お 風呂 掃除 重曹 クエン 酸。 浴槽掃除には「重曹」と「クエン酸」が最強だった!

お風呂の排水口は重曹とクエン酸を使って5分でスッキリお掃除

お 風呂 掃除 重曹 クエン 酸

お掃除の強い味方といえば重曹とクエン酸です。 重曹はご存知のとおり、お掃除の万能薬といわれるほど効果があります。 クエン酸もトイレの黄ばみ落としとしても便利です。 重曹は、弱アルカリ性で油汚れやなべ底のコゲを落としたり殺菌効果があったりと、効果は絶大です。 クエン酸は、弱酸性でトイレの黄ばみや水垢を落としやすくしてくれます。 重曹とクエン酸を使った掃除術は前回紹介しましたが、今回はこの二つを組み合わせた掃除方法を紹介したいと思います。 使い方は簡単です。 重曹の粉を振りまきクエン酸液をスプレーするだけです。 化学反応が起こりガスが発生しますが、ご安心ください。 人体への悪影響はありません。 この重曹とクエン酸の化学反応を利用して汚れを落とすのですが、一番効果的なのは排水溝です。 ヌメリに臆してしまい手を出しづらいところほどこのダブル使いは有効です。 排水溝に重曹をまいてクエン酸をかけるだけで、滅菌と洗浄ができます。 あとはよく流して掃除完了。 重曹とクエン酸の効果は掃除だけじゃないんです。 エコの観点からも環境にやさしいと推奨されています。 洗剤にあわせて重曹とクエン酸はお家に置いておきましょう。

次の

お風呂掃除には重曹&クエン酸~床や浴槽の水垢・ぬめりを除去!

