算期変更で12か月を超える決算期間が生じたときに見られます( 変則決算 ( へんそくけっさん ))。 売上の推移 サカタのタネ の 売上高 ( うりあげだか )にあたる科目のチャートです。 累計金額 ( るいけいきんがく )なので、普通は 本決算 ( ほんけっさん ) FY に向かって金額が大きくなります。 売上高(うりあげだか)は毎年伸びている方が良いです。 普通は、商品やサービスの売り上げが『売上高』になります。 銀行業だと、 経常収益 ( けいじょうしゅうえき )が売上高にあたります。 貸し出したお金の利息や保有している有価証券の配当などが、経常収益に含まれています。 建設業では、建設工事が進むごとに売上高を計上していく 完成工事高 ( かんせいこうじだか )が良く登場します。 売上高を 認識 ( にんしき )する基準は、有価証券報告書の『会計方針に関する 事項 ( じこう )』に載っています。 四半期 売上の推移 サカタのタネ の 四半期 ( しはんき )ごとの 売上高 ( うりあげだか )にあたるチャートです。 もし、継続的に特定の四半期に 偏 ( かたよ )りがあれば、 翌年度 ( よくねんど )も同じタイミングで偏りが見られるだろうと予想できます。 利益の推移 サカタのタネ の 純利益 ( じゅんりえき )と 包括利益 ( ほうかつりえき )のチャートです。 累計金額なので、黒字であれば、本決算 FY に向かって金額が大きくなります。 純利益(じゅんりえき)は毎年伸びている方が良いです。 売上高から費用と税金を引いて残った金額が『純利益』になります。 純利益の計算過程は、有価証券報告書の『 損益計算書 ( そんえきけいさんしょ )』に載っています。 純利益の金額は『 利益剰余金 ( りえきじょうよきん )』に加わります。 こちらの計算過程は、有価証券報告書の『 株主資本等変動計算書 ( かぶぬししほんとうへんどうけいさんしょ )』に載っています。 四半期 利益の推移 サカタのタネ の 四半期 ( しはんき )ごとの 純利益 ( じゅんりえき )と 包括利益 ( ほうかつりえき )のチャートです。 もし、継続的に特定の四半期に偏りがあれば、翌年度も同じタイミングで偏りが見られるだろうと予想できます。 資本の推移 サカタのタネ の 資本金 ( しほんきん )と 剰余金 ( じょうよきん )のチャートです。 資本金や各種剰余金は、純資産の中の科目です。 資本金(しほんきん)は多い方が良いです。 資本金の分だけ信用力が増すので、企業や銀行との取引がスムーズになります。 資本金と資本剰余金は、 増資 ( ぞうし )や 減資 ( げんし )などを実施した時に大きく変わります。 利益剰余金は、純利益の金額が反映されるので、決算ごとに変化します。 利益剰余金(りえきじょうよきん)は毎年伸びている方が良いです。 利益剰余金は配当金の 源 ( みなもと )ですので、多いほど株式の価値が高まります。 もし、赤字続きで利益剰余金( 個別 ( こべつ ))をマイナスにしてしまうと、そのマイナスを解消するまで配当金が出せなくなります。 キャッシュフローの推移 サカタのタネ の 営業 ( えいぎょう )・ 投資 ( とうし )・ 財務 ( ざいむ )キャッシュフローのチャートです。 キャッシュフロー CF は、現金をどこから得て、どこに使っているのかを表しています。 普通は、 『営業CF』がプラスで、『投資CF』がマイナス、『財務CF』がマイナスになっているのが良いです。 この状態は、 本業 ( ほんぎょう )の売り上げで現金を得て、事業拡大のために設備を買って、利益を配当金として株主に支払った時に見られます。 どんな科目が営業CF・投資CF・財務CFに入っているのかは、有価証券報告書の『キャッシュ・フロー計算書』に載っています。 営業キャッシュフローは毎年伸びている方が良いです。 特に、『利益』の金額に連動して増えていると良好です(比べるのは営業利益でも純利益でもなんでも良いと思います)。 『利益に現金の裏付けがある』と判断する材料の1つになります。 投資キャッシュフローと財務キャッシュフローは、金額だけでは良し悪しを決めづらいです。 しかしながら、営業CFが『 継続的 ( けいぞくてき )』にマイナスで、それを投資CFのプラスや財務CFのプラスで補っている状態は、たいてい業績が良くない企業で見かけます。 現金及び現金同等物の推移 サカタのタネ の 現金及び現金同等物 ( げんきんおよびげんきんどうとうぶつ )のチャートです。 現金及び現金同等物は、企業の現金支払い能力を表しています。 現金及び現金同等物(げんきんおよびげんきんどうとうぶつ)は、売上や利益の増加とともに毎年増えている方が良いです。 現金同等物とは、簡単に現金に換えられる資産のことです。 現金及び現金同等物の具体的な内容は、有価証券報告書の 注記事項 ( ちゅうきじこう )にある『現金及び現金同等物の 期末残高 ( きまつざんだか )と連結貸借対照表に 掲記 ( けいき )されている科目の金額との関係』に載っています。 現金及び現金同等物が増えた減ったの計算過程は、有価証券報告書の『キャッシュ・フロー計算書』に載っています。 資産の推移 サカタのタネ の 資産 ( しさん )・ 負債 ( ふさい )・ 純資産 ( じゅんしさん )のチャートです。

次の

サカタのタネ株~評価と株主優待利回り+配当金利回り

サカタのタネ 配当

com All Rights Reserved. 株主優待フォーラム• 運営情報• 優待ジャンルから探す• ランキング• ランキング• クチコミ• 優待エピソード大募集! クチコミ投稿方法 1. 投稿したい。 クチコミ・写真を投稿するボタンから投稿• マイページ• 優待エピソード大募集! クチコミ投稿方法 1. 投稿したい。 クチコミ・写真を投稿するボタンから投稿• 今月の優待• シェア このページをシェアする•

次の