ちゃっ く おろせ て ー や。 おちゃっぱー6最新作!月曜から夜ふかしの過去作品動画は?

月曜から夜ふかし/最新作おちゃっぱー6はどんな装置?爆笑の結末!

ちゃっ く おろせ て ー や

おちゃっぱーとは では、おちゃっぱーとは何なのかから見ていきましょう。 おちゃっぱーとは、 お茶を急須に淹れることなくそのまま飲むための装置のことです。 何を言っているのかよくわからないと思いますが、要は簡単にお茶を飲むために発明された装置なのです。 参考までに、おちゃっぱー1の画像を紹介しておきます。 こんなイメージで、お茶を直接飲むことができるのですね(笑) ちなみに、過去に5作つくっていますが、 成功したことがありません。 そして、画像のおじいちゃんが誰なのか気になりますよね。 月曜から夜ふかしの常連メンバーであり、 だいたい1年に1回ペースで出演しています。 木原健次さんもついに80歳という年齢! どこまでおちゃっぱーの開発を続けるのか楽しみですね。 おちゃっぱー1 記念すべき1作目です。 ただ単に 茶こしを口にくわえただけですね。 あつあつのヤカンから直接お湯を注いでいるので、当然熱いです(笑) しかも、口を開けたままなので、のどに一気に入ってむせてしまいました。 おちゃっぱー2 おちゃっぱー1での失敗を活かして作られた2作目。 お湯を冷ますために飲み口を長くしました。 …しかし、それでも熱いままでこれまた失敗(笑) 熱々のお湯でなくてはいけないのでしょうか…? おちゃっぱー3 おちゃっぱー2よりもさらに飲み口を長くしました。 もはやホースを使っています。 おちゃっぱー3のホースをより長くするため、天井の高さからお湯を落とそうと考えました。 意外と合理的…かと思いきや、お茶っ葉部分を天井まで上げている途中で木原さんの頭に激突。 もはや飲むことすらできませんでした(笑) おちゃっぱー5 そして前回のおちゃっぱーです。 4作目は滑車がうまく機能しなかったので、風船を使ってお茶っ葉部分を持ち上げようとします。 風船の量が足りず、追加して調整していたのですが… なんと、風船にホースを全て持っていかれてしまいました(笑) 4作目に引き続き、やはり飲むことすらできません。 今回は、おちゃっぱー6最新作と、過去作品の動画をおさらいしました。 もはや普通に急須で淹れた方がいいのでは…というツッコミは通用しません(笑) おちゃっぱーの完成が木原健次さんの生きがいなのです。 このチャレンジ精神は見習っていきたいですね。

