ショートボブ 切り方。 ボブとショートボブとショートの違い

量が多い方を切りっぱなしボブに。

ショートボブ 切り方

後頭部を丸くしたい時は上の髪を短くします。 これはレイヤーという切り方で、シルエットを調整したり動きを出したい時につかいます。 特にゼッペキをカバーするのにレイヤーは必須。 これをやることで自然な丸みを作ることができるからです。 ショートヘアを丸くする時はこのくらい上の髪を短くすることで良いバランスに。 後頭部のボリュームとつむじの関係際は深くて、ぼくはつむじの位置によってレイヤーをどのくらいいれるかを決めています。 基本的につむじより上の髪は、ボリュームが出やすい生えグセになっている。 髪は短くするとボリュームが出るため、ボリュームが出やすい部分を短くすることで、よりふんわりしやすくしているんです。 これを、真っ直ぐ切るか、縦にジグザグに切るかで仕上がりが変わるのです。 ジグザグに切るとなじみがよく、ボリュームを抑えたい時によくやります。 ですが、今回のようにボリュームを出したい時は真っ直ぐ切ることで丸みがしっかりと出るようになるんです。 ちょっとした切り方の違いでも、仕上がりに大きな差か出てきてしまいます。 レイヤーを入れるとこのように上が短くなります。 これよりもっと短くすると後頭部の丸みは上がり、長くすると丸みが下がります。 ここの部分をどう切るかで雰囲気が大きく違ってくるので、なりたいイメージに合わせて切り方を変えているんです。 丸みを出すというとパーマが必要だと思われる方もいらっしゃいますが、このくらいの丸みならカットでいけます。 スーパー直毛でペタンコになる場合はこの仕上がりでもパーマをかけることもありますがね。 また、このレイヤーという切り方は左右の頭の形の違いや、ハチ張りなど骨格の悩みをカバーするのに最適。 丸みのあるヘアスタイルにはレイヤーは必ず使われています。 これをどう使うかが、コンプレックス解決に大きく関わっているので、レイヤーという技術は世の中の為になってるなーとしみじみ感じております。

次の

切りっぱなしボブ2020最新版【髪色・長さ別カタログ】似合わせ方やヘアアレンジも紹介|MINE(マイン)

ショートボブ 切り方

次にボブヘアについて、ご紹介させていただきたいと思います。 ボブヘアと言えば昔からあるヘアスタイルの一つで、最近では「切りっぱなしボブ」や「黒髪ボブ」などがトレンドとなっています。 基本的なボブヘアは、ブラントカットという方法で切られている首の真ん中くらいの長さのヘアスタイルのことをいいます。 このブラントカットという切り方は、切りっぱなしボブと似ているヘアスタイルで毛先の部分を梳いたりしません。 このボブヘアは学生の方がよく挑戦しているイメージがあり、清楚感溢れるヘアスタイルとしても有名です。 特にボブヘアと黒髪の組み合わせはとても清潔感があり、ナチュラルな可愛さを表現することのできるヘアスタイルですので、飾りっ気のないヘアスタイルが好きな人から好かれています。 次に前下がりボブについて、ご紹介させていただきたいと思います。 前下がりボブというヘアスタイルは、後ろの部分からサイド部分にかけて髪の毛がだんだんと長くなっていくヘアスタイルのことをいいます。 この前下がりボブのヘアスタイルは、この後ろ部分とサイド部分の髪の毛の長さの差を大きくすることで個性的なヘアスタイルにすることができ、逆にこの髪の毛の長さの差を小さくすることでナチュラルな前下がりボブヘアにすることができます。 前下がりボブのヘアスタイルは、もともとストレートスタイルをしている人が多く前下がりボブとストレートスタイルの組み合わせは、クールやかっこいいといった印象を与えます。 最近では、ストレートスタイルだけでなくパーマスタイルも流行しているため前下がりボブでも可愛らしい雰囲気のヘアスタイルにすることができます。 次に切りにくい後ろ側について、ご紹介させていただきたいと思います。 セルフカットにおいて、後ろ側のカットはとても難しい部分と言われています。 正面から鏡を見ても横側から鏡を見ても後ろ側は見えなくなってしまいます。 そうすると後ろ側は鏡を見ないで切らないといけないの?と思ってしまいますよね。 セルフカットに慣れてくると、後ろ側も鏡を見ないで切る切り方をする人も多いようですがセルフカットになれていない場合は、鏡を見ない切り方は難しいですよね。 そこで、後ろ側の髪の毛を切る時には合わせ鏡をして切るか少し長めに髪の毛を切るようにするといいでしょう。 合わせ鏡はしたくない!という人もいますので、その場合は手の届く範囲で長めに切ると失敗が少ないです。 次にセルフカットの時に用意するものについて、ご紹介させていただきたいと思います。 セルフカットをする時に用意するもので重要なものは「カット用のハサミ」です。 セルフカットをする時に、文房具用のハサミを使ってしまう人が多いようなのですが、文房具用のハサミは切れ味が悪く髪の毛の断面がとても汚くなってしまい、セルフカットした後に髪の毛からタンパク質が流失してしまうので、注意してください。 次にブロッキング用の「ダッカール」がおすすめです。 カチューシャを使ってセルフカットする場合はいらないのですが、カチューシャを使わずにセルフカットする場合はブロッキングがとても重要になってくるので、ブロッキング用のダッカールやヘアゴムなどを用意しておくといいでしょう。

