ホッチキス どっち。 ホチキスの「金具」の呼び名

医療用ホチキスは痛みは?抜糸も痛い?羽生結弦も激突後に利用!|PLEASANT ZONE

ホッチキス どっち

「ホッチキス」といえば紙をとじるもの、国語辞典にも載っていて誰もが知っている文房具ですね。 ところが外国に行きホッチキスと言っても、さっぱり意味が通じない不思議な道具なのです。 それでは、なぜ日本でホッチキスと呼ばれるようになったのかご説明しましょう。 日本で初めてホッチキスを販売したのは伊藤喜商店(現イトーキ)で、明治36年(1903年)のことです。 このホッチキスはアメリカ製で、ボディに大きくHOTCHKISS No・1と刻印されていました。 この製品はE・H・HOTCHKISS社製で、ブランドと形式を刻印表示したものでした。 特に呼び名がなかった時代のこと、誰とはなしにホッチキスと呼ぶようになったと思われます。 また、この製品にはHOTCHKISS PAPER FASTNERの文字も読み取れます。 当時はペーパーファスナーがアメリカでは一般名称だったのかもしれません。 国内では大正時代の特許公報に紙綴器やホッチキスの表記が見られますが、現在では「ホチキス」、「ホッチキス」、「ステープラ」と、さまざまな名前で呼ばれています。 日本で「ホッチキス」という呼び方は広く浸透していますが、新聞用字用語集では「ホチキス」、JIS規格(日本工業規格)では「ステープラ」と、それぞれ異なった名称で定められており、実は表記についての正式な決まりはないのです。 また、「ホッチキス」は一般名称化していて、マックスを含め、商標登録された名称ではありません。 地域によっても「ジョイント」や「ガッチャンコ」、国によっても「ステープラ」、「クチトリッチ」など、ホッチキスはさまざまな名称で親しまれています。

次の

ホッチギス と ホッチキス(ステープラー)

ホッチキス どっち

スポンサーリンク 横書き文書のホチキスを留める位置は「左上」 今のビジネスにおいてはビジネス文書は横書き が主流となっています。 ホチキスの留める位置も横書きの文書を前提 とした留める位置になっていることを 理解しておくことがビジネスマナーにおいて大切です。 では横書き文書の場合はをホチキスで 留める位置はどこにすれば良いのでしょうか。 横書き文書は一般的に左上から文章が始まり、 右下で完結するようになっています。 そのため多くの人は、 最終的に書面の右下の文章を確認してから ページをめくることになります。 ですから、 ページをめくる時には必然的に右下端から ページをめくることになります。 だから、 ホチキスを留める位置は右下の対角線の 上位置となる 「左上」がめくりやすい位置 となります。 そうすれば、 無理のない視線の動きに則ってページをめくる ことができます。 また、 ホチキスを留める位置が左上が良いのには もう一つ理由があります。 日本人の多くが右利きであるためです。 左手で資料をめくり、 右手にボールペンを持ってメモする際に、 資料をめくる方向が左後方になれば、 メモする右手の邪魔になりません。 縦書き文書のホチキスを留める位置は「右上」 ビジネスシーンでは横書きが主流とはいえ、 日本は元来、縦書き主流の文字文化でした。 舞台の台本原稿やプロの文筆家から受け取る 原稿などは今でも縦書きが中心です。 そのため、 縦書きの文書や資料をホチキスで止める機会 もあり得るので、横書き文書との違いを 覚えておいても良いでしょう。 縦書きの文章を読む時には、 右上から左下へと目線を移すことになります。 その結果、 最後の行の文字は左下に位置することに なりますので、左下をめくりながら 次のページへと進むことになります。 だから、 ホチキスをとじる位置は左下の対角線の 上位置となる 「右上」がめくりやすい位置 となります。 このように、縦書きと横書きではホチキスを 留める位置が異なってきます。 横書き文書の場合は「左上」 縦書き文書の場合は「右上」 がホチキスを留める位置となることを、 ビジネスマナーとして覚えておくようにしましょう。 スポンサーリンク ホチキスの針の角度にも気をつけたい! ホチキスの針の角度にも気をつけてください。 これは資料をめくったときに引っかからずに めくりやすく、 紙をめくった際にも折りやすいためで、 見る人のためを考えた角度です。 そして、 ページをめくる際にも紙にかかる力が分散されて、 破けにくいという利点もあります。 製本・冊子にする場合のホチキスの位置 とじる書類の枚数が多いと、1ヵ所を止めただけでは、 上手くまとまらないときがあります。 また、端がヒラヒラして、書類が開きにくかったりします。 そんな時には書類の横を綴じる製本をしてみましょう。 書類を冊子にする場合は、 どの位置を留めるのがベストなホッチキスの 止め方となるのでしょうか? 書類を製本する場合、書類のサイズにもよりますが、 書類の端を3ヵ所程止めるのが一般的です。 綴る位置は、横端から5mmくらいが良いでしょう。 右横と左横のどちら側を留めるかは、 書類が横書きや縦書きかによって違います。 一般的に縦書きの場合は右端が、 横書きの場合は左端が留められているようです。 ホッチキスを留めた部分を綺麗に見せたり、 本のようにしたい場合は、 製本用のテープなどをその部分に貼るなどして、 ひと工夫してみたらいかがでしょうか。 ホッチキス針は古紙の再生紙工程で除去される リサイクルのためにわざわざ書類からホッチキス針を外していた 手間のかかる作業は、ムダだった! パッケージの裏にこんなに重要なメッセージが隠されていたなんて😂 【総務からホッチキスの針を外して紙ゴミへ捨てるように言われている方へ】古紙の溶解工場では、紙をドロドロに溶かす窯の中で、金属などの異物は沈んで分離され、それはそれでリサイクルされるので、外す作業は時間の無駄ですよと教えてあげましょう。 まとめ たかが「ホッチキス」と 感じる方もいらっしゃるかもしれません。 ホッチキスの留め方には、 その人の性格や考え方があらわれるものです。 文書を読む人のことを考え、読みやすさや 持ち運びやすさを意識して書類を仕上げると、 そのまごころはきっと相手にも伝わるでしょう。

