ワダ カルシウム 製薬 株式 会社。 基幹EDI利用メーカー:サービス利用・登録状況|企業情報 |株式会社プラネット

人々の歩くと元気をささえる『ワダカルシウム製薬株式会社』から、自宅で簡単に、尿で検査が出来る郵送検査キット3種類新発売!(2020年6月9日)|BIGLOBEニュース

ワダ カルシウム 製薬 株式 会社

フジモトHD株式会社(フジモトエイチディー)は製薬会社のや等のピップグループを統括する純粋である。 一般的な業種としては総合に割り振られる。 業界大手の売上高を誇る。 フジモトHD株式会社 FUJIMOTO HOLDINGS CO. , LTD. 市場情報 非上場 本社所在地 101-8528 内神田3-3-7 設立 (平成20年) 事業内容 グループ内における経営計画・管理ならびにそれに付随する業務 代表者 代表取締役 資本金 20億円 売上高 17億0600万円(2019年10月31日時点) 営業利益 1億3300万円(2019年10月31日時点) 経常利益 1億4500万円(2019年10月31日時点) 純利益 5億6700万円(2019年10月31日時点) 総資産 274億3200万円(2019年10月31日時点) 決算期 10月 主要子会社 ピップ物流株式会社 アブコ株式会社 外部リンク 和文社名ではフジモトHDとHDは略称で表記されているが、英文社名では FUJIMOTO HOLDINGSと表記する。 概要 当社の事業子会社の一つであるピップ株式会社は元々、1908年に創業された「藤本真次商店」が起源で、1928年に合資会社藤本商店として法人化されたが、経理応急措置令により1946年に解散となり、藤本商店の機能は 大阪藤本商事株式会社(おおさかふじもとしょうじ、後のピップフジモト株式会社)に、東京支店の機能は 東京藤本商事株式会社(とうきょうふじもとしょうじ、後の株式会社 )に東西分離され、以降、半世紀以上にわたって各々が事業を展開してきたが、商品開発については以前から「」や「スリムウォーク」など、両社のノウハウが結集された製品を市販化してきた。 そんな折、全国を網羅するネットワーク網を整備し、市場に合わせたマーチャンダイジング事業を強化するために、主に西日本で展開していたピップフジモト株式会社と主に東日本で展開していたピップトウキョウ株式会社が2008年5月に経営統合し、事業持株会社として ピップ株式会社を設立した。 そして、両社が持つノウハウや経営資源を集結し、競争力を強化するため、2010年11月に合併。 両社は54年ぶりに一つの企業となった。 その際、事業持株会社の名称だったピップ株式会社は合併した事業子会社の名称となり、当社は純粋持株会社として フジモトHD株式会社に商号変更した。 2008年(平成20年)5月 - ピップフジモト株式会社とピップトウキョウ株式会社がにより経営統合し、事業持株会社として ピップ株式会社を設立• 2009年(平成21年) - ピップフジモト株式会社の子会社だった全株式を(簡易吸収分割)により、当社へ継承、子会社化する。 2010年(平成22年)11月 - グループ内の再編により、当社は純粋持株会社として、 フジモトHD株式会社に商号変更。 合わせて、ピップフジモト株式会社がピップトウキョウ株式会社を吸収合併してピップ株式会社に商号変更され、旧ピップトウキョウ株式会社の子会社だったピップ物流株式会社とピップケアウェル安心株式会社を現物により子会社化。 2011年(平成23年)7月 - フットサロンの経営や化粧品の輸入販売を行うアブコ株式会社の全株式を取得し、完全子会社化。 2012年(平成24年)11月 - 事業のグループ内統合に伴い、子会社のピップ株式会社から大阪彩都研究室を当社に移管。 2013年(平成25年)11月 - 子会社のピップ株式会社が保有していた蓓福 上海 商貿有限公司の全株式を取得し、完全子会社化。 2014年(平成26年)2月 - 事業のグループ内再編に伴い、子会社のアブコ株式会社が保有していたフィトメール・ジャパンの株式を当社に移管。 