さっちゃん の 歌 歌詞。 サッちゃん 童謡・唱歌の謎

サッちゃん 童謡 歌詞情報

さっちゃん の 歌 歌詞

この歌は「近所に住んでいた少女サッちゃんのことを歌っている」と作詞の阪田寛夫さんが語っています。 このサッちゃんのモデルとなった少女は、阿川佐和子さんであるとされています。 阪田寛夫さんと、佐和子さんのお父さん・阿川弘之さんが知り合いで、互いの自宅も近かったとのことです。 雑誌の対談ページでお二人が対談した際、モデルは阿川佐和子さんであることが判明したそうですが、後に阿川さんは「『実は関係無く、幼馴染の少し影のある少女が転園したときの思い出を書いた曲』と言われた」と発言しています。 それはさておき、 さっちゃんの歌詞には、様々な都市伝説が派生してしまいました。 ・『歌詞に4番が存在する説』 ・『足なし幽霊説』 電車にはねられたサッちゃんが上半身だけの状態でさまよっているという話を知った人、もしくは歌の4番を知り歌った人の元へ夜中に現れ、失った脚の代わりとして脚を切断されてしまうか、殺害されてしまう。 これらは『ポンキッキーズ』で放送されていたアニメ「学校のコワイうわさ・花子さんがきた!! 」で類似した話があったためにできたとも考えられています。 ・『病死説』 都市伝説化している2番と3番の歌詞。 2番の「バナナをはんぶんしかたべられないの」の部分と、3番の「サッちゃんがねとおくへいっちゃうってほんとかな」の部分は、実はサッちゃんは病気などの理由で体が衰弱してしまったために「バナナをはんぶんしかたべられ」ず、「とおくへいっちゃう」=死んでしまうと言う説。 漢字変換すると「遠くへ逝っちゃう」となる。 詳しくはこちらを.