お 風呂 掃除 重曹 クエン 酸

重曹で掃除! もう、すっかり定着したエコロジー洗剤の『重曹』。 今までは泡が立たないと、洗った気がしませんでしたが、重曹を使ってびっくり! 泡が立たなくても、汚れが落ちるなんて。 今では、洗剤の定番となった『重曹』。 この重曹を使ってお風呂場の鏡をキレイにしちゃいましょう! お風呂場の鏡について、一番の悩みは『ウロコ』ではないのでしょうか? このウロコをキレイにするには『重曹』と『クエン酸』の黄金コンビが役立ちます! ちなみに、残念ながら重曹だけではこの、浴室の鏡について結晶化してしまった『ウロコ』を除去することはできません。 では、どのような使い方をすると、重曹でお風呂場の鏡に付着した『ウロコ』を除去することができるのでしょうか? その方法をご紹介します。 重曹で掃除をしよう! 最近、エコな洗剤として注目を集めている重曹やクエン酸。 そんな重曹が、掃除や洗濯洗剤代わりに使えるなんて、本当に驚きです。 ちょっと使い方を工夫さえすれば、汚れを分解して、色々な場面で活躍してくれます。 もちろん、お風呂掃除にも重曹は大活躍です。 ところで、重曹って、良く耳にするものの一体なんなのかという疑問をお持ちの人もいるかもしれません。 食塩水を原料として二酸化炭素を加えたものが重曹です。 重曹は炭酸ナトリウムとも呼ばれており、弱アルカリ性です。 ふくらし粉や胃薬、また入浴剤などとしても使われているため、安全であり自然に優しい洗剤とい言われているのはこの為でしょう。 弱アルカリ性で在ることから、酸性の汚れを中和して落とすことができます。 また酸性の臭いに対して消臭効果があります。 重曹を温めると発泡し、二酸化炭素が発生するため汚れなどを浮かせて剥がす効果があります。 水に溶けにくく、クレンザーのように使う事も可能です。 お風呂場のくすんだ鏡をキレイにしたい あなたは、お風呂の中でどの部分を徹底して掃除したいですか。 どの部分の汚れが気になりますか。 床や浴槽という人もいるかもしれませんが、ふと、気づいたときに目が行くお風呂の鏡。 お風呂に入るたびに毎回見ている人もいると思いますが、実際、はっきりとあなたが写しだされているでしょうか。 湯気で曇っているなんて思っていませんか。 もしかしたら、それは、水垢と石鹸カスがこびりついている可能性があるのです。 お風呂の中で大抵の家庭の悩みどころにもなっている、このお風呂のくすみ。 何とかきれいしたいと誰しもが思っているはずです。 この白い、ウロコのような汚れ。 本当に厄介で困りものです。 ですが、諦めてはいけません。 この石鹸カスと水垢は、実は身近なもので落とすことが出来るのです。 石鹸カスには2種類ありますが、鏡に付く白いウロコ状の汚れは、金属石鹸という石鹸カスになります。 石鹸と水道の中のミネラルが合わさり、白い粉末になったものです。 これは、酸性の汚れです。 一方、水垢は水道の中に含まれているカルシウムやケイ素やマグネシウムなどのミネラル分が物になってできています。 水分が蒸発し、鏡に残って結晶になったものです。 アルカリ性の汚れです。 水垢汚れは、時間の経過と共に、どんどんこびりついて取れなくなってしまいます。 特に水垢に含まれるケイ素は、鏡にも含まれている物質でもあり、時と共に同じ者同士が結びついてしまうため、落とすのが困難になります。 このように、水垢の原因は水道水であるため、お風呂の曇りを解消するために、お湯をかけるというのは逆効果なのです。 お風呂場の鏡をピカピカに!重曹とクエン酸で徹底的に掃除する お風呂の鏡についたウロコ汚れの正体は、石鹸カスと水垢であるため、酸性とアルカリ性の両方の性質をもっています。 ですから、アルカリ性の性質をもった重曹だけで掃除したとしてもきれいにはならないのです。 お風呂場の鏡をピカピカに戻すためには、重曹だけでなく、クエン酸も使い、徹底的に掃除する必要があります。 まずはクエン酸水で鏡を掃除してみましょう。 スプレーボトルにクエン酸小さじ1杯と水200mlを入れ、蓋をして良く振って混ぜましょう。 クエン酸水の完成です。 鏡にしっかりと吹き付け、上からラップをして、半日ほど放置しましょう。 汚れがひどい場合は、クエン酸水にキッチンぺーパーを浸して、鏡に貼り付け、上からラップで覆いましょう。 貼っていたラップを剥がしたら、次にふやけた水垢を、落としていきます。 