2015年(平成27年)• 3月 - 中国子会社だった蓓福 上海 商貿有限公司の当社出資持分のすべてを蘇州中化薬品工業有限公司へ譲渡。 併せて、蓓福 上海 商貿有限公司と子会社のピップ株式会社との間で販売代理店契約を締結し、中国におけるピップ商品の総販売代理店となる。 4月 - 子会社のピップ株式会社の子会社(孫会社)の坂東株式会社の既存事業を同じく孫会社の八神商事株式会社へ譲渡。 会社としてピップビジネスアソシエ株式会社を設立。 11月 - 子会社のアブコ株式会社が、同じく子会社のフィトメール・ジャパン株式会社を吸収合併。 2016年(平成28年)2月 - 三代サービス株式会社と合弁で運送事業を担うスリーエスライン流通株式会社を設立し、同社の関東営業所の業務を引き継いで事業を開始。 2018年(平成30年)2月 - 子会社のピップケアウェル安心株式会社の全株式を株式会社へ譲渡 (譲渡に伴い、ケアウェル安心株式会社へ社名変更される)。 なお、1984年から1992年までの8年間は東西共にピップフジモト株式会社であり、ピップフジモト株式会社 大阪 、ピップフジモト株式会社 東京 と区別していた• PDF プレスリリース , ピップ株式会社, 2010年7月1日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2011年7月27日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2012年5月29日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , 2013年11月29日 , 2019年11月14日閲覧。 プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2013年11月5日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2015年2月17日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2015年2月10日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2015年4月3日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2015年6月4日 , 2019年11月14日閲覧。 PDF プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2015年8月20日 , 2019年11月14日閲覧。 プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2016年3月1日 , 2019年11月14日閲覧。 プレスリリース , フジモトHD株式会社, 2017年12月12日 , 2019年11月14日閲覧。

次の

ワダカルシウム製薬株式会社

ワダ カルシウム 製薬 株式 会社

新規利用企業• WONDER LINE 株 あ行<114社>• アース・ペット 株• 株 アーツブレインズ• 株 I-ne• アイオニック 株• アイシア 株• 株 アイセン• アイメディア(株)• アイリスオーヤマ 株• アイリス・ファインプロダクツ 株• 株 AKAISHI• 株 アクシス• 赤穂化成 株• 浅井商事 株• 株 浅田飴• 旭化成ホームプロダクツ 株• アサヒグループ食品 株 (アサヒフードアンドヘルスケア)• アサヒグループ食品 株 (和光堂)• 株 アサヒ興洋• アスゲン製薬 株• 株 アスティ• アスベル 株• アズマ工業 株• 阿蘇製薬 株• 株 アチーブ• アツギ 株• アデリア 株• 株 アヌシ• 天野商事 株• 株 アラミック• 株 有明商事• 株 