次の

小さくても気を付けたい、紙書類の扱いポイント3つ

ホッチキス どっち

ホッチキスとホチキス。 名前の由来など。 それぞれの名前の元についてです。 ホッチキスなどの名前の由来 色々呼び方がありますが、それぞれ元となる情報をまとめてみます。 ホッチキス 日本で初めてホッチキスを販売したのは伊藤喜商店(現イトーキ)で、明治36年(1903年)のことです。 このホッチキスはアメリカ製で、ボディに大きくHOTCHKISS No・1と刻印されていました。 この製品はE・H・HOTCHKISS社製で、ブランドと形式を刻印表示したものでした。 特に呼び名がなかった時代のこと、誰とはなしにホッチキスと呼ぶようになったと思われます。 マックス株式会社より よくある、 日本ではじめて販売されたものがそのまま呼び名として浸透した話。 海外製で「ホッチキス」という製品だったんですね。 ホチキス 感覚的な話ですが、ホッチキスと呼ぶ方、ホチキスと呼ぶ方半々のような気がしますがどうでしょうか。 ホチキスで検索する方も相当数いるようですが、 出処ははっきりせず。 ただ、 新聞用字用語集では「ホチキス」とされているそうですよ。 マックス オフィス機器などを販売しているマックス株式会社は有名です。 こちらで売は、 ホッチキスという名前で販売されています。 じゃあ、なんでマックスと呼ぶようになったのか、考えてみると・・・ マックス貸してー 元同僚 という方がいますが、その方は「マックス針」とも言います。 マックス株式会社で販売されいてるホッチキスだから、「マックス」と呼ばれるようになった説。 一番身近な文房具だからなのかもしれませんね。 もちろん、ホッチキス以外の文房具もありますので一応。 >> ステープラ(ステープラー) 英語が語源のステープラー。 ステープラー(英語: Stapler)。 紙に「コ」の字形の針(ステープル、英語: Staple)を刺し通し、針先の部分を両側から平らに曲げて、紙を綴じる文具である。 紙を綴る道具をステープラ• 針をステープル というわけですね。 近い人でホッチキスをステープラ、と呼んでいる方は見かけませんが、 JIS規格(日本工業規格)では「ステープラ」とされているようです。 ホッチキス• ホチキス• MAX(マックス)• ステープラ• ガッチャンコ• ジョイント などなど。 海外に行くと更に別の呼び方もあるようですが、じゃあどれが正しいの?という話。 名前の由来でも紹介したとおり、• なので、結論としては どれも正しい ということになりそうです。 結局は・・・ 通じれば何でもいい のかなーと感じました。 ホッチキスとホチキス。 正しいのはどっち?のまとめ 以上、ホッチキスやホチキスどちらが正しいのか、について、名前の由来など調べてみました。 現存する呼び方は• なので 親しみやすく、相手に伝わる言い方であればどの呼び方でも良いと思います。 ホッチキス、とかホチキスと口に出すタイミングって、誰かに取ってほしい、とか貸してほしい、というタイミングで使いますもんね。

次の