クレンザー代わりの重曹を付けて、鏡を磨いていきましょう。 最後に良くすすいで、水拭きし、最後に乾いた布で乾拭きして完成です。 それでも、こびりついた水垢や石鹸カスがとれないという時は、これを繰り返し行いましょう。 くれぐれも水洗いと水拭きは忘れずに。 クエン酸が鏡に残っていると、雑菌が繁殖してしまいます。 クエン酸も腐ります。 作り置きはできませんので、必ず使い切るようにしてください。 重曹を使った掃除。 お風呂場のくすんだ鏡は重曹をクレンザー代わりに 上記の方法でも、まだ白いウロコが鏡に残っているおちう人もいるかもしれません。 中々しつこいのが、このウロコ汚れなのです。 かなりきれいになったとはいえ、うっすらとウロコが残っていた状態では、本当にきれいになったとは言えない、納得が行かないと思っている人もいるかも知れません。 なかなかとれないそんなウロコ汚れは、お風呂の鏡にクエン酸水をパックしたあと、最後の仕上げに重曹クレンザーを使って見ましょう。 重曹や重曹ペーストでも落ちない強力な汚れには、この重曹クレンザーがお勧めです。 作り方は、重曹1カップに対して液体石鹸を50ml加えて少しずつなじませていきましょう。 重曹がすこしドロドロした状態になってきます。 そこに、大さじ1杯の酢または少量のクエン酸を大さじ一杯の水で溶かしたものを加えて下さい。 これを混ぜていくと、空気を含んでホイップ状態になります。 重曹クレンザーは、重曹ペーストと違い密着度が高いため、鏡のようなものに塗ってもたれてきにくく、頑固な汚れにも効果を発揮します。 どうしても取ることができなかった水垢にぬって、3時間程度放置しましょう。 水をかけてから、歯ブラシなどで丁寧に擦ってみましょう。 残ったウロコ汚れもきれいにすることができますよ。 お風呂を使い終わったら鏡に付いた水滴をしっかりと拭きましょう 折角、お風呂の鏡を重曹やクエン酸を駆使してきれいにピカピカに掃除したのですから、もうこれ以上、曇らせたくない、今の状態を保ちたいと、あなたは思っているに違いありません。 水垢や石鹸カスがついた鏡のウロコ汚れ。 柔らかいうちは、簡単に洗剤で落ちますが、一度できてしまうと頑固に固くなってしまい、落とすのは大変困難です。 水道水に含まれるカルシウムは結晶化しやすいというのも、落ちにくい原因の一つでしょう。 ですから、そのような水垢は柔らかいうちに小まめに掃除をして、固まってしまうのを予防することが大切なのです。 お風呂を使い終わったら、スクイージで鏡についた水気を拭き取るという作業をこまめに欠かさず行いましょう。 スクイージーがなければタオルでも構いません。 とにかく、水滴がつかないようにすることです。 水垢は、水分がついて蒸発し、硬い部分だけが残ったものです。 ですから、お風呂上がりには鏡に水滴を付けたままにしないこと、水滴をしっかりと除くこと、それさえできれば水垢はつきません。 水滴をしっかりと拭き取れば、水滴だけでなくカビも予防することが可能です。 どうしても、水滴を取るのが面倒だと感じるのであれば、浴室用の鏡のコーティング剤を使用するというのも手です。 しかし効果はずっと続くわけではありません。 2週間から1ヶ月程度は効果は続くかもしれませんが、効果が切れると、同じような事になってしまいかねません。 水垢の予防としてはよいかもしれませんが、是非、エコな重曹やクエン酸を使って掃除をしたあとは、小まめに水滴を拭き取ることを習慣づけましょう。 お風呂の鏡をきれいに保つか保たないかはあなた次第なのです。 家族にも協力してもらうとよいかもしれませんね。 関連する記事• 2019. 05 お風呂場の鏡に白いウロコ状の汚れがびっしり!その汚れは鏡に付着した水垢です。 鏡に水垢が付着してしまうと、なかなか綺麗に落とすことができません。 水垢の効[…]• 2018. 24 お風呂の床。 白いくすみ汚れは、きっと石鹸カスの汚れでしょう! 私はボディーソープを使わずに、固形石鹸で体や顔を洗っていますから、浴室が白くく[…]• 2018. 29 お風呂場のフィルター掃除はしようしようと思っていても浴槽や床掃除止まりという人が多いのではないでしょうか? しかし、一度気になるとお風呂に入るた[…]• 2018. 29 お風呂場は掃除をしても、カビたりくすんだりしますね。 カビの除去についてはしっかりと対策を練っているはずなのに、どうしてこうもあちらこちらにポツ[…].