次の

【セルフカットボブ特集】自分で切るのも怖くない!HOWTO講座

ショートボブ 切り方

今回は、グラデーションボブの切り方が良くわからず、上手くカットができない人に向けて、わかりやすくグラデーションボブの切り方を紹介する。 この切り方を覚えれば、スタイルを作り入客をする際にも、同じ切り方手順で様々なグラデーションボブのスタイルを作れるようになる。 カットの工程も少ないので短時間でのカットも可能となる。 この機会に是非マスターして欲しい。 グラデーションボブとはどのようなスタイルか確認しておこう グラデーションボブの定義は次のようになる。 グラデーションボブ切り方 1.サイドのセクションを横スライスでカットをする。 (画像1) (画像2) まず、センターパートで左右に髪を分けて、耳の頭頂部より5ミリ後ろのポイントから床に対して垂直のラインでサイドとバックを分ける。 サイドの1番下から約2センチの厚みのスライスをカットする。 カットラインは、床平行・前下がり・前上がりの中から、作りたいラインと長さに合わせて真下(0度)に下ろしてカットをする。 (画像1,画像2参照) この部分を0度ではなく、角度をつけてカットすると生え際の形が出てしまうのでイメージしたラインがキレイに出ない。 そのため、0度でカットをすることがポイントになる。 誤って角度をつけて切らないように注意しよう。 (画像3) 1スライス目がカット出来たら逆サイドも同様にカットをして、左右の長さの確認をする。 左右の長さが良ければフェイスラインの2分の1の高さまで2、3センチのスライスの厚みでカットをしていく。 この時のパネルの角度は、0度より上~90度未満(グラデーションの角度)の角度で、1スライス目のガイドラインに合わせてカットする。 (画像3参照) (画像4) 角度は下がれば下がるほど段差がなくなり、ボリュームの位置が下がる。 角度が上がれば上がるほど段差の幅が広くなり、ボリュームの位置は上がってくる。 (画像4参照) サイドのセクションの切り方を下記の動画の0:13~2:01までの中で解説しているので参考にカットしてみよう。 ちなみに、今回はサイドのアウトラインは床平行のラインで、角度45度でカットしている。 2.バックをカットする (画像3) まず、バックのブロッキングを床平行・前下がり・前上がりの中から、作りたいラインに合わせてブロッキングをとる。 ブロッキング下約1. 5cmの所にサイドの端の髪と同じ長さのガイドラインを90度の角度で作る。 このブロッキングをどのようなラインでとるかによって、仕上がりのバックの表面のラインが決まる(画像3参照) サイドのアウトラインの形によってバックのブロッキングのラインを決めるとデザインのバランスが取れる。 お勧めの組み合わせは下記になる。 (画像4参照) (画像4) (画像5) 後ろのアウトラインを真下(0度)に下ろして床平行にカットする。 その後、みつ襟の髪とサイドの端の髪の毛を自然にとかし下した位置でつなぐ。 (画像5) (画像6) ブロッキングしたのガイドの表面と、下のアウトラインを縦スライスでつないで行く。 こちらは、動画で解説しているので参考に見てチャレンジしてみよう。 指間切りのつなぎ2:02~6:45まで。 すくい刈りのつなぎ6:46~8:03まで。 3.トップをカットする (画像7) トップは、乾かした状態で、サイド、バックとそれぞれ横スライスで毛の流れに合わせて自然にとかした時に、髪が落ちてくる位置でカットする。 角度は、すでにカットが終わっているサイド部分と同じ角度でカットする。 (画像7参照) こちらも下記の動画で実際にカットしながら紹介している。 参考に見ながらカットしてみよう。 8:52~14:05まで。 まとめ 「サイドのアウトラインの形」「サイドのカットする角度」「バックのブロッキングのライン」この3つを自由に設定することで色々なショートボブのスタイルを作りだすことが出来る。 是非、動画を見ながら練習してみよう。 最後に 将来が不安だと感じるあなたに名言をご紹介する。 「恐ろしいと思えばお化けは三倍にも大きくなるし、不安に思えば五倍にもなる。 まだお化けは出ていないんだろう? 出てから対処したらどうだい。 」尾形憲勇 ついつい今の自分に自信がなかったり、上手くいかない現状から将来が不安になって押しつぶされそうに感じる時が人にはある。 例えば、今のままでデビューしていいのだろうか?ちゃんとお客様の要望通りにカットできるだろうかと不安になる。 しかし、まだ最悪な事態は実際には起きていない。 まだ起きていない最悪な事態ばかり考えてしまっては、先に進む力が奪われてしまう。 最悪な事態は起きるかどうかわからないし、まだ起きていないのだから、そうならないように、今、この瞬間からベストを尽くす。 そうすれば、不安はあなたの成長の糧となり、あなたをさらに一歩前へと前進させてくれるエネルギーとなる。 不安を自信に変えられるぐらいベストをつくしたいものである。 私もベストを尽くす。 あなたも一緒にベストを尽くしませんか?.

次の