次の

ちゃってチックRadio EP013 「シンガポールの今を聞く」|ちゃってチックRadio|note

ちゃっ く おろせ て ー や

おちゃっぱー ところで「おちゃっぱー」って一体なんなのさ?って方も多いと思います。 まず初めに正しいおちゃっぱーの知識をお伝えしましょう。 おちゃっぱーとは おちゃっぱーとは、 「急須を使わずにもっと楽にお茶を飲みたい」という一心から開発が始まった商品です。 なにわのエジソンからしたら、急須にお湯を注ぐ行為すら面倒に感じたのでしょうね! おちゃっぱーの産みの親 「おちゃっぱー」を開発しているのは、なにわのエジソンこと 「木原健次」さん。 これまでにも数々の発明をしてきた、まさに日本のエジソンと称されるべき方なのです! ただし失敗がかさみ、今回の放送で「おちゃっぱー」は実に6代目。 今回は一体どんなビックリおちゃっぱーを開発してくれたのでしょうか! とその前に、これまでの 「おちゃっぱーの歴史」を簡単におさらいしましょう! 歴代おちゃっぱー紹介 これまでの挑戦は5回。 そのどれもが、ことごとく失敗してしまっています。 一番の敵はやはり注がれる お湯の熱さ !! これまでの「おちゃっぱー」は改良ごとに形は大きくなっていくのですが、残念ながらお湯の熱さが克服できず、毎回とっても熱い思いをされてしまっているのです。 (距離が伸びてもお茶の温度まではw) 四代目おちゃっぱー 通称:おちゃっぱー滑車 お茶を入れたカップが、ひもをひっぱるとグイグイ上に上がっていく、まさに滑車スタイルのおちゃっぱー! ところがお茶の重みに耐えられなくて、装置が崩れ落ちてきてしまいます。 (またまた熱い思いをしてしまいました) 五代目おちゃっぱー 通称:おちゃっぱーバルーン おちゃっぱー滑車の動きを自動化した優れもの。 これで装置が崩れることはありません。 ところが!バルーンを止めている部分が外れてしまい・・。 (アイデアは悪くないんですが) スポンサーリンク 六代目おちゃっぱー そしていよいよ6回目の今回はどうでしょうか!? 新作を 「最先端」と称し、自身満々の木原さんの新作をみてビックリ!! 通称:おちゃっぱードローン!! 確かに今世間を賑わせているドローン! これはかなり期待がもてそうです!もちろん色々な意味での・・。 予想通りの結末に、実際に見ていた人みんなが吹いたことは間違いないでしょう! なにわのエジソン、また第七弾!期待しています!.

次の

「お、運営ちゃんお疲れーもう艦これイベント始めちゃってるよー(NTR風に」waiqueureのブログ | はねだより

ちゃっ く おろせ て ー や

おちゃっぱー ところで「おちゃっぱー」って一体なんなのさ?って方も多いと思います。 まず初めに正しいおちゃっぱーの知識をお伝えしましょう。 おちゃっぱーとは おちゃっぱーとは、 「急須を使わずにもっと楽にお茶を飲みたい」という一心から開発が始まった商品です。 なにわのエジソンからしたら、急須にお湯を注ぐ行為すら面倒に感じたのでしょうね! おちゃっぱーの産みの親 「おちゃっぱー」を開発しているのは、なにわのエジソンこと 「木原健次」さん。 これまでにも数々の発明をしてきた、まさに日本のエジソンと称されるべき方なのです! ただし失敗がかさみ、今回の放送で「おちゃっぱー」は実に6代目。 今回は一体どんなビックリおちゃっぱーを開発してくれたのでしょうか! とその前に、これまでの 「おちゃっぱーの歴史」を簡単におさらいしましょう! 歴代おちゃっぱー紹介 これまでの挑戦は5回。 そのどれもが、ことごとく失敗してしまっています。 一番の敵はやはり注がれる お湯の熱さ !! これまでの「おちゃっぱー」は改良ごとに形は大きくなっていくのですが、残念ながらお湯の熱さが克服できず、毎回とっても熱い思いをされてしまっているのです。 (距離が伸びてもお茶の温度まではw) 四代目おちゃっぱー 通称:おちゃっぱー滑車 お茶を入れたカップが、ひもをひっぱるとグイグイ上に上がっていく、まさに滑車スタイルのおちゃっぱー! ところがお茶の重みに耐えられなくて、装置が崩れ落ちてきてしまいます。 (またまた熱い思いをしてしまいました) 五代目おちゃっぱー 通称:おちゃっぱーバルーン おちゃっぱー滑車の動きを自動化した優れもの。 これで装置が崩れることはありません。 ところが!バルーンを止めている部分が外れてしまい・・。 (アイデアは悪くないんですが) スポンサーリンク 六代目おちゃっぱー そしていよいよ6回目の今回はどうでしょうか!? 新作を 「最先端」と称し、自身満々の木原さんの新作をみてビックリ!! 通称:おちゃっぱードローン!! 確かに今世間を賑わせているドローン! これはかなり期待がもてそうです!もちろん色々な意味での・・。 予想通りの結末に、実際に見ていた人みんなが吹いたことは間違いないでしょう! なにわのエジソン、また第七弾!期待しています!.

次の