アリミノ• 有本カテイ 株• アリールアンドシー• 株 アルトレード• アルフレッサメディカルサービス 株• 株 アロインス化粧品• アロン化成 株• 株 アン・エンタープライズ• 株 アンズコーポレーション• E.OCT 株• イースター 株• 株 イースマイル• 株 イーナ• 株 石澤研究所• 泉製紙 株• 株 伊勢半• 伊丹製薬 株• 株 井田ラボラトリーズ• 株 イチーナ• イチジク製薬 株• 株 イトウ• 株 イトウアンドカンパニーリミテッド• 井藤漢方製薬 株• いなばペットフード 株• 乾卯栄養化学 株• 株 イノウエ• イノマタ化学 株• 株 イヴ• イミュ 株• 岩崎工業 株• 株 インタートレードヘルスケア• 株 UYEKI• 株 ウエ・ルコ• ウェルペット・ジャパン合同会社• 株 ヴェレダ・ジャパン• 株 ヴィークレア• 宇津救命丸 株• 株 ウテナ• 宇部フィルム 株• HFCプレステージジャパン合同会社• 株 HプラスBライフサイエンス• 有 エイムクリエイツ• 江崎グリコ 株• 株 エージーエムコーポレーション• 株 S・S・I• 株 SK Art• エステートレーディング 株• 株 エテュセ• 株 エトヴォス• 株 N&Nコーポレーション• NSファーファ・ジャパン 株• エビス 株• 株 FLF• FDK 株• msh 株• 株 MCC• エリエール ビジネス サポート 株• エレコム 株• O・R・P 株• 王子ネピア 株• 株 近江兄弟社• 株 大石膏盛堂• 大分製紙 株• 株 オーエ• 株 オーエスケー• 株 大阪ソーダ• オオサキメディカル 株• 大島椿 株• 株 太田胃散• 大塚食品 株• 大塚製薬 株• 株 オーヤラックス• オカモト 株• 岡本 株• 株 奥田薬品• オザックス(株• おたふく手袋 株• 株 オフテクス• 株 オーム電機• オムロンヘルスケア 株• 株 オルビス か行 <99社>• 株 CASL• 株 カーメイト• カイゲンファーマ 株• カイホープロダクツ 株• 花王プロフェッショナル・サービス 株• 株 カシムラ• 片岡物産 株• 勝星産業 株• 桂屋ファイングッズ 株• 加藤憲G.R.S. 株• 神畑養魚 株• 上山製紙 株• 株 亀田利三郎薬舗• カメヤマ 株• 株 カモス• カラーズ 株• カルビー 株• 河内物産 株• 河野製紙 株• カワノ産業 株• 川本産業 株• 株 カンニャボ• 木曽路物産 株• 株 キタニ• 株 QIX• キップ薬品 株• 機能素材 株• 木下水引 株• 株 木村商事• 九州ペットフード 株• キユーピー 株• 京都薬品ヘルスケア 株• 共立薬品工業 株• 株 協和(家庭用品)• 株 協和(健康食品)• 株 協和インターナショナル• 協和紙工 株• 協和薬品工業 株• 株 キョーリン• 杏林製薬 株• 桐灰化学 株• 株 キンカン• 銀座ステファニー化粧品 株• 金陽製薬 株• 株 クーザ• クオレ 株• 株 クナイプジャパン• 熊野油脂 株• 株 グライド・エンタープライズ• 株 グラフィコ• 株 クリエイト• 株 クリニコ• 株 グリーンベル• グレートアンドグランド 株• クレアーズ日本 株• 株 クレハ• 株 グローバル• 株 グローバルプロダクトプランニング• 株 黒瀬ペットフード• クロバー 株• 株 クロバーコーポレーション• 株 黒ばら本舗• クロレラ工業 株• ケイワイ 株• 株 ケミカルジャパン• 有 けわいや• ケンビ 株• 株 玄妙洞本舗• 株 ケンユー• 小泉成器 株• 皇漢堂薬品 株• 株 光洋-ディスパース• 株 幸和製作所• 株 コージー本舗• 株 コーセー• 株 コーチョー• 株 コーヨー化成• 株 コーワリミテッド• 国際衛生 株• 株 小久保工業所• コクヨ 株• 株 黒龍堂• 株 コジット• 有 コスメット• コスメテックスローランド 株• コットン・ラボ 株• 寿工芸 株• コトブキ製紙 株• コニシ 株• 小林製薬 株• 小林薬品工業 