英語塾 大学受験。 【移動時間ゼロ】大学受験オンライン予備校・塾のメリットとおすすめ3選

【英語長文】確実に伸びる!大学受験への英語勉強法

英語塾 大学受験

高校3年生で大学を受験したけれども希望の学校に行けなかったという場合に浪人を選んでもう一年受験勉強を行う人もいます。 そんな人が通うのが予備校です。 英語は受験においてとても重要な科目で、合否を左右する科目と行っても過言ではないといわれます。 その理由として挙げられるのが、理系なら大体理数系科目ができる人が集まります。 その中で差がつくのが英語だからです。 また、文系科目であれば、文系教科としても国語と同様、言語でもあるこの教科は文系を志望しても重要視される科目なのです。 そのため、理系にも文系にも重要な科目となっており、 この教科のマスターの度合いはやはり大学受験にも大きく影響するといえます。 この教科に強い予備校を選ぶと、そうでない予備校に比べると英語の得点力をより伸ばしやすくなります。 苦手だった教科の力が伸びれば翌年の大学入試でもアドバンテージになります。 そのためには、どうすれば現状のこの教科の力を伸ばしていけるのかということについて 具体的なビジョンをもてるスクールを探すことが大切なのです。 大学入試では受験生のモチベーションが何より重要な要素になります。 このモチベーションを高めてくれるのが英語に強い学校に通うという大きなメリットの一つなのです。 ではどのようにすれば英語に強い予備校を探すことができるのでしょう。 ではそのようなスクールをどのようにして探したらよいのでしょうか。 この点についてはまずはそのスクールのホームページにある講師のプロフィールページを活用してみます。 講師のプロフィールページにはどんな講師が授業を行っているのかわかるようになっており、プロフィールなども掲載されています。 そのため、そのような情報からこの教科に対してしっかりとノウハウをもっているといった講師をチェックするのは一つです。 その講師の学歴や取得資格などを見て、 資格取得で顕著な結果などを残している講師は英語に強いといえます。 英語に強い予備校を選ぶにあたっては、以上のようにランキングサイトを使ったり、ネットやリアルの口コミを活用すれば、 自分に適しているところを選ぶことができます。 最終的な判断は自分のスタイルに合っているかを基にして決めてください。 他の人に適していても自分には適していないことがあります。 例えば、個別指導と集団指導といった違いがありますが、それぞれにメリットとデメリットがある以上、メリットが自分にとってピッタリな方を選んだほうが成績アップにつながることを考えればわかりやすいはずです。 多くの予備校では、体験授業で無料で授業を受けられる機会を設けているため、興味がある所を見つけたら実際に受けてみると良いです。 チューターとは、予備校の卒業生で大学に通っている人のアルバイトで、 わからないことを教えてくれたり受験について相談をしてくれる存在です。 受験を直近で経験しているので、そのアドバイスはとてもリアルなものです。 学校の先生や親が言っている情報よりも役立ちます。 もちろん、学校の先生や親も受験を経験していればそれに基づくアドバイスをすることができますが、少し昔の話になります。 受験の傾向は日々変わってくるので、対策も時代によって変わってきます。 そのため、古い情報は参考にならないこともありますが、チューターの情報は新しいものですから、役立てやすいです。 成績を上げるためには分からない問題や苦手な分野を克服する必要がありますが、一人で立ち向かうと打破が難しいため予備校が頼りになります。 苦手を得意にするには、分かりやすい解説はもちろん、その分野や授業自体に興味を持ち、次もまた受けたいと思えるような内容である必要があります。 人気講師の授業には、 飽きさせない工夫や要点がまとまった解説、生徒のやる気を刺激するような叱咤激励が詰まっているのです。 「分からない」が分かる苦手な分野や解けない問題は、どこがどのように、なぜ分からないのかを生徒自身が把握していないことがあります。 そのためどこから手を付けてよいのか分からず、苦手なままになります。 人気講師は予備校でたくさんの生徒を見てきているため、生徒がどんな点につまづきやすいか、 難しいと感じる生徒が多い分野はどんなところかをよく知っています。 生徒の苦手を理解しているからこそ、それをどうフォローすればよいのかに焦点が当てられた、すなわち分かりやすい授業が生まれるのです。 自分が何を理解できていないのかを明らかにすることは成績の前進に欠かせません。 それが解きほぐされれば、 苦手意識が薄れて面白く感じるようにもなります。