次の

なっとく童謡・唱歌 大中恩の童謡;いぬのおまわりさん,おなかのへるうた,サッちゃん,ドロップスのうた 池田小百合

さっちゃん の 歌 歌詞

本エントリーは怖い話を扱っております。 ご注意ください。 皆様は 『サッちゃん』という童謡をご存知でしょうか。 「サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね」という可愛らしい歌詞とメロディで、小さいころによく歌ったという方が多いのではないかと存じます。 さてこの『サッちゃん』の歌詞の3番でサッちゃんは 「とおくへいっちゃう」とされており、それを寂しがって本来この歌は終わるはずなのです。 しかし 4番 の歌詞が存在する! と噂されているのです。 いわば3番の「その後」。 本当にあるのならば知りたいところ。 しかしその4番を歌ってしまうと サッちゃんが命を奪いに来るというのです。 他にも 「10番まで存在する」という果てしない説もあります。 同様に10番まで歌ってしまうとサッちゃんに命を奪われるそうです。 今回は童謡『サッちゃん』の都市伝説をご紹介いたします。 『サッちゃん』の呪われた4番 まずは一番有名な都市伝説「『サッちゃん』4番存在説」をご紹介します。 1~3番 とはいえ、そもそも『サッちゃん』を詳しくお覚えでない方もいらっしゃるかと存じます。 そこでまずは3番までの歌詞を…。 たしかに深読みしようと思えば、いろいろと怖い話が沸いてきそうな歌詞ではございますね。 呪いの4番 以下が「呪いの4番」と言われている歌詞です。 サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ だから お前の 足を もらいに行くんだよ 今夜だよ サッちゃん どうもメロディに合わせて歌うのが難しいですが、上記のように歌えないことはないかもしれません。 それにしてもいきなり物騒なサッちゃん。 「とおくへいっちゃう」とは お亡くなりになったということを意味しているというのでしょうか。 背景 この4番の歌詞には元になった事故があるとされております。 下校途中の 桐谷佐知子ちゃん(14歳)は踏切で遮断機が降りてきていたので急いでわたりきろうと思い走りました。 しかし、雪で線路のみぞがかくれていたため足がみぞにはまり、足をくじいてしまいました。 彼女は必死で逃げようとしましたがよけきれず 電車に引かれてしまいました。 体は胴のあたりでちょうどきれいにまっぷたつになりふつうなら即死でした。 しかしあまりの寒さで血管が一時的に固まったため、即死ではなく数分だけ苦しみながら生き続けることができました。 彼女は腕を立ててはうように踏切の外にでました。 意識が無くなっていくなかで最後まで苦しんで彼女は息をひきとりました。 この桐谷佐知子ちゃんが「サッちゃん」なのでしょうか。 作詞者は当時高校生? 『サッちゃん』の作詞者は阪田寛夫氏で芥川賞も受賞したことのある著名な作家さんでした。 一方でこの『サッちゃん4番』の歌詞は坂田氏とは一切関係のない人がいわば替え歌的に作ったものであるとされております。 (上記の室蘭の事件から) そして、数年がたちました。 当時のクラスメートの男子がこの歌をおもしろがって作りました。 女子は、すごく怒ってやめさせました。 しかしその3日後男子二人は、足のない死体となって発見されました。 「当時のクラスメート」が語り手にとってのクラスメートなのか、サッちゃんにとってのクラスメートなのかは不明です。 仮にサッちゃんだとして、事故当時14歳(中学2年生ほど)なわけですから、数年後、そしてクラスメートだとすると高校生と考えるのが妥当でしょう。 ともあれ 勝手に替え歌のネタにされてしまったサッちゃんの亡霊が替え歌の作者を取りころしてしまったのでしょうか。 歌うと足を奪われて死んでしまう? かなり曰くつきな『サッちゃんの4番』ですが、これを歌うと サッちゃんが枕元にやってきて、 足と命を奪ってしまう というのです。 かなり過激なサッちゃん。 ともあれこの類の都市伝説には 回避方法が用意されているのが一般的。 サッちゃんも例外ではありません。 バナナを囮にする サッちゃんの攻撃を防ぐためには 「バナナを枕元に置いておく」といいそうです! このバナナは絵でも写真でも大丈夫なんだとか。 襲いに来たサッちゃんは バナナに釣られて、足を奪うどころではなくなってしまうそうなのです。 メタルギアのマガジンみたいですね。 …それにしても『サッちゃん』の1~3番までのサッちゃんと、呪いの4番のサッちゃんは別人物のような気がするのですが、どうなのでしょうか。 幻の5番も歌っちゃう 実はこの『サッちゃん』、4番だけでもかなり珍しいのですが、 5番も存在するというのです。 その歌詞については「4番説」では明かされておりません。 そもそも4番も非公式な替え歌なので、5番なんてないのではないかと思ってしまうのですが、どうなのでしょうか…。 この話を5人の人に拡散する …実はこのサッちゃんの噂、 元はチェーンメールだったのです。 私も送られてきたことがあります。 そこには以下のように記されておりました。 3時間いないに 5人の人に送ってください。 最近、いたずらメールがはやってますがこのメールは、まじでやばいです。 なので強制はしませんがなるべくまわしていってください。 二度三度と回って来た場合は、もう佐知子さんにたいしては供養(メールを回せば供養になる)をしたことになるのでだいじょうぶです。 あしたあなたの足が無事でありますように。 私の足無いのあなたの、ちょうだい? チェーンメールはお友だちの心を傷つけるおそれがあります。 やめてください。 枕元にバナナの方がまだ可愛らしい サッちゃんの歌詞は10番まであった?! 「サッちゃん幻の4番」と上記でドドンとご紹介させていただいたのですが、場合によっては いやいや、10番まであるよ という場合があるようです。 大まかなサッちゃんの犯行手口や対処方法に関するお話は変わらないのですが、一応10番までご紹介いたします。 ともあれ10番目まで替え歌を作るとなるといよいよ語呂が怪しくなってきますね。 「オマエガホシイ」とかかなり早口ですよね。 4~5文字でおねがいします。 サッちゃんの本当のモデル 以上、都市伝説ではかなりサッちゃんいじりが激しいようですが、話を本家の『サッちゃん』に戻しましょう。 先述の通り『サッちゃん』は阪田寛夫氏によって作詞されたものなのですが、坂田氏にとってのサッちゃんのモデルがいるはずです。 いわば本物のサッちゃん。 阿川佐和子説 坂田氏は童謡『サッちゃん』について 近所に住んでいた少女サッちゃんのことを歌っている とおっしゃられておりました。 さらに坂田氏は週刊文春の「この人に会いたい」という連載でサッちゃんのモデルについて明確に語ったことがございます。 「この人に会いたい」という連載はタレントの阿川佐和子氏が会いたい人と対談するという内容で、坂田氏と阿川氏の対談が行われたのです。 その際に サッちゃんのモデルとなった少女は、 阿川佐和子である と語っておりました。 引っ越してしまった近所の女の子説 上記は確かに坂田氏が実際に語ったことなのですが、その後阿川氏によってこれが冗談であったのではないかという話が出ました。 それは2011年3月18日に放送されたTBS系『ぴったんこカン・カン』にて阿川氏が 「 実は阿川は関係無く、 幼馴染の少し影のある少女が幼稚園を転園したときの思い出を書いた曲」と言われた という発言をしているのです。 …坂田氏の亡き今、サッちゃんのモデルが果たして誰なのかを知ることは難しいかとは存じますが、決して怖い歌などではなかったようですね。 まとめ 坂田氏の作品では『桃次郎』が好きなんです。 最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

