エクセル グラフ 図 として 保存。 エクセル(Excel)で作成した図やグラフを画像として保存する方法 [エクセル(Excel)の使い方] All About

Word,Excelでemf保存

エクセル グラフ 図 として 保存

さすがだ。 下図のグラフや表を、画像して保存してみましょう。 例題 グラフを図として保存するには グラフは画像と同じ方法で、画像として保存できます。 グラフをコピーして、ワードかパワーポイントに貼り付けます。 ワードかパワーポイントに貼り付け 貼り付けたら、右下に出てくる 「貼り付けのオプション」をクリックして、「図」を選びます。 図として保存をクリック すると、名前を付けて保存の画面になりました。 ファイルの種類を見てみると、「JPEGファイル」になっていますね。 JPEGとして保存しようとしている あとは、 ファイル名と保存場所を決めて「保存」をクリックすれば、完了です! ファイル名と保存場所を決めて「保存」をクリック >> 表(セル範囲)を図として保存するには 実は、表(セル範囲)も、画像として保存できるんです。 やり方は、画像やグラフと大きくは変わりません。 まず、画像として保存したい セル範囲をドラッグして選択して、コピーします。 表をドラッグしてコピー コピーしたら、 ワードかパワーポイントに貼り付けます。 表を図として貼り付ける これで、表が画像として貼り付けされました。 図として保存をクリック すると、名前を付けて保存の画面になりました。 ファイルの種類を見てみると、「JPEGファイル」になっていますね。 JPEGとして保存しようとしている あとは、 ファイル名と保存場所を決めて「保存」をクリックすれば、完了です! ファイル名と保存場所を決めて「保存」をクリック 【Excel・エクセル】画像やグラフをスクリーンショットで保存する ちょっと強引なやり方かもしれませんが、ほしい部分だけ スクショして保存してしまうのも、一つの手です。 こっちの方が工程が少ないので、楽かもしれません。 範囲を画像やグラフに合わせれば、そのまま保存もできるというわけです。

次の

エクセルの図としてコピーを使って表やグラフを画像にする方法

エクセル グラフ 図 として 保存

Excel 2016のグラフ・図・画像を画像ファイルとして保存する:エクセルの使い方• Excel 2016のグラフ・図・画像を画像ファイルとして保存する スポンサードリンク はじめに• Excelで作成したグラフや表や図などを図として保存したいのですが、右クリックしても図として保存という項目が出てきません。 実は、WordやPowerPointでは右クリックで表示される「図として保存」というコマンドがExcelにはありません。 Excel 2016でグラフをコピーして、図として貼り付けたものを右クリックしたときのメニュー、「図として保存」がありません。 Word 2016にExcelで作成したグラフをコピーして図として貼り付けたものを右クリックしたときのメニュー、「図として保存」があります。 PowerPoint 2016でExcelで作成したグラフをコピーして図として貼り付けたもの図を右クリックしたときのメニュー、「図として保存」があります。 ほかにも、右のような方法もあります。 Wordを起動して、新規作成で新しい文書を開きます。 Excelで作成したグラフを選択します。 [ホーム]タブの[コピー]をクリックします。 クリップボードにグラフをコピーします。 Wordに図として貼り付けたグラフを右クリックして、[図として保存]を選択します。 ファイルの種類で保存するファイル形式を選択します。 PNG、JPEG、GIF、TIF、BMPから選択できます。 ここでは PNGを選択しました。 ファイル名を入力して[保存]ボタンをクリックします。 これで、Excelで作成したグラフを図の画像ファイルとして保存できました。 ファイルが作成できたのを確認するため、Wordで[挿入]タブから[画像]をクリックしました。 先ほど作成したExcelのグラフの画像ファイルを確認できました。 ここではPaintを使ってみたいと思います。 まず、Paintをl起動します。 [スタート]ボタンをクリックして、または[Windows]キーを押して、スタートメニューを表示します。 キーボードの[P]を押すと、ペイントが検索され、リストに表示されますので、クリックします。 検索できない場合は、ペイントはWindowsアクセサリの中にありますので、こちらから起動します。 Excelで作成したグラフを選択します。 [ホーム]タブの[コピー]をクリックします。 クリップボードにグラフをコピーします。 ペイントの[貼り付け]をクリックして、クリップボードに保存されたExcelのグラフを貼り付けます。 [ファイル]タブをクリックします。 ファイル名を入力して、[保存]ボタンをクリックします。 Wordで作成したPNGとペイントで作成したPNGではちょっと違いがあります。 Excelで作成したグラフは、実は グラフエリアが塗りつぶしなしに設定してありました。 (グラフエリアが透明にしてありました。 この2つのPNG画像をWordに画像は文字列の折り返しを「前面」にして貼り付けました。 Wordで作成した画像ファイルでは背面が透過しているのがわかります。 一方のペイントで作成したファイルは背面の透明化は無視されています。 文字が隠れてしまっています。 スポンサードリンク ||Excel 2016のグラフ・図・画像を画像ファイルとして保存する.

次の

EXCELのグラフをPDFに変換する方法

エクセル グラフ 図 として 保存

画面全体をキャプチャしてから取り出す方法 ペイントを使った2つ目の方法は、エクセル画面全体をキャプチャーとして一旦取り出す方法です。 キーボードには、 「プリントスクリーン」キーがついているハズです。 これをクリックして、Excel画面全体をキャプチャーしてしまいましょう。 続いては、ペイントを開いて貼り付けます。 今回は、あえて17行目の中途半端な部分までをトリミングしました。 そしたらあとは「PNG」「JPEG」などの形式で保存すればOK。 以下のような画像として保存できました。 ペイントを使った方法がもっともシンプルで簡単、そして画質も良いです。 ここで「新しいBook」を開く• A1セルを右クリック• 形式を選択して貼り付け• 「その他の貼り付けオプション」内の「図」を選択 すると以下のとおり貼り付けられます。 次に、この 貼り付けた画像をクリックし、それをまたもやコピーします。 そのまま「貼り付け」内の [形式を選択して貼り付け] をクリック。 すると、以下のとおり画像の形式を選択した上で貼り付けられるため、PNGやJPEGを選択する。 以下のとおり画像が2枚並んだところで、ファイルを一旦保存して閉じます。 ファイルを閉じたら、そのファイルの拡張子を「. zip」へと変更します。 ここでは例として、「Book2. xlsx」の「. xlsx」を「. zip」へと書き換えました。 なお「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。 」と出ますが、無視して「はい」を選択しましょう。 zipファイルを開き、以下の順に確認してみて下さい。 [xl] フォルダ• [media] フォルダ 中にはなんと、先ほど [形式を選択して貼り付け] でコピペした画像が、imageファイルとして残っているハズです。 そしてもう一つ、「. emf」というファイルもあると思いますが、これは最初に貼り付けたもう一方の画像ファイルです。 以下は、上の流れでzipファイルから取り出したJPEG画像です。 で取り出した画像と比べると、文字が太くなってしまっていたり、画質がやや荒いのが分かるかと思います。 そのため、その機能を使えば簡単に画像として保存することが出来ます。 (ここでは例として)Wordを開き、「貼り付け」オプション内の「図」を選択。 あとは貼り付けられた図を右クリックし、「図として保存」を選択すれば画像として保存完了です。 実際にこれで保存したのが以下の画像です。 スポンサーリンク 図を一気に見比べてみる! では最後に、取得した画像を一気に見比べてみましょう。

次の