相棒 の 写真 を 撮る。 【ポケモンGO】かくとうタイプのGOスナップショット写真を撮るの報酬

『ポケモンGO』新機能“相棒と冒険モード”と“集合写真モード”が近日実装!

相棒 の 写真 を 撮る

の新機能「集合写真モード」の提供が始まりました。 最大3人のトレーナーのスマホを同期して、それぞれの相棒ポケモンと同時にAR写真が撮影できます。 技術的にはナイアンティックとして初の、AR空間をマルチプレーヤーで共有・同期する機能であり、今後もさらに拡張してゆくマルチプレーヤーAR機能の第一段階にあたります。 「集合写真モード」の流れと、リリース前にナイアンティックの開発者に訊いた使いかたのコツをまとめます。 「集合写真モード」の使いかた 「集合写真モード」は新機能「相棒と冒険」の一部。 なので相棒ポケモンプロフィール画面の、「相棒と遊ぶ」のとなりのアイコンから始めます。 ボックスのポケモン詳細画面からカメラアイコンをタップしても、通常のGOスナップショットになって「集合写真モード」にはなりません。 スマホを同期するため、誰かがグループコードを作成して、残りの参加者が読み取る必要があります。 参加できるのは最大3名。 一緒にAR撮影できるのはそれぞれの相棒ポケモン計3匹。 あくまで一緒に撮る「集合写真」なので、ひとりで複数の手持ちポケモンを並べて遊べるGOスナップショット拡張ではありません。 グループコードを読み取って参加したら、全員が同じ方向を向いて 同じ方向にスマホを向けて 、家具でも植木でも「共通の対象に向けてゆっくり左右に動かす」手順が必要です。 ナイアンティックによれば、集合写真モードは技術的に非常にハードルが高く、まだ実験的な機能。 コツはできるだけ明るい場所で撮影すること。 無地の床や壁などではなく、視覚的に手がかりがある環境を選ぶこと。 端末を左右に動かす際はゆっくりと、注視対象が画面から外れないように。 なかなか認識できないようであれば、場所を変えてみるのも手です。 認識に成功すると、GOスナップショットのように「足あと」が床に表示されるため、タップすることで相棒ポケモンを自由に配置できます。 写真の例では仲良く横並びですが、ある程度の間隔をおいて配置して、プレーヤーはそれぞれ反対側から別の構図で撮影することも。 きのみの上にあるのが、集合写真用の特別なボタン。 三匹のポケモンがこちらに注目してくれます。 シャッターを押すと3秒のカウントダウンで撮影。 今後はさらに共有AR機能が充実へ 技術的には、最初に横並びでスマホを左右に動かす時点で、カメラ画像から特徴点を抽出して得た情報をナイアンティックのサーバ側に送り、台数分つき合わせることで、撮影場所の3D空間とそれぞれの端末の位置を推定しています。 認識したあとは自由に動いて好きな場所から撮影しても、正しい位置関係が維持されるのはこのため。 ポケモンの配置もアクションもほぼリアルタイムに同期しますが、端末同士の通信は不要。 ポケモンGOが遊べている ナイアンティックのサーバにつながっている ならば問題なく遊べます。 このリアルタイム共有AR技術は、ナイアンティックのサービスの共通基盤となる「Nianticリアルワールドプラットホーム」の一部として、ポケモンGOに限らずさまざまなサービスで利用可能になる見込みです。 集合写真モードを実演してくれたナイアンティックのUXデザイナー 石塚尚之氏、ポケモンGOのグローバルマーケティングを担当する須賀健人氏が、「相棒と冒険」も含めて今回の新機能について語ったところでは、 ・ARを同じ空間に置くのは、ナイアンティックのARプラットフォームの非常にユニークな機能。 実現するには大きな労力が必要だった。 まだ同期には時間がかかり、できることも少ないが、こうしたARのマルチプレーヤーは今後もどんどん発表してゆく。 楽しみに待っていてほしい。 ・ 従来のポケモンGOにはなかった いろいろなモーションがあるので、楽しめると思う。 ・従来はタップで威嚇モーションだったが、ダブルタップで別のアクションが見られる。 ・「相棒と冒険」でポケモンと絆を深める仕組みも、集合写真も、どちらも「ポケモンが現実にいたら?」をリアルに感じさせ、見せるため。 ポケモンをこの世界で実際に生きているものとして描くのが、現実世界を舞台にしたポケモンGOの特徴であり目標。 ・相棒と冒険も集合写真も、実装済みのポケモンすべてに対応している。 サイズや動き方も大きく違うポケモンをマップ上に出して歩かせたり、きのみを食べさせたり、同じ場所に置くのは非常に困難だったが 約500匹、一匹も欠けていない。 ここまで ポケモンGO『相棒と冒険』早くも提供開始。 全ポケモンと一緒に歩いて遊べます 相棒と冒険機能のトレーラー動画では、道行くトレーナーの相棒が見えたり、お互いに遊ぶ様子もありました。 「もし現実にポケモンが居たら?」は、これまでゲーム本編でもアニメでも描かれたことがない未知の領域に踏み込む、ポケモンGOだけでなくポケモン自体にとっても新しく挑戦的な課題です。 ハリウッド版名探偵ピカチュウも「ポケモンと人間が共存する街」をリアルに描いていましたが、 演出的な理由で組み立てられる映像作品と違い、ゲームではマイナー不人気含めて多くのポケモンについて考慮が必要になります。 ポケモンGOはサービス開始から4年目に入り、ポケモンも増えてきましたが、最先端のAR技術で遊び方自体もまだ見たことのないゲーム、見たことのないポケモンを見せてくれそうです。