株• コプロ 株• 株 コロンブス(家庭用品)• 株 コロンブス(健康食品) さ行 <85社>• サーモス 株• 株 サイキョウ・ファーマ• 佐賀製薬 株• 株 阪本漢法製薬• サプリアート 株• サラヤ 株• 株 三栄水栓製作所• 三栄製薬 株• 株 サンギ• 三甲 株• 株 三晃商会• 株 サンコー• 株 サンコープラスチック• 株 サンスマイル• 株 三晴社• 参天製薬 株• 株 サンパック• 株 サンファブレス• 株 サンプラネット• サンベルム 株• 三宝商事 株• 三宝製薬 株• 株 サンメイト• 株 山洋• 三和合名会社• シーズイシハラ 株• 株 シーズワン• 株 シード• シーバイエス 株• 株 ジービーエス• 株 シービック• シーラン 株• ジェイピーエス製薬 株• ジェクス 株• ジェックス 株• 株 ジェヌインアールアンドティー• 滋賀県製薬 株• 資生堂プロフェッショナル 株• シック・ジャパン 株• 株 シナノ• 澁谷油脂 株• 株 ジャパックス• 株 ジャパンゲートウェイ• 株 ジャパンヘルス• ジャパンメディカル 株• シャボン玉販売 株• 株 ジュン・コスメティック• 粧美堂 株• 昭和紙工 株• 昭和製薬 株• 株 ジョージオリバー• ショーワグローブ 株• ジョンソン・エンド・ジョンソン 株 コンシューマーカンパニー• 白金製薬 株• 新輝合成 株• 株 新日配薬品• 株 シンワ• 株 伸和• 水作 株• スケーター 株• スズラン 株• 株 スタイリングライフ・ホールディングス BCLカンパニー• 株 スドー• 株 スペース・スリー• スペクトラム ブランズ ジャパン 株• 株 スマイル• 株 スマック• 住商アグロインターナショナル 株• 株 スリーアローズ• スリーエム ジャパン 株• 株 スリービー• 株 スリーランナー• 株 セイケツネットワーク• 株 セイワ・プロ• 積水樹脂商事 株• ゼリア新薬工業 株• 千金丹ケアーズ 株• 株 全寿堂• 株 センチュリー• ソニーマーケティング 株• 株 ソフト99コーポレーション• ソミールプロダクツ 株 た行 <83社>• 第一衛材 株• 第一三共ヘルスケア 株• 第一石鹸 株• 大衛 株• 大王製紙 株• タイガー魔法瓶 株• 株 タイキ• 大幸薬品 株• 大正製薬 株• 大生堂薬品工業 株• タイヘイ薬品 株• 大明化学工業 株• 株 ダイヤコーポレーション• 大洋製薬 株• 株 ダイワ• 株 高砂• 株 タカギ• タカラベルモント 株• 株 田窪工業所• 株 ダッドウェイ• 株 立石春洋堂• 株 建林松鶴堂• 株 タニサケ• 株 タニタ• 玉川衛材 株• 多摩電子工業 株• 玉の肌石鹸 株• 株 たらみ• 株 ダリヤ• 丹平製薬 株• 株 ダンロップホームプロダクツ• 株 地の塩社• 中央薬品 株• 中外医薬生産 株• 株 中外燐寸社• 株 坪野谷紙業• 株 ツムラ• 株 Dear Laura• 株 ディー・アップ• DR.C医薬 株• 株 ティーアンドワイ• 株 ディーエイチシー• 株 D&M• Dear・Children 株• DKSHジャパン 株• (株)ティーガイア• TTC 株• TBCグループ 株• デビフペット 株)• 株 テラモト• 株 テルコーポレーション• テルモ 株• 株 典雅• デンタルプロ 株• 天馬 株• 株 トーシン• トーヤク 株• 株 トーヨ• トーラス 株• トイレタリージャパンインク 株• 東亜新薬 株• 株 東海• 株 東京甲子社• 東京パイプ 株• 東京ローソク製造 株• 東芝エルイーソリューション 株• 株 東邦• 東洋アルミエコープロダクツ 株• 東洋佐々木ガラス 株• 東和産業 株• 東和製薬 株• ドギーマンハヤシ 株• 常盤薬品工業 株• 特種東海エコロジー 株• 株 ドクターシーラボ• 徳武産業 株• 有 ドッグ・ツリー社• 株 トップランド• 株 友人• 豊田化工 株• 株 ドリテック• 株 トレイン な行 <32社>• 長野県製薬 株• 中山式産業 株• ナチュラルペットフーズ 株• 株 ナリスアップ コスメティックス• 西日本衛材 株• ニチニチ製薬 株• ニチバン 株• 日華化学 株• ニッケン文具 株• 日廣薬品 株• 日清オイリオグループ 株• 株 ニトムズ• 日本技研工業 株• 日本サニパック 株• 日本中央交通 株• 日本デイリーヘルス 株• 日本動物薬品 株• 日本ヒルズ・コルゲート 株• 日本ペットフード 株• 日本磨料工業 株• 日本ロレアル 株• 株 丹羽久• 株 ネイチャーズウェイ• 株 猫壱• ネクスタ 株• 株 ネサンス• ネスレ日本 株• ネスレ日本 株 ネスレピュリナペットケア• 株 ノア• ののじ 株 は行 <85社>• パール金属 株• 株 梅薫堂• 株 バイコム• 株 バイソン• ハイペット 株• ハウスウェルネスフーズ 株• ハウス食品 株• 白元アース 株• 白十字 株• はごろもフーズ 株• Hazuki Company 株• 株 バスクリン• 服部製紙 株• パナソニック コンシューマー マーケティング 株• ハヤシ商事 株• 株 ハヤシ・ニット• 株 ハヤブサ• 原沢製薬工業 株• 原田産業 株• 株 ハリオ商事• 晴香堂 株• 株 バンダイ• 株 ピアセラボ• 株 ピー・エス・インターナショナル• 株 ビー・エム・シー• ピーツー・アンド・アソシエイツ 株• 美意識 株• 株 pdc• 株 ビーバイ・イー• 株 B-blast• 久光製薬 株• ピジョン 株• ピジョンタヒラ 株• 常陸化工 株• 日立化成 株• 日野製薬 株• 株 ビューティーエクスペリエンス• 株 ビューティーワールド• 株 ヒューマンシステム• 株 ヒューマン・モア• 株 ヒューマンリンク• ファイテン 株• 株 ファイン• 株 ファンケル• 株 ファンケル化粧品• フィード・ワン 株• 株 フィッツコーポレーション• フェザー安全剃刀 株• 株 フェニックス・アインツェル• 福地製薬 株• 福徳産業 株• 福美人 株• 株 FUKUMI• 株 藤沢商事• フジックス 株• 富士フイルムイメージングシステムズ 株• 不二貿易 株• 不二ラテックス 株• 株 二村製簾• 不動技研 株• フマキラー 株• プラス 株 ステーショナリーカンパニー• 株 PLUSCO• ブラテック 株• BRITA Japan 株• プレミアアンチエイジング 株• (株)フロンティア• 平和メディク 株• 株 ペグテック• 株 ペッツルート• ペットライン 株• 株 ペティオ• 株 ベリー• 株 ペリカン石鹸• ヘンケルジャパン 株 シュワルツコフプロフェッショナル事業本部• ヘンケルジャパン 株 シュワルツコフリテール事業本部• ホーユー 株• ボシュロム・ジャパン 株• ポッカサッポロフード&ビバレッジ 株• ホッタハブ(株)• 株 ホットドッグ• ポップベリー 株• ボンスター販売 株• 株 ボンビアルコン ま行 <54社>• マースジャパンリミテッド• 株 マーナ• マクセル 株• 株 マキテック• 町田製薬 株• 株 マックス• 株 マックプランニング• 松浦薬業 株• 松本製薬工業 株• 摩耶堂製薬 株• ママクック 株• 株 マルアイ• 株 マルカン• 株 マルカン サンライズ事業部• 株 マルカン ニッソー事業部• 株 まるき• 株 マルジョーアンドウエフク• 丸富製紙 株• マルフクケミファ 株• 丸紅食料 株• マルミ 株• 萬金薬品工業 株• 株 マンダム• 株 ミズホメディー• 株 ミタニ• 三井物産 株• ミツエイ(株• 三菱アルミニウム 株• 株 三菱電機ライフネットワーク• 株 三矢コーポレーション• 株 宮島化学工業• ミューラージャパン 株• ミヨシ石鹸 株• ミリオン 株• 株 ミルボン• 株 夢幻舎• 株 ムトーエンタープライズ• ムネ製薬 株• 株 メイクトモロー• 株 明治• 明治薬品 株• 株 梅丹本舗• 明和グラビア 株• 株 