次の

徹底比較!「重曹」「クエン酸」「セスキ炭酸ソーダ」

お 風呂 掃除 重曹 クエン 酸

お風呂の排水溝つまりに「重曹」と「クエン酸」が使われる理由 お風呂の排水溝がつまってしまったとき、重曹とクエン酸を使用するのがおすすめです。 掃除などにも使われる重曹やクエン酸なら薬局などで簡単に手に入れることができるので、すぐにでも対処することができます。 まずは、重曹やクエン酸が持つパワーについて知ることから始めてみましょう。 重曹の効果 重曹とは、別名「炭酸水素ナトリウム」とも呼ばれており、弱アルカリ性の物質です。 この弱アルカリの性質を活かして、油汚れや皮脂、フライパンなどの焦げも落としてくれるため、掃除にも使われるようになっています。 また、消臭効果も期待できるでしょう。 さらに口に入れても害のないことから、料理でも幅広く利用されています。 この重曹は、お風呂のつまりの原因になる皮脂などの汚れにも効果が見られるため、お風呂掃除でも活躍するでしょう。 クエン酸の効果 クエン酸とは、レモンなどに含まれる酸性の物質です。 この酸性の成分が、こびりついた水垢などの汚れをきれいにしてくれます。 また、重曹と同様に料理や美容成分としても利用されているため、非常に安全性の高いものといえるでしょう。 クエン酸もお風呂の排水溝にたまった水垢や皮脂などを取り除いてくれる効果があります。 また、消臭効果も高いため、悪臭の防止にもつながるでしょう。 弱アルカリ性を持つ重曹と酸性のクエン酸が混ざり合うことで発泡し、排水溝にこびりついた汚れを剥がしながら取り除くことができます。 排水溝つまりを重曹とクエン酸で解消する詳しい方法については、次の章をご覧ください。 「重曹」と「クエン酸」を使用した排水溝のお掃除方法 皮脂などの油汚れなどが原因で起こっているつまりであれば、重曹とクエン酸を使えば解消できることがあります。 この章では、排水溝つまりを重曹とクエン酸で解消する方法について見ていきましょう。 準備するもの 重曹とクエン酸を使って、排水溝つまりを解消する前にきちんと準備してからおこなってください。 手元に必要な道具がそろっていると、スムーズに掃除することができます。 必要な準備物は、以下の通りです。 準備するもの ・重曹 ・クエン酸 重曹の半分の量を用意する ・50度ほどのお湯 重曹と同量用意する ・ゴミ袋 ・使い古した歯ブラシ ・スポンジ お掃除の流れ 道具をそろえたら、さっそく掃除にとりかかりましょう。 重曹やクエン酸などは安全性が高いものですが、手荒れなどの心配がある方はゴム手袋を着用しておこなうことをおすすめします。 また、50度ほどのお湯を使用するため、やけどしないように注意しながらおこなってください。 重曹とクエン酸を使ったお掃除手順は、以下の通りです。 重曹とクエン酸を使った排水溝つまりの解消法 1 お風呂の排水溝についているヘアキャッチャーや排水トラップなどを取り外す。 2 排水溝の中やヘアキャッチャーについた髪の毛をゴミ袋に捨てる。 3 排水溝全体に重曹を振りかける。 4 重曹にまんべんなくかかるように、クエン酸をかける。 5 重曹とクエン酸の上からお湯をかけ、5~10分放置する。 6 取り外したヘアキャッチャーや排水トラップにも重曹 別途準備 を振りかけ、歯ブラシやスポンジでこする。 7 シャワーなどを使ってお湯で排水溝と部品を洗い流す。 8 取り外した部品をもとに戻す。 9 再びお湯を流して、つまりが解消されているか確認する。 軽度のつまりであれば、自分で重曹とクエン酸で使い解消することができます。 しかし、つまりがひどいとなかなか解消できない場合もあるでしょう。 このような場合は、ほかの道具を使った解消法で解決できる場合もあります。 そのほかの解消法については、次の章で紹介するので参考にしてみてください。 排水溝つまりを解消するその他の方法もチェック! 排水溝つまりは、重曹とクエン酸だけでなくそのほかの方法でも解消することができます。 重曹とクエン酸を使った方法で解消されない場合はほかの方法も試してみてはいかがでしょうか。 この章では3つのつまり解消法について紹介します。 ラバーカップとは「すっぽん」とも呼ばれており、持ち手の長い棒の先にお椀のようなゴム製の部品がついています。 ラバーカップをつまっている排水溝にくっつけ、ゆっくりと押し込み、一気に引き抜く水流によってつまりを解消してくれるのです。 1回でつまりが解消しない場合は、数回押したり引き抜いたりという動作を繰り返しましょう。 もし家にラバーカップがない場合は、ペットボトルでも代用することができます。 ペットボトルを使用する場合は、より効果が高い2Lのものを用意するとよいでしょう。 ペットボトルはフタを取っておきます。 ペットボトルの飲み口を隙間ができないように排水溝に入れ、空気を送るようにぺこぺこと容器内の空気を排水溝に入れるようにしてください。 ペットボトルから送られた空気によって、つまりが解消されるのです。 パイプクリーナーとは、排水溝に適量かけることによって油汚れや髪の毛などを溶かしながら落としてくれる薬剤です。 液体タイプのパイプクリーナーは薬局などで販売されているため、簡単に手に入れることができます。 ヘアキャッチャーや排水トラップは取り外し、指定されている量を排水溝に流し込みましょう。 30分ほど放置したら、お湯で洗い流します。 長く放置しすぎると汚れやつまりが固まってしまうことがあるため、商品に記載されている放置時間はしっかりと守りましょう。 ワイヤーブラシとは、持ち手にハンドルがついていてその先に長いワイヤーが伸びています。 