次の

ビリャレアルが“久保の相棒候補”獲得 MFコクランと4年契約 MFパレホも獲得― スポニチ Sponichi Annex サッカー

相棒 の 写真 を 撮る

こんにちは。 しむ()です。 この前からFUJIFILMへの全移行(3ヶ月ぶり2度目)を真剣に検討しているのですが、一番気になっていたのが 「星景写真(天の川の写真)が撮れるのか」と言う問題。 やっぱり星の写真はセンサーサイズが大きい方が有利で、高画素機が圧倒的なんだと考えていました。 XF16-55mmF2. 8を手にして、スナップやちょっとした風景写真であればFUJIFILMでも全然やっていけると感じている今でも、フルサイズ高画素機に勝るものはない、と。 関連 先日Twitter経由で、 「星を撮るならFUJIFILMが最強なんだぜ?」という情報を頂きまして。 今回実際に撮ってきました天の川。 結論から言えば、FUJIFILMは最強で最高でした。 無敵でした。 「同じ事で悩んでいたたこさん()に届け!」というハイパー私信も兼ねて、記事を書きます。 現状FUJIFILMに抱いている、星撮りにおける不満と対抗策も書いておきました。 FUJIに乗り換えたいけど星景撮れるか不安・・・と言う人はぜひ、一読ください。 スポンサーリンク もくじ• どうやらFUJIFILMのカメラは星景に最適な設計らしい 冒頭で話題にあげた、星景写真ならFUJIFILM最強といっているのは、以下の記事を共有いただいたから。 参考 この中でFUJIFILM開発者インタビューが掲載されているのですが、要約すると大切なのは• FUJIFILMはHa線という星の光の波長に対して感度が高い• だから赤色が写る• 他のメーカーではカットしてるけどFUJIFILMは残してる• それは全ての星景写真家の為に ここでいう星景写真はガチの星景写真の話なのですが、趣味レベルでも十分に恩恵を得る事ができるやつだ、と。 そんな事言われたら最高じゃないですか。 スポンサーリンク FUJIFILMで星景写真・天の川を撮る上での不満 べた褒めしてるFUJIFILMですが、やっぱり 厳しいなぁと思う点もいくつかあります。 公平に評価する為にも、デメリットも記載しておく事に。 やっぱり明るさが足りない 今回使ったレンズは「XF16-55mmF2. 8」のワイド端。 なのですが、 センサーサイズが小さい分、フルサイズ一眼と比べると受光量が少ないわけで。 追記:を運営する中原さんから指摘がありました。 ちょっと勘違いしてるっぽいけどフルサイズとAPS-CはF値が一緒なら単位面積あたりの受光量も一緒ね。 ただ高感度ノイズは出やすくなる。 あとF2. 8から1. 4は2段。 APS-Cでも星景写真は撮れる。 だからこそ面積が小さいAPS-Cは光の量が少ないのかなと思ってたんだけど、この指摘をもらって冷静に考えると、そもそも同じ撮像をAPS-Cセンサーに乗せてるわけだから受光量も同じなのかな。 んんん?ってなってたら APS-Cはフルサイズの画像の中央をクロップしただけと考えればいいのでF値が同じならフルサイズもAPS-Cも明るさは同じです。 ただ、同一画角だと焦点距離が違うのでボケ感はAPS-CのF2. 8はフルサイズのF4くらいのイメージですね。 studio9の大ファンの僕は知ってる。 この記事ですよね。 参考 (追記ここまで) よく「APS-CのF2. 8ってフルサイズのF4くらいでしょ?」と会社の同僚に揶揄されるのですが、実際明るさ不足は痛感しました。 (実測値は僕は知らない) そうすると必然的にISOをあげるか、シャッター速度を伸ばすしかないのです。 ISOあげる=ノイズが出る• シャッター速度を伸ばす=星が流れる この写真はシャッター速度20秒。 超広角レンズであればギリ耐えられる長さかもしれませんが、20秒だと結構星が流れちゃいます。 しっかりと点で捉える事ができたのはだいたい13秒くらいまで。 それだと暗いんだよなぁ。 とISO6400まであげっぱなしの撮影でした。 やっぱりノイズは出る。 焦点距離が狭い 広い焦点距離のレンズが少ないと言うのも大きな問題。 天の川を撮る上で収まりきらない場合があるのはもちろんのこと、焦点距離が伸びれば伸びるほど、長時間露光で星が流れやすくなります。 やっぱりフルサイズ換算で20mmを切るレンズがほしいよなぁと思うのですが、その選択肢がFUJIFILMは圧倒的に少ない。 不満を解決するための対応は2本のレンズと、1つのアクセサリー これらの不満はつまり、• ISOをあげたくない• シャッタースピードを短くしたい の2点が達成(いずれか1点でも可)が達成されればOKなのですが、いくつか手段があります。 明るい単焦点レンズ「XF16mmF1. 4」で撮る このレンズを使えばだいたいが解決する。 今と同じ換算値24mmなので、13秒までなら長時間露光しても星が流れない。 そして開放で撮影すれば1段明るいF1. 今回と同じ明るさで良ければISO3200まで下げることができる計算になるので、ノイズはグッと減らせる可能性が非常に高い。 追記: F2. 4は2段だぜと言う指摘を レンズ警察からいただきました。 ピーピー!レンズ警察です! F2. 8からF1. 4なら2段明るいです! FUJIFILM X-Pro2で撮る天の川。 APS-Cでも星景写真は撮れる。 4開放で撮ると、ISO1600で同等の明るさが得られるって事かな。 なにそれノイズ知らずでずるい。 ISOだと100、200、400って倍にしていくと一段間隔になるのですが、F値は1. 4倍(ルート2倍)にしていくと一段間隔になりますね。 ちょっとややこしい。 覚えた。 広角大三元「XF8-16mmF2. 8 R LM WR」で撮る まだ発売されていないレンズですが、今年中に発売予定のレンズに広角ズームのF2. 8通し、いわゆる広角大三元がラインナップされています。 参考 広角で撮れば撮るほど、星が流れずに撮れる露光時間が伸びます。 なので換算12mmで撮れるのであれば、20秒でも星を流さず撮ることができる。 (若干流れそうだけど) そうするとISOを上げなくてもなんとかなるんじゃないかなぁと思ったりする。 赤道儀を使って撮る 最後の方法が赤道儀というカメラアクセサリーを導入すること。 星の周回に合わせて自動で追尾してくれるアクセサリーなのですが、それを三脚と雲台の間に挟むことによって、何秒露光しても星が流れずに撮ることができると言う優れもの。 要は 1時間で15度傾いてくれるスーパーマシーンです。 たったそれだけで、星がずれなくなるなんて。 ただ、ちょっと考えればわかることなのですが、前景も一緒にずれていくので、前景がブレてしまいます。 そのため、 前景を別撮りして合成する必要が出てくる。 そんなスキル持ってないので新しい技術修得が必要になる。 スポンサーリンク.