メタボリック• 株 メニコン• 持田ヘルスケア 株• 株 桃谷順天館• 森川ローヤルゼリー 株• 森下仁丹 株• 森永製菓 株• 森永乳業 株• 株 森乳サンワールド• モンデリーズ・ジャパン 株 や行 <32社>• ヤクルトヘルスフーズ 株• 株 ヤクルト本社• 八ツ目製薬 株• やなぎプロダクツ 株• 株 柳屋本店• 柳瀬ワイチ 株• 株 ヤマサキ• 山崎産業 株• 山崎実業 株• 株 山崎帝國堂• 大和合同製薬 株• 山本漢方製薬 株• 株 UACJ製箔• 株 UFCサプライ• ユウキ製薬 株• ユーザー 株• ユースキン製薬 株• 祐徳薬品工業 株• 株 友和• 株 ユーワ• 雪印ビーンスターク 株• 株 ユゼ• ユニバーサル・ペーパー 株• 株 ユニマットリケン• ユニライフジャパン 株• 養命酒製造 株• ヨコズナクリエーション 株• 横山製薬 株• 株 ヨシカワ• 米田薬品 株 ら行 <26社>• 株 ライテック• ライフサポート 株• 株 ライフライク• 株 ライフレンジ• ラグロン 株• 株 リアル• リアル化学 株• 株 リードッグ• リケンファブロ 株• リス 株• リスパック 株• 株 リッチェル• 株 リベルタ• 株 リブドゥコーポレーション• 株 龍角散• 株 リンレイ• ルアン 株• レキットベンキーザー・ジャパン 株• レック 株• レブロン 株• ロート製薬 株• ロケット石鹸 株• ロゼット 株• ロッテ商事 株 わ行 <6社>• 株 ワームス• 株 ワイズ• ワカサ 株• ワダカルシウム製薬 株• 和平フレイズ 株• WONDER LINE 株•

次の

ワダカルシウム製薬株式会社

ワダ カルシウム 製薬 株式 会社

本社 市場情報 非上場 本社所在地 〒540-0011 農人橋2丁目1番36号 : 設立 (昭和21年) 創業は(明治41年) 事業内容 医薬品・衛生用品の製造・販売。 ピップ株式会社は、に本社を置く大手会社。 家庭用「」をはじめ、医薬品・衛生用品の製造・販売を行う。 また、日用品の卸事業も行っている。 沿革 [ ] 本稿では創業からピップフジモトを経て、現在のピップまでを中心に述べる。 東京藤本商事からピップトウキョウに至るまでの沿革はを参照。 (明治41年) - 大阪市にて「藤本真次商店」創業、医療用品の卸販売を開始• (大正12年) - 東京出張所開設• (昭和3年) - 組織変更により、藤本商店設立、東京出張所が東京支店に昇格• (昭和21年) - 経理応急措置令により合資会社藤本商店が解散し、大阪藤本商事株式会社を設立。 東京支店の機能は同時に設立された東京藤本商事株式会社に移管• (昭和25年) - 藤本医療器株式会社に社名変更• (昭和38年) - 社屋を大阪市中央区農人橋2丁目へ移転• (昭和39年) - 藤本株式会社に社名変更• (昭和45年) - 株式会社三栄商会を吸収合併• (昭和47年) - ピップエレキバンを発売• (昭和59年) - 導入 緑の吹き出しにPと"! " 、ピップフジモト株式会社に社名変更• (平成9年) - 本社ビル完成• (平成12年) - 株式会社ピース会高知、株式会社ピース会九州、株式会社ピース会兵庫を設立• (平成13年) - 株式会社ピース会中部を設立• (平成15年) - 板東株式会社、株式会社カガショーを子会社化• (平成16年) - 八神商事株式会社を子会社化• (平成17年) - 子会社の八神商事株式会社が株式会社ピース会中部を吸収合併• (平成20年) -• 株式会社を子会社化、岡山三誠株式会社の卸事業の営業権を譲受、子会社の株式会社カガショーを• ピップトウキョウ株式会社と経営統合し、事業持株会社(旧)ピップ株式会社を設立• (平成21年) - ワダカルシウム製薬株式会社の株式を(簡易吸収分割)により親会社の(旧)ピップ株式会社へ継承• (平成22年) - 当社を存続会社としてピップトウキョウ株式会社を吸収合併し、ピップ株式会社に商号変更。 