ワイヤーの先端にはブラシがついていて、汚れを回し取るしくみになっているのです。 排水溝内にワイヤーを入れ、つまりで先に進めなくなったら手元のハンドルを回して汚れを削りながら取り除きます。 もし家にワイヤーブラシがない場合は、針金のハンガーでも代用が可能です。 ハンガーをペンチなどで切り、1本の棒状にして先端を丸い輪のように丸めます。 丸めた先端から排水溝に入れ、つまりに当たったらつまりを取るように押し込みましょう。 なかなかつまりが解消されないからといって力づくで押し込もうとすると、排水管を破損させてしまい、水漏れの原因になってしまうかもしれません。 無理な作業はおこなわず、自分では解消できないと判断した場合は、プロにまかせるほうが安心です。 こんな排水溝つまりは自分で解消できないことも! 排水溝に異物を落としてしまった、排水溝の奥がつまっている、重度のつまりが予想されるといった場合は、自分で解消することは難しくなるでしょう。 無理に作業すれば、つまりをさらに悪化させてしまったり、排水管を傷めてしまったりするおそれもあります。 さまざまなつまり解消法を駆使しても解決できない場合は、業者に依頼して修理してもらうのがおすすめです。 業者に依頼すれば、自分で解消できなかった重度のつまりも適切に対処してくれるでしょう。 プロがおこなう排水溝つまりの解消法 排水溝つまりを修理してくれる業者は、軽度のつまりであれば業務用の薬剤を使って対処してくれます。 業務用の薬剤は市販の薬剤より強力であるため、簡単につまりが解消できる場合もあるでしょう。 また、つまりがひどい場合は、高圧洗浄機を使用することもあります。 高圧洗浄機とは、強力な水圧を利用して汚れを落とし、つまりを解消する機器のことです。 薬剤などでも取れなかったつまりも高圧洗浄機であれば、解消することができるでしょう。 このようにつまりの修理のプロであれば、これまでの経験と業務用の機材を使ってトラブルを解決に導いてくれます。 排水溝つまりでお困りの方は、ぜひ弊社にご依頼ください。 お風呂の排水溝がつまる原因と今後の予防法 お風呂の排水溝がつまるには、何らかの原因があります。 その原因を把握しておくことで、つまりが起こらないように予防することができるでしょう。 この章では、お風呂の排水溝がつまる原因とその予防策について紹介します。 お風呂の排水溝つまりで多い原因 お風呂の排水溝がつまるおもな原因は、4つ考えられます。 ひとつめの原因として考えられるのが、髪の毛です。 シャンプーやリンスなどをして流せば、排水溝に抜けた髪の毛が流れていきます。 流れた髪の毛は、排水溝にひっかかったりそのまま流れてしまったりするでしょう。 排水溝に流れた髪の毛をそのままにしておけば、石けんカスや皮脂がまとわりつき、つまりの原因になってしまいます。 次の原因として考えられるのが、石けんカスです。 毎日頭や体を洗うお風呂場の排水溝には、日に日に石けんカスがぬめりとなって蓄積していき、つまりの原因となるでしょう。 また、人間の皮脂も同じように排水溝に付着して蓄積されていきます。 付着した皮脂は流れてきた髪の毛などもからめ取り、つまりを引き起こしてしまうかもしれません。 最後につまりの原因と考えられるのは、固形物です。 「シャンプーやリンスなどの詰め替えをする際に、キャップを排水溝に落としてしまった」「子供の小さなオモチャが流れてしまった」などがおもな原因でしょう。 固形物が排水溝に流れてしまうとなかなか取り除くことができず、水が流れなくなってしまうおそれがあります。 また、流れた固形物に髪の毛や皮脂、石けんカスなどがまとわりついて、重度のつまりを引き起こしてしまうことも考えられるのです。 そのまま浴槽の栓を抜いてしまうと、毛ゴミも一緒に排水溝に流れてしまいます。 流れた毛ゴミが蓄積されれば、排水溝つまりを引き起こしてしまうでしょう。 そのため、浴槽に浮いている毛ゴミはあらかじめ取り除き、ゴミ箱に捨てるようにしてください。 このヘアキャッチャーに髪の毛がひっかかり、排水溝に流れていかないようになっているのです。 しかし、ヘアキャッチャーだけですべての髪の毛が流れるのを食い止められるわけではありません。 より多くの髪の毛をキャッチするためにも、ヘアキャッチャーにより網目の細かいネットをかけましょう。 ネットがあることで、よりたくさんの髪の毛をキャッチすることができます。 また、排水溝に取り付けるシールタイプのものもあるので、使いやすいものを選んでみてはいかがでしょうか。 ヘアキャッチャーにつけたネットやシールは、毎日交換してあげるようにしてください。 しばらく掃除しないで放っておくと、皮脂や石けんカスなどがぬめりとなって蓄積されてしまいます。 週に1度は、ヘアキャッチャー、排水トラップなどの部品を取り除いて掃除してあげると、つまりの予防につながるでしょう。 まとめ お風呂の排水溝つまりには、重曹とクエン酸を合わせて使うと効果的です。 弱アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸が混ざり合うことで発泡し、汚れを剥がすように落としてくれるでしょう。 また、ラバーカップやパイプクリーナーなどもつまりの解消に役立ちます。 あらゆる道具を使ってもつまりが解消しない場合は、プロにまかせるのがおすすめです。 排水溝つまりを解消してくれる業者であれば、業務用の薬剤や高圧洗浄機などを利用して重度のつまりも解決してくれるでしょう。 つまり解消後は再びつまりが起こらないように、定期的に排水溝を掃除してつまりの原因となる毛ゴミは取り除いておいてください。

次の