次の

本当は怖い!?童謡『さっちゃん』 は呪いの歌だった!?

さっちゃん の 歌 歌詞

『 さっちゃん』といえば、日本人なら誰もが知っているとても有名な 童謡の1つです。 現在では、『さっちゃん』と表記されることも多くなっていますが、オリジナルの曲は『 サッちゃん』と表記するようです。 日本人の耳にはとても馴染みのある名前でもあることから、印象に残っています。 しかし、この『サッちゃん』、近年怪談として語られるようになったり、 都市伝説の一部として若い人たちには伝わっています。 童謡『サッちゃん』と、都市伝説『さっちゃん』、その関係は一体どういうものなのでしょうか。 元々はNHKのラジオ「 うたのおばさん」で発表された曲が、子ども向けの童謡として歌われて来たものです。 作者が近所にいた女の子のことを歌ったものだそうですが、とてもわかりやすく場面が想像出来る歌で、子どもの頃に音楽の授業などで一度は歌ったことがあるのではないでしょうか。 実は少女の死を歌った歌だった?! 童謡、『サッちゃん』では、歌詞が3番までしかありません。 もちろん、子どもたちが歌う歌なので単純明快、かつ長くないものであるので当然といえば当然です。 しかし、この歌詞の内容をよく見ると、 死とも受け取れる内容の歌詞になっていると、近年色々な推測が行われています。 本来は、大好きなバナナなのにまだ幼いからバナナを(お腹いっぱいで)半分しか食べられなくてかわいそう。 という意味であることは想像出来ます。 しかし、この歌詞が波紋を呼び、「 バナナを半分食べた所で喉をつまらせて亡くなった」 という意味に捉えるようになってしまいます。 とおくへいっちゃう= 死んでしまった。 という解釈になります。 要約すると、以下のようになります。 サッちゃんは幼少の頃に近所に住んでいた女の子です。 まだ、名前で呼べなくてサッちゃんと呼ぶところから未就学児程度の年齢かと思います。 バナナが大好きなサッちゃんですが、ある日大好きなバナナを半分まで食べた所で喉につまらせてそのまま亡くなってしまいました。 かわいそうなサッちゃん。 その結果、実は近所にいたサッちゃんという少女が死んでしまってそれを 悲しんだ歌になっている、とまで話は発展してしまいます。 現在の表記が『さっちゃん』であることや、オリジナルの歌の解釈を超えていることなどを考えると、童謡『サッちゃん』から都市伝説としての『さっちゃん』へと成長を遂げてしまったのです。 4番では何故か さっちゃんが事故で足を無くしてしまい、歌を歌った人のところに足を奪いに来るという恐ろしいもの。 発展した『さっちゃん』には幾つかのパターンがあります。 ・歌を歌うと足を取りに来るが、大好物のバナナを置いておくと助かる。 ・歌を歌った人は死んでいったさっちゃんの呪いにかかって死ぬ。 ・この話を聞いた人は一週間枕元にバナナの絵を置いて置かないと死ぬ。 など、回避する方法などが語られています。 また、携帯電話が出始めた時期に流行ったチェーンメールでも類似した内容のものが有りました。 と言うもの。 このことから、都市伝説の『さっちゃん』は2000年代はじめから急激に語られ始めた比較的新しい都市伝説ともとれます。 まとめ 童謡『サッちゃん』には怖いことなど1つもありません。 しかし、近年語られている『さっちゃん』とは、一部が都市伝説化してしまった童謡『サッちゃん』の成れの果てとも言えます。 現代の情報化社会により、口頭でなくても簡単に事を伝える事が出来るため、形を変えて利用されて伝わってしまったことによりいつの間にか 恐怖の対象になってしまいました。 歌にもある通り、1番かわいそうなのはサッちゃん本人なのです。 スポンサーリンク.

次の