次の

大学受験のTG 北九州市 個別指導 塾 予備校 英語 医学部 中学 高校

英語塾 大学受験

当たり前のことにように聞こえるかもしれませんが、 英語が苦手な人ほど、 英語の勉強で英語を読んでいません。 どういうことかというと、 英語の勉強をしているつもりでも、 解説の部分の日本語を読んでいる時間が長すぎて、 英語そのものを読んでいる時間が短いのです。 長文の勉強に限らず、 英語で書かれた英文を、 意味をとりながら読んでいく時間を確保してもらいたいです。 また、5-6年ほど前に比べると、 難しい構文の入った英文を和訳させる問題よりも、 文章の流れをきっちり理解できているかを問うような 和訳問題が増えてきています。 特に、 京大などをはじめとする難関大は、 やはり学生の苦手なところを見抜いて 時代に合った問題を出してきていますね。 勉強を始める際には、 まずは 最新の傾向や志望校の問題形式を しっかり確認しましょう。 では、 効果的な長文の勉強の仕方について、 ポイントをお伝えしていきます。 真面目に頑張るタイプこそやってしまいがちなのは、 ノートに英文をそのまま移したり全訳を書いたり、 非常に時間がかかる勉強法です。 もちろん、 全訳を書くことが悪いわけではないのですが、 時間が限られている受験生に向けては、 おすすめしません。 想像してみてください。 1回全訳を書く時間があれば、 同じ長文を10回は読み込めます。 だったら、 10回繰り返すほうが確実に力になるのは イメージしやすいですよね。 繰り返し勉強してスラスラ読める長文を増やそう 基本的には、 長文の勉強として最も大切なことは、 自分がスラスラ読める長文を増やしていくことです。 学校や塾・自習などで勉強する英語の長文も、 1回読んで、問題解いて、答え合わせして 終わりにしてしまうのは あまりにももったいないです! せっかく一度読んだ長文なのですから、 スラスラ読めるくらいまで、 何度も繰り返し読んでおくようにしてみましょう。 英語長文の勉強の仕方まとめ いかがでしたでしょうか。 英語長文の勉強の仕方について、 頭に入りましたでしょうか。 というわけで、 まずは実力アップ最短ルートの、 英語の文章をすらすら読める状態を目指しましょう! 桜凛進学塾では、 この記事の様に、 自習での勉強のやり方まで詳しく指導いたします。 勉強していてもなかなか成績が上がらない、 それは、 あなたの理解力や努力不足のせいではありません。 自分の望む進路を実現するためにもちろん努力は必要ですが、 闇雲に勉強をするのではなく効率的に学習したほうが、 より志望校合格の可能性が高まるとは思いませんか? もし部活動に打ち込みながら志望校に合格したいと思っていたり、 ワンランク上の大学に進学したいと思っているなら、 ぜひ一度、 桜凛進学塾の無料受験相談にお越しください。 無駄な勉強時間を無くし進路の幅を広げる、そんな 「勝ちグセの付く勉強法」をお教えします。

次の

東京都内の英語塾おすすめ人気ランキング10選【中高生向け】

英語塾 大学受験

b es (ビー・イー・エス)とは besとは「Breakthrough English School」の略で、英語の実力を高めることに特化した、北九州市小倉北区堺町にある大学受験英語塾・予備校です。 【besメソッド】と呼ばれる独自の学習法はこれまで、80台後半の偏差値を取るまで伸び、多数の難関大学現役合格者を輩出しています。 小倉北区・南区を始め、北九州全域の受験を控えたみなさんの「英語を何とかしたい」「得意な英語をさらに伸ばしたい」その思いに応えます。 正しい勉強法で、コツコツと、 確実に 成績が優秀な生徒さんを見ていますと、「日々の積み重ね」が着実に自身の土台として踏み固められていると強く感じます。 小さな頃から正しい方法でコツコツと勉強をやる。 覚えるべきことは『だいたい』ではなく『しっかり』覚える。 勉強の詰めの甘さを許さない状態ができています。 これは簡単なようで難しく、ほとんどの生徒さんが出来ていません。 勉強を教えてくれる場所はたくさんありますが、勉強法を教えてくれるところは意外とありません。 besではまず、この「正しい勉強法」を確実にものにしていただきます。 そしてそれを、最後まで貫き通してもらいます。 習った事を確実に覚えるまでしっかりとやる。 これを続けていくとどういったことが起こるか。 例えばbesの中学コースの受講を経て高校コースへ継続となった時、高校からbesを受講し始めた生徒さんとは明らかな差ができています。 それが市内トップ校の生徒さんであっても同じクラスで受講することができないほどです。 besは既に受講されている生徒さんのペースに合わせて授業を組み立てていきますので、そのままクラスに合流できない場合はまず個別コースで学力の補完をしていただき、合流しても問題がない場合のみ集団授業に合流していただきます。 中学コースからスタートするメリット 高校生から本格的な勉強を始めると、科目の多さに勉強のバランスを崩したり、間違った勉強法の先入観からか学力が伸びず苦しんでいるケースを少なからず見かけます。 しかし中学生の場合初めのうちは基礎的な内容であり、正しい勉強法や確認テストで完璧なものにする習慣を比較的楽に身につけることができます。 また、苦手科目克服や多くの科目間のバランス配慮など、余裕を持って経験できます。 そして何よりも、中高一貫校のように大学受験を見据えた一つのロードマップで6年間教えることができるため、中学と高校で授業の差が発生する「接続問題」の心配がありません。 besは決して英語が得意な生徒さんだけを集めている塾ではございませんが、日々の厳しい課題をコツコツとこなしていくうちに、数年後には非常に高レベルな授業になります。 しかし、早期に入会された生徒さん達はbesが教える正しい勉強法で確実に吸収できているので「授業についていけない」という声は聞こえてきません。 1年でも早くご入会いただくことは、英語のみならず全ての教科につながります。 是非ともご検討ください。 ブ ログ 2020. 17 【雑感】 NEW! 2020. 25 【お知らせ】 2020. 14 【雑感】• All Rights Reserved.

次の