あわせて、旧ピップトウキョウ株式会社の子会社だったホープオーコーチ株式会社を当社の子会社として編入した(同時に事業持株会社の(旧)ピップ株式会社は株式会社に商号変更)。 (平成24年)• 子会社の株式会社ピース会高知が同年2月29日をもって廃業し、清算。 同社の機能の一部は当社松山支店へ継承。 事業のグループ内統合に伴い、開発事業本部のマーケティング部門の一部グループ(通信販売事業)をワダカルシウム製薬株式会社へ、大阪彩都研究室をフジモトHD株式会社へそれぞれ移管。 (平成25年) - 子会社の株式会社ピース会九州が同年10月31日をもって廃業し、清算。 同社の事業は当社が継承。 (平成26年)• 子会社の八神商事株式会社が株式会社ホープオーコーチを吸収合併。 株式会社ホープオーコーチは八神商事株式会社の東京支店となる。 ピップグループ内における介護用品物販事業再編に伴い、グループ会社のピップケアウェル安心株式会社の大阪店の介護用品物販事業を当社子会社の八神商事株式会社へ移管。 (平成27年)• 子会社の板東株式会社は既存事業を同じく子会社の八神商事株式会社に譲渡。 (平成28年)• (平成29年)• 大阪・道頓堀の広告看板をLEDビジョンの時計台にリニューアル。 株式会社サミット商事より薬粧部門を事業譲受し、八神商事株式会社沖縄支店を開設。 (平成30年)• 創業110周年、商品開発事業設立50周年。 主な事業と取扱商品 [ ]• (磁気治療器)【管理医療機器】• ピップマグネループ• ピップ磁気ウエストウォーマー• 精禍(セイカ、生薬製剤)【第2類医薬品】 - 2017年4月発売(製造販売元:)• 心龍(シンリュウ、生薬製剤)【第2類医薬品】 - 2017年4月発売(製造販売元:建林松鶴堂)• カルリラ(解熱鎮痛薬)【指定第2類医薬品】 - 2017年4月発売(製造販売元:)• ヘルスオイル(血清高コレステロール改善薬)【第3類医薬品】 - 2016年3月発売(製造販売元:)• ピップ内服液(ビタミンB1主薬製剤)【第3類医薬品】(製造販売元:)• ピップタウロポン(眠気防止薬)【第3類医薬品】(製造販売元:)• ダダンII(ビタミン含有保健薬、2011年4月に「ダダン」をリニューアル発売)【第2類医薬品】(製造販売元:大同薬品工業)• スリムウォーク• 足らくウォーク• 腰の輪 - そのまま使っても、折っても、自由に切っても使える腹巻• スポーツケア(PIP SPORTS)• ピップデニバン• ピップキネシオロジーテープ• アイスマックス 冷却スプレー• アクティブマックス 携帯• 歩数計 あとなんぽ• シャンプーハット - パッケージは「」関連が主である。 お産パッド - 旧名称は「フジちゃん マミーパッド」。 サポーター(PIP HEALTH)• アクティブウォーク• 一部【医薬品】【医薬部外品】【医療機器】に該当する製品がある。 テレビCM [ ] 特に有名なのは、ピップエレキバンのCMである。 ピップエレキバンのは、かつてのやのらとともに当時ピップの会長だった 横矢勲(よこや いさお、 - )が自ら出演したことで知られている。 経営者自身がCMに出演する例は少なくないが、この横矢のシリーズほど全国的に大きな話題となり長く続いたものは珍しい。 因みに、横矢のCM出演料はタダであった。 横矢が最初に出演したCMで一言「ピップエレキバン! 」と言ったことから話題となる。 後に樹木と組むようになり、エレキバンのCMで見せる横矢のコミカルな動きが人気に拍車をかけエレキバンの知名度が上昇、売れ行きは爆発的に伸びた。 また横矢はの「」にチョイ役で出演した(「ロッキー」のパロディの出し物で、ノックした時に「ピップエレキバン! 」とセリフを言う役)。 同CMのロケで、読み方が同じ「ぴっぷ」ということからにあるや比布神社が使われたことで、一躍比布町や比布駅が脚光を浴びたこともあった。 また・にある「」(IATAコードがPIP)で撮影したものもある。 