次の

#相棒フィアット〜プロが教える「もっと楽しくなる」写真の撮り方

相棒 の 写真 を 撮る

Twitterなどで、日に日に盛り上がりを見せている 「 相棒フィアット」。 今回はSNS投稿がもっと楽しくなる写真の撮り方について、プロカメラマンさんにお話を伺いました。 今回の「相棒」は、500X Pop Star Plus。 今ではすっかりドライブの楽しみの一つとして定着しました。 そこで投稿に興味を持った人が画像をタップしたとき画面上で大きく表示され、インパクトを与えられるのが縦長のメリットです。 ダイナミックレンジとは、レンズに入る光のうちもっとも明るい部分と暗い部分の差のこと。 その比率(明度差)を広く取るよう加工をくわえる技術がHDRなのです。 この機能をONにしておくと、写真の色飛びを抑えられ、より肉眼で見た時に近い写真を撮影できます。 ——撮影前に画面上でイメージを確認したら、肉眼で見る車体の形状と違って、画面の端にかけて歪曲したように写ってしまいます。 形状を損なわず撮影するには? 「撮影する位置が車に対して近すぎるのかもしれないので、十数m後ろに下がって撮影してみましょう。 スワイプ&ズーム撮影すれば、きれいなフォルムで撮れますよ。 」 普通に撮ればクラクションが入らない(一枚目)が装着後はクラクションも画面上に(二枚目) 「 相棒フィアット」でドライブをもっとエンジョイ。 「 CIAO500X」で参加できるプレゼントキャンペーンも! 納車2日目でやっと500km。 納車待ちの時は注文書にサインした事を後悔してみたりしたけど、やっぱり買って良かった!最高に楽しいもん! イタリア人で大人の遊び道具作らせたら世界一かも 笑 — およヨン oyoyon7044 また投稿前には、正しいハッシュタグが付いているか一度チェックしてみましょう。 せっかく素敵な写真なのに、 が半角でなく全角になっていて、ハッシュタグとして認識されていないパターンもいくつか見られます。 そのほか、「 CIAO500X」「 相棒フィアット」のように複数ハッシュタグをつける場合、半角以上のスペースを前後に入れないとハッシュタグとして認識されないので、あわせてご確認くださいね。

次の