このパイロット・ポイント空港はの社員に尋ねた所で確認することができたとのエピソードが残っている。 CM中で樹木が横矢の横で「 この、しぶとさが、会社を繁栄させるワケですね」と喋った台詞は当時流行語となった。 1986年4月25日に横矢が急逝したことにより、樹木とのコンビは解消。 この時点では、エレキバン購入者の中から抽選でオリジナル腕時計をプレゼントするを実施していたが、急遽2人が出演していないCM(ハワイの海岸らしき景色をバックに懸賞の告知のナレーションが入っただけ)に差し替えられた。 横矢のでは樹木が弔辞を読み上げた。 上記の懸賞後に放映する予定であったCMが横矢の生前に1本制作されたが、となった(ただし過去にバラエティ特番で"幻のCM"として放映されたことはある)。 横矢死去後は、暫く樹木が一人で出演した。 その中には初期には横矢を偲ぶかのような映像や「 この世に肩のあるかぎり」と書かれたテロップが出たものもあった。 後にとのコンビで頃まで放映された。 当時のオチはロゴマークの飛び出しとサウンドロゴを使用した。 この商品をパロディー化したものに「ピックエレキラムネ」(製造会社名は不明)というお菓子があった。 実際、樹木と横矢そっくりのイラストも出ていた。 その他にも、話題となったCMが幾つかある。 滋養強壮の「ダダン」のCMは、ジャングルの中の滝壷のような場所で、女子プロレスラーが水着姿で「ダ・ダーン! ボヨヨン、ボヨヨン、ダ・ダーン! 」(当時の流行語になった)と言いながら、自分のバストを揺さぶるというものだった。 元々のCMだったが、が『』()で「何やあのCMは! 」と喋ったことから話題になり、後に全国で流れるようになった。 ちなみにこのセリフと振り付けの発案者はである。 陸上競技のランニングシャツを着た女性二人が、トラックを並んで疾走する姿を映したCMでは、片方の女性は巨乳、もう片方の女性は貧乳であったため、二人のバストの大きさの違いが良く分かり、話題となった(CMではスロー再生されており、より二人のバストの揺れ方が強調されていた)。 特に巨乳の女性は人気が沸騰、当時のでも大きく取り上げられた。 80年代、「漢方肩こり薬」のCMにドラマ「」と同じのいで立ちでが出演していた。 90年代にはピップワンダーペットのCMが放送されたものに脱糞の表現があったが、涙を流すという表現に差し替えられた。 現在はや、、、を起用したCMをに流している。 提供番組 [ ] 現在• 現在は無し。 かつての提供クレジットは「ピップフジモト」、「ピップエレキバン」、「ピップトウキョウ」、「ピップグループ」、「フジちゃん マミーパッド」だった。 60秒の提供の場合、1分間まるごとCMを流していた。 (制作・系列)• (日本テレビ系)• (系列)• (TBS系列)• (制作・TBS系列)• (TBS、関東ローカル)• (系列・30分時代)• (フジテレビ系列 1991年3月まで提供。 後継は)• (フジテレビ系列)• (制作・フジテレビ系列)• (フジテレビ、前半・関東ローカル)• (制作・系列 出場者にはピップエレキバンが贈呈された)• (朝日放送制作・テレビ朝日系列 1988年-1989年)• (テレビ朝日・関東ローカル)• (テレビ東京系列)• (系列)など• 提供クレジットは「ピップエレキバン」だった。 関連子会社 [ ]• 八神商事株式会社() 関連項目 [ ]• (・) - ピップのCMで登場。 2015年にはが、同CMをそっくりにまねたPR動画を公開した。 ・大阪東 - いずれも、ピップ本社ビル内に入居。 - 過去に「ドラえもんピップパッチ」と言う虫刺されに貼るかゆみ止めパッチを出していた。 - ピップ開発営業本部マーケティング部社員。 かつては女子短距離選手として100m日本記録の保持者でもあった。 - 『』で「ピップエレキバン! 」をギャグのネタにしていた。 (「ピップ! 」というネタがある。 ちなみに太田の出演する「」にピップ提供のコーナーがあった。 (・ブロック) 脚注 [ ] [].

次の